――長野県大会会場――

京太郎「……」キョロキョロ

咲「……京ちゃん、さっきから何してるの?」

京太郎「ん?……ああ、昔の知り合いが居ねーかなと思ってな」

咲「昔の知り合い?」

京太郎「ああ、小学生の時良くお世話してくれた1コ上の人でな、麻雀が趣味だったからこの会場に居ないかなーって」

咲「そうそう都合よく居るわけ無いでしょ」

京太郎「まあ、そうだよな。小学生の時引っ越して以来会ってないし。ただ、引越し先は県内だった筈だから会えれば嬉しいなーと思っただけだよ」

咲「……ふーん。ちなみになんて名前の人?」

京太郎「んー……漢字は忘れたけど確か……”ふかぼりすみよ”、だったかな?」

咲「えっ!?その人風越の副将の人じゃ……!?」

京太郎「いや、俺も風越の試合見たけど別人だって。だってその人、痩せてて美人だったからな」

咲「……へー!美人さんと知り合いだったんだ!良かったね、京ちゃん!」プンスコ

京太郎「何むくれてんだよお前は…」

ワーワー

純代「……」ジー

華菜「何やってんだし、すーみん?」

純代「ひゃぁっ!?か、華菜さん、キャプテン!?」

美穂子「驚かせてしまってごめんなさい。でも純代がさっきから柱に隠れて他の高校の様子を見ていたのが気になってしまって……」

華菜「あのうるさい奴らは確か清澄高校って奴らだし!なんか気になる事でもあったのか?」

純代「あ……え、ええっと、実は……」

―――

美穂子「あそこに居る彼が幼馴染?」

華菜「へー、久々の再会って奴だし!でもなんで声掛けないんだ、すーみん?」

純代「……私、これでも小学生の頃は痩せてまして……。今の自分を彼に見られたくない、と言うか……」

美穂子「太ってしまったから会わせる顔が無い、って事?……貴女は、それでいいの?」

純代「え、ええ……。京太郎くん、凄くかっこ良くなってましたし……。遠くから見ただけでも満足……」

美穂子「駄目よ!!」

華菜「キャ、キャプテン!?」

美穂子「せっかくの再会なのに顔を合わせずに身を引くなんて!そんなことしたら絶対に後悔するわ!」

美穂子「私にももう一度会いたい人がいるもの、その気持ちは分かるつもり……。だから自信を持って、ね?」

純代「じ、自信と言われても……今の自分じゃ、恥ずかしくてやっぱり……」

美穂子「……なら、こうしましょう。今日から貴女の食事メニュー、私がカロリー管理するわ」

純代「え!?キャプテン、それは……」

美穂子「貴女が自信を取り戻せるまで、私協力するから。ね、だから諦めるなんてことだけはしないで……」

華菜「華菜ちゃんも、ランニングや運動ぐらいならいつでも付き合ってやるし!相手の居所は分かってるんだから痩せたらいつでも会いに行けるだろ?」

純代「キャプテン、華菜さん……。あ、ありがとう……」ジワッ

――その後、秋季大会で感動の再会が有ったとか無かったとか――

カン