京太郎「ふー、ふー…」

穏乃「はふ、はふ、ずっ、ずるるるっ」

憧「…」もっきゅもっきゅもっきゅ

京太郎「ふー、ふー…」

穏乃「んぐっ、んぐっ、んぐっ…」

憧「んっ…っぷはぁー………ごちそうさま」

京太郎「…そういやさ」

穏乃「ん、どしたの?」

京太郎「いや、何で俺達は会話もなくカップ麺啜ってるのかと思って」

憧「何言ってんの、今会話してるじゃない」

京太郎「思いっきり食い終わってんじゃん。食ってる時まったく会話なかったじゃん」

穏乃「んー…あれじゃない?ほら、あまりの美味しさに会話する間もなくってさ」

京太郎「つってもただのカップ麺だぞ?何の変哲もないメジャーなやつ」

ダヴァン「甘いデス!」ガラッ

「「「!?」」」

ダヴァン「カップ麺は安っぽい、メジャーなものは感動が薄い…そんな考えはまったく持って甘いと言わせていただきまショウ!そもそもカップ麺とハ…」

憧「お帰りはあちらでーす」ピシャンッ


しーん……


穏乃「何だったの…アレ」

京太郎「さあ…?」

憧「それが今重要かしら?」

京太郎「確かに割りとどうでもいい。で、何で会話がなかったかなんだが…」

憧「話のネタがなかったから」

京太郎「何でお前今日そんなに辛辣なの」

穏乃「ていうかそれ普段どうでもいい会話してる私たちに盛大なブーメランだよね」

京太郎「穏乃が頭のよさげなこと喋ってる!?」

憧「しかも横文字を使ってる!?」

穏乃「色々言いたいことあるけどとりあえず私そこまでお馬鹿じゃないよ!?」

京太郎「まぁそんなことよりも」

穏乃「そんなことよりって何さ!?私=お馬鹿ってのが浸透してる現状より重要な事なんてあるの!?」

京太郎「残当」

憧「残当」

穏乃「ひっど!」

京太郎「頭のいい人は年がら年中ジャージは着ない」

憧「頭のいい人は高校生になっても四六時中野山を駆け回るようなことはしない」

穏乃「私全否定!?」

京太郎「いや、お前を否定してるわけじゃないんだ」

憧「そうそう、シズは頭良いって事を否定してるだけで」

穏乃「そろそろ表でようか」

京太郎「まァー見てくださいよ奥さん。言葉じゃ勝てないからって腕力を使おうとしてらっしゃいますわよ」

憧「あらあらやーねェ。高鴨さんちの穏乃ちゃんってやっぱり野生に生きる子なのかしら」

穏乃「ぬぐぐぐ…!」

京太郎「冗談だって。俺は穏乃が頭悪いなんて思ってないから」

穏乃「……ほんとーに?」

憧「まぁ勉強は出来ないけどね」

穏乃「うっ」

憧「赤点回避は出来てるんだけどねー。お世辞にもいいとはいえない成績よね」

京太郎「『勉強?バカ!そんなことより麻雀だ!』を地でいってればそりゃなあ…」

憧「やっぱりお馬鹿イメージは残当ね」

京太郎「残当だな」

穏乃「うにゃあああああああああああ!!!!!」


カンッ