「もう! 京ちゃんなんて知らない!」

 「咲!」


 須賀咲ちゃんです。

 京ちゃんと喧嘩しました。私は悪くないもん。

 喧嘩した内容は覚えてない。些細な話から始まって、些細な言い争いをして、それで喧嘩した気がする。

 京ちゃんとはたまに喧嘩するけど、やっぱりムカムカする。

 内容も覚えてないけど私は悪くないもん!

 ……胸がキュッとする。

 締め付けられるように痛い。

 京ちゃんとはたまに喧嘩するんだけど、いつもこうなる。

 離れても私に辛い思いをさせる京ちゃんなんてやだ。

 本当に女心がわかってないんだから。


 「ばか」


 そんな時はいつもこうして毛布に包まる。

 何もする気が起きなくて、家事もしないし、本を読む気すら起きない。

 ……そういえば最近本を読んでなかったな。

 昔は本の虫と言われるくらい読んでいたのに、子供が出来てから読書の比重が減った。

 子供の世話と家事をしていたら自然と時間がなくなったのかな。

 読もうと思っていたのに読んでいない本に手を伸ばす。

 パラパラと何気なく開いたページは、今の私の心を抉った。


 『幼馴染関係なんて簡単に崩れる。ずっと幼馴染でいることは出来ない。

  進もうとしなければ進まない。どんな本でも幼馴染は大人になって別の人と------』


 それは、辛くて読むのをやめてしまった本だった。

 京ちゃんが告白してくれた時も、このことを言っていた気がする。

 どんな本でもそうだ。

 人の関係はお互い言葉にしないとわからない。

 行き違いから関係が崩れる。昼ドラの浮気なんてそんなのばっかりだ。


 行き違いで、有名な小説がある。

 『賢者の贈り物』

 貧しい夫妻が相手にクリスマスプレゼントを買おうとする。
 妻は夫の大切にしている金の懐中時計を吊るす鎖を買うために、自慢の髪の毛を切って資金を手に入れる。
 夫は妻の髪に通すための鼈甲の櫛を買うために、自慢の懐中時計を質に入れて資金を手に入れる。

 この小説では結果的に暖かい結末に終わったけれども、そういかないことだってあるんだ。

 ううん、夫婦の行き違いなんてそればっかり。……本の知識だけどね。

 うん、人の気持ちなんて、言わなきゃわからないんだ。


 「よし!」


 布団に包まって足をバタバタさせている場合じゃない!

 今日だってまだ家事が終わってないし、子供を放置して拗ねてる場合じゃない。

 しょーがないから咲ちゃんからアプローチをかけてあげましょう!



 そう思って居間に行くと、……なにあれ。

 子供二人に包まれてショボンとしている京ちゃん。

 子供もしっかり抱きついて、お父さんを慰めてあげているみたい。

 あー、あの顔は後悔してる顔だ。嫁さんわかっちゃう。

 ふふーん、それだけ反省してるなら、許してあげようかなー?

 と、思うとまたギュッと子供を抱きしめる京ちゃん。

 ……そういうことするんだ?


 「え、咲?」


 京ちゃんの意見なんて聞いてあげない。

 無言で走って行って思いっきり抱きつく。

 子供の上からしっかり抱きしめると、子供もびっくりしたみたい。

 京ちゃんは私をしっかりと受け止めてくれる。

 京ちゃんには目線を向けないで、子供に向かって話しかける。


 「パパは10年も前からママのなの」


 京ちゃんが私をギュッと抱きしめる。


 「ごめん」

 「ばか」

 「これからは気をつける」

 「ばーか」

 「咲、愛してる」

 「……ばか」


 それは卑怯だ。でも


 「私も」


 許してあげちゃおうかな。カン!