「さて、準備するか」

 「あ、京ちゃん。私も手伝うよ」

 「咲は子供の面倒見ててくれ」


 どうも、須賀咲ちゃんです。

 今日はおとなしいよ! なんたって家族麻雀の日ですから!

 最初に京ちゃんが企画した時、お父さんもお母さんも申し訳なさそうな顔でいた。

 でも、お姉ちゃんが言ったんだ。


 『今こうして家族でいられるんだから、親睦の麻雀をしたっていいと思う。

  あと京ちゃんお菓子』


 昔の過ちは反省し、これからみんなで仲良くなるための家族麻雀

 もちろん何も賭けたりせず、最近あったことなんかを話す近況報告かな。

 麻雀で賭けなんて良くないよね? ……精液麻雀? し、知らない!


 「今日こそは役満あがるぞー」

 「京ちゃんはまず1位目指そうよ」

 「うっ……でも照さんと咲がいる卓でそれは」

 「お姉ちゃんだって本気でやってないよ。

  本気でやってたら私だって勝てないし」


 みんな無理して役満狙ったり、好きな役を狙ったりと好き勝手にできる麻雀だ。

 麻雀にこんな楽しみ方があるんなんて、思ってもみなかった。

 まぁ本気でやったらお姉ちゃんがダントツで、次に私とお母さん、京ちゃんとお父さんで最下位争いだしね……。


 「よし、みんな揃った。やりましょう!」


 ここに揃ったのは家族みんな。

 お父さん、お母さん、お姉ちゃん、京ちゃん、私、子供二人。

 ルールはラス抜けで、抜けている人は子供たちと遊ぶってルールだよ!


 何試合かやって、みんなそこそこ温まってきたところです。

 メンバーは私、京ちゃん、お姉ちゃん、お父さんでの半荘。


 「うーん、勝てないな」

 「はは……本当に負けてばかりですよ。

  惰性で続けてるだけじゃ勝てないんですかね」

 「それは違う」


 ほのぼのと喋りながらやっていると、お姉ちゃんが真面目な顔をする。

 ま、またいいこといって京ちゃんを取る気?


 「京ちゃんの麻雀はすごくわかりやすい。

  『牌に愛されていない』

  これが京ちゃんのオカルト」

 「『愛されていない』って……運が悪いってことですか?」

 「端的に言えばそう。

  不要牌のツモが多いのも、きっとそう」

 「それはまぁ……。

  反応に困りますね。

  運が悪いんじゃどうしようもないですし」

 「ちなみにお父さんが弱いのは集中力不足」

 「」


 あ、お父さんが萎んじゃった。

 京ちゃんの方見ても今は京ちゃん忙しいの! 慰めてあげられないよ!


 「……ごめんなさい。いきなり変なことを言った」

 「いえ! 全然気にしていないですよ!

  こうして麻雀うってるの楽しいですし」

 「……京ちゃん、ありがとう」


 ……あ、蚊帳の外に置かれてるうちにお姉ちゃんといい空気になってる!


 「しかし牌に愛されるって、どうしたらいいんですかね」

 「浮気してみる」

 「はは、咲、牌に寝取られちゃうぞ」


 むっ……む!!

 お姉ちゃんも……お父さんも……好き勝手なこと言って……もー!!!


 京ちゃんも京ちゃんだよ!

 そんな牌のことじっと見つめてないでさ!

 ちょっとこっちきて! ほら、横座って!


 「京ちゃんは!

  牌に愛されてない代わりに嫁さんに愛されてるからいいの!」


 ちゅっ



 ……もうやだ、死にたい。

 恥ずかしくて顔をあげられない……。

 せめて人がいないところで、よりにもよって家族の前で……。

 お姉ちゃんがポカンとして……いや、その顔はその手があったかって顔だ。だめだよ渡さないよ。

 お父さんがニヤニヤしながらこっち見てる……今度飛ばす……。

 きょ、京ちゃんは……


 「……あ、う」


 京ちゃんも真っ赤だ。か、かわいい。


 「はい、今日の家族麻雀はここまで。

  今日は子供を預かるから、二人でゆっくりしなさい」

 「カッコよかったから今回は譲る。私たちが片付けておく」


 うえぇぇぇ!?

 え、なにこの展開、ちょっと!?

 っていうかお姉ちゃん、譲られなくても私のだもん!


 「咲、ちょっと休もうか」

 「あっ、京ちゃん」


 京ちゃんがちょっと強引に私の手を引いて部屋に帰ろうとする。胸がキュンとした。

 私たちの部屋に入った途端、後ろから京ちゃんに壁ドンされた。


 えっ、なに、ちょっと待って、や、きょうちゃ


 ……か、かん