健夜「ククク…!京太郎君……非常に嬉しい結果だ……!」

京太郎「嬉しい結果だとっ…!どういう事だっ…!」

健夜「鈍いなぁ京太郎君…!本当に君は鈍い…!つまり……こういう…事っ…!」

まさか  まさかまさかまさか

京太郎「ああああっ……!」グニャア~

健夜が見せたもの…! それは婚約指輪…!

健夜「カカカ…!キキキ…!結婚……!見事、私のハートを射止めた京太郎君…!私と結婚……!」

京太郎「ああ……ああああ~…!夢だろ…これ……夢に決まってる……!」

健夜母「カカカカカ…!ところがどっこい…!夢じゃありません…!現実です……!これが現実…!現実ですっ……!」バニッバニッ

健夜「ああ……踊る…!このアラサーの細胞が踊る…活性化する…!βエンドルフィンが…駆けめぐる…!ありがとう京太郎君……!ロンリーでいてくれてありがとう……!」

京太郎「うううう……!」ボロボロ

健夜「さあ京太郎君……早速結婚式をあげようではないか……!招待しよう……天国へ……!」

黒服1「おめでとう……!おめでとう…コングラッチュレーション……!おめでとう…!」パチパチ…

黒服2「いやぁ…おめでとう京太郎君……!末長くお幸せに……」パチパチ…

パチパチパチパチ

京太郎「なんで……どうして……?こんな理不尽な事が………俺の身ばかりに……!」グニャア~

こうして京太郎は  小鍛冶健夜の築き上げた帝国に迎えられ その一生を彼女に捧げる事となったのであった

カンッ