京太郎「それじゃ行ってくる」
咲「行ってらっしゃい京ちゃん」

私の1日は仕事に向かう京ちゃんを見送ることから始まる。
高校で付き合い始めた私と京ちゃん。
なんやかんやでお姉ちゃんと和解し、よくわからないけれど両親も復縁し、気づけば私も一端の専業主婦になりました!
京ちゃんのために苦手な早起きも克服して朝食とお弁当を作り、ぐずる子供をあやし、京ちゃんを見送って一呼吸。

咲「やっと一息ついたかな」

大黒柱を見送って時間制限はなくなった。
そして……、私の至福の時間が始まる。

咲「ん……」

そう、洗濯物だ。決して忘れて休んでいるわけではない。準備をしないと理性が保たないのだ。
昨日も……うん、バッチリ(夜の)運動したからしっかり汗が染み込んでるはず。

京ちゃんの一日の汗が染み込んだ染み込んだシャツ……ぱんつ……

咲「あっ……」

本物の京ちゃんもいいけど、やっぱりこれはこれで別腹だよね!
昨日の狼になった京ちゃんを思い出しつつ、左手でシャツを握って鼻に近づけ、右手を……

照「咲。朝ごはん……」
咲「えっ」
照「あっ」

ノックもなしに玄関から現れたプロになった姉(休日)

照「咲……」
咲「ち、違うの! これは違うの! 京ちゃんがいけないの!」
照「私にもわけて」
咲「それは絶対ダメ」

結局わけることになりました