怜の「自慰」に励む様子を偶然目にしてしまう竜華
悶々とする日々…
悩みに悩むが、ある日ついに決心した
「京太郎のようなケダモノに怜をやるくらいなら…!
いっそ生物の禁忌を超え獣以下に成り下がろうとも…!
怜を汚さんためならウチの魂なぞ魔にくれてやるわ…っ!」

真っ暗な廊下に息をつめ潜む
その形相は獲物を狙う獅子のごとく
全神経が意思とは関係なく研ぎ澄まされていくのを感じる
目線は暗闇に差す一筋の光の先の、天女の遊戯…

「…んっ…んっ…」
怜の唇から漏れいづる吐息
我慢できない声を必死に押し殺そうと努力する姿はいじらしく、初々しく…
そして溢れる快感の大きさが推し量れる…
いつのまにか竜華は涙を流していた

目の神経よ、耳の神経よ、鎮まりや…っ!
ウチは…ウチの心はそんな命令出してはいないはずやで…っ!愚か者…っ!
見たくない…っ!本来ならこんな形で見たくないハズでなくてはあかんのに…っ!
今からすることは…!愛する人を狙う京太郎の汚らわしい欲望から怜を守るための聖なる儀式であるはずなのに…っ
ウチは…っ!ウチという女は…っ!
情けない…
あまりにも情けないがこれは動かざる事実…!真実…!

怜は…うつくしい…っ!
雀士として…人間として…そして…"女"としても…っ!
そしてウチは"女"としての怜を欲しているっ…!
下衆…っ!下衆以下や…っ!イカサマ雀士以下…!京太郎以下…っ!
すまん怜…ウチは…っ!ウチは…っ!

「トキィーーーーーーーーっ!」

ドアを叩き開け、怜に向かって飛び掛かる竜華
怜の時が瞬間止まる
その瞳に映る獣一匹
獣の、跳躍…
「痛っ」
怜が我に帰った頃にはすでに欲情した獣がのしかかり、制服のボタンに手を掛けていた
ブチッ…ブチッ…
制服が、下着が、空を舞う
「…っ?!」
ありえない状況を理解できず身じろぐこともできない
固唾を呑みただただ、親友だったはずの獣の所業を見つめる怜
「トキっ…!トキっ…!」
竜華自身ももはや自分が何をしているのかわからなくなっていた
ただひたすら己の欲望にまかせ、聖地を暴き出すことに夢中である
たおやかな肢体を割り、割れ目をかきわけ、ついにたどり着いたサンクチュアリ…!母なる道…!観音様・・・!
「ああ…ああ…美しい…美しいでトキィ…!」
「いっ、いやっ……竜…華…っ!?」
怜がようやく足掻きはじめるが、竜華の意識にはもう届かない
「もっとよく見せてくれや…怜の純潔を…」
机のスタンドを強引にたぐりよせ照らし出す…
「ああ…っ!ああ…っ!」
「っ?!…竜華ッ…!なんで……!?なんでやぁ……!?」
「や…やめてぇっ!」
「愛しとるでウチのトキ…永遠にウチのトキ…」
「まさか…ウチと京太郎を引き離すため…なん…?」
「トキィ…ウチの可愛いトキ…」
「ひどいっ…いくら京太郎が気に入らないからって、こんなことっ…!」
「今、トキの清らかさを永遠にしてやるで…」
「………っ!!!」
「……ウチはね、もう竜華だけの人形じゃないんやっ!」
「ウチはっ…ウチはっ…!」

………

竜華は絶望した
怜の乙女は既に京太郎によって散らされていたのだ…!
唇を噛みしめ、涙をいっぱいに溜めた目で精一杯の抵抗する怜
有り得ない事態に呆然とする竜華…
どうすることもできない異様な空気と、愛する怜の裸体の刺激に、
竜華の精神は得体の知れないドス黒いものにのまれていった…

カン