京太郎「それじゃー、清澄高校麻雀部、同期の再会を祝って、乾杯っ!」

咲「乾杯!」

京太郎「……っつっても俺と咲だけだがなー」

咲「分かってても言わないでよ……」

京太郎「ま、和は弁護士、優希もプロで忙しいのは分かるけどなー」

咲「一応私もプロだよ?」

京太郎「知ってるわ。つーかお前が一番忙しいはずだろ」

咲「んー、最近ちょっと忙しかったから、今日くらいはって思って」

京太郎「ま、俺もただの会社員、地味に忙しい時期だけどな。前に4人で集まったのいつだっけ」

咲「ほら、京ちゃんが前の彼女に振られた時にみんなで慰めたの」

京太郎「あぁ、嫌なこと思い出した……」

咲「もう、落ち込まないでよ。最近、またいい人見つかったんでしょ?」

京太郎「……ふっ……そんな人もいたよ……」

咲「あっ」

京太郎「おもちはなー、あったんだけどなー。なーんで駄目なんだろなー」

咲「また胸だけで選んだんだ」

京太郎「当たり前だ」

咲「それで何回失敗したの?」

京太郎「ぐっ……だったらそういう咲はどうなんだよ?この前、宮永プロ熱愛疑惑、って見たぞ」

咲「……ふっ」

京太郎「……ブルータス、お前もか」

咲「麻雀の時とギャップがありすぎて怖いって言われました……」

京太郎「あー……そりゃ慣れてない人にはなー」

咲「どうして思っていたのと違うとか、そんなんばっかりなんだろ……部屋がちょっと散らかってるのも忙しいだけなのに……」

京太郎「まぁ飲めや」

咲「ん」

京太郎「ふー、しかし、相変わらずお互いそっちは上手くいってねーなー」

咲「だねー。京ちゃんも念願のおもち彼女ゲットもそう長く続かないし」

京太郎「おもちは最高だけど他がなー、ってのが多くてな」

咲「私はなんかしっくりこない人ばっかりなんだよねー」

京太郎「ふーん。性格とか?」

咲「体とかもかな」

京太郎「ああ、あるある。実際そんなによくないのとか」

咲「だよねー……やっぱり京ちゃんと付き合ってた時が一番だったかな」

京太郎「高3の半年か。確かにあの時は楽しかったなー」

咲「そうそう。お互い時間があったから、他の人に隠し通せたし」

京太郎「結局は卒業と同時に遠距離になるからって別れたがな。あの時はお前大泣きしてたな」

咲「京ちゃんだって泣いてたよ」

京太郎「ま、今ならそうはならんだろなー」

咲「行こうと思えば北海道から沖縄までの移動もいけます」

京太郎「財力的な力でな。方向音痴は直せ」

咲「……もう無理だって」

京太郎「しかしさ、今思い出しても、意外と付き合えたよな」

咲「私と京ちゃんが?」

京太郎「そうそう。昔から知ってるし、大きく変わるとは思えなかったからなー」

咲「ねー。お互い初めての彼氏彼女で浮かれてたし、色々初めてだったし」

京太郎「初めてか……」

咲「えっちー」

京太郎「何も言ってねーよ。思い出してただけだ」

咲「もう……」

咲「でも、今思うとね、京ちゃんが一番だったかな」

京太郎「ん?体?」

咲「確かに京ちゃんとが一番だったけど……って何言わせるの!?」

京太郎「勝手に言ったんだろが」

咲「む……とにかく、こう、一緒に居て落ち着くというか」

京太郎「あー、確かに。今も気を遣うような間でもないし、一番気楽かな」

咲「私も。そういう相性も、私達結構良かったよね」

京太郎「ま、元々嫌いになって別れた訳じゃないしな」

咲「そうだよねー……うん、やっぱり京ちゃんが一番」

咲「という訳で、また付き合って?」

京太郎「で?部屋の掃除?」

咲「あ、バレた?」

京太郎「分かりやすいんだよ」

京太郎「……まぁ、確かに一番楽だし、お互いのことよく知ってるしな」

京太郎「おもちが無いのはちょっと、いやかなり、いやいや相当残念だが」

咲「好きで小さい訳じゃないからね」

京太郎「ま、それ以外は良いし。また付き合うか、咲」

咲「……うん。また、よろしくね」

京太郎「……おう」

咲「……京ちゃん顔真っ赤」

京太郎「……お前もだよ、馬鹿」


カンッ!!