合宿前

久「それじゃあ、須賀君は居残りになっちゃうけどいいかしら?」

京太郎「部長合宿って何日から何日までですか?」

久「〇日から〇日までだけど、それがどうかしたの?」

京太郎(っし、あの日と被ってる!)

京太郎「お願いします!どうか合宿に連れてってください!」

久「な、なにどうしたのよいきなり」

京太郎(なんとしても、帰らない!)

京太郎「お願いします!本当にお願いします!」ドゲザ!

優希「うわぁ」ヒキッ

和「須賀君……」ヒキッ

咲「京ちゃん、流石にそれはどうかと思うよ?」

まこ「どうしたんじゃ、京太郎」

京太郎「お願いします!連れてってくれるだけでもいいので、外でテントとか立てて寝るので!」

京太郎「どうか俺を合宿に連れて行ってください!」

久「はぁ、あのね須賀君」

京太郎「はい」

久「あなた以外全員女の子なんだから流石に私一人だけじゃどうにもならないわよ?」

京太郎「それでも!どうにかお願いします!」

久「はぁ、わかったわよ」

久「各校に聞いてみるから一校でもあったら連れて行かないわよ。それでいい?」

京太郎「はい!ありがとうございます!」

久「ええ、本当にいい?そう、わかったわ」ピッ

久「良かったわね須賀君、四校とも良いそうよ」

京太郎「ありがとうございます!」グッ

久「それとついてくる条件として今まで以上に雑用をやってもらうことになるわ」

久「具体的には何かない限りは毎食作ってもらうことになるけどそれでも構わないかしら?」

京太郎「はい!大丈夫です!」

咲「京ちゃんすごい笑顔だ」

優希「どんだけ行きたかったんだじぇ」

和「須賀君」(蔑みの目)

まこ「本当にどうしたんじゃあいつは」








合宿中

久「えー、では最後に男子で手伝いに来てくれた須賀君です」

京太郎「須賀京太郎です。よろしくお願いします!」

京太郎「麻雀以外のことなら何でも言ってください!」

京太郎(やったぜ、これであの人に会うこともない)

翌日買い出し中

京太郎(ちょうど、あの人が来る日にちと被ってて良かった)

京太郎(これも部長様様だな)

京太郎「!」バッ

京太郎「気のせいか」

??「見つけた」






最終日

「ごちそうさまでした」

??「すいませーん」

京太郎「はーい」

美穂子「須賀君、私が出てくるので大丈夫ですよ」

京太郎「えっでも」

美穂子「大丈夫ですから、洗い物を終わらせてください」

京太郎「……はい」

京太郎(なんだ?嫌な予感がする)

美穂子「あの、須賀君」

京太郎「はい、どうし……まし……た」

ミコサンダジェ、アノカッコウデココマデキタノカシラ?アイツハ

美穂子「須賀君の知り合いらしいのだけれど」

京太郎「何で……ここに……」

京太郎「……神代さんが」

小蒔「会いたかったです京太郎さん」

小蒔「昨日、このあたりを観光していたら偶然初美ちゃんが京太郎さんを見つけましてそれで」

小蒔「何でと言うのは」

小蒔「夫を迎えに行くのは妻の務めだからです」













小蒔「それに妻がいるにも関わらずこんなに大勢の女性がいるところに行くような人には」

小蒔「お仕置きが必要ですからね」<〇><〇>

カンッ