阿知賀メンパーが和の誘いを受けて清澄に遠征に来る。もちろん練習試合がメイン、のはずだったのだが……


憧「あー、そこはそうじゃなくってさー」

京太郎「えっ、だってさっきはこれ切れって……」

灼「さっきとは場の状況が違うから。この場面では――」

京太郎「……あー、そういうことか」

憧「本当にわかってる?空返事に聞こえるんだけど~?」

京太郎「あ、あはは」

玄「憧ちゃん、相手は初心者なんだからもっと優しく教えてあげたほうが……」

穏乃「そうだよ憧。京太郎、次は私が教えてあげるよ」

京太郎「ちょい待って! い、一旦休憩しよう。な? そんな急に詰め込まれても俺の頭じゃ覚えきれないって」

穏乃「うーん、それもそっか。じゃあ休憩に――」

憧「だめ!そうやってすぐに休もうとする。実力付けたいんだったらもっと頑張りなさい!」

京太郎(えぇ~……)

灼「憧、あんまりスパルタだと、京太郎が麻雀嫌いになるかもしれない。それでもいいの?」

憧「うっ」

穏乃「灼さんの言うとおりだよ。憧、一旦休憩しよう」

憧「……仕方ない、そうするか」

京太郎(ほっ)



咲「……何あれ」

和「……さぁ、私にも何が何だか」

久「あぁ、2人とも。今きたの?」

咲「ぶ、部長! あ、あれは一体……?」

久「あぁ、あれね。実はさっき阿知賀の人達がこっちに着いたんだけど、その後しばらく須賀くんと
話をしてたらしいのよ。それで話を聞いているうちに、阿知賀メンパーで須賀くんを指導してあげよう
ってことになったみたいで……」

和「なるほど」

久「みんなとっても熱心でね。さっきからずっとあの調子なのよ。だから阿知賀との練習試合はちょっと
待ってもらって――って咲?」


咲「京ちゃんが……京ちゃんが……京ちゃんが……京ちゃんが……」ブツブツ


久「ありゃりゃ」

和「ぶ、部長。咲さんが……」

久「ほっときなさい。しばらくしたら元に戻るから」


宥「あったかーい」


終わり。阿知賀との絡み難しい……