ヒャッハー!我慢できねぇもいっこだァ!

久(あ、ありのまま今起こったことを話すわ!私は部室に向かっていたと思ったら須賀君の咲と和を相手にしたラキスケ現場にいた……)
久(な、何を言っているのかわからないと思うけど私も何が起きたのかわからなかった。リンシャンだとかエトペンホールドだとかそんなチャチなものじゃあ談じてない、もっと恐ろしいものの片鱗を……)

和「すっ、須賀、くん……っ!」

京太郎「もがっ、ふぐがっ(ちがっ、これは)」

咲「んんっ、き、きょぉちゃぁん……しゃべらないでよぉ。ち、ちから、ぬけちゃうぅ」

久(……え、待って。咲はともかくなんで和も満更じゃないって顔してるの?)

和「そのっ、そろそろ、離してくださっ……」

咲「ふぁぁ……も、だめぇ……!」

京太郎「むぐぅっ!?」

久(あ、須賀君の顔面に咲が思いっきり……って!何で見入ってるのよ私!議会長として、何より部長としてここはビシッと……!)




久「私も混ぜなさいよ!!!!」ドアバーン

京咲和「!?」

久(私今何言った!?)

投げっぱカンッ