京ちゃんたち大学生

ピピピピ ピピピピ

京太郎「んぉ……もう朝、か……?」

春「おはよ」
桃子「おはようっす♪」

京太郎「……またですか」

桃子「むっ。何すかその反応」

春「……迷惑、だった?」

京太郎「いや、単純に驚いただけ。……てか、どこ見てんだおい」

桃子「いやぁ、その……」セキメン

春「……朝から元気」セキメン

京太郎「やめてそういうこと言うの、マジで」

ピンポーン

『おはようございます、須賀君』
『貴方のハニーがモーニングコールに参りましたよ京太郎くん』
『なっ、何を言うんですか真屋さん!』

桃子「あっ。二人も来たみたいっす」

春「京、速く」

京太郎「あー、はいはい。……いや、ごめん。この状態で人前に出るのは無理だわ」

ガチャッ

京太郎「勝手に開けんなよ!」

フッ、フタリトモマタカッテニ!
サキヲコサレマシタカ
ハヤイモノガチッスヨー
キョウノ、スゴカッタ

京太郎「……ていうか、なんでこうなったんだっけ?」

和「お味はどうですか、須賀君?」

京太郎「今日も旨いよ。サンキューな、和」

和「いえ、そんな……」テレテレ

春「……京、お茶」

京太郎「ん?おお、ありがと」

春「ん……」

桃子「ぐぬぬ……あの二人の家事スキルは化け物っすか……!」

由暉子「私もだいぶ上達したはずなのですが」

京太郎「ふぅ、ごちそうさんっと」

和「お粗末様でした。片づけてしまいますので、須賀君は着替えを済ませてきてくださいね」

京太郎「はいよー」

和「……滝見さんに真屋さん?間違ってもついていかないように」

春由暉「ちっ」

桃子(舌打ち下手っす)

京太郎(可愛い)

京太郎「しっかしなぁ」

由暉子「どうかしましたか?」ミギウデダキツキ
桃子「何か考えごとっすか?」ヒダリウデダキツキ

京太郎「いや、いつからこんなことになったのかなって」

和「こんなこと……とは?」

京太郎「いや、和にモモに春にユキ。それまで縁もゆかりも無かった女子に甲斐甲斐しくお世話されながら大学生活してる現状が、さ」

春「……そもそもは、京が優しく接してくれたから」

由暉子「そうですね。多少えっちな視線は感じますけど、京太郎くんは基本的に紳士ですから」

京太郎「サーセン……」

桃子「私はえっちぃのも歓迎っすよ!」

春「……ばっちこい」

和「そういうのは外で言うことじゃありません!」

桃子「でも一番そういうのに興味津々なのはおっぱいさんっす」

由暉子「同意します」

春「むっつり」

和「SOA!!」

京太郎「あははっ……と、やべぇ。急がないと遅刻する!走るぞ!」

桃子「ちょっ、急に走らないでくださいっす!」

由暉子「ひゃっ」

春「京、待ってっ」

和「ちょっ、まだお話は終わってませんよ!?」

特にオチ無しカンッ