す、須賀咲ちゃんです。

 今日は京ちゃんが落ち込んでます。仕事でミスしちゃったみたい。

 なんとかしてあげたいな、と思うけれどこういう時は無理に気を使うのも難しい。

 京ちゃんって精細なんだよね……。

 特に自分以外に迷惑をかけちゃうようなことだと落ち込むんだ。

 だから変に気を使うとまた落ち込んじゃう。

 全く、京ちゃんは面倒臭いんだから! もー!


 「はい、京ちゃん」

 「咲?」

 「ホットミルク。私が飲むから入れたけど、京ちゃんの分もどうぞ」


 私の場合、何も聞かないで一緒にいてあげる。

 なーんにもしないであげるってのもいいと思うんだ。

 特に京ちゃんの場合は、ね。

 嫁さんはなーんでも知っている!


 「咲」

 「なぁに、京ちゃん」

 「……ありがとな」

 「別にー。私が飲みたかっただけだもん」


 本当はもっと何かしてあげたい。

 京ちゃんが辛い思いをしていたら変わってあげたい。

 でもそれはできないし、その、私が働くっていうのも……。

 大学時代に内定一つも貰えなかったのはちょっとトラウマだよ……。

 それに今は子供もいるし、私は私に出来ることで京ちゃんを元気にしてあげたい。

 ……よ、よし!


 「京ちゃん、もうちょっとちゃんと座って!」

 「え、何する気?」

 「いいから!」


 ちょ、ちょっと恥ずかしいけど仕方ないよね!

 今日はサービスなんだから!

 京ちゃんをソファーに座らせ、そのまま京ちゃんに腰掛ける。


 「ふふーん。京ちゃん椅子はなかなか心地いいね。

  ちょっと固いけど!」

 「咲」

 「今日は特別に、私をぬいぐるみ代わりにしていいよ!

  ……あれ、抱き枕って言うのかな」

 「……咲」


 京ちゃんが私を抱きしめる。

 やっぱり、男の人の力で強く抱きしめられると女の子じゃ身動き取れない。

 ちょっと痛いくらい。……いや、女の子だしちょっと興奮するのは許してね! 我慢だ、私!


 「ありがとう」

 「どーいたしまして!

  こちらこそいつもありがとう、『お父さん?」」


 須賀家のために毎日汗水垂らしている京ちゃん。

 そのためなら私だってなんだって出来るもん。

 今日はせめてゆっくり休んでね、京ちゃん! カン!