永水編、宮守編ときたら次はきっと白糸台編……。

 ちなみに今度のインタビューのテロップでは須賀照(予定)。

 今日は咲の許可を得て京ちゃん独占の日。

 忘れもしない。私と京ちゃんが初めてあった日のこと……。

 あれは咲と和解して、咲が彼氏を連れてくると言った日だった。


 『須賀京太郎です。

  その、宮永咲さんとお付き合いをさせてもらっています』

 『……そう。

  京太郎くん、君が咲にふさわしいかしっかり見させてもらう』

 『は、はい!

  あとこのゴディバのチョコを挨拶代わりに……』

 『京ちゃん。結婚して』

 『はいィ!?』


 確かに『ハイ』って言ったのを覚えている。うん、言った。

 ……冗談は置いておく。うん、冗談。

 彼は私たちが出来なかった咲の心の隙間を埋めてくれた。

 咲と家族になることによって、咲が求めているものを埋めてくれた。

 咲から離れていた私に、何か言う資格なんてなかった。


 「お義姉さん?」


 京ちゃんは卑怯だ。

 京ちゃんは咲が声をかけて欲しい時に声をかけてくれる。

 お父さんが酔って弱っている時に一緒に酔ってあげる。

 こうして私が声をかけて欲しいと思ってるときにも、的確に声をかけるんだから。


 「なんでもない」

 「なんでもなくないです。

  ほら、仏頂面やめて」


 むにゅ、と私の頬をつまんで横に伸ばす。

 京ちゃん、既婚者がやることじゃないよ?

 妹の旦那にそんなことされたら興奮しちゃうよ。


 「京ちゃん。私を呼ぶときは照でいい。

  『おねえさん』は嫌。それが誕生日プレゼントでいい」

 「はぁ……。それでいいならそうします。

  というかお義姉……、照さんの誕生日なのに咲のやつどこに行ったんだ」


 何を隠そう咲との取引で今日は京ちゃんを独占する日なのだ。

 咲が京ちゃんと一緒にいると安心するのがよく分かる。

 彼は人を安心させる雰囲気を持っている。麻雀しか知らなかった私にも、咲のついででもいい、こうして人の優しさを教えてくれた。

 私はただ、誰かに側にいて欲しかった。

 一番いて欲しいときに、父親がいなかったから、父親を求めたんだと思う。

 でも今日は『お父さん役』を求めてるわけじゃない。


 「照さん?」


 後ろから抱きしめる。『あすなろ抱き』と言うらしい。

 この格好で耳元で囁くとイチコロだって尭深が言ってた。


 ……あれ、なんて囁けばいいんだっけ。

 いいや、私の思いをそのまま言葉にしよう。


 「京ちゃんお菓子」

 「ひいぃゃぁぁぁぁ!?」


 京ちゃんがすごい勢いで暴れる。くすぐったかったのかな。

 確かにこれはイチコロだ。京ちゃんは耳元が弱いんだ。


 「照さん、何を……。

  まぁいいです。お菓子ですね」

 「うん。帰ってきたら膝枕して」

 「はいはい」


 うむ、満足。

 今日はこのまま一日中甘えよう。

 営業スマイルだって疲れるんだから、家でくらいこうしていたっていいはず。


 ……あれ、そう言えば私が借りてる家ってどこだっけ? カン