今日は休日、須賀咲ちゃんです!

 言っても、主婦に休日なんてないけどね、それでも京ちゃんのためなら頑張るよ!

 今日は子供も預かってもらって、お姉ちゃんもお仕事。京ちゃんと二人っきりです!


 「咲ー」

 「なぁに、京ちゃん」

 「せっかくの休みなのに、どこか出かけなくていいのか?」

 「んー。二人っきりだからこうしてるのもいいじゃん」

 「そっかぁ」


 私がどこかに出かけたいって思うタイプじゃないのもあるけど、どこかに出かけたらイチャイチャ出来ないんだもん。

 付き合い始めは外デートを繰り返しても、外に出たらくっついたり出来ないから家デートばかりになるってあるよね!

 も、喪女じゃないよ!? 京ちゃんいるし!

 私はたまーに図書館に連れてってくれたり、たまーに本をプレゼントしてくれるだけで十分だよ!

 それにね。こうして私が家事をしている時、ソファーで京ちゃんが横になってるのを見るって、結構幸せなんだよ?


 「どこかに出かけたいなら言ってくれよ」

 「京ちゃんは仕事で疲れてるんだからいいの」

 「そうなぁ。でも咲も毎日家事をやってくれてるじゃん」

 「じゃあ、私が家事で疲れてるからいいの」

 「……ありがとな」

 「別に京ちゃんのためじゃないですよー、だ」

 「あ、じゃあ一つだけお願いしてもいいかな?」

 「お、なんでも言ってくれ」


 ソファーに寝転んでいた京ちゃんが身を起こしてこっちを見る。

 私も一息ついて、京ちゃんの横に座る。


 「膝枕!」

 「ああ。乗っかっていいぞ」

 「違うよ!

  京ちゃんの頭貸して! 耳かきする!」

 「え?」


 ふ、ふふふふふ。なんでもって言ったよね?

 今日は咲ちゃんのリベンジマッチ! 耳かきしちゃうぞ!


 「さ、咲。それはまた今度にしないか?」

 「む。私を信じていないの?」

 「だって、なぁ?」


 確かにむかーし、昔の話。ちょっと強く掻きすぎて血が出ちゃったこともあったけど……。

 ぽんこつでもそんなに同じ失敗はしないよ! え、迷子? し、知らない……。


 「あの時は力を入れすぎただけだから、もう大丈夫」

 「……、お願いしようかな」


 あ、その目は観念した目だ。

 ふふふ、咲ちゃんのテクニックで骨抜きにしちゃうよ!

 何か起こると思った? 残念、無事に耳かき終わりました!

 奥の方まで棒を入れなければ大丈夫だって覚えたもん。

 まぁ、私は奥の方まで入れられる方が好きかな? へ、変な意味じゃないし。

 我が家の耳かき担当が京ちゃんだっただけだもん。


 「……咲の膝枕って気持ちいよね」

 「もー、恥ずかしいこと言わないの」


 照れ隠しに言ってるのが見え見えだ。だって、顔が真っ赤。

 京ちゃんが膝枕されるのが好きだってことを知ってるんだ。


 「咲の顔がよく見えるな」

 「よーし、喧嘩売ってるの?」

 「え、いや、そういう意味じゃなくてな」


 ふーん、そういうこと言っちゃうんだ。

 ならこっちにだって考えはあるし。


 「胸が大きい子じゃ、こういうことはできないじゃん」


 京ちゃんは膝枕した状態からのキス、大好きだもんね。

 夫婦が二人で休日。家デート……。


 ここからは京咲好きなら見えるはずだよ! カン!