京太郎「あー、どっかのタコスがねえ。先に飯を食いたいなんていうからだよぉ!」

優希「いやぁ、これはどうだろうなぁ…雑用係の落ち度じゃないのかなぁ…」

京太郎「俺は先に宿を取ろうって言ったのに『先にタコス食わせろー!』って言ったのはどこのバカタコスだよ!」

優希「それはそこのポンコツ少女が言ったんじゃないのか?」

咲「いや、私は別にテントでもいいんだけど…」

京太郎「いやー、これ案外ねぇ、中心辺りの大きい場所のほうが宿がねぇ…」

優希「中心?」

京太郎「うん」

優希「何で中心行かなかったんだ?」

京太郎「いや、和が…行かねえっつったんじゃねえかよ」

優希「のどちゃあ~ん…」

和「何ですか、今度はこっちに矛先ですか」

優希「私もなぁ、中心の方だと思ったんだよ…」

京太郎「あー…もうねぇ、夜中の十一時半ですよぉ…」

優希「いや、私はな…旅が少しでも盛り上がればと思ってだな」

京太郎「なんだと?」

優希「結果的に盛り上がってるだろ!」

京太郎「だからお前が!だからお前のせいでこんなことに…」

優希「なに?」

京太郎「あやまれ!」

優希「なんだと!?」

和「…あっ、町の明かりが見えてきましたよ」

優希「ほら。犬、ほらみろ。私はな、最後まで希望を捨てないんだ。お前みたいなヤツは雪山で真っ先に遭難するんだじぇ」

京太郎「いいよ、じゃあ…12時まで付き合ってやるよ。12時になったらどうしたってその場でテント張ってやるからな」

京太郎「おい…この、バカヤロー!」

優希「くっ、くっ、くく…」

京太郎「いいかぁ?ここをキャンプ地とする」

優希「あはっはっはっはっ…ただの、ただの…」

京太郎「なに?」

優希「ただの道ばたじゃないか…」

京太郎「そうだよぉ!俺達は今、この道ばたで、テントを張って寝ようっていうんだ!」

優希「あはっ、はっはっはっ!」

京太郎「そうしないと今晩寝られないんだよ!」

京太郎「いいか?テントに二人、車に二人だ」

優希「私はもう、どこでもいいから」

京太郎「いいのか?」

優希「私は今、人生で最も非を感じてるから」

京太郎「んふっ、ふっふっふっ…」

優希「今回は、本当に、申し訳ありませんでした」

京太郎「あはっはっはっはっ!」

優希「この、タコスめのくせに、余計なことを…」

京太郎「そうだよ、いいか?飯より先に宿だ、1食抜いても死なないんだから」

優希「そうです、その通りです…」

京太郎「まさか最初からこれが必要になる山場とは思わなかったよ」

優希「それじゃ、いいな?ここを、私たちのキャンプ地とするってことで、いいな?」


京太郎「おら!手伝え早く!」

優希「すいません…すいません…」

優希「わが清澄のキャンプ地、設営完了いたしました!」

京太郎「それじゃ明日も早いから、さっさと寝るぞ」

優希「何かあったら車に来いよ。外は寒いから…」

京太郎「そうだな」

優希「明らかに山を迎えたぞ?初日にして…」

京太郎「そうだな…それじゃ、お休み」

優希「おやすみなさい…」

京太郎「がんばれ…がんばれよ!」



みたいな、どうでしょうしてる清澄一年