洋榎「姉より優れた妹なんていないことを証明したるで」

京太郎「はぁ…」

洋榎「ということで京太郎、女子力を上げるたるで」

京太郎「……えっ?なんで俺が?」

洋榎「部長命令やけどなにか?」ガシッ

京太郎「ちょ、痛い痛い。部長のおもちでチョークスリーパーはダメだって」

洋榎「ほう?もっと京太郎の好きなアバラを押し付けて欲しいんやな?わかったで」ギギギ

京太郎「死ぬ死ぬ首より頭が削られるからー!!」

洋榎「まだ言うかー!!」


カンッ