京太郎「なあなあみんな、見てくれよ!」


 少年に芽生えたちっぽけな力。


京太郎「んんんんんっ、おりゃ!」

咲「なにそれ、スプーン曲げ?」

優希「あれだけ力んでそれだけとか残念すぎるじぇ」

和「きっと何かのトリックですよ」

部長「うーん、宴会の出し物としてもいまいちかな?」

まこ「こらこら、あんたらそこまでにしときんしゃい」


 それは、日常を壊す最後の一歩だった。


京太郎「アンノウン、ですか?」

久「眉唾物の都市伝説だけどね」

まこ「超能力者を襲う化け物か」

和「そ、そんなオカルトありえませんっ」

優希「のどちゃん、声が震えてるじぇ」

咲「あはは……」


 超能力者を狙う正体不明の化け物の噂。

 この時は、ただの与太話に過ぎなかった。

――――――


京太郎「いつつ……一体何が――」


 むせ返るような熱気。

 炎に照らされた部室は、まるで異世界のよう。

 そして、崩れ落ちた瓦礫に囲まれた少年が見たものは――


京太郎「優希、部長……咲!」


 物言わぬ仲間たちの亡骸。

 こぼれた水が、再び盆に返ることはない。


和「須賀くん、その姿は……?」

京太郎「なんだよこれ……」


 割れたガラス片に映る体に、異形の姿が重なる。

 中途半端、不完全な変身。


京太郎「和、俺は……」

和「いやっ、近寄らないで!」

京太郎「待ってくれ!」

和「この、化け物っ!!」

京太郎「――っ」


 砕け散った日常。

 皮肉にも少女の拒絶が、完全な変身を促す。


――――――


京太郎「……アンノウン」


 あてどなく彷徨った街の中で目にしたニュース。

 不可解な、人間では不可能な犯罪。

 かつて与太話と切り捨てた正体不明の化け物の話。

 超能力者と、その身内を狙うという。


京太郎「あ……あぁ、ああぁぁあああ!!」


 絶望、苦悩、悲憤、慟哭、そして怨讐。

 堰を切ったように流れ出す。


京太郎「全部、殺す……皆殺しだ……!」

京太郎「そして、最後には……」


 凍てつく炎のような決意。

 その日から、少年の戦いが始まった。

――――――


京太郎「よう、ちょっと俺と遊んでくれよ」

「アギト……!」

京太郎「嫌って言っても遊んでもらうけどな――」


京太郎「――変身」


 これは復讐の物語。

 仲間を失った少年が、破滅へと向かう物語。



まこ「大丈夫か?」

和「はい……」

まこ「先の事件に加え、京太郎まで行方不明……なんなんじゃろな」

和「……」


『いやっ、近寄らないで!』

『この、化け物っ!!』


和「須賀くん……」



京太郎「死ね、死ね死ね死ね死ねっ!」

京太郎「お前ら全員っ……俺自身も!」


 差し伸べられる救いは、あるのか?




続かない