山の日になるってことでひとつ

穏乃「京太郎!問題です!今日はなんの日だ?」

京太郎「突然どうしたよ...今日?特になんでもないだろ...?」

穏乃「えー?知らないのー?」ニヤニヤ

京太郎「知らない、お手上げだ...
教えてくれよ今日は何の日なんだ?」

穏乃「今日はねぇ...山の日だー!!ということで山に行こう!京太郎!」フンス

京太郎「あぁ、山の日か...ってそりゃ来年からだぞ?」アキレ

穏乃「あり?そうだっけか...まぁ、いいや!とにかく山に行こう!」

京太郎「結局それかよ...お前宿題はやってるのか?」

穏乃「うっ、それは...」

京太郎「はぁ...んなこったろうと思ったよ」

穏乃「い、いや!全く手をつけてないわけじゃないんだよ?」アセアセ

京太郎「わかったわかった」ナデナデ

穏乃「う、うぅ~...」

京太郎「じゃあ宿題進めてから山いこうな」

穏乃「ホント!?」パァ

京太郎「宿題進めてからだからな?分かってるか?」

穏乃「うん!京太郎だーいすき!」ダキツキ

カンッ