「誕生日が夏休みのど真ん中やとな」

 恭子は両手の中に収めた小箱を弄びつつ、恥ずかしげに頬を染めて言った。

「誕生日って、友達には中々祝って貰えんかったわ」
「ああ、やっぱりそうなんですね」
「せやから友達の誕生日パーティがほんま羨ましくて」

 子供染みた羨望だが、当時の恭子にとっては大きな悩み事だった。
 自分は蔑ろにされている、そんな被害妄想まで浮かぶほど。

「去年はインハイの合間にみんなが祝ってくれたんやけど、ただのOGになった今年はそうもいかへんし」
「それじゃ、今年はサプライズにはなりましたか?」

 してやったり、と彼は口角を釣り上げる。身長差のせいで上から降りかかる声が癪に障った。
 いつもの恭子なら、「調子のんな」と怒るところだろう。後輩には優しくも厳しく接するのが彼女だ。
そしてきっと、彼もそれを予期している。身構えているのがよく分かった。

「うん、驚いたわ」

 だからこそ。

「でも、めっちゃ嬉しい」
「えっ」

 素直に、頷いてやる。戸惑う彼と目を合わせられず、恭子は明後日の方向を向く。
自分で言っておきながら、激しい羞恥心に見舞われていた。手の中の箱をぎゅっと握ってしまう。

「こ、これ、空けてもええか」
「も、もちろんですよ。恭子さんのために用意したんですから」

 誤魔化すように訊ねると、何故か彼も上擦った声で返事をしてきた。何なのだろう、この空気は。
 らしくない、と恭子は自省しつつも。
 開いた箱から出てきた彼のプレゼントに、頬を緩ませてしまうのだった。