京太郎「今日はパンツの日か……」

咲「え、どうしたのいきなり」

京太郎「そう思うとどうしてもパンツが見たくなってきて……」

咲「あのね? なんでそんなことオープンに話せるの?」

京太郎「お前だしいいかなって」

咲「なにそれ……ね、ねえ? 私のだったらチラッとだけだったら……」

京太郎「あ、結構です」

咲「え……な、なんで!?」

京太郎「だってお前のだったら転んだときにしょっちゅう見てるし」

咲「」



優希「パンツが見たいと聞いたじぇ!」バーン

京太郎「あ、結構です」

優希「いきなり!?」

京太郎「大体お前のはいらないって前言ったろ」

優希「」

――――――

京太郎「ああ……和のとは言わないまでも、先輩たちのが見れたら……」


久「あら、じゃあ見せてあげようか?」

京太郎「き、聞いてたんすか?」

久「聞いてたわよ」

まこ「ちなみにわしもいるけぇ」

京太郎「す、すいません! つい抑えきれなくて……」

まこ「まぁ、気にしなさんな。男子じゃけぇ、仕方なしじゃ」ウンウン

京太郎「せ、先輩……」

まこ「てなわけで、ほれ」

京太郎「……トランクス?」

まこ「今日はパンツの日じゃけぇ、贈り物をしても不自然ではないじゃろ」

京太郎「は、はぁ……」


久「もう、まこは男心がわかってないわねー」


まこ「かと言って自分のを見せるわけにはいかんじゃろが」

京太郎「ですよね……」


京太郎(それより、どうして先輩がトランクスを持っていたかの方が気になる)


久「私なら見せてあげてもいいわよ?」

京太郎「是非っ」ガタッ

まこ「ほんに欲望に正直じゃのぅ」

久「それじゃあ……目をつぶって?」

京太郎「は、はい……」


久「はい、これ」


京太郎「……え?」

久「お望みのパンツよ?」

京太郎「見たところ新品なんですけど」

久「自分が履いてるのなんて見せられるわけないでしょ?」

まこ「ま、こんなことじゃろうと思うたが」

京太郎「くそ、騙された!」

久「世の中そんなに甘くないってことね」

京太郎「こんなのやってられっかよぉ!」ダダダ


まこ「……ちとからかいすぎじゃな」

久「かしらねぇ」

――――――

京太郎「ちくしょお……俺の純情を弄びやがって!」

和「どうかしたんですか?」

京太郎「あ、和……ちょっとな」

和「ちょっと、ですか?」


京太郎(和にだけは絶対言えない……!)

京太郎(パンツがどうのとか言ったら絶対幻滅される!)


和「あの、汗凄いけど大丈夫ですか?」

京太郎「ああ、パンツみたいなんて思ってないから」

和「……え?」


京太郎(しまったぁぁあああ!)

京太郎(なんで口走っちゃってんの!?)


和「……そういえば、今日は何の日だか知ってますか?」

京太郎「え……な、なんだろうな?」

和「誰かが言ってたんですけど……パンツの日、らしいですよ?」

京太郎「ぱ、パンツの日? へー、知らなかったなー」

和「女の子が意中の人にその……し、下着を見せる日だとか」

京太郎「え、なにその新説」

和「だ、だから須賀くん……」


和「二人きりになれるところ、行きませんか?」


カンッ