※清澄のみんなは進級してます。

「須賀先輩大変です!」

京太郎「どうした!」

「宮永先輩が迷子になりました!」

京太郎「またかよ!?携帯は!?」

「繋がりません!」

京太郎「おおう……あのポンコツめ」

「もしこのまま見つからなかったら……」

京太郎「いや、咲の行動範囲ならだいたいわかる!諦めんな!」

和「……慣れてますね」

優希「私達も動じないくらいには慣れたじぇ」


【数日後】


「須賀先輩大変です!」

京太郎「どうした!」

「片岡先輩が試合用のタコスを食べ尽くしてしまいました!」

京太郎「またかよ!?俺が渡したストックは!?」

「気持ちのいい食べっぷりでした!」

京太郎「おおう……あのタコス娘め」

「このままだとタコスパワーが……」

京太郎「いや、いざという時のために材料は用意してある!今すぐ作るから待ってろ!」

咲「材料まで用意してあるんだね……」

和「親友がご迷惑をかけて申し訳ないです……」


【さらに数日後】

「須賀先輩大変です!」

京太郎「どうした!」

「原村先輩にファンが告白しました!」

京太郎「またかよ!?それで結果は!?」

「玉砕です!」

京太郎「おおう……さすが和だぜ」

「このままだと須賀先輩も……」

京太郎「いや、まだわかない!俺はいつか和と……」

優希「京太郎も意外に本気みたいだじぇ……」

咲「和ちゃんは気付いてないけどね……だからまだ……」

【そして時は経ち……】

「先輩方大変です!」

咲「えっ?」

和「私達ですか?」

優希「どうしたんだじぇ!」

「須賀先輩が買い出しに行っちゃいました!」

咲「えっ、また!?それで京ちゃんはどこに行ったの!?」

「安売りしてる隣町のスーパーです!」

優希「おおう……完全に染み着いてるじぇ」

「このままだと須賀先輩の練習時間が……」

咲「大丈夫だよ!いざという時のためにデートも兼ねて京ちゃんの家で休日に教えてあるから!」

和「いえ、大丈夫です!いざという時のためにデートも兼ねて休日に教えてあります!」

優希「いや、大丈夫だじぇ!いざという時のためにデートも兼ねて私の家で教えてあるからな!」

咲・和・優希「えっ」

京太郎「ただいまー……ってなんだみんな、そんな顔して?」

まこ「自分の胸に聞きんさい」

※なお本人はただの勉強だと思ってます。

カン!