マホ「り、嶺上であがっちゃったのです。」

咲「さっきの和了りすごいね。」

マホ「そ、そうですか?マホ照れてしまいます。」

咲「うん。だからほら、もう一回やってよ。」

マホ「え、で、でも…」

咲「ほら、喋ってないで始めるよ」

マホ「は、はい!」



マホ「今度こそ…またカンならずです。」

咲「ねぇ、まだかな?次の牌は…アレだよ?頑張って」

マホ「マホ、がんばります!」

咲「ふふっ」




咲「結局ノーテンだね。」

マホ「ううぅ」

咲「ねぇ、マホちゃん…何でカンしなかったの?」

マホ「え、でも…そんなに簡単にカンなんて」

咲「せっかく私がカンしないであげたのになー」

マホ「でも、カンなんて…何が来るかもわからないのです。」

咲「え?カンって簡単じゃない?あ、今上手いこと言ったかも。京ちゃん褒めてー」

京太郎「お、おう。すごいな、咲。」ナデナデ

咲「えへへ、私、もっと頑張っちゃうよ!」

マホ「うう…須賀先輩…マホもなぐさめ「あ゛ぁ?」」

咲「どうしたの?」ニコニコ

マホ「ごめんなさい…うぅ」

優希「このままじゃ、またダメマホで終わるじぇ?」

和「優希」

優希「失言だったじぇ~」

咲「次はマホちゃんが親だね。次はカン出来るかな?」

マホ「な、なんか…目が怖いです。」

咲「えー失礼しちゃうなー…ウルセーヨガキガ…」

マホ「ひっ…」

咲「ほら、はやく始めようよ。」

咲「それに、まだ始めたばっかりだよ?」

まこ「止めんでええんか?」

久「今の部長は貴女よ。まこ」

久「私はもう部長じゃない。だから、止めたいならよろしく~」

まこ「止めれるわけ無かろうが…」

和「初心者は危機感が足りない。だから無駄なカンやチーなどの鳴きを行う。それを矯正するためにも、咲さんとの1対1での特訓は効率的な練習になります。」

まこ「ほー」

和「ですから、このままで良いかと思います」

久「で、本音は?」

和「マホ、今スグ変わりなさい。そして咲さんカワイイ///」

久「やっぱりね。」

和「い、いえ…今のは、半分、いえ、7割本音…いえ、何でもありません。」

和「咲さん頑張れー!」

まこ「開き直りおった」

久「全国終わってから、和…ふっきれたわね。」

まこ「似たようなやつが沢山いたからのう」

咲「あ…それ捨てちゃうんだー」

マホ「だ、だめでしたか?」

咲「カン…あは、ツモ」

咲「ねぇ、コレ何点かわかる?」

マホ「これって…や、役満ですか!?」

咲「正解。1対1だからあんまり関係ないけど、責任払いだからマホちゃんの点棒頂戴?」

マホ「そんなに払えないって…感じなのです。もう点棒がないのです」

咲「そっかー…でも大丈夫だよ!」

マホ「ふぇ?」

咲「箱割れしても続行だから」

咲「ほら、今度は私の親。」

マホ「和先輩~」

和「相手の河を見ずにしかも、安易に鳴くのはしない方がいいと教えたはずです。」

マホ「でも、咲先輩が…」

咲「私が…何かな?」

和「咲さんは特別です。」

咲「あはは、和ちゃん褒めすぎだよ」

マホ「優希先輩…」

まこ「タコス買いに言ったぞ?」

マホ「須賀先輩…助け「はぁ?」」

マホ「もういやだよーグスッ」

咲「今日は合宿だし、つきっきりで教えてあげるね!」

咲「あ、京ちゃん。飲み物欲しいな。え、買いに行かなくてもいいよ?」

京太郎「そんなこと言ったって…ここにあるのは、今俺が飲んでる「私のジュースをどうぞ。咲さん!」」

咲「和ちゃんありがと。でも、今は…京ちゃんのも―らい。んっくんっく…美味しー♪」

京太郎「俺の期間限定大福味が…」

咲「えへへ…珍しそうだったから...ごめんね?」

咲「今度二人で学食行く時に、レディースランチ奢って上げるから許してよ。」

京太郎「まったく咲はしょうがないなぁ…そうだ、マホ」

マホ「な、なんですか?」ビクッ

京太郎「さっきから怯えてどうしたんだ?金髪だからって、俺が不良とは限らないぜ?」

マホ「須賀先輩じゃなく…」

京太郎「俺じゃなく?」

マホ(後ろにいる咲先輩が怖いなんて言えないのです。)

京太郎「しゃあねーな。ほれ、これやるよ。」

マホ「冷たい…ジュース?」

京太郎「これ飲んで頑張れよ。」

咲「……」

マホ「ありがとうございます!」

京太郎「わっ、いきなり抱きつくなって」

咲「!?」

久「モテモテねー 初心者同士気が合うのかしら?」

京太郎「そんなんじゃないですって」

マホ「優しいのは先輩だけなのです」

和「このまま初心者同士…」ブツブツ

咲「……トイレ行ってきます」

和「なら私も」

咲「ごめん。ちょっと一人にさせてくれない?」

和「咲さん?」





ジャー

咲「ふぅ…悪い顔してるなぁ私」

咲「でも仕方ないと思うんだ。だって、あの子ってば、前にもあったけど、いきなり人の領域に土足で入ってくるし、人の夫(京ちゃん京ちゃん京ちゃん…)に色目使うし、夫婦の会話妨げるし、ほんとふざけやがって。なにがマホだ。ワカメみたいな名前しやがって。自分の立場をわきまえれないのかな?キンクリすんぞ。それに、京ちゃんが優しいのを盾に抱きつくなんて…もう我慢できない。潰してやる。いや、潰す前に後悔させないと…ここはお前が来ていい領域じゃない。それに、京ちゃんは私の夫♡って教えてあげないと…優しい先輩としてね♪でも、京ちゃんは許してあげよっと。だって私の夫だもん。多少の浮気は許さないとね。相手の女は......」

咲「うん。いい笑顔♪これなら、京ちゃんもイチコロかな?」

咲「あの子も黙って和先輩、優希先輩言ってれば、まだ可愛いんだけどなー」

咲「京ちゃんにこれ以上負担かけるわけにはいかないよね…」

咲「それに、京ちゃんはずーっと私の夫なんだもん。」

咲「これは、京ちゃんの友達も公認だしね。」

咲「よし、後輩の面倒も先輩の役目!といっても、相手はまだ中学生だけど…」

咲「がんばるぞー おー!」









咲「おまた…せ…?」

京太郎「咲か、お帰り。」

マホ「スー…スー…」

和「お帰りなさい。遅かったですね。なにかあったんですか?もしかして暴漢に…」

咲「そ、それより…何してるのさ!!」

和「さ、咲さん?」

咲「マホの癖に、何京ちゃんの膝を…うう、そこは昔から私の席なの!!泣いた時だけの特等席なの!!」

京太郎「しー」

咲「ごめんなさい。」

京太郎「疲れて寝ちまったんだよ。少ししたら起きるらしいし、な?」

咲「で、でも…寝るんだって、蒲団があるじゃん!」

京太郎「のど「わ―!!」」

咲「和ちゃん?」

和「そ、そうだ…ちょっと一局打ちませんか?」

咲「そんなこと言ってる場合じゃ…きゃ、引っ張らないでよ。」

和「行きましょう。ほら、龍門渕の皆さんも来たみたいですよ?」

咲「あ、ちょっと、話はまだ…」

まこ「和も強引じゃのう。」

久「焦ってて可愛いじゃない。」

京太郎「じゃあ俺は、邪魔にならないように部屋に戻ってますね。」

久「あら、別にいてもいいのよ?」

京太郎「初心者じゃ邪魔になるだけですし。失礼します。」

久「なら、マホちゃんを部屋で休ませてあげてちょうだい。」

京太郎「わかりました。じゃあカギを貸してください。」

久「あら、女子の部屋に入る気?」

京太郎「でないと休めないでしょうが」

久「ちょっとだけだし、須賀君の部屋で休ませてもらえない?」

京太郎「それはちょっと…」

久「あら、須賀君は中学生に欲情する変態さんだったかしら?」

京太郎「わかりましたよ…なら、マホ休ませてきますね。よいしょっと、軽いな」

久「似合う似合う。金髪だから、王子様みたいよ。」

須賀「からかわないでくださいよ。」

久「そうそう、その姿、人に見られないようにねー」

久「誰かに見られたら誤解されちゃうわよ?」

京太郎「絶対面白がってるな部長め…いや、元部長か」

マホ「ん…」

京太郎「それにしても…えらく怯えていたな。今も俺に服掴んで全然離さないし…」






久「いったかしら?」

まこ「わしゃしらんぞ」

久「なにが~?」

まこ「咲にばれたら…大変なことになるぞ。京太郎に対する執着心は」

久「大丈夫大丈夫。仮にバレても『須賀君が部屋に連れ込んだ』って言えば平気よ。マホちゃんには被害は及ばないはず。それに咲も須賀君に酷いことはしないはずよ。問題ないわ。私もそうしているし」

まこ「こいつは…」

久「さーてと、須賀君の部屋に行ってこよ―っと」

まこ「野次馬根性は感心せんぞ?」

久「なにいってるのよ。いたいけな美少女中学生が、男子高校生に襲われてないか」

まこ「あーっもう、わかったから、はよ行ってこんかい!」

久「じゃあねー」

まこ「はぁ…後輩だけじゃのうて、上の面倒も見るなんて、こんなん考慮しとらんぞ」

咲「はぁ、はぁ...京ちゃん!」

まこ「な、なんじゃ…そんなに焦って」

咲「京ちゃんどこ!?」

まこ「そ、それはじゃのう…それより、龍門渕と麻雀してたんじゃないんか?」

咲「そんなの飛ばして終わらせました。」

まこ(末恐ろしいやつじゃ…)

咲「京ちゃんどこー!!」

咲「はっ、もしかしたら……」

咲「京ちゃんがいない→マホもいない→さっき膝枕してもらってた→羨ましい→マホが京ちゃんを誘惑→京ちゃんは嫌がっているのに→それを助ける私→最後は仲良しのチューで二人はHAPPY END」

咲「これだ!」

まほ「何かいらんもんも混じっとったぞ?(目のハイライトが無くなっとる 」

咲「そうとわかれば、待ってて今助けに行くよ。」

咲「幼馴染は最強だもん。」

まこ「い、今は風呂にいっとるかも知れんぞ?だから少しここで休まんか?打ちっぱなしで疲れたじゃろ?」

咲「京ちゃんがお風呂に行くことは無いと思います。」

まこ「わ、わからんぞ?ここは旅館じゃし」

咲「京ちゃんは朝に軽く10分程度のシャワーを浴びて、体を起こします。その後食事。休日の昼は料理に掃除などの家事を中心に行います。また、たまに本屋で…本を買います。これはあとで私が没収しています。夜には平均30分のバスタイムですね。最初に洗うのは頭。その後は洗顔、左腕の順で体を洗います。知ってました?京ちゃんって、私と同じ順で体を洗うんですよ。しかも、使ってる石鹸も同じなんです。これって運命ですよね!あ、でも、頭の洗い方はすっごく豪快なんですよ。こうワシャワシャ―って感じで…すっごく男らしいですよね。あ、私の夫を盗ったら怒りますよ?」

まこ「く、詳しいんじゃな。」

咲「京ちゃんのことは何でもわかります。だって幼馴染で嫁だもん」

まこ「」

咲「だから今は…キッチンか部屋かな?そうだ、せっかくだし京ちゃんを衣ちゃんに紹介しようかな...どう思います?あ、長々喋ってすみません。」

まこ「い、いや…ええんじゃ」

咲「それじゃあ失礼します。」ペッコリン

咲「キッチン…どこだろ...」


まこ「咲ってあんなキャラじゃったっか?」






咲「あれー…ここはお風呂場か…これって京ちゃんのかな?じゃあ今お風呂にいるのは京ちゃん?」

ガララララ

「おや、貴女は清澄の」

咲「間違えました。そうだ、京ちゃんみてませんか?」

「いえ、ここには残念ながら。何か彼に御用ですか?」

咲「そうですか。掃除ご苦労様です。」

「そうだ、彼に会ったら『ハギヨシが~』とお伝えしてほしいのですが。」

咲「善処します。」

「よろしくお願いします。」

咲「…危ない男だよ。それにしても京ちゃんってば男にもモテるんだな―。ま、女に盗られるよりはいいけどね。けど、病気が怖いかも。」

咲「あれー…ここはお風呂場か…これって京ちゃんのかな?じゃあ今お風呂にいるのは京ちゃん?」

ガララララ

「おや、貴女は清澄の」

咲「間違えました。そうだ、京ちゃんみてませんか?」

「いえ、ここには残念ながら。何か彼に御用ですか?」

咲「そうですか。掃除ご苦労様です。」

「そうだ、彼に会ったら『ハギヨシが~』とお伝えしてほしいのですが。」

咲「善処します。」

「よろしくお願いします。」

咲「…危ない男だよ。それにしても京ちゃんは男にもモテるんだね。ま、女に盗られるよりはいいけどね。けど、病気が怖いかも。」

咲「こんどそれとなく検査してみよっと。」

咲「お風呂場にも居ないし、キッチンはどこかわからないから…部屋かな?そういえば私、京ちゃんの部屋がどこか知らない。」

咲「これって、試されてるのかな?『俺の嫁なら、俺の部屋ぐらい簡単にわかるだろ。』って」

咲「なら、見つけたご褒美は一緒におねんねだね。」

咲「布団は1つ。枕も1つ。え、私の枕?あるよ?京ちゃんの腕枕♪」

咲「ふんふふーん♪京ちゃんの『き』は咲の『き』~♪」

咲「まってて京ちゃん♪」










京太郎「はぁ…やっと離してくれたよ。」

マホ「ううん…」

京太郎「怖がったり寝たり忙しいやつだな。」

マホ「えへへ」

京太郎「おっと、つい咲みたいに撫でちゃった。前、怒られたんだよな」

京太郎「『女の子の髪を気軽に触っちゃだめ。触るなら、幼馴染の私だけ。』って…おかげで和に嫌われないですんだけどな。」

京太郎「にしても起きないな。ほっぺつっついても全然…あっ」

マホ「あむっ…」

京太郎「指が…抜こうにも抜けない…」

マホ「んへへ…」







京太郎「うわすっごい笑顔…」

京太郎「しかし、こんな所を誰かに見られたら…」







久「しっかり見てるわよ~しかも、こんなに面白い展開になるなんて」

久「おっと、声を抑えないと…」

久「それにしてもいい雰囲気だわ~」

久「案外このままくっついちゃったり、そしたら優希と三角関係、いや、咲も入れたらもっと面白いわ」

「クーイズ 京ちゃんは誰の嫁?」

久「ちょっと、今いいところなのよ。じゃましないで…って、さ」

咲「正解は、私こと咲ちゃんでーす。」

久「さ、咲じゃない…」

咲「何してるんですか?」

久「こ、これはね、違うのよ。ただね、」

咲「えい。」

久「あふぅ…」

咲「ふぅ、ちょっと眠ってもらっちゃった。」

咲「あとは…これで連絡して…よし、後はあの人たちが回収してくれるよね。」

咲「どれどれ…私の京ちゃんはいい子にしてるかな~?」

咲「……はぁ!?」



京太郎「初心者同士頑張ろうな。」ナデナデ

マホ「ん…んぅ…」

咲「京ちゃん!」

京太郎「うォう!?」

咲「なにしてるの!」

京太郎「これは違うぞ。違うんだ。」

咲「京ちゃんが優しいのはわかってるよ。でもね、女の子は魔女だよ?」

京太郎「魔女って、咲は面白いな。」

咲「え、そうかな?」

京太郎「そうさ。」

咲「えへへ、京ちゃんが喜んでくれてうれしいよ。」

京太郎(よし、これで上手く話を)

咲「それはそうと、マホちゃん起きてるよね」

マホ「」ビクッ

京太郎「そんなはず…」

咲「ほら、今ビクッてなったよ?ねえマホちゃん」

マホ「お、おはようございます。先輩」

咲「やっぱり…おはよう。マホちゃん。」

京太郎「おはよう。よく眠れたか?」

マホ「ハイっ!ありがとうございました。それにお布団ありがとうございます。」

咲「まさか、添い寝もしたの?」

京太郎「そんなわけないだろ。」

咲「知ってるよ。京ちゃんのこと私、信じてるもん。」

マホ「わ、私は先に戻って…」

咲「ちょっと待って、京ちゃんの指…濡れてない?」

京太郎「な、なんのことだ?」

咲「拭いたって駄目だよ。ほら、指を見せて…クンクン」

咲「よだれ?でも、京ちゃんじゃない…まさか…」

マホ「ち、違います。マホじゃ…マホじゃないです。」

咲「ねぇマホちゃん。」

マホ「ち、近いのです…んむっ!」

咲「この匂い…マホちゃんだね。」

京太郎「いきなり指突っ込んだと思ったら…」

マホ「けほっ、ご、ごめんなさい。」

咲「どうして謝ってるの?マホちゃん何か悪いことしたの?」

京太郎「咲、そこらへんに」

咲「そこらへんって、どこらへん?それに今はマホちゃんとお話中だよ?」

マホ「えっと、咲先輩の彼氏の指を咥えてしまったからです。」

咲「やっぱり咥えたんだ…どうだった?」

マホ「え、えっと、なんだか安心するので」

咲「その気持ちはわかるけどね、人の夫を盗ったらだめだよ?」

マホ「お、夫ですか!?お二人は結婚していたのですか?」

咲「えーっと、婚約中かな?許嫁みたいなものだよ。ね、京ちゃん♪」

京太郎「お、おう。(今逆らったらだめだ。今逆らったらだめだ。)」

咲「というわけで、マホちゃん、話してくれない?」

マホ「な、なにをですか?」

咲「京ちゃんの部屋に来た理由と、ここに来る前どうして京ちゃんの膝枕で寝てたのかな?」

マホ「そ、それは…というわけだったのです。」

咲「そっかぁ、そうだったんだね。」

マホ「ま、マホは、マホはどうなっちゃうんですか?」

咲「怖がらせてごめんね。ほら、仲直りのハグだよ」

マホ「わっ」

咲「次は無いからな」ボソッ

マホ「は、はい!」

京太郎「うんうん。これで仲直りは出来たな。しかし、マホは相変わらず震えてるな」

咲「さ、もどろっか。京ちゃんも一緒だよ。」

京太郎「いいのか?」

咲「勿論。京ちゃんも清澄のいや、私の大事な大事な家族だもん。みんなに紹介するよ。」

京太郎「おう。ありがとな。」

咲「えへへ、褒めるなら頭を触っても「マホも行こうぜ」」

京太郎「ほら」

マホ「は、はい。」ギュッ

咲「はぁ!?」

マホ「あ、ご、ごめんなさい。」

咲「マホちゃんは仲直りの証に私と手をつなごうよ。」

マホ「で、でも、京太郎先輩のほうが」

咲「京太郎先輩!?」

マホ「あ、これは違うのです。」

咲「ま、いっか。」

京太郎「いいのか?」

咲「夫の浮気を多少は許さないと。最終的に帰ってきてくれればいいよ。」

マホ「咲先輩……」

咲「ま、戻ったらまたマンツーマンで特訓だけどね。」

マホ「そ、それはちょっと…」

京太郎「そ、そうだ。咲、俺にも教えてくれよ。」

咲「京ちゃんには布団の中で教えてあげる。」

マホ「ふ、蒲団///」

京太郎「咲、でたらめ言うな。マホが混乱してるだろ。」

咲「あ、これは夫婦の秘密だったね。」

マホ「高校生は凄いのです///」

マホ「マホはもうダメなの…」フラッ

京太郎「おっと、だいじょうぶか?」

マホ「あっ///」

京太郎「転んだら大変だからな。」

マホ「は、はい///」ギュッ

京太郎「お、おい」

マホ「ご、ごめんなさい。」

「「……」」

咲「ねぇ、仲間はずれはやめてほしいな。」

咲「ま、2人とも、私がしっかり麻雀を教えてあげるからね。いっぱい楽しんでよ!」

「「お、お手柔らかに」」






マホ「コレがいいと思うのです。これならもうすぐ三色ですよ?」

京太郎「いや、こっちだろ。これのほうが待ちが良い。だってドラが沢山だぜ?」

マホ「でもそれじゃ、鳴いてるので役なしになってしまうのです」

京太郎「ホントだ、マホは賢いな」

マホ「えへへ」

咲「で、どうしてこうなるの?」

和「初心者二人では、力の差があるので、二人ひと組でやった方が効率が良いかと」

咲「そこまでは百歩譲ってもいいけど、どうして京ちゃんの上にマホちゃんが座ってるの!!」

和「そうしないと牌が見え…すみません。配慮が足りませんでした。」

咲「わかってくれた?なら、さっそく」

和「どうぞ、私にすわっていいですよ?ほら、ほら」



咲「やだよ。それなら京ちゃんが良いもん。」

咲「そうだ、私が京ちゃん。マホちゃんが和ちゃんの膝の上に座ればいいんだよ。」

咲「よし、それならさっそく準備に…」

和「それはダメです。それでは私たちに頼りっぱなしになってしまいます。」

咲「IH中も京ちゃんが私を支えてくれてたから、今度は私が京ちゃんを支えるの!」

和「ダメです。私に座ってください。」

咲「嫌っ!!」

まこ「こっちは相変わらずじゃのう。それに」

まこ「あっちも盛り上がっとるのう」




ゆみ「通らないな。ロン リーチ一発ドラ4 12000」

美穂子「それは上野さんのセリフ…勝手に使わないでください。」

ゆみ「状況が似ていたのでな。おや、和了り方も同じなようだ。」

蒲鉾「ワハハ、ゆみちんは強いなぁ」

ゆみ「蒲原か、見ていろ。私が久を必ず」

蒲原「応援は任せろ―!」

美穂子「私と上野さんの絆…にわかには負けませんよ」

洋榎「ちょい待ち、ウチを忘れてもらっちゃ困るで!」

蒲原「ワハハ いたのか」







洋榎「いたわ!ゲストで来い言うたんは、あんたらやないか!なのに来たらきたで久の体1日も貸さんなんて、ホンマ酷い話やで。」

ゆみ「文句があるなら大阪に帰るといいだろう。なに、帰りの新幹線代くらい私が出そう。」

美穂子「私も半分出しますよ。」

ゆみ「気があったな」

美穂子「ええ。」

洋榎「誰が帰るっちゅうんじゃボケ!言いか、IHで一番久のことを気にかけて…」

モモ「先輩を撃ち落とし、風越いや、この煩い人をサポートするっス。そうすれば、あの人は長野からいなくなる…これっきゃないっす!」

ゆみ「モモは私が嫌いか?」

モモ「いえ、そんなことは…」

ゆみ「しかし、先ほどの発言を聞く限り…」

モモ「ご、誤解っす!!」

美穂子「モモさんの為にも、上野さんは私に任せてほしいのだけど」

洋榎「聞けや!ほんま、関東の連中は冷たいで。けどな、だからこそ久は大阪連れてくで~!待っててな、久~」



久「ん~~~!!」







まこ「縛られとると思ったら、商品にされとる。ま、自業自得かのう。」


和「いけません。彼は呪いのイス…一度座ると二度と立ち上がることは」

咲「むしろ幸運のイスだよ!は、な、し、て!」

和「い、や、で、す!」

マホ「あのー…先輩の番ですよ?」

京太郎「ところで、優希はどこ行ったんだ?」

まこ「さっきメールで『龍門渕のコックのタコスが美味すぎるじぇ!』ってメールきとったぞ。」

京太郎「あ、ハギヨシさん。優希の奴…絶対迷惑かけてるな。後で謝らないと…」

マホ「タコス…タコスぢからでマホもパワーアップできるのです。」

京太郎「なら食うか?」

マホ「あるんですか?」

京太郎「ほれちょうど2つ分ある。」

マホ「あむっ、辛くなくて食べやすいのです。」






京太郎「そりゃよかった。モグモグ」

咲「私の分は?」

京太郎「俺食ってるので最後だ。すまん。」

咲「…じゅるり」

咲「動かないでね。じっと、じっとして」

京太郎「さ、咲?」

咲「いただきま「させません!」」

和「だめです。人のものをとってはダメです!」

咲「離して、それを言うなら、京ちゃんのものである私を離してよ!!」

和「え、なんだって?」





マホ「マホ、また京太郎先輩のタコスが食べたいのです。」

京太郎「おう、今度は高校入学してからだな。」

マホ「それまでマホを待ってて下さいね。先輩♪」

京太郎「おう」

マホ「あ、先輩の口元にソースが…今とって」

京太郎「お、おうサンキュ」

マホ「急に振り向いちゃ」

京太郎「え?」





咲「あーー!!」

和「よしっ!」





マホ「え、えっと、その…」

マホ「恥ずかしながら今のはマホのファーストキスなのです。京太郎先輩♪」

京太郎「す、すまん!」

マホ「初めてのキスは、なんだかちょっぴり甘かったです♪」

咲「そんなの…私の時はレモンの味だったもん!!」

京太郎「お前が寝ている俺に、レモン丸かじりさせたからな。」

和「咲さん、嘘ですよね!?」

咲「京ちゃん。浮気は許すけど消毒しないとね!」

京太郎「まて、まて…目が怖い。目が…レモンを持つなレモンを」




咲「いますぐ口の中綺麗にしてあげるね。」

和「だ、だめです。咲さんが汚れて」

咲「行くよ、京ちゃーん!」

和「無視は嫌。無視は嫌です!咲さん!」

まこ「はぁ…これじゃあ合宿にならんけえ。どうすればええんじゃ…」

マホ「なんだか、マホ…チュウにはまってしまいそうなのです。」

マホ「浮気はダメですけど…ちょっと、ちょっとだけならいいですよね。」

マホ「マホが咲先輩の彼氏を好きになったって…」

終わり