ネリー「もー、大きなお世話だよ」

京太郎「いいやダメだね。お前放っといたら何食うか分からんだろ」

ネリー「お金が掛からないからいいじゃん」

京太郎「その弁当なんてタダだぞ、タダ」

ネリー「えー......。何か恥ずかしいよ」

京太郎「はん、しっかり食わんとおっきくなれんぞ」

ネリー「うるさいよ!少し気にしてるんだから」

京太郎「じゃあ食生活を見直すんだな」

ネリー「うー......。わかったよぉ」

京太郎「あ、食べ残しは許さないからな」

ネリー「はーい」

―――

京太郎「はい、今日の弁当」

ネリー「いらないー!」

京太郎「んだよ、もったいないじゃん」

ネリー「昨日、散々からかわれたんだもん」

京太郎「同級生は俺が作ったって知ってんの?」

ネリー「『ネリーがおベントウ?珍しいデスネ。ボーイフレンドデスカ』って」

京太郎「それで狼狽えたか何かしたんだろ」

ネリー「うぇ!?」

京太郎「んったく......。せっかく作ったのに食べてもらえないのは悲しいんだぜ?」

ネリー「うっ......」

京太郎「あれだ、むしろ威張ってやれよ。どーせバレねーって」

ネリー「もう!知らない!!」

京太郎「おっと、残さず食えよー!」

―――

―――

ネリー「もっとお肉を増やしてよ」

京太郎「ダーメ。こっちもバランスとか色々考えてんの」

ネリー「ぶー、けち」

京太郎「何回無碍にされてもずーっと作り続けた俺にケチとな」

ネリー「それはさ、ほらあの」

京太郎「あーあ、悲しいなぁ。それでも作るのは止めないけど」

ネリー「......バーカ」

京太郎「ここまで言われて止めないのは、確かにバカかもな」

ネリー「............ありがと」

京太郎「そうそう、感謝の気持ちは忘れちゃかんよ。いただきますの意味がなくなる」

ネリー「ふんっ。行ってきますっ」

京太郎「いってらっしゃい。今日もきれいな弁当箱を見せてくださいよー」

―――

ネリー「ただいまー」

京太郎「お疲れ様。どうだったよ、今日の試合」

ネリー「とーぜん、バッチリ稼いできたよ」

京太郎「当然とは、やっぱりプロの言うことは違うねぇ」

ネリー「当たり前だよ。京太郎のお弁当があって負けるわけないじゃん」

京太郎「そいつは嬉しいことを言ってくれる。もしかして俺ってば主夫のプロ?」

ネリー「残念だけど、京太郎の料理は全部わたしのものだから」

京太郎「おーおー、こりゃ今日もおいしいご飯を用意せねばな」

ネリー「ふふふ、期待してるよ」

京太郎「任せとけ。食って腰抜かすなよ?」

ネリー「バーカ」

京太郎「手厳しいことで」

ネリー「...京太郎」

京太郎「ん?どうした?」

ネリー「ありがとう」

京太郎「ははっ。どういたしまして」