みさき「野依プロ、ちょっと小耳にはさんだんですけど…」

理沙「何!」

みさき「例の子、須賀京太郎君…でしたっけ?
    彼はいま『のよりん』にドハマリしているそうです」

理沙「え、マジ?どこ情報?」


みさき「(なんで驚いただけでまともに喋れるようになるんだろ…)」


理沙「やっばい、こうしちゃいられないや……すぐに長野へ発たないと


   …もしもし?あ、ジャーマネ?今日は仕事キャンセルでしくよろー


   ほんじゃ、行ってくるね」




みさき「………いつの時代の人?」



……


恭子「あ、ゆーこ!大ニュースや!」

由子「なんなのよー、いま忙しいんやから後にしてほしいのよー」

恭子「じゃ、聞くだけでええから!
   あのな…京太郎君って今『のよりん』のことしか考えられへんらしいで…」


由子「え、マジ?どこ情報?」


恭子「(なんで驚いただけで標準語になるんやろ…)」


由子「やっばい、こうしちゃいられないや……すぐに長野へ発たないと



   …もしもし?あ、いくのん?今日部活休むから、それじゃあ



   ほんじゃ、行ってくるね」




恭子「………ゆーこ、いくのんはアカンやろ…

   きっと今の電話のあおりはウチにくるんやろなぁ…はぁ」



  郁乃「なかなか、勘がええやんかぁ~~…末原ちゃ~ん」ニィィーー


恭子「!?」


……

長野県


京太郎「いい天気だな~、歌の一つでもうたいたくなるほどだ…

    ノーワンウォントゥビーディーフィッ

    ショウィンハウファンキ ストロングイジュファイタ

    イッダジンマタ フーズゥロング オア ライッジャス……」



ガササッ…バサッ!


理沙「のよりん!」

由子「のよりんなのよー!」


京太郎「ビーレッ!!?」




理沙「のよりん!私だけ!」プンスコ

由子「そんなことないのよー!私ものよりんと名乗る資格があるのよー!」


京太郎「な、なんだなんだ…?」



理沙「子供!引っ込んでて!」プンスコ

由子「あなたこそ大人なのに15歳の子供にアプローチして見苦しいのよー!同年代の彼氏とか探すのよー!」

理沙「……………」

由子「あっ(察し) ご、ごめんなのよー…」


京太郎「ああ、もうこの人ら何しに来たんだよ…」




良子「ハロー京太郎、困りごとですか?」


京太郎「あっ、の…『のよりん』!」




理沙「………」

由子「………」




理&由「は?」




良子「そのニックネーム、やはり私には似合わないと思うのですが」

京太郎「何言ってるんですか!可愛らしくて良子さんにぴったりですよ!」

良子「きょ、京太郎がそういうのなら…///」


理沙「オイコラ、いたこコラ」

由子「なんであんたが『のよりん』なのか納得できねーのよー」



京太郎「俺が説明しよう…この人の名前は?」


理沙「戒能!」

由子「良子なのよー」


京太郎「はい!『かいのう・よしこ』!」



かいのう

  よしこ

  ↓

  のよ

  ↓

 のよりん



理・由「」


良子「はじめて聞いた時は私も戸惑いましたが今は…」

京太郎「あーもうのよりん可愛い!のよりんちゅっちゅっ!」

良子「/////」




理沙「野依…理沙……り・り……

   リリー!可愛い!リリー!」


由子「真瀬…由子……せ・ゆ…?

   アカンのよ…これじゃ勝てないのよ…」


カンッ