京太郎「先輩、一体あなたは何をしているんだ!?」

爽「見て分からないのかい?」

京太郎「分かるわけないじゃないですか!」

爽「ならば君もそこまでの人間だったというだけだ」

京太郎「俺にはそれに意味があるとは思えません」

爽「意味、意味か。それを求めること自体意味がないのだよ」

京太郎「でも、だからって、絶対おかしいですよ!だって、だって―――」





京太郎「パンツは頭に被るものじゃないんですよ!」

爽「いやいや結構くせになりそうだよ、これ」

京太郎「もうただの変態じゃないですか。それ!」

爽「そんなこと言われても事実だもん。もん」

京太郎「もん。じゃ、ないですよ!もうちょっと女性としての恥じらいをもってくださいよ!」

爽「そうか、つまり女性ではない須賀君に被せろと」

京太郎「まるで伝わってないどころか捏造された!?」

爽「おいでー」

京太郎「ちょ、寄らないでください!あ、待って!まっ、アァーーーーーッ!」

カンッ!