怜「京ちゃん今日あついなー」

竜華「ほんまやー嫌になるわー」

京太郎「あっついですねー・・・こうくっついてると特に・・・」

竜華「離れたくないもんー」

怜「うちもー」

京太郎「まぁ・・・俺も・・・」

京太郎(おもちに挟まれて天国なので)

竜華「京ちゃんの照れ屋ー」

怜「京ちゃん可愛いでー」

京太郎「まぁそれは置いといて・・・どっか行きません?今日何もないですし」

竜華「あー!」

京太郎「ど、どうしたんですか急に?」

竜華「今日近所の公園にめっちゃ美味しいアイスクリーム屋さん来るの忘れてたわ!」

怜「そういえばそうやったな・・・」

竜華「ほら二人とも行くで!京ちゃんもはよ着替え!もううちが着替えさしたるわ!」

怜「あ、うちも手伝うわ」

京太郎「じ、自分で着替えますって!だから服引っ張らないで下さい!」


怜「おっちゃん、うちバニラ」

竜華「うちストロベリーで!」

京太郎「じゃ俺はチョコで」

おっちゃん「おう、兄ちゃん両手に花とは羨ましいね!ほれアイスだ!」

怜「両手に花やないで、両手に花嫁や」

京太郎「先輩!そういう冗談は恥ずかしいからやめてください!あ、アイスどうも」

竜華「あっちのベンチ空いとるでー!あそこ座ろー!」

座り順→竜京怜

怜「このアイスほんま美味しいなー」

竜華「ほんまやねー」

京太郎「俺ここのアイス初めて食べましたけどほんと美味しいですね!」

怜「せやろー。たまにしか来んからな。ところで京ちゃん」

京太郎「ん?」

怜「ほれ、あーん」

京太郎「いやっそのっちょっと恥ずかしいというか」

怜「うちのアイスたべてくれへんの・・・?」

京太郎「うっ・・・あーん」

怜「美味しい?」

京太郎「美味しいです!」

怜「んじゃ次が待ってるで」

竜華「はい、京ちゃん。あーん」

ちょっと離れた所

セーラ「あいつらこんなとこでも・・・いやいやここは部室やないし・・・」

セーラ「あー!なんかムカつくわ!おっちゃんアイスもう一個!」

終わり