◇池田EXED


京太郎「結局、なんでこんなことになってんだかなぁ」ジュゥー

城菜「遊べ兄ちゃん!」

緋菜「遊ぶし!」

奈沙「なにやってるし!」

京太郎「見てわかるだろ、食事作ってるんだよー」ジュー

ガチャッ

華菜「おい須賀ァ、帰ってきたぞォ!」

京太郎「はいはい、食事作ってるからお前も大人しく座っとけ」

純代「はい」

星夏「須賀君恐い」

京太郎「居たのかよ!」

華菜「大勢連れてきたし!」

星夏「すみません、二人の愛の巣に」

華菜「ちょ、文堂!須賀とはまだ!」カァッ

純代「まだ?」

華菜「にゃっ、お、お前ら三人のとこ行って来いし!」

京太郎「まぁお前の両親がまだ帰ってこないから一緒にいるだけだしな」

華菜「まぁ、お前のおかげで部活もしっかりできてるし、助かってはいるし?」フッ

京太郎「そうかい……っと出来上がり」サッ

華菜「須賀、相変わらず上手に作るなぁ」

京太郎「お前の飯が俺は好きだけどな」ナデナデ

華菜「にゃっ!?」

京太郎「さて、さっさと食事に……ッ!?」グィッ

華菜「んっ!」ギュッ

京太郎「んんっ!?……ん」ギュッ

星夏(キッチンでなにやってんですかねぇ?)クールニサルゼ

華菜「ぷはっ、いつもありがとうだし……」ニコッ

京太郎「……おう」ナデナデ


◇池田EXED終了














◇シノ


京太郎(色々終わって、もう二年生のインターハイ)

はやり「京ちゃん京ちゃん、今年こそは京ちゃんのハートを撃ちぬいちゃうゾ☆」

京太郎「キツい」

はやり「あれれ、そんなこと言うのはその口かな?塞いじゃうよ?」

?「はやりちゃん~」

はやり「はや、はややや!?なんでこんなとこにッ!?」

京太郎(車椅子の女の人……綺麗だなぁ)

はやり「でもだいぶ回復したね、まぁ誰のせいかって言われたら弱いんだけど」

?「大丈夫だって、まぁあれ以上続けてたらもっとひどいことになってたんだし……それにしてもはやりちゃんはまだ強欲かぁ、あと一世代ぐらいまたぐの?」

はやり「もう大罪はとうぶん生まれないかなぁ、ほら電話で話した」

?「あぁ、あの子がそうだったんだ……」

京太郎(ん、なんの話だ?)

?「頑張ってね」ハハッ

はやり「もちろんだよ!」グッ

?「よっと、こんにちは」ニコッ

京太郎「えっと、こんにちは」ペコッ

?「そっか、君が六つも持ってて……私より適合率が高かったのかな?」

京太郎「はい?」

?「あれ、わかんない?」

京太郎「いえ、なんとなくはわかるんですけど……貴女は」

?「まぁ私のことは置いといて、君は須賀京太郎君だよね?」

京太郎「はい」

?「そっか、私とはまったく違うなぁ……私一週間ぐらい意識不明だったし、それに今でもこんな感じだし」ハァッ

京太郎「へ?」

?「まぁ主人が世話してくれてるんだけど、お母さんも一緒に……まぁ君がこんな風になんなくて良かったかな」ニコッ

京太郎「え?」

京太郎(笑顔が可愛い人だなぁ)

?「とりあえず、私ができないことを貴方はやった……凄いよ」

京太郎「いえ、俺は……」

?「はやりちゃんのこと、よろしくね?」

京太郎「へ?」

?「それじゃぁね」ギュルッ ギュルルルルルルッ

京太郎「どんなスピードだよ!?」

はやり「はや~さすがだね」

京太郎「どういう意味でっすか?」

はやり「まぁ、さすが私の親友かな!」ビシッ

京太郎「……なんだか、良くわからない人だったなぁ」

はやり「そうかな、まぁ京ちゃんこれからも色々、あの子にお世話になるかもしれないしねー」

京太郎「はい?」

はやり「京ちゃんより色々知ってるだろうけど……既婚者だから恋しちゃダメだゾ☆」

京太郎「しませんよ」

はやり「……ホモじゃないよね?」

京太郎「……ご想像にお任せします」フフッ

はやり「はやっ!?」

京太郎(たまにはからかってやろう)

はやり(い、急いでみんなにメールしなきゃ!)

京太郎(なんだか厄介なことになる予感がする……気のせいか!)


この後、インターハイ会場でプロをも巻き込んだ大騒動が起きるまで、それでほど時間を要さない

?「あっ、はやりちゃんをからかいすぎるのは禁物だよって言うの忘れてた」

?「おい、行くぞー!」

?「あ、ちょっと待って~!」


◇シノ:終了







◇if-最終決戦敗北-

京太郎「なっ!?」

咏「こいつぁっ」バタッ

透華「化け物っ、ですわっ」バタッ

咲「終わりだね、みんな……私に当てられて倒れちゃった」ニコッ

京太郎「んなオカルト、ありかよっ」

咲「大罪を回収するんだもん、このぐらいできないとね……とりあえずはやりさんから、かな?」ニコッ

京太郎「ま、待て咲っ!」

咲「無理だよ……京ちゃんに色目使うようなメスは私がしっかりお仕置きしないと……ねぇ?」

はやり「っ……」

咲「京ちゃんは、おやすみ」ニコッ

京太郎「さ……き……」バタッ











  • 数年後-

咲「わぁ、綺麗な場所だね京ちゃん!」

京太郎「」

咲「ねぇ、この丘を登るの大変だったんだよ、京ちゃんの車椅子押すの……もうすっかり体力もついちゃったよ」アハハッ

京太郎「」

咲「京ちゃん、どうかな、海が見えるよ~」

京太郎「」

咲「ねぇ京ちゃん、私が悪いんだよね……強制力、だったかな、あんなのに操られちゃって……」

京太郎「」

咲「ごめんね、京ちゃん、ごめんね……」グッ

咲「でもね、私……嬉しいんだ」ニコッ

京太郎「」

咲「だって、ずっと京ちゃんのそばに居れるんだよ、嬉しいよ……だからね京ちゃん」ギュッ

京太郎「」

咲「私、幸せだよ……京ちゃんも、幸せだよね?」フフッ

京太郎「」

咲「そっか、なら良かった!今日の晩御飯は京ちゃんの大好きなハンバーグにしようね、まぁミキサーにかけて食べさせちゃうからあんまり関係ないんだけどさ!」

京太郎「」

咲「今日は腕によりをかけて作るから期待してて、ね!」ニコッ


咲「ずぅっと、一緒だよ……京ちゃん♪」


◇if-最終決戦敗北-終了










◇後日談

咲「世界ランキング2位おめでとう!」

透華「やりましたわね京太郎!」

純「さすがだぜ!」

一「男子の中じゃ一位だよ!」

智紀「うん、実質一位」

衣「その通りだな」

歩「うんうん」

ハギヨシ「規格外ですから……小鍛冶様は」フッ

京太郎「いや、わかるんですけどボコボコにやられるとさすがに後味が」

はやり「ほらぁ、すこやんなんてあんな感じだよ、私が一番☆」

咏「寝言は寝て良いな」

華菜「まったくだし」ハッ


はやり「屋上」クイッ

美穂子「あらあら」ゴゴゴゴゴッ

桃子「さて、勝負っすね」

ハギヨシ「暴れないでくださいね、今日は京太郎君を祝う日なのですから」ニコッ

「はい」

透華「ハギヨシ、なんだか人間味が出ましたわね」

一「京太郎のこととなるとね」

智紀「まさか」

良子「ないない、ノーウェイノーウェイ」


健夜「……凄い居づらい」

塞「でしょうね」

理沙「当然!」

豊音「サインくださーい!」

エイスリン「Hey!」




洋榎「ていうか世界ランキングで二位のなにが気に食わんのや!」

恭子「主将どうしたんですか?」

雅枝「最近スランプなんやて」

絹恵「ぞっとするやろ?」


優希「まったく、プロになれただけ良いってんだじぇ!」

久「まぁそうよねぇ」

和「そうですねぇ」

まこ「久はプロじゃろうが」

久「てへ」ペロッ


京太郎「結構人集まったなぁ」

咲「そりゃそうだよ、みんな京ちゃんのために集まったんだから!」

京太郎「俺のために、かぁ」

透華「そうですわよ、みんな京太郎のことを喜んでいるのですから」

咏「師匠としても鼻が高いねぇ」

京太郎「ははっ……本当に、俺は人に恵まれてるなぁ」

咏「大事にしないとね」

京太郎「はい」ニッ




京太郎「みんな酔いつぶれたなぁ」

ハギヨシ「そう言えば京太郎君、寝室でもう一人……貴方をお待ちの方がいますよ」

京太郎「ん?」


  • 寝室-

京太郎「ここか」ガチャッ

?「ふふっ、久しぶりだな」ニコッ

京太郎「ッ……そっか、もう何年振りだろうな」

?「もう幾星霜の時を重ねた気分だ、一緒に居ないとこんなにも時間が長く感じる」

京太郎「そうか……おかえり」

?「ただいま」

京太郎「もう、心配かけさせんなよ、大事な……家族なんだからさ」ニコッ


◇後日談:終了