• ?-

京太郎「ん、今日はあるんだな」

「そうだな」

京太郎「えっと、俺はどうすれば良いんだ?」

「自分で考えろ」パチンッ

京太郎「はやりさんのとこに行くか」

「お前もこりない奴だな」

京太郎「はやりさんは俺のためだって言ってたけど」

「あながち間違いではない」

京太郎「そっか」ギィッ

「自分のためでもあるだろうけれどな」

バタンッ




京太郎「ここも久しぶりだな」

はやり「京ちゃんッ♪」ダキッ

京太郎「びっくりしたぁ!」

はやり「今日はどうしての?」ニコニコ



京太郎「一世代前の大罪のことなんですけど」

はやり「……うん、良いよ」コクッ

京太郎「えっと」

はやり「次はなにを聞く、あとは嫉妬と怠惰だけど、別に他の人たちの詳しい話でも良いんだよ!」

京太郎(様子がおかしい?)





京太郎「嫉妬と怠惰って、俺が知ってる人ですか?」

はやり「嫉妬はね、前の暴食と色欲の慕ちゃんの友達の石飛閑無ちゃんって言って、まぁ可愛い子だったよ♪」

京太郎「女性ばっかですね」

はやり「そうだねー前回はね☆」

京太郎「で、怠惰なんですけど」

はやり「……どうしても、聞く?」

京太郎「へ?」

はやり「本当に聞いて、京ちゃんは平気?」

京太郎「それって……どういう?」

はやり「怠惰……聞きたい?」





京太郎「聞きたいです……」

はやり「そっか、怠惰……残る一人の一世代前の大罪は、三尋木咏……京ちゃんの師匠こと咏ちゃんだよ」

京太郎「……はい?」キョトン

京太郎「いやそれはないですよ、だって俺がはじめて喰った時だって知らないって」

はやり「知らないわけないよ、京ちゃんを騙してたんだよ……ずっと近くにいて、それでも京ちゃんに大罪のことを黙ってた」

京太郎「いや、だましてたなんて、そうだ自覚がなかったとか!」

はやり「私たちと一緒にいて知らないわけないし、昔は戦いあったし」

京太郎「いや、いやいやいや!」

はやり「まぁ信じるも信じないも自由だよ、結局は東京で会えるし、京ちゃんは電話もできるでしょ?」

京太郎「まるで本当みたいな言い方じゃないですか」

はやり「本当のことだよ、京ちゃんはずっと騙されてた」

京太郎「……」

はやり「また会おうね☆」ニコッ








7月27日
  • 111日・昼前-

京太郎「今日も起きるの遅くなったけど……まぁ良いか」

京太郎「それにしても、なんでだろ」ハァ

京太郎「なに暗くなってんだ!昼だな、昼!」



京太郎「どっか食べに行くかぁ」ヨット

京太郎(誰か誘ってみるかな?)


京太郎「一人で行くか、うん!」

京太郎「どこ行くかなぁ」




京太郎「たまには、じゃないけどワスバーガー行くかなぁ」



  • ワスバーガー-

京太郎「何食べるかなぁ」

京太郎(咏さんとは東京でだったしなぁ)

京太郎(なんか、寂しい気もするなぁ……)

京太郎「はぁ……」

京太郎(一人で考えるには丁度良いのかぁ?)




京太郎「ふぅ、食べた食べた……」ケフッ

京太郎「どうするかなぁ」






京太郎「よし、咲にメールしてみるか」


京太郎「あれ、返ってこないな……?」





京太郎「俺ってほかに清澄の人メアド知らないからなぁ……って帰ってきた」

差出人:咲
本文『ごめんね、今日部活休みなんだ それに体調崩しちゃったから』

京太郎「なるほどなぁ、お大事になっと」




京太郎「どうするかなぁ」

京太郎(清澄の人たちに会うなら、Roof-Topに行けば良いんだな)ウン




京太郎(ちょっくらふらついてみるかぁ)







京太郎「ん、優希じゃんか」

優希「ん、京太郎じゃないか」モグモグ

京太郎「相変わらずタコス食ってるなぁ、最近はどうだ?」

優希「んむ、咲ちゃんが元気無いなぁ、のどちゃんが転校したからっていうのもあるだろうけど」モグモグ

京太郎「へぇ、そっかぁ、そう言えば今日清澄に行こうと思ったんだけど部活してないのか?」

優希「んぐっ、最近は学校じゃなぁ、部長はプロに行くって言っててさ、染谷先輩も家があるし……どっちかっていうとRoof-Topに集まることが多いしな」

京太郎「そうか、今度からそっちに行くとするかな」

優希「おう!」グッ

京太郎(咲のやつ……元気無いって、大丈夫か?)







  • 夕方-

京太郎「さて、どうするかなぁ……もう夕方だしなぁ」


京太郎(池田もいないし、この時間から行くか……?)


京太郎「いや今日はやめとくか、行くならもっと早いうちだな」ウン


京太郎「なんか買いに行くかぁ」


京太郎「服でも買いに行くかぁ、東京にいっても大会出る時以外は私服なわけだしな!」グッ

京太郎(つか、俺も有名人みたいだしちょっとは気を使わなければ)








京太郎(店に来たは良いけれど)

京太郎「ん~どうするか~」








京太郎「あれ、竹井さん」

久「あら須賀君、服を買いに来たのよね、東京に備えて?」

京太郎「そんなとこです」ハハッ

久「へぇ、私が見繕ってあげましょうか?」

京太郎「え、良いんですか?」

久「良いわよぉ、男の子の服を見繕うなんてことめったにないしねぇ」

京太郎「……大丈夫ですよね?」

久「任せなさい♪」パチッ

京太郎「では、お願いします!」







京太郎「それじゃありがとうございました」

久「いえいえ、あぁでも今度なにかおごってもらおうかしら♪」

京太郎「撤回します、まぁ構いませんけど」

久「ふふっ、楽しみにしててねー!」

京太郎「はい、それじゃ」

久「うん、それじゃぁね!」フリフリ

京太郎「さて、帰るかな」






  • 夜-
  • 自宅-

京太郎「ふぅ、どうするかなぁ」

京太郎(これ、初心者かここまで来た人間にしかわかんないだろ、色々と)フンフム

京太郎「ちょっとは良くなったか?」




京太郎「んぁ、メールだ……」

京太郎「ん、誰からだ?」

京太郎「歩からか」

差出人:歩
本文『もうすぐで東京だけど、ちゃんと準備はしてる』

京太郎「母親かお前は」
本文『問題ないぞ、みんなの方はしっかりとしてるか?』

差出人:歩
本文『当然、うちには誰がいると思ってるの?』

京太郎「さすがハギヨシさん」
本文『なら安心だな、東京までもう少しだ、頑張ろうぜ』

差出人:歩
本文『うん、お互い頑張ろうね! おやすみ』

京太郎「まだ日にちはあるのになぁ、おやすみなっと」



京太郎「次は、咲か」

差出人:咲
本文『今日はごめんね』

京太郎「ん」
本文『気にするな、それよりも体調直しておけよ インハイ長野一位なんだから』

差出人:咲
本文『わかってるよ、心配しょうなんだから それじゃあまた東京でね おやすみ』

京太郎「ん」
本文『おう、体調早く治せよ おやすみ!』

京太郎「ふぅ、大丈夫かほんと」



京太郎「さて、寝るかなぁ……カピー?」

京太郎「……居ないかぁ」ハァッ

  • 111日目終了-









  • ?-

京太郎「はぁ……」

「三尋木咏のことか?」

京太郎「ん、まぁな……」

「騙されてたからな」ククッ

京太郎「そういうわけじゃ、ねぇだろうけど……」


京太郎「あの人に会いに行くか」

「まぁなにかあるならあいつが良いだろうな」

京太郎「一体何者なんだ?」

「お前の世界に干渉できるほどの奴ってことだけ」

京太郎「わからん」ギィッ

「身近なやつかもな?」

バタンッ






?「久しぶり」

京太郎「ん、久しぶり」

?「ごめん」

京太郎「なにが?」

?「いや、色々とね……とりあえずなにか聞きたいことがあって来たんでしょ?」

?「暴食のこと、か……そうだな、どこから言おうか」

?「早い話、池田を見ていればわかるが暴食を限界まで酷使するとああなりかねない」

?「最強技の一つや二つは打っても問題はないだろうけれど、限界を超えた能力の酷使は気をつけろ」

?「ある意味では、大罪の運命と言っても良いんだがな、最終決戦は出し惜しみなしで行けということだけ伝えておく」

?「暴食は愛した力なんだから、信用しろ」








7月28日
  • 112日目・朝-

京太郎「ん、どうするかなぁ……朝日がまぶしい」

京太郎「出かけるかなぁ」

京太郎(今日も睦月さんいないかー)


京太郎「とりあえずなんか勝って帰るか……お、ヤンガンだ」



  • 昼前-

京太郎「さて、どうするかなぁ」

京太郎「透華たちのところに行くか……誰かに連絡入れてみよう」




衣『もしもし、どうした?』

京太郎「そっち行って平気かぁ?」

衣『大丈夫だぞ、お昼も今からだから早く来ーい』

京太郎「了解だ、すぐ行く!」





  • 龍門渕家-

京太郎「お邪魔しまーす」

透華「あら京太郎、いらっしゃい」ニコッ

京太郎「お、おう」

衣「お前は次になんかテンション高いな、と言う!」

京太郎「なんかテンション高いな……ハッ!?」

純「実は今日、取材が来るんだよ」

京太郎「え、俺邪魔じゃね?」

一(むしろ向こうにとっては願ったりかなったりでしょ)

智紀「とりあえずお昼……」

京太郎「そういやそうだな」

ハギヨシ「お待たせしました」スッ


※お昼パートはスキップします

京太郎「さて、まだ取材が来るまで時間はあるんだろ?」

純「そうだぜ、な萩原さん?」

ハギヨシ「はい」

京太郎「なら……」







京太郎「そういや智紀、鶴賀のことだけどさ」

智紀「詳しく」

京太郎「おう、隣座るな」トサッ

智紀(近い……)カァッ

京太郎「で、みんなのぶんを話すか」







  • 夕方-

京太郎「どうするか……」



京太郎「ハギヨシさん、付き合ってください」キリッ

一同「」ガタッ

ハギヨシ「ふふっ、まさか京太郎君から誘ってくださるとは」

京太郎「まだ、俺は貴方のことを知らない……」

ハギヨシ「良いでしょう、やりましょうか……」

一同「」ガタタッ

京太郎「……麻雀卓のある部屋にいきましょうか」

ハギヨシ「えぇ、私も本気でお相手いたしましょう」

一同「」ガターンッ

京太郎(二人でやるか、四人でやるか……)









京太郎「いきましょう」

ハギヨシ「えぇ」

バタンッ

透華「……」

純「透華が冷えてる!」

衣「ふんっ!」ゴッ

透華「」ばたんきゅ~

一「ふぅ」

智紀「偵察に行く」

純「オレも」

衣「私もだ」

一「ボクも」








ハギヨシ「では、はじめましょうか」

京太郎「二麻ですから、一対一の正々堂々とした勝負ですね」グッ

ハギヨシ「えぇ、本気で行かせていただきます」ゴッ

京太郎(や、やれるか……オレ!)








ハギヨシ「愉しくやりましょう」フッ

京太郎「ですね……でも、本気でやらせてもらいます!」ニッ

ハギヨシ「はい、そうですね……本気でぶつかりあいましょう」ニッ

















京太郎「行きますよ!」
  • P能力『色欲:発熱』自動発動
 効果:相手全員の点を-5する
  • EX能力『NEVER』自動発動
 効果:自分へのマイナス効果を10軽減しプラス効果を10上昇させる

ハギヨシ「えぇ、見せてください……“ここ”の貴方の実力を」
  • P能力『あくまで執事』発動
 効果:相手の能力で点がマイナスされない
 効果2:能力が発動する度に点数が+10される











京太郎(なんとか良さげだな!)

ハギヨシ(ふむ、おもしろいことになってきましたね)フフッ


京太郎 226+74=300
ハギヨシ 226+22=248

  • 京太郎、ハギヨシの順








京太郎「いきますよ!」スッ

ハギヨシ「ほぉ、食した能力をコピーする……存分に使っていますね」フッ

京太郎(見える!)
  • 能力『青眼の預言者発動』

ハギヨシ「では私も……」
  • 能力『ファントムペイン』発動(残り0)

京太郎(来たかッ!)










京太郎(させない!)キュィンッ

ハギヨシ「ッ!?」

ハギヨシ(正直、驚きましたよ)フッ

京太郎(斬り刻む!)ギンッ
  • 能力『牌を殺すということ』
 判定:特殊ステータス以下
 須賀京太郎:魔眼『100』
 判定:成功











京太郎(視える!)

ハギヨシ(これは、いささかマズいですね)


◇効果処理開始

京太郎「これが……牌を殺すということだ!」ザンッ
  • 能力『牌を殺すということ』
 判定:クリティカルヒット
 効果:チェーン上の相手の能力すべてを無効にする

ハギヨシ「これは、さすがですね」フッ
  • 能力『ファントムペイン』無効

京太郎「そして、見る!」
  • 能力『青眼の預言者』
 効果:点が+15され、その後一度の和了安価の数値が+10

◇効果処理終了










京太郎「ロン、8000!」

ハギヨシ「満貫ですか、すでに見られていましたか」フッ

京太郎(まだ、油断できないな)










京太郎「さらに行きます!」ギンッ
  • P能力『暴食(愛)』発動
 効果:能力『魔物喰い』が失敗しない
  • P能力『クリア・マインド』自動発動
 効果:すべてのオカルト能力が相手のオカルト能力にチェーン発動可能になる

ハギヨシ「えぇ、私の実力を超える力、見せていただきましょう」フッ
  • P能力『あくまで執事』発動
 効果:相手の能力で点がマイナスされない
 効果2:能力が発動する度に点数が+10される










京太郎(これはっ)

ハギヨシ(おや、良くありませんね)クッ








京太郎(ハギヨシさん、終わらせる!)
  • 能力『卓の死点』を発動

ハギヨシ「その動きは光の速度とすら言われる素敵滅法の力、お見せしましょう」フッ
  • 能力『素敵滅法』をチェーン発動(残り0回)

京太郎「トップ・クリア・マインドは光の速度すら超える!デルタ・アクセル!」ゴゥォッ!
  • 能力『トップ・クリア・マインド』自動発動
 効果:相手の能力の発動を無効にする

ハギヨシ(これは、やられましたね、しかしまだ終わりませんよ!)
  • 能力『星の白金』を発動(残り0回)











京太郎(ハギヨシさん、喰わせてもらいますよ!)
  • 能力『魔物喰い』発動

ハギヨシ(私の“これ”を、喰うことができると?甘くみられたものです)フッ
  • 能力『世界』発動
 効果:相手の能力の発動を無効にする

京太郎(なっ、防がれた!?だけど!)











京太郎(考えろ、暴食が防がれた、ならどうする!)

(まだお前には戦う術が山ほどあるだろう)

京太郎「そうだ、クリア・マインド!」ゴッ












京太郎(暴食の力……)ズズズッ

ハギヨシ(これは!?)

京太郎「喰らえぇッ!」ゴォッ
  • 能力『暴食:ベールゼブブ』発動
 対象:ハギヨシ固定


◇効果処理開始

京太郎(暴食の力!)ギンッ
  • 能力『暴食:ベールゼブブ』
 効果:対象の点を半分を奪う

ハギヨシ(これは、さすがです……完全なる覚醒!しかし、星の白金!)ゴゥッ
  • 能力『星の白金』発動
 効果:相手の能力でマイナスされた分相手の点数もマイナスする

京太郎(ぐっ、なんだこの重さ……でも、これでどうだ!)
  • 能力『卓の死点』発動
 効果オカルト80以上の全員を点を-30する

◇効果処理終了










京太郎(ハギヨシさん、やっぱり強い!)

ハギヨシ(やはり、京太郎君はすでに高くにいますか……終わりですね)フッ
  • 『卓の死点』効果適用







◇順位
トップ 京太郎  93+51=144
ラス  ハギヨシ 53+50=103






京太郎「はぁっ……」

ハギヨシ「京太郎君、君の勝ちです」フッ

京太郎「ありがとう、ございました」ニッ

ハギヨシ「いえ、やはり貴方はその運命にあるべき人物だったようです」

京太郎「どういう、ことですか?」

ハギヨシ「いえ……なんでもないです」








  • 夕方2-

京太郎「あれ、そう言えば取材は?」

ハギヨシ「そろそろですよ」

リンゴーン

京太郎(すごい重い音するインターホンだな)

ハギヨシ「では、私はお出迎えに行くので」シュバッ

京太郎「……さすがだなぁ」








  • 応接室-

透華「あら、遅くってよ京太郎!」ビシィッ

京太郎「おう悪かったよ、ってその人」

順子「須賀君!」

京太郎「あ、どうもです」ペコッ

一「知り合い?」

京太郎「前に取材してくれた人」

順子「ありがとうね、売れたわよあの号」

京太郎「そりゃなによりです」ハハッ

順子「せっかくだし須賀君にも取材しようかしら、一通りは終わったから」

衣「衣も沢山答えたぞ!」エッヘン

京太郎「えっとぉ……」






京太郎「じゃあ、せっかくなので」

順子「ありがとう!」

京太郎(長くなりそうだなぁ)




  • 夜-

京太郎「すっかり夜だなぁ」

純「泊まって行ってもいいんじゃねぇか?」

透華「それは良いですわね、泊まっていく?」

京太郎「あぁ、その手があったか……」フンフム

京太郎「せっかくだし泊めてもらうかな」

衣「わーい、京太郎がお泊り!」

智紀(よし、今回こそは……)

京太郎「とりあえず家に連絡するわ」

ハギヨシ「準備はおまかせください」

京太郎「ありがとうございます」






  • 客間-

京太郎「相変わらずハギヨシさんの料理は美味しかったなぁ~」

京太郎(さて、誰かの部屋に行ってみるかなぁ)



京太郎「衣~」

衣「ん、京太郎!」ダキッ

京太郎「おう」

衣「どうしたんだ?」

京太郎「暇だったから話でもなと」スッ

衣「うむ、良いぞ!」トサッ

京太郎(膝に乗るのか)





京太郎「結局、どうだったんだ?」

衣「なにがだ?」

京太郎「能力、戻ったか?」

衣「戻りはしないけれど、新しい力は手に入れたな」ニッ

京太郎「さらにか」

衣「京太郎のおかげだぞ、衣が強くなれたのは」ニコッ

京太郎「そうか?」

衣「そうだ♪」








京太郎「そういえば……」テクテク

ハギヨシ「どうなされました?」

京太郎「さすがのタイミングですね、風呂っていつ頃入って大丈夫ですか?」

ハギヨシ「今なら平気ですよ」

京太郎「じゃあ、行ってきます~」


ハギヨシ「今(の好感度)なら(怒られないから)平気ですよ」ニコッ








  • 風呂-

京太郎「ん~相変わらずうちより全然広いなぁ」


京太郎「ん、あれ……誰か」

京太郎「あ、歩!?」

歩「ひゃっ、京太郎!?」ビクッ

京太郎「す、すまんすぐに出るから!」

歩「待って!」

京太郎「お、おう?」

歩「ま、前もだったし、別に良いよ」

京太郎「そ、そっか……じゃ、じゃぁ……」

ザァァァァッ

京太郎(無感情でただ頭を洗え)








チャプン

京太郎「……」

歩「あはは、温かいねー」

京太郎(前より、近い……?)

歩「あのさ」スッ

京太郎「ち、近いぞ」

歩「……女として見てくれてるんだ?」

京太郎「そりゃ、確かに気楽に話しかけられるやつの中でもお前ってトップクラスだけど、女として見ないとかはないし」

歩「ははっ、じゃあ、無理ではない……かなぁ」

京太郎「は?」

歩「京太郎と付き合う、とか」カァァッ

京太郎「へ?」

歩「だ、だからっ……そ、そういうこと」フィッ

京太郎「え、えっと……」

歩「どう、かな?」









京太郎「無理じゃないだろ、普通に考えて」

歩「へ?」

京太郎「だってさ、お前って可愛い方だろ明らかに」

歩「ふぇっ」カァァッ

京太郎「メイド服でスカート上げてあげてるとことか男は放っておかないって」

歩「ちょ、なにをっ!?」

京太郎「もうちょっとおもちがあればとは思うけど」

歩「う、うっさい!」

京太郎「だからさ、その……待っててくれよ、な?」

歩「えっと、なにが?」

京太郎「どうなるかわかんないけど、返事だよ」ポリポリ

歩「……うん!」ニコッ





  • 三年後-

京太郎「卒業だな」

歩「そうだね」

京太郎「お前、あんまり変わらなかったな」

歩「……ごめん」

京太郎「なに気にしてるんだよ」ギュッ

歩「だって、こうして手をつないでるのは良いんだけど……腕組む時に当たってないでしょ?」

京太郎「べつにおもちがなくっても、柔らかいし」ニッ

歩「なななっ!」カァァッ

京太郎「まぁともかく、さ……」スッ

歩「へ?」

京太郎「えっと、もうプロとしての契約も済んでるしさ……結婚、しないか?」

歩「え……」

京太郎「透華たちに土下座したんだぞ『歩をくれ』って」

歩「そ、そんなことまで?」

京太郎「当然だろ……それで、これからもさ、こうやってなんでもない日常を過ごせたらなって思うんだよ……」

歩「うん」

京太郎「だから、一緒にさ、暮らさないか?」

歩「うん、これからも、京太郎と一緒が良い……」ギュッ

京太郎「おう」ニッ

歩「ずっとね♪」ニコッ


杉乃歩EXED













チャプン

京太郎「……」

歩「あはは、温かいねー」

京太郎(前より、近い……?)

歩「あのさ」スッ

京太郎「ち、近いぞ」

歩「……女として見てくれてるんだ?」

京太郎「そりゃ、確かに気楽に話しかけられるやつの中でもお前ってトップクラスだけど、女として見ないとかはないし」

歩「ははっ、じゃあ、無理ではない……かなぁ」

京太郎「は?」

歩「京太郎と付き合う、とか」カァァッ

京太郎「へ?」

歩「だ、だからっ……そ、そういうこと」フィッ

京太郎「え、えっと……」

歩「どう、かな?」

京太郎「……」

歩「京太郎?」

京太郎「……」ボチャンッ

歩「京太郎!?京太郎!?メディック!メディ―――」

ハギヨシ「お待たせしました」

歩「京太郎が!」

ハギヨシ「のぼせてますね、おまかせください」







  • 自室-

京太郎「ん、ここは俺の部屋……」

ガチャッ

京太郎「ん、透華?」

透華「起きてたんですの?」

京太郎「のぼせたのかそう言えば」

透華「えぇ、大丈夫ならこれはいりませんでしたわね」

京太郎「氷か?」

透華「えぇ」

京太郎「せっかくだしもらおうかな、せっかく透華が持ってきてくれたんだし」ニッ

透華「え、ど、どうぞ」カァッ

京太郎「あぁ、冷やっこい」

透華「そう」フフッ

京太郎「……あんま騒がないな」

透華「あっ、ま、毎度騒いでるわけじゃないでしょう!」

京太郎「おうおう」ナデナデ

透華「うぅ」カァァッ

京太郎「昔から、透華は人気者だったよな、なにもしないでも目立つし」

透華「京太郎もでしょう?」

京太郎「俺は悪目立ちだよ、中学の頃は不良だと思われるし」

透華「へぇ……」

京太郎「同じ金髪なのになぁ」

透華「そうですわね」スッ

京太郎(ち、近い……そういや透華のやつ俺のこと好きなんだよなぁ)








京太郎「んっ」ギュッ

透華「ひゃっ!?ななな、なんですの!?」

京太郎「いぃや、なんかまったく環境も家族も違うのに、こうやって一緒に居られるのって不思議だよなぁ、だいたい龍門渕に俺が入学できたってのもなんとも……」

透華「い、一緒にいたかったからですわ……」ギュッ

京太郎「おう、わかってるよ……」ナデナデ

透華「本当に、わかってますの?」

京太郎「わかってるさ、今はわかる……俺もお前がいないとダメだからな」

透華「へ!?」カァァッ

京太郎「そのまんまの意味だよ」





  • 数年後-

歩「京太郎ーが帰ってきましたー!」

一「ん、海外に行ってたわりに早いねー」

智紀「いつもより早い」コクコク

京太郎「一応、俺ここの主人なんだけど?」

純「へ~敬語が良いのかぁ」

衣「衣もか?」

京太郎「いや……はぁ、もう良いかぁ……」

透華「お帰りなさい京太郎」ニコッ

京太郎「透華~!」ダキッ

透華「ちょっ、お腹の子に触りますわよ!」ドンッ

純「まぁそうなるわな」

一「まだ大きくなってないみたいだけどねぇ」

智紀「透華に弾き飛ばされて可哀そう」ギュッ

京太郎「智紀~」ギュッ

衣「衣もだ!」ギュッ

透華「人の旦那になにしてやがりますか!」

京太郎「いや、役得」

透華「う、浮気ですの京太郎!?」

京太郎「いや、そういうわけじゃ」

衣「そういえば今回の仕事は咲たちとも一緒だったと聞いた!」

京太郎「おま、変なことを!」

透華「ま、まさかぁっ!」

京太郎「落ち着け!」

透華「う、浮気なんて許さなくってよ!」

京太郎「違うって!」


一「まぁ、浮気なんてないだろうね」

純「だろうなぁ」

智紀「するとしたら館内の誰かだと思うけど」

衣「愛人なら衣がなるぞー!」


京太郎「なに勝手にへんな議論してるんだよ!」

透華「京太郎のへっぽこ旦那ぁ!」


ハギヨシ「やれやれですね」フフッ


龍門渕透華EXED

















京太郎「ん、透華?」

透華「起きてたんですの?」

京太郎「のぼせたのかそう言えば」

透華「えぇ、大丈夫ならこれはいりませんでしたわね」

京太郎「氷か?」

透華「えぇ」

京太郎「せっかくだしもらおうかな、せっかく透華が持ってきてくれたんだし」ニッ

透華「え、ど、どうぞ」カァッ

京太郎「あぁ、冷やっこい」

透華「そう」フフッ

京太郎「……あんま騒がないな」

透華「あっ、ま、毎度騒いでるわけじゃないでしょう!」

京太郎「おうおう」ナデナデ

透華「うぅ」カァァッ

京太郎「昔から、透華は人気者だったよな、なにもしないでも目立つし」

透華「京太郎もでしょう?」

京太郎「俺は悪目立ちだよ、中学の頃は不良だと思われるし」

透華「へぇ……」

京太郎「同じ金髪なのになぁ」

透華「そうですわね」スッ

京太郎(ち、近い……そういや透華のやつ俺のこと好きなんだよなぁ)

京太郎「……」ナデナデ

透華「んっ……」

京太郎「……可愛いなぁ」

透華「ふぇっ!?」カァァッ

京太郎「やべ」

透華「そ、そろそろ寝ますわ!おやすみなさい!」シュバッ

京太郎「はえぇっ!って、嫌われてないよな?」



京太郎「ん、誰かからメールだ」

京太郎「誰からだろ?」


京太郎「ん、シロからか」

差出人:白望
本文『調子はどう、万全?』

京太郎「もうすぐ東京だからなぁ」
本文『もちろんだ、そっちはどうだ?』

差出人:白望
本文『豊音とエイスリンがもうテンション高い』

京太郎「ダルいのか」
本文『ちゃんと付き合ってやれよ』

差出人:白望
本文『うん、それじゃみんな楽しみにしてるから、東京で会おうね おやすみ』

京太郎「そうだなぁ」
本文『あぁ、東京でな! おやすみ!』

京太郎「お、良子さんからも来てる」

差出人:良子
本文『お久しぶりです、もうすぐインターハイですけれど大丈夫ですか?』

京太郎「おぉ、さすがにみんなインターハイの話題かぁ」
本文『えぇ、心の準備もできてますよ、東京も慣れてますからね』

差出人:良子
本文『なら平気ですね、もしかしたらはやりさんやすこやさんに絡まれるかもしれないので気を付けてくださいね』

京太郎「気を付けようがない」
本文『はい、心に留めておきます』

差出人:良子
本文『でも、私が呼び出したら来てくださいね?』

京太郎「ははぁ……」
本文『了解です(笑)』

差出人:良子
本文『冗談です、それではまた東京で good night おやすみなさい』

京太郎「おやすみなさいっと」


京太郎「お、次は雅枝さんだ」

差出人:雅枝
本文『もうすぐ東京やな、すっかり久しぶりやから、楽しみにしとるよ♪』

京太郎「それは嬉しい」
本文『俺も楽しみにしてますよ、また千里山の人たちと麻雀もやってみたいですし』

差出人:雅枝
本文『私とも打ってなぁ』

京太郎「ん」
本文『もちろんですよ、楽しみにしてます』

差出人:雅枝
本文『ありがとうな じゃあまた、おやすみな!』

京太郎「おやすみなさいっと」



京太郎「さて、ねるかなぁ」

京太郎「……もうすぐ東京だなぁ」


  • 112日目終了-








  • ?-

京太郎「今日もか」

「まぁな、もうすぐだぞ」ククッ

京太郎「んあ?」

「ほら、早くしろ」パチンッ

京太郎「お、おう?」

京太郎「恭子さんに会いに行くか」

「ん、そうか、あいつもか」

京太郎「はぁ?」

「いやなんでもない、都合が良いのか悪いのか」ハッ

京太郎「……?」ギィ

「どちらにしろ、もうすぐだ」

バタンッ





恭子「京太郎君か」

京太郎「……なんか疲れてます?」

恭子「なんかな、ん……荒川憩とやりあってからなぁ」

京太郎「そんなに強いんですか」

恭子「ん、正直化け物レベルやな、全力でなんとかやりあえて……まぁ勝ったけど」ハァッ

京太郎「本当に疲れてるんですね」

恭子「うん」





京太郎「姫松ってどうですか?」

恭子「主将は相変わらず強いし、漫もオカルトの発動がなんとかなりはじめたし、結構ええんとちゃうんかなぁ……あ」

京太郎「どうしました?」

恭子「主将が京太郎と会えんと寂しい~言うてたし、メールや電話だけでもしとき?」

京太郎「ん、はい」

恭子「告白までされたんやろぉ?」

京太郎「うぇ、なんで知ってるんですか!?」

恭子「へぇ、そうなんや」

京太郎「騙しましたね!」

恭子「ふふっ、でも羨ましいな」ボソッ

京太郎「へ?」

恭子「なんでもないよ」ニコッ








7月29日
  • 113日目・朝-

京太郎「ふぁ……そういえば」

京太郎「誰に電話してみるかなぁ」

京太郎「美穂子さんに電話してみよう」

プルルルルッ

美穂子『もしもし?』

京太郎「あぁ美穂子さん、こんな朝にすみません」

美穂子『起きてたから気にしないで、どうしたの?』

京太郎「いえ、そういえば美穂子さんと池田の二人はいつ頃行くつもりですか?」

美穂子『そうね、八月の二日ごろには着くようにするつもりよ』

京太郎「なるほど」

美穂子『京太郎君はどうするの?』

京太郎「ん~、聞いてみないことにはどうにも」アハハ

美穂子『そう、なるべく早く会いたいわね』

京太郎「そうですね、じゃあこれで!」

美穂子『えぇ、またね』

京太郎「はい」



京太郎(朝ご飯までもうちょっと時間あるか)ウン

京太郎「せっかくだし朝ご飯まで時間つぶすかなぁ」

ガチャッ


京太郎「ん、衣だ」

衣「ん、おはよう京太郎!」

京太郎「朝から起きてるなんて珍しいなぁ」

衣「衣ももう子供じゃないからな、朝食だって作ってやるぞ!」

京太郎「おぉ、そのうち頼むよ」ナデナデ

衣「うむ!」




京太郎「昨日の話なんだけどさ」

衣「ん、魔断の力、わずかによみがえってきたきがするぞ」ニッ

京太郎「そりゃ安心だな、インターハイは化け物揃いだからな」

衣「うむ、心してかからねば!」グッ

京太郎「頑張れよぉっ!」ナデナデ

衣「うん!」ニコッ





京太郎「ふぅ、ハギヨシさんの御飯は相変わらずおいしかったぁ」

ハギヨシ「京太郎君もすっかりお上手になっているじゃないですか」

京太郎「うれしいですねー」




京太郎「そういえば、お前あれからどうだ?」

歩「あれからって?」

京太郎「普通に、麻雀の話だよ、一応麻雀部の補欠なんだから頑張ってもらわないとな!」

歩「うん、調子が良いと思う……あともうちょっとなにかれば掴めそうなんだけど」ムムッ

京太郎「頑張れよ!」ナデナデ

歩「うん、ありがと」ニコッ




京太郎「さて、どうするかなぁ」




京太郎「一、特訓だ!」

一「またぁ、絶対食べないでよ?」

京太郎「おう」

一「目を見て答えてよ」





京太郎「よし、精神統一だ」

一「えー」

京太郎「強くなるためだ!」

一「はいはい」スッ

京太郎「……」

一「」チラッ

京太郎「……」zzz

一「寝てるのかい!」バシッ

京太郎「へぶっ」







  • 昼前-

京太郎(さて、どうするかなぁ)

京太郎「ハギヨシさん」

ハギヨシ「どうしました?」

京太郎「ハギヨシさんは、悩みとか無いんですか?」

ハギヨシ「……無いわけではないですよ」

京太郎「たとえば?」

ハギヨシ「私がいなくなったら龍門渕家はどうなるのかと、いや、正確には私が安心して透華お嬢様や衣様を任せられるに人間がいないことが悩みです」

京太郎「え、なにかあるんですか?」

ハギヨシ「えぇ、私がいなくなったら……京太郎君に後を継いでもらいたいと、いかがでしょう?」フフッ

京太郎「……」

京太郎「……」コクッ

ハギヨシ「ありがとうございます、すぐにでも出ていきたいのですが君に色々と引き継がねばならないこともありますからね」

京太郎「はい……」グッ

ハギヨシ(ええ、貴方なら安心です)








  • 10年後-

「帰ってきましたね」

ギィッ

「ハギヨシ、お帰りー!」

パァンッ

「これは、どういうことですか?」

衣「おぉ、ハギヨシが驚愕しているぞ!」

透華「はじめてみましたわね」

ハギヨシ「どうして、わかりました?」

純「うちの執事は優秀なんで」

一「ほんと、どうかしちゃったかと思ったけどねぇ、もう8年以上も姿くらましてたハギヨシさんが帰ってくるなんて言い出して」

歩「やっぱりハギヨシさんほど尊敬できないのが良いところです」

ハギヨシ「……なるほど」フッ

京太郎「お帰りなさい、ハギヨシさん」

ハギヨシ「すっかり、板についていますね」

京太郎「そりゃ、もう10年近くやっていますから」

透華「いつまで経っても私たち相手にだけ執事っぽくないのですわ!」

京太郎「それが俺の良さだからな」フッ

透華「まぁ、その方が私としても良いですわ……京太郎は京太郎、ハギヨシはハギヨシですもの」ニコッ

ハギヨシ「……」

京太郎「お帰り……ハギヨシ」ニッ

ハギヨシ「えぇ、ただいまお戻りしました、京太郎」フッ





ハギヨシEXED





















京太郎「ハギヨシさん」

ハギヨシ「どうしました?」

ハギヨシ「5日からのことですか、“彼女”にも聞いたでしょうけれど、宮永咲さんとの決戦があります」

ハギヨシ「まず朝にその日、決戦へ赴くかどうかですね、行かなくても行くでもどちらでも良いでしょう」

ハギヨシ「しかし、そのまま放置すれば大変なことになるのでできる限り早く行きましょう、最も楽なのが5日に戦うことでしょう」

ハギヨシ「そして5日からできることと言えば今までと変わりません、違うことと言えば一部を除いた他県の生徒たちも一いるということでしょう……以上です」


ハギヨシ「あぁあと……やはり貴方に龍門渕を任せて良かった、京太郎」フッ






京太郎(どうするか、このまま昼食いただくか、それとも出て他のとこで食べるか……)ムムッ

京太郎(電話でもするか、誰にしよう?)

京太郎「咏さんに電話してみるか」ソソクサ

プルルルッ

咏『もしもし、どうしたん?』

京太郎「いえ、なんとなく電話してみたくなったんで」

咏『へぇ、なんとなくであたしに連絡したんだぁ~嬉しいかも』

京太郎「あはは、なんか照れます」ハハッ

咏『まぁもうすぐ東京なんだし、そしたら沢山会えるし!』

京太郎「そうですね、じゃあまた!」

咏『うん、またね!』

プツッ

京太郎「……さて、頑張るかな!って昼かぁ」






  • 昼過ぎ-

京太郎(結局昼御飯もいただいたな……)

京太郎「さて、どうするかなぁ」

京太郎「これが、俺の素敵滅法!」

ハギヨシ「まだまだですが、光るものはあります」フッ



  • 夕方-

京太郎(さてと、そろそろ帰るのも手か……)

京太郎「ハギヨシさ~ん♪」

ハギヨシ「おやおや、どうしました?」

ハギヨシ「危険ですか、そうですね……選択による危険ですが、件の三尋木咏さんは東京に行けば強制的にイベントが発生するでしょう」

ハギヨシ「そして一番の問題は『??』が溜まっている方ですけれど、こちらでは誰一人として危険な方はいません」

ハギヨシ「危険な方は、そうですね……愛宕洋榎さんが危ないでしょう、連絡は早めにとっておかないと東京に行った時が怖いですよ」フッ

ハギヨシ「では、また細かいなにかを聞きたい時は……3ですね」ニコッ




  • 夕方2-

京太郎(んっと……)

京太郎「メールを誰にするかなぁ」


京太郎「洋榎さんにメールしてみるか、恭子さんにも言われたし」
本文『今、暇ですか?』

差出人:洋榎
本文『暇!久しぶりやなガースー!』

京太郎「おぉ」
本文『久しぶりです、中々連絡取らずにすみません』

差出人:洋榎
本文『寂しかったで(怒) まぁこうしてメールくれたから良かったけど』

京太郎「あぁ」
本文『ほんとすみません、東京でまた会いましょうね!』

差出人:洋榎
本文『うん、絹もおかんも会いたがってるから、また泊まりに来たりもするやろし!』

京太郎「楽しいからなぁ、あそこの家」
本文『また行かせてもらったりもあると思います それじゃ、また東京で!』

差出人:洋榎
本文『うん、楽しみにしとるよ~♪』

京太郎「ん、洋榎さんと絹恵さんの写メか……良いね!」グッ




  • 夜-

京太郎「うわ、もう暗い!」

透華「またですの?」

京太郎「そういや前もあったなぁ……さて、帰るか、ありがとな」ナデナデ

透華「べ、別に構いませんけど……気を付けて」

京太郎「おう、それじゃぁな!」




  • 深夜-
  • 自宅-

京太郎「どうするかなぁ」

京太郎「ネトマでもするかな!」


一人目 グラマス
二人目 とよねー
三人目 どらごん


京太郎「健夜さんに豊音さんに玄さんかぁ」

グラマス:さて、やろうか!私に勝って見せてね!

キョータロ:頑張ります!

とよねー:よろしくねーがんばるよー

どらごん:お任せあれ!

京太郎「お前の運命は俺が決める……!」



トップ グラマス
二着 京太郎
三着 とよねー
ラス  どらごん

どらごん:やっばいのです

とよねー:ちょーつよいよー

キョータロ:もう無理

グラマス:あはは、最近自信ついてきたよ!

キョータロ:いや、ほんと……これでまだ力があるんだから勘弁ですよ

グラマス:普通にやればこれだね

キョータロ:見抜けなんだ

どらごん:お疲れ様!

とよねー:おつかれさまだよー

京太郎「お疲れ様っと」






京太郎「豊音さんからか」

とよねー:ちょー強かったねー、京ちゃんでも勝てないなんてー

キョータロ:あの人は別格ですよ、まぁ俺が勝てない人なんて案外いたりしますけど

とよねー:えーちょー気になるよー、でも東京でまた会えるね、楽しみにしてるよー

キョータロ:俺も楽しみにしてます!

とよねー:またねー

京太郎「ん、ログアウトしたのか……さて、どうするかな」







京太郎「玄さんからか」

どらごん:インターハイ、私大丈夫かな?

キョータロ:大丈夫ですよ!

どらごん:だって私ボロボロで

キョータロ:相手はとんでもだったんで大丈夫ですよ!

どらごん:その中にキョータロ君が入ってるんだけどね?

キョータロ:まぁとりあえず、また東京で会いましょう!

どらごん:うん、またね!

京太郎「ログアウトしたかぁ」



京太郎「さて、寝るかなぁ」

京太郎「カピー?」

京太郎「……寝るか」パチンッ


  • 113日目終了-






  • ?-

京太郎「ん?」

「大罪同士で争わないんだな」ククッ

京太郎「は?」

「なんでもない」パチンッ

京太郎「はぁ?」




京太郎「淡に会いに行くかな」

「好きにしろ」

京太郎「おう」ギィッ

「どうなるか、だな」ククッ

バタンッ


京太郎「よう淡」

淡「京太郎だ!」

京太郎「おう淡!」

淡「どうしたの?」

京太郎「なんとなくだよ、会いたくなっただけ」

淡「へぇ~嬉しいなぁ~」ギュゥッ

京太郎「抱きつくな!」

淡「やっこい?」

京太郎「もうちょっと大きくなってから言え」

淡「……えっち」カァッ

京太郎「うるせぇよ」





京太郎「白糸台って、どうなってたんだ?」

淡「ちょっとピリピリしてきたねー三連覇がかかってるから」

京太郎「だよなぁ、うちも見習ってほしいよ」

淡「えー大変だよー?菫なんて生理かってぐらい」

京太郎「そういうこと言うなよ!」

淡「う、うん、とりあえずみんな会いたがってたからね、またね!」フリフリ

京太郎「お、おう、またな!」