• 74日目-
  • 朝-

京太郎「ん、どうすっかなぁ~」

京太郎「ん、ちょっとこれオカルトに通ずるものもあるな、ふんふむ……」


京太郎「あんま時間経たなかったな」


京太郎「よし、出かけるか」


京太郎「透華たちのとこに行くか、たまにはな」ウンウン

京太郎「誰に連絡しようか」



京太郎「透華へ、今から行きますっと」

ブブブッ

差出人:透華
本文『待ってますわ』

京太郎「よし、行くかな」




  • 龍門渕家-

京太郎「お邪魔しまーすっと」

透華「久しぶりですわね!なんでもっと早く帰ってきませんでしたの!」

一「まぁまぁ、京太郎もボクたちのためにって行ってくれたんだし、ね?」

京太郎「おう!」

智紀「データは重要」クイッ

透華「むぅ、ですけれど」

純「まぁ良いじゃねぇか」ハハッ

衣「京太郎!久しいな、衣も待ってたぞ!」ワーイ

京太郎「おう」ナデナデ

歩「いらっしゃい」

ハギヨシ「さて、休日ですから休んでください」

透華「練習でも良いですわね!」

衣「とりあえず部屋に行くぞ!」




京太郎「そういや歩は最近麻雀どうだ?」

歩「うん、衣様以外なら透華様にもたまになら勝てるよ」

京太郎(すさまじいな、潜在能力だけならゆうに並を超えてるだろ……)

歩「また今度付き合ってよ」

京太郎「おう、任せとけ」グッ





  • 昼前-

京太郎「ん、昼になったら出るのもありだよな」

ハギヨシ「おや京太郎君、なにか疑問が?ええ、夢のことでしたら貴方は第一段階をクリアしましたので当分はお休みでしょうね」フフッ

ハギヨシ「そして私の主な役回りとしては……『??』が溜まって危険な方のご紹介でしょうか?」

ハギヨシ「まぁ、現在危険な方はそれといっていません……が、またどこかに旅行、もとい偵察に行くのであれば東横桃子さん、福路美穂子さんとは会っておいた方が良いでしょうね、まぁ偵察中に電話やメールをするだけでも良いでしょうけれど」フム

ハギヨシ「また何かあれば電話かメールか、会いに来てくださればなんでもお答えしますよ、それでは」フリフリ








  • 昼-

京太郎「さて、どうするか」フム

ハギヨシ「お昼はどうします?」

京太郎「ん~」

京太郎「いえ、今日はここらへんで帰ります」ハハッ

ハギヨシ「わかりました、ではまた」

京太郎「はい、また!」


京太郎(さて、どうすっかなぁ、食べに行くか!)


京太郎「さて、誰か誘ってみるか~!」


京太郎「そうだなモモを誘おう!」

プルルッ

モモ『もしもし、どうしたっすか京さん!?』

京太郎「いや、今から昼一緒にどうかなって」

モモ『どこにします!?』

京太郎「ん、まぁ適当にファミレスとかで、良いか?」

モモ『京さんとだったらどこでも良いっすよ!』

京太郎「おう、それじゃあっちで集合な」

モモ『了解っす!』





  • ファミレス-

京太郎「おう」

モモ「待たせちゃったっすね」

京太郎「大丈夫だ」

モモ「なんで誘ってくれたんっすか?」

京太郎「いや、昼飯誰かと食べようかなって思ってなぁ」

モモ(これは私を選んでくれたってことっすよね!)グッ

京太郎「さて、なに食う?」

モモ「えっとですねー」

京太郎(なんで向かいじゃなくて隣なんだ?)

京太郎「ん、これ美味いな」

モモ「ほんとっすか?」

京太郎「おう、ほれ」アーン

モモ「で、ではいただくっす!」パクッ

京太郎「な?」

モモ「じゃ、じゃあ次は私のを!」

京太郎「おう、ありがとな~」

モモ(なんでまったく意識しないっすかぁ!?)

京太郎「そういえば俺、気付いたら雑誌に載っててさ?」

モモ「え、知らなかったんっすか?結構有名っすよ?」

京太郎「マジかよ、このあいだ東京で取材受けたんだけど……びっくりだよ」

モモ(京さんの部分だけ切り取ってスクラップブックにしてあるし)

モモ「そういえばその取材って?」

京太郎「ん、今週のWEEKLY麻雀TODEYに乗るらしい」

モモ(情報ゲットっす!)

京太郎「若干楽しみだな」ヘヘッ

モモ(私もっす!)グッ








  • 昼過ぎ-

京太郎「ふぅ、食べた食べた」

モモ「お金払ってもらってありがとうございます」

京太郎「気にするなよ、誘った身だしな~」

モモ「そういえばこの後に鶴賀で部活があるんっすけど一緒にどうっすか?」

京太郎「ん、ん~」


京太郎「じゃあ折角だしお邪魔するかな~」

モモ「じゃあ行きましょう!」グイグイ

京太郎「あ、あまり引っ張るな」

京太郎(おもちがあたっております)






  • 鶴賀学園-

モモ「ただいま到着っす!」

京太郎「す、すみません突然」アハハ

ゆみ「いや、歓迎するよ」

智美「ワハハ、昨日ぶりだなー」

佳織「久しぶりだね!」

睦月「うむ、久しぶりだ」

京太郎「あはは」

ゆみ「そう言えば、四校合同合宿は須賀君はくるのか?」

京太郎「へ?」

ゆみ「ほら、我々四校は全員須賀君なら歓迎するだろうし……まぁ私たちと龍門渕や個人戦代表はやりあえないが」アハハ

京太郎「え、四校合同合宿って?」

智美「ワハ?」




京太郎「なるほど、四校合同合宿……なんで知らされなかったんだ」ズーン

佳織「ほら、驚かせようとしたとか!」

智美「ワハハ、まぁ知れたってことで良いじゃないか、今夜あたり聞いてみたらどうだ?」

京太郎「そうします」

ゆみ「では、部活開始だ!」






京太郎「妹尾さんは、麻雀してるんですか?」

佳織「うん、役も覚えて点の計算もできるようになったよ!」

京太郎「おお、すごい進歩だ!」

佳織「でもそのせいか、前みたいに凄いのが出なくなっちゃったんだ」

京太郎「なるほど……」

京太郎(これは智紀がカモにしかねない)

佳織「でも、頑張ります!」グッ

京太郎(おもちがゆれた)






  • 夕方-

京太郎「さて、次はどうするかなー」

京太郎「ゆみさんは、全国ってどう思いますか?」

ゆみ「唐突だな」

京太郎「まぁ……」

ゆみ「そうだな、正直私たちが県予選を突破できたのは偶然だ」

京太郎「言っちゃいますか」

ゆみ「全員わかっているさ、全員ただ普通に打っていて……それでほかの三校がやりあっていてくれただけ、そう私には見えたが君は?」

京太郎「まぁ、正直な話をすれば同じです」

ゆみ「だろう?だから、私たちはこれから三校と戦いあえるようになる必要がある……」

京太郎「わかります」

ゆみ「君にも協力してもらうかもしれない」フッ

京太郎「俺にできることであれば」




  • 夕方2-

京太郎「さて、次は?」

睦月「京太郎君」

京太郎「ん、どうしたんです睦月さん?」

睦月「異能の力っていうのはそんなに絶対的なものなのか?」

京太郎「あぁ、プロは全員持ってるって聞きましたけどぉ」

睦月「そうか、なら全国に行ったら必要になるな……」

京太郎「でも全員が全員持ってるわけじゃないんですよ、持ってない人だっているし……」

京太郎(いざとなれば、岩手に誘ってって手もあるんだよな)

睦月「そうか、私は……全国で通用するかな?」

京太郎「いや、長野の県予選決勝で張ってたんですから絶対通用はしますよ」

睦月「なら、嬉しいけど……優勝のためにはもっと頑張らないといけないな」コクッ

京太郎「はい、頑張ってください、応援してます!」

睦月「うむ、ありがとう」




  • 夜-

ゆみ「京太郎君、私たち鶴賀が強くなるために、君には力を貸してほしい」

京太郎「え?」

ゆみ「たまに、時間があるときで良いから私たちが強くなるために、協力して欲しいんだ」スッ

京太郎(俺は龍門渕の生徒だ……でも、この人たちにも勝ってほしい……)





京太郎「すみません……それでも俺は、協力できない」

ゆみ「そうか、いやすまない、私たちの希望ではあったんだ……君が」

智美「なにがなんでも強くなんないといけないしなーワハハ」

桃子「まぁ京さんには京さんの学校があるっすからね」

睦月「うむ、私たちは私たちで頑張るしかない、ということだろうな」

佳織「じゃあ、私たちは私たちで!」グッ

ゆみ「それじゃあ須賀君、四校合同合宿、来るにしろ来ないにしろ龍門渕さんには楽しみにしているとよろしく」

京太郎「……はい」

京太郎(これで、良かったんだよな?)







  • 夜-
  • 自宅・自室-

京太郎「よし、四校合同合宿のことについて聞いてみよう」

プルルルルッ

透華『もしもし、どうかなさいまして?』

京太郎「四校合同合宿についてだけどさ」

透華『あ』

京太郎「おう、忘れてたよな?」

透華『え、えぇ、ごめんなさい』

京太郎(あ、あいつが素直に謝った!?)

京太郎「べ、別に気にしてねぇけどさ!とりあえず、俺って参加すんの?」

透華『そこは貴方の自由で良いみたいですわよ、どこもダメとは言っておりませんので』





京太郎「じゃあ行くからさ、オッケーか?」

透華『えぇ、次の水、木、金曜日でいきますわよ?』

京太郎「おう、了解……」

透華『それでは、また明日、おやすみなさい』

京太郎「りょーかい、おやすみっと」プツッ

カピー「カピ」ネル?

京太郎「そうだな、寝るか~」

カピー「カピッ」オヤスミ!

京太郎「おやすみ~」


  • 74日目終了-







  • 75日目・朝-

京太郎(合同合宿行くんだし、旅行はダメだよなぁ)

テクテクテク

透華「あら、京太郎?」

京太郎「透華か、四校合同合宿って企画はお前か?」

透華「いえ、清澄からでしたわ」

京太郎「なるほどな、でも咲とお前ってやれないんだよな、あと池田」

透華「個人戦の代表ですものね、ですが他の方とはやりあえますわよ」

京太郎「おう、楽しめ楽しめ」

透華「当然ですわ!あ、そういえばWEEKLY麻雀TODEYもそろそろですわね」

京太郎「お、おう」





  • 授業-

京太郎「超久しぶり」

歩「次の授業覚えてる?」

京太郎「あれ、なんだっけ……?」

京太郎「家庭科の授業だぁ!」ゴッ

教師「さすがよ須賀君!」

歩「だからちゃんと授業しましょうよ~」




  • 昼-

京太郎「さて、お昼はどうすっかなーと」

京太郎「ん~やっぱ屋上は風が気持ちいいな~」

純「そうだなぁ、お、これくれよ」

京太郎「おう」

智紀「私の、食べる?」

京太郎「お、じゃあもらおっかな」




  • 放課後-

京太郎「さて、今日はどうするかなぁ~」ハハッ

京太郎「今日は良いや!」

歩「え、来ないの?」

京太郎「え、もしかして寂しい?」

歩「いや、全然」






京太郎「さて、どうすっかなー」

まこ「いらっしゃい、おぉ須賀じゃな、どうする?」

京太郎「そうですね~」

京太郎「麻雀卓あいてます?」

まこ「ん、あっちが空いとるぞ」スッ

京太郎「了解っす、飲み物は……」

まこ「アイスティーしかないけどええ?」

京太郎「え?」

まこ「冗談じゃ」

京太郎「まぁアイスティーで」

まこ「ほいほい」








京太郎「お、モモじゃん」

モモ「京さんお久っす!」

久「さて、こんにちは~」

美穂子「あら、みなさんお揃いで?」

京太郎「まぁ偶然ですよ、偶然四校が揃ったと……」

久「よくよく考えるととんでもないわね」ハハッ

美穂子「合同合宿もあるものね」

モモ「負けないっすよ!」

久「さて、とりあえず」

京太郎「打ちますか!」







京太郎(さて、どう動くか……)スッ

モモ(京さんは私のっす!)ゴッ
  • P効果『ステルスモモの独壇場』発動
 効果:オカルト80以下の相手の効果すべてを受けない

美穂子(あら、敵意が向いてるわね……京太郎君の“お友達”かしら?)ゴッ
  • P能力『真眼』発動
 効果:和了判定最上位の点数の半分を奪う(一の位は切り上げる)

久(さて、行くわよ!なんか空気淀んでるけど!)









京太郎(さて、やらせてもらいますよ美穂子さん!)キュィン
  • 能力『青眼の預言者』発動

モモ(京さんの片目が青く、青と赤の目……これは風越のキャプテンさんと同じっすか!?)

美穂子(あら、使ってくれるのね須賀君……)フフッ チラッ

モモ(あの女!あたしを挑発したっすか!?)キッ

久(あぁ、なんか空気が重い)
  • 能力『アウトロー・タウン(真)』をチェーン発動

京太郎(来たッ!?)

美穂子(上埜さん!?)

モモ(敵だらけっす!)









京太郎(これは、振り込まなければどうということはない!)

美穂子(さて、じゃあ私も行こうかしら?)スッ
  • 能力『青眼の聖女』をチェーン発動

久(そうよね、あれは風越のキャプテンのものなのに、なんで須賀君が?)

美穂子(おそろいね、須賀君)ニコッ

モモ(ぬぁぁっ!絶対につぶすっすよぉっ!)












美穂子(この状況で、打つべき牌は……)

京太郎(塞ぐ!)カッ
  • 能力『心鎮壺のレプリカ(喰)』をチェーン発動

美穂子(あッ!?見えないっ!?)

モモ(ざまぁないっすね!)
  • 能力『ステルスモモ(真)』をチェーン発動

京太郎(次はモモか!)クッ








京太郎(使用する必要は、ない!)


◇効果処理開始

モモ(さぁ、ステルスモモの独壇場っす)スゥッ
  • 能力『ステルスモモ(真)』発動
 効果:直前と次の和了判定を二段階上げ、他の者の点数を5点ずつ奪う

京太郎(さて、美穂子さん、させませんよ!)ギンッ
  • 能力『心鎮壺のレプリカ(喰)』発動
 効果:能力を無効にする

美穂子(見えない、京太郎君かしら?)
  • 能力『青眼の聖女』無効

久「」スッ ピンッ

京太郎(牌を弾いた!)

久「ツモ!」ダァンッ!!
  • 能力『アウトロー・タウン(真)』発動
 効果:次の和了安価の数値を+30、以降の点数を+20

美穂子(牌がかわいそう)

モモ(マナー悪いっす!)

  • 和了判定変化
京太郎、モモ、久、美穂子の順

◇効果処理終了










京太郎(さすがに全国主力クラスの三人!)チィッ

美穂子(あらあら、少し不味いわね)

モモ(あはは!なにが風越のキャプテンっすか、私の一人勝ちっすよ!)カッ

久(うん、こんな調子で行きましょう!)

京太郎(さすがに辛いか……心を冷静にしろ)スッ
  • P能力『クリア・マインド』発動
 効果:すべての能力をチェーン発動可能になる

モモ(この調子でいくっすよ!)ゴッ
  • P効果『ステルスモモの独壇場』発動
 効果:オカルト80以下の相手の効果すべてを受けない

美穂子(でも、京太郎君が相手をしてくれたのは私だけよね)ゴッ
  • P能力『真眼』発動
 効果:和了判定最上位の点数の半分を奪う(一の位は切り上げる)

モモ(くっ、この女!)

久(あぁ、もう目に見えて淀んでるわ)









京太郎(さて、どうなるか)

モモ(よくないっすねぇ、でも!)
  • 前半の『ステルスモモ』の効果により和了判定が二段階上昇

美穂子(ふふっ、必死ね)ニコニコ

久(頭痛くなってきた)











京太郎(さて、この場は俺が支配する!)ゴッ
  • 能力『月海支配(喰)』発動

モモ(来たッすか!?)

美穂子(天江さんの!?)

久(さて、咲がダメだったみたいだけど、私がなんとかできるかしら?)
  • 能力『アウトロー・タウン(真)』発動

京太郎(来たかッ!)











京太郎(さて、じゃあやるか……)キュィン
  • 『牌を殺すということ』発動

モモ(京さんの眼がまた青く、でもっ、あの眼とは違うし両目!?)

美穂子(な、なに!?)

久(なに、この……殺気?)

京太郎(点と線、それが死だ!)
  • 能力『魔眼』が反映
 魔眼:100
 判定:成功











京太郎(殺す!)ゴッ


◇効果処理開始

京太郎(これが、牌を殺すということだ!)ギンッ
  • 能力『牌を殺すということ』発動
 効果:同チェーン上の能力すべてを無効にする

キィンッ

モモ(なんっすか!?)

美穂子(え?)

久(牌から、感覚が消えた?)
  • 能力『アウトロー・タウン(真)』無効

京太郎(あとは実力のみってわけ、にもいかないか?)
  • 能力『月海支配(喰)』無効

◇効果処理終了









京太郎「ま、負けたッ!?」

美穂子「ありがとうございました」ニコッ

モモ「お疲れっす」

モモ(勝ったぁ!)

美穂子(まぁ須賀君は私だけを相手してくれたわけだからね)ニコッ

モモ(こ、こいつっ!?)

久「お疲れ様ぁ」

久(修羅場ってやつね)






◇結果
トップ モモ:67+92=159
二着 美穂子:35+96=131
三着 久:65+62=127
ラス  京太郎:34+49=83












美穂子「まぁ須賀君、調子が悪い日もあるわよ」

京太郎(いや、完全に俺の慢心だ、全員の能力を押さえておけばこうはならなかったはずだ……)

モモ「そうっすよ京さん!」

久「まぁ、おもしろかったわよ、合同合宿楽しみにしてるわ」ニコッ

美穂子「はい、私も楽しみにしてます」ニコッ

モモ「負けないっすけどね!」グッ

京太郎(さて、どうするかぁ)







美穂子「それじゃあ私は帰るわね」

京太郎「あ、俺も行きます!」

モモ「!?」

久「まぁまぁ」






京太郎「いやぁ、久しぶりでしたね」

美穂子「そうね会うのも久しぶりだし……そういえば京太郎君は、女の子の友達が多いのね?」

京太郎「ま、まぁ男友達の方が全然少ないのは事実ですね」ハハッ

美穂子(東横さんと何かあったわね)

美穂子「それにしてもあんな可愛い子に好かれてるなんて男の子なら嬉しいんじゃない?」

京太郎「まぁ、そうなんですけどぉ……でも可愛いっていうなら美穂子さんもじゃないですか!」

美穂子「や、やだ京太郎君ったら!」

京太郎「あはは」





京太郎「さて、美穂子さんとも別れたしどこか行くかな~」

京太郎「さて、帰るかー」


  • 夜-
  • 自宅・自室-

京太郎「さて、どうするかなー」

京太郎「家にいてもしょうがないかな、でかけるか~」

須賀母「あまり遅くならないようにねー」

京太郎「了解だ」

京太郎(今日は睦月さんいるかな~っと)

睦月「あっ」

京太郎(いた!)


睦月「最近、部長がおかしいんだ」

京太郎「へ?」

睦月「理由、知らない?」

京太郎「むむ……すみません、わかんないです」

睦月「そっか、ちょっと心配で……まぁわからないなら仕方ないな、四校合同合宿楽しみにしてる」ニコッ

京太郎「俺もですよ」ニコッ





  • 自宅・自室-

京太郎「あれ、メールが来てる」

京太郎「んっと?」


京太郎「あれ、洋榎さんからなんて珍しい」

差出人:洋榎
本文『久しぶりやけど、あと一月と少しでインハイやな!』

京太郎「ん」
本文『そうですね、洋榎さんと会えるのも楽しみにしてますよ』

差出人:洋榎
本文『東京行ったら一緒にどっか行こうな♪』

京太郎「楽しみだな」
本文『はい、大阪にもまた行かせてもらいますね!』

差出人:洋榎
本文『うん、そん時は返事期待してもええの?』

京太郎「うっ……」
本文『そのことは、またってことで!』

差出人:洋榎
本文『わかっとるよ、それじゃまたな おやすみ!』

京太郎「おやすみなさいっと、次はモモか」


差出人:モモ
本文『風越のキャプテンさんと何かあったっすか?』

京太郎「ん?」
本文『何もなかったぞ』

差出人:モモ
本文『そうっすか、私京さんのこと好きって言ったじゃないっすか、さすがに嫉妬ぐらいするっすよ?』

京太郎「……結構大変な状況じゃないか俺?」
本文『ごめんな、四校合同合宿で埋め合わせするよ』

差出人:モモ
本文『それが聞ければ十分っす、また今度っすね おやすみなさい!』

京太郎「おやすみっと、次は……シロか」


差出人:シロ
本文『最近、来ないね?』

京太郎「そうだなぁ」
本文『悪い、今度暇があったら行くよ』

差出人:シロ
本文『わかった 夢で逢えたけど、ほかのみんなはあえてないから』

京太郎「そうだよなぁ」
本文『ああ、また会おうな!』

差出人:シロ
本文『うん、みんなにも伝えとく おやすみ』

京太郎「よろしく、おやすみ……っと」








  • 愛宕家・洋榎部屋-

洋榎「ん、ガースーと東京デートとかええなぁ!」パァッ

洋榎「洋服とか見て、レストラン行って、それでほ、ホテルか!早いわ!」ビシィ

ウルサイワヒロエ!

洋榎「でもガースー他に女と約束してたりせぇへんやろな?なんか心配やわ」ウン


  • 東横家・桃子部屋-

モモ「四校合同合宿で埋め合わせ!これは来たッすよー!」グッ

モモ「ふっふっふっ……これで風越のキャプテンはおろか龍門渕の人たちとも大幅に差をつけて頂点に立つッすよぉ!」ビシィッ


  • 小瀬川家・白望部屋-

白望「ん、みんなに伝えとかないと……胡桃寂しがってたし、エイスリンもだし……」グテェ

白望「塞と豊音も……あれ、京太郎に宮守麻雀部、やられてる?」







  • 自宅・自室-

京太郎「さて、そろそろ寝るかなー」

カピー「カピ」カマエ!

京太郎「ん~」

京太郎「よしカピー、今日は寝かせないぜぇ!」

カピー「カピッ!?」ヤ、ソウイウコトジャッ!

京太郎「へへへっ!もふもふじゃねぇか!」

カピー「カピ」モットシテ…


  • 75日目終了-








  • ?-

京太郎「んぁ……あれ、ここって?」

?「ハギヨシに来ることはないって言われてたのに」

京太郎「あ、どうも……あれ、膝枕されてる?」

?「まぁ気にするな、とりあえず少しだけサービスって感じだ」

京太郎「サービス?」

?「ん、お礼っていうか……ま、まぁ良いからとりあえず考えることはそれじゃなくて、色々あるだろうからヒントだけあげようと思って」

京太郎「ヒントかぁ」

?「少し、あるものをもらうことになるけどね」

京太郎「え、やばいもの?」

?「いや、全然平気だけど、ほんと気にしなくても良いんだけどちょっとだけ、もらうから……まぁ教えてほしいこととかある?」

京太郎「教えてほしいこと、かぁ」





京太郎「あのさ、睦月さんがゆみさんがおかしいって言ってたんだけど」

?「まぁ、そこに関しては現状では見てるしかできない」

京太郎「はぁ、それがヒントかよ?」ハァ

?「待って待って!原因というと勝利への焦りと執念、大体にして県予選決勝大将戦にいた時点で三体の魔物の気に当てられてたんだ、その時に纏わりついた闇やらなんやらが加治木ゆみの思いに反応して力を増幅した、結果がこうだ」

京太郎「こうって?」

?「見たら早いんだろうな、四校合同合宿になったら麻雀は見るに徹した方が良い、参加すれば呑まれる可能性もあるから」

京太郎「ふぅん……まぁ、心に留めておくよ」

?「ん、なら安心……じゃあしかともらったから」

京太郎「ん、なにを?」

?「起きればわかるから」フフッ

京太郎「?……おう」






  • 76日目・昼-

京太郎「ん……は、昼!?」

京太郎(これか、もらう物って……俺の時間かぁ!?)





京太郎(行くか……)ハァ





  • 放課後-

京太郎「あっというまだったな」

歩「まぁ来て二時間だからね」

京太郎「さて、今日も部活は休むぜ!」

歩「合同合宿は明日からだからね?」

京太郎「おう、明日だな!」バッ


京太郎「さて、どこ行くかぁ」



京太郎(さて、適当に歩くか)



京太郎「あれ、原村さんだ」

和「あぁ、須賀君このあいだ以来ですね、麻雀を打つこともしませんでしたが」フフッ

京太郎「まぁせっかくの再開でしたもんね、で穏乃たちは?」

和「なかなか強くなったので相手になったらかなり苦戦すると思いますよ」

京太郎「それは怖いな……まぁ長野だものなぁ」

和「まぁ結局、誰も咲さんには勝てませんでしたけれど」

京太郎「だよなぁ」

和「そういえば赤土さんが須賀君を気にしていましたけどなにかあったんですか?」

京太郎「んん?いやなんにもないぞ!」アセッ

和「そうですか、邪推でしたね」フフッ

京太郎「ははは!」






  • 夕方2-

京太郎「さて、どうするかー」

京太郎「ん、だんだん暑くなってきたなぁ」




京太郎「」ゾッ

京太郎「ッ!?」バッ

ゆみ「やぁ京太郎じゃないか」

京太郎「あれ、ゆみさん?」

京太郎(そういや言ってたな)

京太郎「最近鶴賀の部長がおかしいって話を聞きましたけど……」

ゆみ「あぁ、最近おかしい」

京太郎「やっぱり」

京太郎(どうすればいい、咏さんやハギヨシさんに相談してみるか?ここはお祓いってことで良子さんとか……)

ゆみ「蒲原の運転が乗りやすいんだ」

京太郎「はい?」

京太郎(違う、鶴賀の部長は蒲原さん、ならゆみさんは別の意味で危ないってことか、あの人に聞いといて良かったぁ!)

ゆみ「それになんだか麻雀になるとやけに強くなったり、謎の重圧を放って来たり」

京太郎「へぇ、すごいですね蒲原さん」

ゆみ「すごいぞ、ザマされる」

京太郎「ザマされる??」

ゆみ「俗物!って言われる」

京太郎「それはまぁ」

ゆみ「まぁ話の続きは明日でも良いだろう、また!」フリフリ

京太郎「あ、ゆみさんそれじゃ!」

京太郎(でも、ゆみさんが危険ってのもそうらしいな)ウム





  • 夜-
  • 自宅・自室-

京太郎「さて、どうすっかな」

京太郎「出かけてくる」

須賀母「あんまり遠くに行かないように!」

京太郎「おう」

京太郎(今日も睦月さんは?)

睦月「うむ」

京太郎(いるもんだな)

睦月「まだ出たばかりのシリーズなのに、君も好きだね」

京太郎「こういうのってコレクター魂が」

睦月「わかるわかる」

京太郎「また藤田プロ出たらどうしよう」ゴクリ

睦月「多く入れられてるのか?」ゴクリ







  • 自宅・自室-

京太郎「お、メールだ」

京太郎「ん?」

京太郎「ん、歩からだ」

差出人:歩
本文『明日からの四校合同合宿に私は行かないけど、女の子だらけだからって目移りしないように!』

京太郎「お前は俺のお袋か」
本文『おうわかったよ母さん』

差出人:歩
本文『ばかなこと言ってないで遅刻とかもしないようにね』

京太郎「わかってるって」
本文『でも歩と会えないのはちょっと寂しいな』

差出人:歩
本文『何言ってんの?寝ろ! おやすみ』

京太郎「はいはい、おやすみっと……胡桃さんからだ」


差出人:胡桃
本文『シロから話聞いたよ、会えるの楽しみだね!』

京太郎「シロも話すんだな、いやわかってるけど」
本文『そうですね、東京行ったら遊びましょうね!』

差出人:胡桃
本文『うん、楽しみにしてるよ それじゃあね、おやすみ!』

京太郎「おやすみなさいっと……」






  • 龍門渕家・歩部屋-

歩「あ、あいつ寂しいとかっ」カァァッ

歩「あぁもう、どういうつもりで言ってんのよ!」

純「おい歩うるさいぞ?」

歩「ひゃ!?す、すみません!」


  • 鹿倉家・胡桃部屋-

胡桃「楽しみだなー」ボフッ

胡桃「返事ももらえれば良いんだけどね!」



  • 自宅・自室-

京太郎「さて、今日は早く寝るか」

カピー「カピ」オヤスミ!

京太郎「おう、おやすみ~」


  • 76日目終了-







  • 77日目・朝-

京太郎「さて、準備も完了だな!時間も超余裕だ!」

京太郎「よし、重箱にしきつめてくれるわ!」

京太郎「フハハハ!俺は人間料理製造機だァ!」





  • 旅館前-

京太郎「おぉ、ここが泊まる旅館かぁ!」

透華「騒ぎすぎですわよ!私より目立たないこと!」ビシィ

一「もう、二人してみんな見てるよ」

純「ちょっとは落ち着けよ」

智紀「同意」

透華「オホン、今日はよろしくお願いしますわ!って、清澄がまだきていませんわね」

ゆみ「あぁ、清澄ももうそろそろ到着するだろうけれどね」

美穂子「こうして揃うのも県大会以来だものね」

透華「こうみると三年がいないのはうちだけですわね」

京太郎「まぁ当然だろうな」

透華「来たようですわよ!」ビシィ

ガラッ

久「お待たせしたわね、清澄高校ただいま到着よ!」ビシィ

和「お久しぶりです」ペコッ

優希「出迎えご苦労だじぇ!」

まこ「これ、ちったぁ頭を下げい」

咲「ど、どうもこんにちは!」ペコペコッ

京太郎(……咲、また強くなったか?)

久「さて、それじゃあ入りましょうか!」

京太郎(さて、合同合宿開始だな!)





  • 宴会場-

久「さて、それじゃあまずは……疲れている人もいるみたいなので休憩としましょう」

透華「そうですわね」

ゆみ「では、鶴賀と龍門渕は戦わないようにな」

透華「バレなければ良い気もしますけれど」

久「そういえば今回はプロの方が一人協力してくれるらしく」

美穂子「プロの方ですか?すごいですね」

久「いえ、知り合いの藤田靖子の知り合いが須賀君がいるならって」

透華「また京太郎ですの!?」

美穂子「あら京太郎君、プロの方にも友達がいるのね」ニコッ

京太郎「あ、は、はい」

久「あ、来たみた」

京太郎「?」

咏「よっ、京ちゃん!」

京太郎「う、咏さん?」

美穂子(あらあら、なんだか仲良さげね)ニコニコ

咏「今回の合宿で協力するってことになった三尋木咏、よろしく頼むよ」

京太郎「お、おお、なんだかすごいことになってきた」





京太郎「あ、そういえば」ドスンッ

久「重箱?」

バサッ

京太郎「ちょっとした小物を大量に作ってきたんで皆さん食べてください!」

久「ん、気が利くわね~清澄に欲しいわ」

透華「上げませんわよ?」

衣「咲!ゆみ!池田!一緒に食べよう!」

咲「うん、衣ちゃん、京ちゃんの料理は美味しいもんね」ニコッ

ゆみ「そうだな、私も腹が減っているし丁度良い」

池田「なんであたしだけそんな呼び方なんだし!?」


京太郎(さて、俺は……)



京太郎「おう池田」

華菜「おう須賀、意外といけるなお前なんでもできるなほんと……って先輩を呼び捨てにすんじゃねぇよ須賀ァ!」

京太郎「もっと食えほれほれ」

華菜「良いのか?うまいな美味い!」

京太郎(チョロい)

華菜「っていうかなんの用だし?」

京太郎「ほら、お前なんか大変そうだったからちょっと心配してやったってわけよ」

華菜「……な、なにが目的だしっ!」

京太郎「そりゃ同類なんだから心配もすんだろ」

華菜「はぁん、なるほどな」モグモグ



京太郎「俺たちって七人いるわけだよな?」

華菜「ん、そうだな、それ以上いてもなぁ」ウンウン

京太郎「お前ってほかのやつを感じられるのか?」

華菜「雰囲気だけど感じることはできるし、華菜ちゃんぐらいになるとネトマでも余裕……と言いたいとこなんだけど」

京太郎「ん?」

華菜「まぁ、特定の場所まではわかんないんだよ、でもお前が夢で会いに来てくれたおかげでいろいろとスッキリしたよ」ハッ

京太郎「そっか、なら良かった」

華菜「ほんといざって時には助けてやるし、いつでも頼れよ後輩」

京太郎「そうだな池田」

華菜「おいィ!」





京太郎(次は誰に話かけるか)





京太郎「おう咲」

咲「京ちゃん、久しぶりだね!」ニコッ

咏「っていうか三人揃うのが久しぶりじゃね?」

京太郎「咏さんも一緒だったのか」

咲「うん、会うのも久しぶりだからね」

咏「メールはよくしてたんだけどね、二人はあたしの大事な弟子だしねー……」

咲「知らんけど?」

咏「うん、知らんけど」

京太郎(なんか懐かしい)

咏「ん、ちょっとあっち行ってくるよ」スタスタスタ

京太郎「穏乃たちはどうだった?」

咲「うん、最初は相手にならなかったよ」ニコッ

京太郎(おぉう、バッサリ)

咲「でも最後は戦えるようになったよ、十分!」

京太郎「咲にそこまで言わせるんだから十分か」ハハッ







京太郎「あれから清澄はどうだ?」

咲「別に、みんな普通だったよ、泣いちゃってたのも私だけだったし」

京太郎「そうなのか?」

咲「うん、部長はもともと出るっていうのが夢だったみたいで、みんなも来年があるって」

京太郎「そういうもんかね~」

咲「まぁ頼れる人がいたりしたら別なんだろうけど」ボソッ

京太郎「ん?」

咲「うぅん、それよし京ちゃんと咏さん、なにかあった?」

京太郎「え、どうしてだよ?」

京太郎(ば、ばれたか?)バクバク

咲「うぅん、ちょっと二人の視線が違った気がしたから」

京太郎「気のせいだろぉ!」ワシャワシャ

咲「わわっ、髪が!?」



京太郎(次は誰と話すかなぁ)

京太郎「ゆみさん」

ゆみ「ん、京太郎か、いただいてるが君は料理も上手だな」

京太郎「それなりに練習しましたから」

京太郎(あの禍々しい感覚が、薄れてる?)

ゆみ「やはり家に欲しいな」ハハッ

京太郎「そっちに行ったってゆみさんはもう引退でしょう?」

ゆみ「まぁそうなんだが、残念だ」フフッ





京太郎「もうすぐインハイですよね、麻雀は打ってるんですか?」

ゆみ「まぁ受験勉強をしたり麻雀をしたり、だな……睦月に部長の仕事も教えているし」

京太郎「じゃあ、あまりですか?」

ゆみ「蒲原と二麻が多いな、お互い良いトレーニングになってるとは思うがな」

京太郎(ゆみさんと二人で打ってるせいか、例のおかしくなってるっていうのは?)

ゆみ「どうした?」

京太郎「いえ、たくさん食べてくださいね!」

ゆみ「あぁ、いただくよ」




京太郎(さて、次は~)


京太郎「モモ、隣良いか?」

モモ「京さんっ、来てくれたっすね♪」ダキッ

ゴッ

京太郎(なんだ今の殺気は!?)

モモ「最近の鶴賀は強いっすよ!」グッ

京太郎「お、おうそうか、じゃあ期待できるなぁ!」ハハハ

モモ「もちろんっす!」グッ

京太郎(なんで殺気がしたんだよぉ)


京太郎「あのさ、鶴賀と言えば蒲原さんがおかしいっ睦月さんとゆみさんに聞いてさ」

モモ「あぁ、確かにおかしいっすね運転上手いし」

京太郎「やっぱりそこか」

モモ「それと、麻雀を打つときになると独特の雰囲気が、私も消えるまで時間かかりますし」

京太郎(やっぱ全体的におかしいか)

モモ「うん、あとむっきー先輩も若干おかしい気がしないでもないんっすよね?」

京太郎「は?」

モモ「いや、気のせいだとは思うんっすけど」

京太郎(また新しい問題か?)







  • 昼過ぎ-

京太郎「みんな俺が作ったご飯で仲良くなったみたいだしよかったな」ウンウン

京太郎(……一人部屋寂しい)

京太郎「どっかに遊びに行こう!」



京太郎「すみませーん」

ガラッ

未春「あれ、須賀君?」

美穂子「あら、どうしたのかしら?」

星夏「は、早い」

池田「にゃ、須賀かぁ~」

京太郎「いえ、ちょっと遊びに来てみました」

純代「む」

京太郎「久しぶりです、深堀さんも」

純代「うん」

美穂子「お茶を用意するから、ゆっくりしてね」ニコッ

京太郎(誰と話すかぁ)





京太郎「美穂子さんってもう引退ですよね?」

美穂子「そうなんだけど、コーチは華菜に着いて行って良いって行ってくれたのよ」フフッ

華菜「コーチも丸くなったし」

美穂子「元々優しい方だったとは思うけど、まぁ本番となると凄く厳しいんだけどね」

京太郎「良いコーチですね」ズズッ

美穂子「ふふっ、そうね……須賀くん、少し良い?」ボソッ

京太郎「ん?」

美穂子「ちょっと、出ない?」ボソッ





京太郎「じゃあ、行きましょうか」コクリッ

美穂子「行きましょう?」スッ

星夏「あれ、キャプテンどこに?」

美穂子「少し飲み物でも買ってくるわね」

純代「そんなのは私が」

美穂子「ふふっ、言わせないの」スッ

純代「あ、すみません!」

京太郎「?」

美穂子「ほら、行きましょう?」

京太郎「はい……?」

ガタンッ

華菜「……」






  • 中庭-

京太郎「で、話っていうのは?」

美穂子「私が東京に行く本当の理由っていうのが、華菜のことをコーチが心配してなのよ」

京太郎「心配ですか?」

美穂子「ええ、少しおかしいっていうか……最近体調が悪いみたいで、麻雀を連続で打った後なんてとくに」

京太郎(この能力と関係があるのか?)

美穂子「詳しくはわからないけど、華菜のこと気にかけてあげてくれる?」

京太郎「はい、了解です」

美穂子「それに、私のことも気にかけてくれると嬉しいわ」ニコッ

京太郎「はい、できうる限りは」ハハ

京太郎(美穂子さんも俺のこと、好きって言ってくれた人だしな)

美穂子(華菜の事情を上手く使っちゃった、反省しなきゃね)






  • 夕方-

京太郎「さて、どうすっかなぁ」ウム

京太郎「さて、咏さ~ん」コンコン

咏「ん、どしたの京ちゃん?」

京太郎「ちょっと寂しかったんで」

咏「まぁ泊まるときはいつも一緒だったからね」ドウゾ

京太郎「それも一因ではありそうですね」オジャマシマス

ガラッ

京太郎「ふぅ」ストン

咏「せっかく来たんだし色々な子達を見ておかないといけないから大変だ、知らんけど」ハァ

京太郎「頑張ってください」

咏「ふふん……あ、京ちゃん、今はダメだよ?まだ夕方だし」

京太郎「ちょっ、な、なにを!?」

咏「あれ、そういうので来たんじゃねぇの?」カァッ

京太郎「違いますよ!」カァァッ

咏「へぇ~」

咏(ちょっと残念、ここじゃ他にも京ちゃん狙ってる奴もいそうだし……)

京太郎「あの、俺はやっぱり」

咏「だからあんまり重くとらえなくて良いって、ああいうことをしたら絶対結婚しなきゃいけないわけじゃないしね、知らんけど」ハァ

京太郎「でも、ですねぇ」

咏「そんなこと言ってたら世の中キリが無いって、京ちゃんだってまわりに綺麗な娘が沢山いるだろ?」

京太郎「でも……」

咏「卒業してからで良いから、な?」

京太郎「ん、はい」

咏(まぁ最後に勝つのはあたしなわけだけどねぇー)ニッ






  • 夕方2-

京太郎「次はどこに行くかな……」

コンコン

佳織「はいー?」

ガチャッ

京太郎「どうも」

佳織「あれ須賀君、入る?」

京太郎「良いですか?」

佳織「須賀君なら歓迎だよ」ニコッ

京太郎(良い子)

京太郎「どうも」

智美「ワハハ、よく来たな須賀、むっきーお茶だ!」

睦月「……はい」ハァッ

京太郎「あ、おかまいなく」

モモ「いらっしゃいっす京さん!」ダキッ

京太郎「ぐぉっ!?」

ゆみ「いらっしゃい、今日から三日よろしく頼む」

京太郎(あまり打たないほうが良いって言われたけど……)

京太郎「はい!」








京太郎(智美さんから、匂わないよな……やっぱりゆみさんか?)

京太郎「最近、麻雀はしてますか?」

智美「もちろんだぞ」ワハハ

京太郎「インハイももうすぐですもんね」

智美「ああ、勉強したり麻雀したりで忙しいぞー」

京太郎「あれ、プロ雀士にはならないんですか?」

智美「無理無理、まぁ大学に行っても麻雀は続けるつもりだけどなー」ワハハ

智美「でもな、ゆみちんが最近おかしいんだ」ボソッ

京太郎「あぁ、聞きました」ボソッ

智美「今度ゆみちんの麻雀を見てみてくれ」

京太郎「了解しました」

智美「頼んだぞ」ワハハ

京太郎「任せてください」ワハハ

智美「!?」








  • 夜-

京太郎「宴会場で晩御飯だっけか……」ウムム

京太郎「行くかな」

京太郎「よう!」

透華「さて行きますわよ!」ビシィッ

衣「宴会場だな、誰と隣になろうかなー!」

京太郎(自由席か……)ゴクリッ

純「ん、どうした?」

智紀「冷や汗?」

京太郎「んなわけないだろ!」

一(モテるもんねぇ)

京太郎(どうする、どうするんだ?)







  • 宴会場-

京太郎「まだ誰も来てないな」

衣「私は咲たちと話すぞー!」

純「じゃあ適当に座るかー」

京太郎(最初に座っていれば、後々隣に誰か来るしそれで良いか)ウン




モモ「隣良いっすか?」

京太郎「おう」グッ

華菜「隣良いか?」

京太郎「おう、池田か」

華菜「だから華菜ちゃんは先輩だって言ってんし須賀ァ!」

京太郎「はいはいわかったわかった」ハハハッ

モモ(この小さいのもっすか!?)

美穂子(まぁ今回は華菜に隣を譲りましょう)フフッ

華菜(ん、なんだか色んな方向から嫌な気が?)






久「さて、みなさん今日は休養ということで、しっかり休めたでしょうか?」

京太郎(竹井さんが真面目にふつうに話してるのなんて、なんとなく違和感!)

モモ「京さんとそっちの池田さんは知り合いっすか?」

華菜「まぁ、なんていうか……説明が難しいんだよなぁ~」

京太郎「だな、難しいな……仲間?」

華菜「それも微妙だし」

京太郎「うんむ~」

モモ(なんか、イラっとするっす!)





京太郎「それにしても池田もモモもなんで俺の隣に」

モモ「そりゃ京さんと一緒が良かったからに決まってるっすよ~」ギュゥッ

京太郎「こらっ、腕に抱きつくな!」

京太郎(胸が当たる!)

ゴッ

京太郎「ッ!?」ビクッ

モモ「どうしたっすか?」

京太郎「い、いやなんでもない」

華菜「おい、食事中に行儀悪いぞー」

モモ「それは失礼っすね」パッ

京太郎「おう、池田ありがとな」

華菜「別に構わないし、ちょっと妹たちが気になるなぁ」

京太郎「ふ~ん、ご両親に任せてるんだろ?」

華菜「ん、任せてるけど……なんかなぁ」

京太郎「お前って妹離れできないタイプだな」

華菜「にゃっ!?」

モモ(イチャイチャしてるっす!)グヌヌ




京太郎「ごちそうさまっと……さて」

京太郎「ふぅ、一人部屋って良いなぁ……結構浴衣の人多かったけど温泉みんな入ったのかな?」

京太郎「ん~眠くなるなー」






咲「京ちゃん~」

京太郎「ノックぐらいしないと大変なことになるぞ!」

咲「別に良いかなって」ニコッ

京太郎「別に構わないけどさ、とりあえず座れよ、お茶ぐらいな」コトッ

咲「ありがと、そういえばみんなと仲良いみたいだね?」ゴクゴクッ

京太郎「まぁ偵察に行ってたから」

咲「うわぁ~」

京太郎「なんだその顔、最低じゃないぞ」

咲「でも羨ましいな、京ちゃんとたくさん会ってたなんて、私と全然遊んでくれないし」ジトッ

京太郎「おう、悪かった悪かった」ナデナデ

咲「えへへ」

京太郎「ははっ」

咲「あ、すぐ戻るって言ってたんだった!またね京ちゃん!」フリフリ

京太郎「おう、迷子になるなよ」フリフリ

咲「もぉ!」ガラッ

京太郎「ほんと、懐かしいなぁ」



京太郎「暇だなぁ」

京太郎「よし行くか!浴衣とバスタオルとタオルっと!」

京太郎「ん、あれは?」



京太郎「おう、一じゃん」

一「ん、京太郎も温泉?」

京太郎「おう、まぁな」

一「そっか、じゃ」

京太郎「おう」ノレンクグリ


京太郎「楽しみだなぁ」








  • 温泉-

ザブン

京太郎「ふぅ、気持ち良いなぁ~景色も良いし……」

一「京太郎、そっちにいるの?」

京太郎「おう、女湯の方はどうだ?」

一「うん、良い感じだよ」

京太郎「そっかそっか……ん?」

一「ん?」

京太郎(なんで一が俺の前にいる?)

一(あれ、壁が無い……)

京一「混浴!?」ザブッ

京太郎「あ、あぁこれは、そのさ!」

一「だだだ、大丈夫!お湯に色ついてるしお互いなにも見てないし!」カァァッ

京太郎(まさか、温泉は混浴……くそっ、なんでこうなる!)

一(あぁ、どうしよう……)

京太郎「い、良い景色だなぁ」

一「そうだね!」







京太郎「な、なんかこうして二人ってのも久しぶりだな!」

一「そうだね!」

ザブン

京太郎(ぬかった!?さらに一人!?)


美穂子「あら、京太郎君!?」

京太郎「美穂子さんっ!?」

京太郎(不味い、俺の弾道が!?)

美穂子「あらっ、なんで……国広さん?」

一「あ、はいこんにちは」ペコッ

美穂子(あら、なんで一緒にいるのかしら?)ニコニコ

京太郎「あ、あははは」

ザブン

モモ「京さん!」

京太郎「モモまで!?」

モモ(なんで龍門渕の露出さんと風越のキャプテンが一緒なんですかねぇ?)ニコニコ

一(へぇ、そういうこと?)ニコニコ

京太郎(うお、温泉なのに一瞬寒気が?)







一「まさか混浴だなんて思わなかったね京太郎」

京太郎「お、おうそうだな……」ウツムキ

美穂子「本当ね、まさか混浴だなんて思わなかったわ」

モモ「私は京さんと入りたくて来たッす」

京太郎「も、モモ!?」

美穂子(積極的ね、でもガッツイているようにも見えるわ)

一(京太郎は奥手……なんだから、そんなガッツイたら……っでも、ボクはこの中で一番仲が……あれ)

モモ「京さん、いつもみたいに」タユン

美穂子「あら、京太郎君が困ってるわよ?」タユン

一(圧倒的、敗北ッ!?)

京太郎「ほ、ほら俺邪魔だろうから出るよ」

モモ「京さんが邪魔なわけないっすよ」ニコッ

美穂子「そうよ、それとも私たち二人の邪魔になっちゃったかしら?」

京太郎「いえいえ、俺たちも偶然だったし俺もさっさと出ようと思ってたんで!」

一「え、ボクと一緒がそんなに嫌だった?」

京太郎「い、いやそういうわけじゃなくてだな!」



京太郎「でもせっかくだしさ、もうちょっと入ってようかなって……い、良いかな?」

モモ「もちろんっすよ!」ギュッ

美穂子「ええ、たくさんお話できるものね、東横さんくっつきすぎよ?」グイッ

モモ「あう~」


一「良い景色だね」

京太郎「そうだなぁ、晴れでよかったよ」ハハッ

美穂子(国広さん、目を離すのは危険ね)

モモ(京さんはおもち好きのはずっす!)





一「気持ちいいねぇ」

モモ「そうっすねぇ」

美穂子「お肌にも良さそうね」

京太郎(それなりに話したなぁ)





京太郎「モモはさ、最近はどうだ?」

モモ「え、どうって?」

京太郎「ほら、影が薄くて必要としてくれる人がって前に言ってただろ?あれから一ヶ月でゆみさんたちみたいな仲間もできたし、俺が居なくてもどうにでもなっふぁふぉ……」グニー

モモ「……」

京太郎「ふぁにふんらよ」グニー

モモ「ほっぺを引っ張ってるっす」パッ

京太郎「痛ぇ」

モモ「痛くしたっすよ、そんなこと言う口はそうっす!」ビシッ

京太郎「……?」

モモ「だから、そんな悲しいもしもの話はやめてくださいっす……私は京さんがいる今が好きっすから」ニコッ

京太郎「……ありがとな」ニッ

モモ「はいっす!」ザバンッ

京太郎「立つ馬鹿があるか!?」バッ

モモ「ひゃっ、ご、ごめんなさいっす!」ザブンッ


美穂子(やるわね、東横さん?)ゴゴゴゴッ

一(風越のキャプテンが両目をっ!?)






京太郎(ん、そろそろ出た方が良い気がする)

京太郎「そろそろ出るかなっ」ザブッ

一「ちょ、向こう向くから!」

美穂子(ふふっ、最初から)カッ

モモ(目を背ける気なんて無いっす!)ギンッ

京太郎「うぁっ」フラッ

一「え?」

ザバンッ

一「へ?」

京太郎「す、すまん一っ!」

美穂子(ふらついた京太郎君がっ)

モモ(龍門渕の露出さんに抱きついた感じに!?)

一「ちょっ、どいてよ!ボクはそんな安くないよ!?」カァッ

京太郎「す、すまん一!」

一「ひゃっ!?」ビクッ

京太郎「わ、悪い!」ザバッ

ガララッ

一(あ、当たってた!?)カァァッ

モモ(そ、そんなぁっ!)

美穂子(京太郎君……)シュン







  • 脱衣所-

京太郎「ふぅ……気分のサッパリだ、一とちょっと顔が合わせずらいが、まぁ大丈夫だろ!」

京太郎「さて、どうするかな」

京太郎「売店におみやげ買いにでも行ってみるかぁ」




京太郎「あれ?」



京太郎「あれ、智美さん?」

智美「京太郎かぁ、今おみやげを選んでたんだけどなぁ……どれが良いと思う?」ワハハ

京太郎「どれが、ですか?」

智美「まぁ、なんでもいいかなとは思うんだが、これだけせんべいやらがあると」

京太郎「何人ぐらいにあげるんですか?」

智美「……30人ぐらい?」

京太郎「一杯入ってるのでわけないと大変なことになりますね」

智美「ラーメン一本ずつ!」

京太郎「誰が食べますよ!?」

智美「みんなで集めれば一杯のラーメンができあがるぞ!」ワハハ

京太郎「二度手間!?」

智美「じゃあせんべいあたりにしとくかぁ」

京太郎「そうですね、俺はどうしよう」

智美「あ、このロールケーキ4個入り、おいしそうだなー?」ワハハ

京太郎「……」

智美「でもこれを買うとせんべいも買うからからなりかかるなー」ワハハ

京太郎「……わかりました、買うんで一つどうぞ」

智美「良い後輩だなー」ワハハ

京太郎(この智美さんのどこがおかしいんだ?)




京太郎「さて、一日目ももう終わりだなぁ」


コンコン ガチャッ

まこ「ん、どうしたんじゃ?」

京太郎「いえ、暇だったんで」

和「女性ばかりの部屋にこの時間訪問してくるのはおすすめしませんよ?」

久「まぁまぁ良いじゃない、入って良いわよー」

優希「とんだ変態だじぇ」

京太郎「そんなつもりじゃないのにっ」ズーン

まこ「まぁ元気だしいや、とりあえずお茶でも飲んで落ち着くがええ」

咲「京ちゃん、お風呂入ったんだ?」

京太郎「おう」

咲「混浴だけど遭遇とかしなかった?」

京太郎「おう、大丈夫だったぜ!」グッ

咲「へぇ、なら良かった」ニコッ

京太郎(ふぃ~)







京太郎「原村さん、そういや透華にのどっちだって聞いたんだけど」

和「あぁ、そうですよ」

京太郎「俺キョータロってネームでやってるんだけど前に何度かやったことあってさって、おぼえてないか?」

和「そうですか、須賀君がキョータロだったんですね?」ゴゴゴッ

京太郎「え?」

和「必ず倒します、グラマスあたりも倒します」

京太郎「いや、グラマスはちょっと」

和「いいえ、ネトマで負けるわけにはいきません、ネトマならば今のところ阿知賀のみんな相手でも無敗なんですよ?」

京太郎「じゃ、じゃあまたネットやった時はよろしくな!」

和「はい」ニコッ





  • 部屋-

京太郎「さて、どうするかな!」

京太郎「ん、メールが来ているだと?」

京太郎「えーっと?」




京太郎「ん、雅枝さんからだ」

差出人:雅枝
本文『千里山も全国に行くから、全国で会おうな』

京太郎「おぉ、園城寺さんたちか!」
本文『それは楽しみです、全国で余裕があったらまたお相手願いたいですね』

差出人:雅枝
本文『そやな、私も会いたいし 余裕があったらどっか行こうな! おやすみ』

京太郎「ん」
本文『そうですね、じゃあ俺も楽しみにしてます おやすみなさい』

京太郎「さて、次は晴絵か!」

差出人:晴絵
本文『なんで長野に帰ったあと来てくれなかったのさ』

京太郎「あぁ~」
本文『すみません、はやりさんに呼ばれたりしてたので』

差出人:晴絵
本文『はやりが!? もう、あいつって何考えてるかわからないから気を付けるように!』

京太郎「ははっ」
本文『了解です』

差出人:晴絵
本文『じゃあまた会おうね おやすみ!』

京太郎「おやすみなさいっと」




  • 愛宕家・雅枝部屋-

雅枝「ふふん、楽しみやな……東京デートか」フフッ

雅枝「洋服とか見て……こんなおばさんと服見てもなぁ、まぁレストランでも行って、それでホテルか!犯罪やわ!」ビシッ

ウルサイワオカン!

雅枝「まさか他の女とも約束してたりは……せぇへんよな」アハハ


  • 赤土晴絵家-

晴絵「むぅ、はやりまで京太郎のこと狙ってたりしないよね?」ムムッ

晴絵「大丈夫だよね、うん……はやり相手だったら、勝ちは薄いしなぁ」ハァ