• 53日目-
  • 朝-

京太郎「ふぅ……朝か」

京太郎「ちょっと出てくるか」

京太郎「さて、どうすっかなぁ」

京太郎「アスファ~ルト、タイヤを♪」

キキー!

京太郎「なんだっ!?」

智美「ワハハ、須賀じゃないかー」

京太郎「う、蒲原さん!」

智美「私の車なんだけどな……あ、今日は暇かー?」ワハハ

京太郎「え、今日ですか……」

智美「ワハハー、なら良かった、海に行かないか?」

京太郎「海、ですか?」

智美「日帰りのつもりだから安心して良いぞ、それにモモたちも来るしな」

京太郎「なるほど……」

京太郎(加治木さん、モモ、津山さん、妹尾さん……)

京太郎「みなさんの了承が頂けれたら……行きます!」クワッ

智美「そうかー別にみんな良いって言うと思うけどな、なら乗ると良いぞ、須賀君の家まで送って行くから」

京太郎「ありがとうございます」

助手席に乗り込む

智美「いくぞー」ワハハ






 キキーッ

京太郎(自宅まで行った後、荷物持って鶴賀まで来たけど、蒲原さんの車慣れたなー)バタンッ

智美「ワハハ、須賀を連れて来たぞー」

加治木「須賀君、今日はよろしく」

京太郎「いえ、こちらこそ!」

モモ「京さん!」ガバッ

京太郎「ぐおっ、落ち着けモモ!」

モモ「まさか京さんが来てくれるとは思いませんでした!部長さんもたまにはやるっす!」

智美「おいモモ」ワハハ

佳織「須賀君、今日は一緒に楽しもうね!」グッ

京太郎「はい、メガネ気を付けてくださいね」

佳織「わ、忘れてた」

睦月「よろしく頼むよ」

京太郎「はい、この中じゃ一番最後に会ったのって睦月さんですからね」

睦月「まぁ、そうだね」カァッ

モモ「ど、どういうことっすかー!?」

京太郎「いや、コンビニで」

モモ「あ、あぁそういうことっすか!」ホッ

京太郎「さて、どこに座るか……」

京太郎「後ろに乗るかな」

ゆみ「じゃあ、私が須賀君の隣に座ろうか」

佳織「じゃあ助手席に座ろうかな」

京太郎「死傷率が一番高いそうですね」

佳織「ふぇっ!?」ビクッ

睦月「須賀君、あまり佳織を怖がらせないでやってくれ」

京太郎「はは、すみません」

佳織「だ、大丈夫!だよね!?」

智美「安全運転するぞー」ワハハ

モモ(京さんの隣、今から良いと言える状況じゃない、なら海まで待つっす!)

ゆみ「さて、海まで隣だがよろしく」

京太郎「はい、よろしくお願いします!」







  • 車内-

京太郎「海って結構早い時期ですよね~」

ゆみ「県予選前に息抜きをしないとな、張り詰めすぎてもつぶれてしまうだろうし……」

京太郎「なるほど、確か今日熱くなるって言ってたし丁度良いのかもしれませんねー」

ゆみ「あぁ、モモも良くやってくれている」

京太郎「そうですね、ホント加治木さんには感謝してますよ」

ゆみ「君がうちの高校にいればもう少し早く見つけられたんだろうけれど」

京太郎「まぁ、しょうがないですよ」ハハッ

ゆみ「それにしても、高速道路だと蒲原の運転もそれほど荒く思えないな」

京太郎「それは確かに」

モモ「京さん、ポッキーゲーム!」

京太郎「しねぇよ!」

ゆみ「付き合ってやったらどうだ?」

京太郎「加治木さんまで、やめてくださいよ恥ずかしい!」

モモ「恥ずかしくなかったらありっすか!?」

京太郎「無しだよ!」

モモ「じゃあこのメンバーの中なら誰としたいっすか!?」

睦月「桃子!」

京太郎「じゃあ、モモかな」

モモ「へ?」カァァッ

京太郎「だってこの中じゃ一番親しいし」

京太郎(それに俺のこと好きだって言ってくれたしな)

睦月「ん、桃子?」ユサッ

モモ「」

睦月「ダメだ、伸びている」

睦月(幸せそうな顔して)

ゆみ「どうしたんだ?」

京太郎「さぁ?」

京太郎(時間、結構掛かるんだなぁ)

モモ「んぅ」zzz

睦月「ん……」zzz

京太郎(蒲原さんは、妹尾さんと話してるみたいだし、大丈夫そうだな)

コツッ

京太郎(あれ、加治木さん寝てる……)

京太郎(そっとだな)スッ

ゆみ「ん」コテンッ

京太郎(髪、さらさらだな)ナデナデ


佳織(二人とも寝ちゃってる……あれ、須賀君と加治木先輩、な、ななななにしてるの!?)カァァッ

蒲原(たぶん膝枕だろうな、ワハハ)チラッ






  • 海-

京太郎「おぉ……思ったより人多いですね」

ゆみ「ほ、本当だ、意外だな!」

ゆみ(ダメだ、意識してしまうッ)

睦月「私たちと同じような考えの人が結構いたみたいですね」

蒲原「ワハハ、まぁ良いじゃないか」

モモ「さて、遊びますか」

佳織「そうですね!」

京太郎「さて、レジャーシート敷いて、パラソルを……刺す!」ザクッ

ゆみ「だがこうなると荷物番が必要になるな、ここは私が」

京太郎「いえいえ、俺がやりますよ、加治木さんはみんなと遊んできてください」ニッ

ゆみ「いや、私が」

京太郎「いや俺が」

京太郎「いえ、俺は荷物番を引き受けます!」

ゆみ「しかし!」

智美「良いじゃないかー行けよユミちん」ワハハ

ゆみ「わかってやってるだろ!」

智美「ワハハー」

京太郎(みんなの水着良いなー)

睦月「私も一緒に残ろう」

京太郎「ん、良いんですか?」

ゆみ(その手があったか)

睦月「須賀君と話してみたいこともあったし」

智美「なるほどなーじゃあ行くぞー!」ワハハ

ゆみ「離せ蒲原!」

モモ「あっ、待ってくださいっす先輩ー!」

佳織「もー早いよー」

京太郎「なんかすみません」

睦月「ん、大丈夫だよ、私は私で色々と気になることあったし」

京太郎「気になることですか?」

睦月「プロ麻雀せんべい、小鍛冶健夜当たった?」

京太郎「あーなるほど、俺も小鍛冶さんは中々……藤田プロなら余ってますよ」

睦月「それは私も余ってる」ハハッ

京太郎「それにしても以外です、なんか硬派なイメージあったんで」

睦月「ん、そうかな?」

京太郎「まぁ、気のせいだったみたいですけど」

睦月「なんだかそれはそれで微妙だな」





モモ「京さん!むっちゃん先輩!」

睦月「ん、どうした桃子?」

モモ「飲み物買いに行こうっす!」

京太郎「ん、そうだなー、睦月さん行ってきます」

睦月「ん、お願い」


店員「1000円からお預かりしまーす、おつり100円になります」

京太郎「ん、戻るか」

モモ「はいっす!」ビシッ

京太郎(ビキニのモモは眼に悪い……保養ではあるけど)

モモ「まさか京さんと海に来れるとは思わなかったっすよ」

京太郎「まぁ俺も鶴賀のみんなと来るとは」

モモ「結構気に入られてるんっすから自信もってください……ちょっと嫉妬しますけど」ジトー

京太郎「うっ……す、すまん?」

モモ「まぁ京さんとは友達なんで特に謝る必要も無いと思いますけど」





モモ「ふふ~ん♪」

京太郎(ちょっといたずらしてみるか)スッ

ピタッ

モモ「ひゃんっ!?」ビクッ

モモ「な、なんっすか!?」バッ

京太郎「あ、ちょっ、今のジュースで」

京太郎(あ、ビキニの紐が……)

モモ「~~~~っ!?」バッ

京太郎「……」スッ

京太郎(ま、前のめりになってしまった……これは引かれる……)

モモ(す、ステルスして……お、落ちたビキニを京さんに背中を向いてから拾って……付ける……)スッ

京太郎(やばい、なんて言って良いかわからん)

モモ(うぅ、これって、京さん興奮してくれたってことっすよね?)カァァッ

京太郎(うぁぁ~どうしようっ)

モモ「さて、い、行きましょうよ京さん!」

京太郎「そ、そうだな!」スッ

モモ(今のは、何も無かったっす!)

京太郎(特になにも無い、何もないんだ!)カァッ

モモ(で、でもこれで“いざって時”にも大丈夫ってわかったっすね……いざって時ってなんっすかぁ!)カァァァッ





京太郎「お、お待たせしましたー!」

桃子「帰還しましたっす!」

睦月「お帰り、次はどうせなら京太郎も行って来たらどうかな?」

智美「むっきーも行って来て良いぞー」

ゆみ「そうだな、私は疲れた」

佳織「泳げないなんて知りませんでした!」

ゆみ「グフッ」

京太郎「じゃあお言葉に甘えて……」





京太郎「さて、行きましょうか!」

智美「よし、行くぞー須賀」ガシッ

京太郎「うおっ、背中にくっつかないでくださいよ!」

京太郎(おもちと肌が、体に当たる!)

智美「海へ走れ須賀ー!」ワハハ

京太郎「えぇいままよ!」ダダダッ

モモ「あーずるいっす!」

睦月「まて桃子、準備運動ぐらいさせろ!」





  • 昼過ぎ-

京太郎「いや~疲れましたね」

ゆみ「そうだな、ずいぶん遊んだ」

智美「もう昼も過ぎたからなーワハハ」

京太郎(女子高生五人と男子高生一人でファミレス、これは勝ち組の予感)

佳織「近くに食べるところがあって良かったですねー」

智美「帰りはどうするかー」

京太郎(どうするか)





京太郎「助手席で良いですか?」

智美「寝ないで私の相手してくれよー?」ワハハ

京太郎「まぁ、蒲原さんの相手ならいつまでもできそうなんで」ワハハ

智美「わ、ワハ……!?」カァッ

モモ(きょ、京さん、なにやってるんっすかぁ!)




  • 車内-

京太郎「それにしても、みんな寝ちゃいましたねー」

智美「ワハハ、そうだな、みんな楽しんだみたいだからなー」

京太郎「蒲原さんも疲れてるでしょ?」

智美「まぁ、パーキング寄るか?」

京太郎「そうですね」

キキー

京太郎(安定の急ブレーキだなぁ)

智美「みんなートイレとかは大丈夫かー?」

ゆみ「ん、大丈夫だ」

モモ「私もっす~」

睦月「私もです」

佳織「うん~」

智美「……みんな寝ちゃったな」

京太郎「ちょっと買い物にでも行きますか」

智美「そうだなー」


京太郎「飲み物買ってきましたー」

智美「ん、車の中でそれ飲めばいいだろうから、こっちはこっちで買うか~」ピッ

京太郎「じゃあ俺はコーヒーを」ピッ



京太郎「県予選の件なんですけど」

智美「須賀のとこ、龍門渕は去年のダークホースだったから警戒されるだろうなー、それに比べてうちはノーマークだ」ワハハ

京太郎「でも、逆に勝ち進めばそれだけマークもきつくなりますよ?」

智美「まぁ、それはそれでおもしろいだろ、三年最後の夏なんだし楽しみたいな」ワハハ

京太郎「楽しむ、ですか」ゴクッ

智美「ん~、せっかく団体戦に出れるんだしなぁ、ワハハ!」

京太郎「……」




京太郎(いや、ダメだ……透華たちを勝たせたい、智美さんたちには、教えることはできない)

智美「ゆみちんはどう考えてるかわかんないけど、私は今回、むっきーやかおりんやモモに県予選を見せられればそれで良いと思ってるしなー」ワハハ

京太郎「……大将戦、やはりそこが大きな戦いでしょうね……」

智美「ん?」ゴクッ

京太郎「俺も一部員なんでそこまで深くはわかんないですけど、大将戦が相当ヤバいって思ってた方が良いと思います」

智美「なるほどなー、ゆみちんならどうにかできる気もするけどな」ワハハ

京太郎「信用してるんですね」

智美「私たちの大将だからなー」ワハハ






  • 長野-

智美「さて、ついたなー」

京太郎「そうですね、智美さんと話せて良かったです」ニコッ

智美「ワハハ、また来い京太郎ー」

京太郎「はい」ガチャッ

智美「またなー」

京太郎「まさか自宅まで送ってくれるとは……」








  • 夜-
  • 自宅・自室-

京太郎「さて、どうするか」

京太郎「ネトマだな」


一人目 かまぼこ
二人目 SSS
三人目 シロ

京太郎「お、シロだ」

かまぼこ:よろしくな

SSS:よろしく頼む

シロ:よろしく

キョータロ:よろしくお願いします

トップ 京太郎
二着 SSS
三着 シロ
ラス  かまぼこ

かまぼこ:ワハハ、負けたぞ

シロ:でも、壁は高い

SSS:そうだな

かまぼこ:まぁ私の役目は勝つことじゃないからな

SSS:ん?

かまぼこ:次に繋ぐってことだな、ワハハ

京太郎「ん、ウィスだ」





かまぼこ:さすがだな京太郎は

キョータロ:智美さんこそ

かまぼこ:やっぱわかるかー

キョータロ:ワハハって言ってますし

かまぼこ:ワハハは気にするな

キョータロ:了解です

かまぼこ:京太郎とやっていると良い練習になるからな、また来いよーワハハ

キョータロ:はい、ありがとうございます

かまぼこ:おやすみ

京太郎「おやすみなさいっと」



京太郎「メールだ」

京太郎「誰から?」

京太郎「お、なにがあったか宮永姉妹と加治木さんだ」

差出人:ゆみ
本文『今日は別れの挨拶もできずにすまない』

京太郎「気にしなくても良いのに」
本文『いえ、楽しませてもらいましたから!』

差出人:ゆみ
本文『それなら良かった、また来てくれ おやすみ』

京太郎「ん、おやすみなさいっと」


差出人:照
本文『京ちゃん、もうすぐだね』

京太郎「ん、あぁ」
本文『行くとしたら一ヶ月先になりますよ?』

差出人:照
本文『旅行で来れば?』

京太郎「んな無茶な!」
本文『機会があれば行くかもしれません』

差出人:照
本文『うん、待ってる おやすみ』

京太郎「はやりさんと接触した淡のことも気になるしな~」ポチポチ


差出人:咲
本文『今週は合宿だったからいけなかったけど、また旅行言ってた?』

京太郎「合宿かぁ~」
本文『行ってたぞ!』 

差出人:咲
本文『たまには長野でゆっくりしたら?体調崩しても知らないよ?』

京太郎「んなわけないだろ~……ん、なんかダルい気がする?」
本文『おう、気を付ける』

差出人:咲
本文『おやすみ!』

京太郎「おやすみっと」ゴホッ









  • 加治木家・ゆみ部屋-

ゆみ「ふん、男子とメールというのは初めてだな」フッ

ゆみ「三年間で……はじめて……?」


  • (東京)宮永家・照部屋-

照「京ちゃん、来ないかな……」ギュゥ

照「淡のこととか考えてたら、怒ろう」ギュルッ


  • 宮永家・咲部屋-

咲「もう京ちゃんったら……」

咲「本当に具合悪くなってないか心配だな~」ハァッ









  • 自宅・自室-

京太郎「さて、そろそろ寝るかな」ゴホッ

カピー「カピ」キョウハドウスル?

京太郎「すまん、寝る」パチン

カピー「カピー?」ダイジョウブ?

  • 53日目終了-









  • 54日目-
  • 朝-

京太郎「やべ、頭が痛い……39,8度か……」フラッ

京太郎「二人ともいないし……寝とくかっ」バフンッ

カピー「カピッ」ダイジョウブ?

京太郎「だめ、そう……」

カピー「カピッ」ヤスミノレンラク!

京太郎「おう、透華とかに……おくる……」ポチポチ



京太郎「ん、冷たい……」

ハギヨシ「おや、起きましたか?」

京太郎「ハギヨシさん……」ボォー

ハギヨシ「メールが来たときには驚きましたよ」

京太郎「すみま、せん……あれ、どうやって?」

ハギヨシ「ん、鍵はかかってませんでしたから入らせてもらいました、申し訳ありません」

京太郎「……いえ、助かりました、このタオル冷やっこくて」フゥ

京太郎(鍵しまってたと思うけど……)

カピー「カピッ!」

京太郎(カピーが開けた?いや、まさかな~)

ハギヨシ「寝ていてください、おかゆもそろそろできるでしょうから」

京太郎「ん、はい……」

ハギヨシ「お待たせしました、少しでも寝てましたか?」

京太郎「ん、ありがとうございます……」

ハギヨシ「私が話をしたらみなさん驚いていましたよ、夕方頃にはお見舞いに来るそうです」

京太郎「風邪、うつしちゃいそうですけど」

ハギヨシ「それでも、会ってあげてくださいね?」スッ

京太郎「はい……んぐっ……おいしい」






  • 夕方-

京太郎「ん……ふぅ、すっかり良くなったな~」スッ

京太郎「ん、メモがある」

『私はこれでお暇しますね、おかゆは残っているのでお腹がすいたら食べてください、困ったときはまた連絡をください ハギヨシ』

京太郎「またハギヨシさんのお世話になっちゃったなぁ~」

ピンポーン

京太郎「ん、誰か来たのか?」



京太郎「おう透華」ガチャッ

透華「じゃんけんで来ることになりましたわ!」ビシッ

京太郎「おう、嫌なら帰って良いぞ~」

透華「お待ちになって!お待ちになって!」ナミダメ

京太郎「おうおうすまん、どうぞ」

透華「ええ!」


京太郎「どうぞ、お嬢様」

透華「え、えぇ……」キョロキョロ

京太郎「もうだいぶ治ったけどな」

透華「一応、おみやげですわ」

京太郎「ん?」

透華「わ、私が授業で作った……クッキー」

京太郎「まさか透華の作ったものを食べる機会があるなんてなぁ……」ケホッ

透華「治ってないじゃありませんの、ほら早く寝なさい!」ビシィッ!

京太郎「ん、悪いな」

透華「悪いと思ってるなら早く治しなさい」

京太郎「おう、明日は絶対行くからな」

透華「当然ですわ、私たちの新たな力を見せてあげたいのに」

京太郎「それは楽しみかもな~」

京太郎「透華、うちも久しぶりだろ?」

透華「そうですわね、中学に上がってからはめっきりですわ」

京太郎「ちょくちょく会ったりはしてたけど、そっちの方が多かったもんな~」

透華「ですわね」

京太郎「……」

京太郎「そう言えばお前、気になる男とかいねぇの?」

透華「ひぇっ!?」ビクッ

アンテナ「」ビビクンッ

京太郎「なんて驚き方してんだよ、学生らしい話題だろ?」

透華「い、いないってことは……」

京太郎「うちのクラスの男とか目立っててイケメンだぞ」

透華「そ、そうですわねっ」

京太郎「俺もふくめて」キラッ

透華「きょ、京太郎だけですわっ」ボソッ

京太郎「おいツッコミ入れろよ、ていうかどうした?風邪うつったか?」

透華「そ、そうじゃなくて……」カァァッ

京太郎「ん?」

透華「そ、その、私は……きょ、京太郎のことがっ」

京太郎「ん?」

透華「京太郎のことが、気になって……す、好き、ですの」

京太郎「……え?」キョトン

透華「」フルフルッ

京太郎「……え?」







  • 夜-

京太郎(あれから特になにか会話するでもなく、透華は帰ったわけだ)ウン

京太郎(だけど、どういうことだよあれ!)カァッ

京太郎「まさか、いや予想外も良い所だろまさか透華が、なんてな~」

京太郎「ネトマするかな」

一人目 トキ
二人目 かなちゃん
三人目 むっきー

京太郎「池田さんだ」

かなちゃん:今日こそ勝つし!

トキ:なんや気合はいってんなぁ

むっきー:よろしくお願いします

キョータロ:よろしく!


トップ 京太郎
二着 むっきー
三着 トキ
ラス  かなちゃん

かなちゃん:今回最悪だし!!?

トキ:なんもかんも政治が悪い

むっきー:そうですかね?

トキ:そや

かなちゃん:許すまじ政治!

むっきー:?

京太郎「さすが池田だな」



京太郎「池田、こりないなぁ」

かなちゃん:いい加減に風越来いよ!なんで来ないんだよ!キャプテンも待ってるぞ!

キョータロ:え、じゃあ行きます

かなちゃん:なんで私が誘っても来ないんだし!

キョータロ:池田さんだし

かなちゃん:ふざけんなし!

キョータロ:池田だし

かなちゃん:呼び捨てかよ!いい加減にしないとあたしの怒りも天元突破だかんな!

京太郎「あ、ログアウトした」





むっきー:その腕、あこがれるよ

キョータロ:プロへの誘いも貰いましたから

むっきー:それは初耳だよ京太郎君

キョータロ:あはは……え?あ、むっきー、なるほど

むっきー:今度それについて詳しく聞かせてほしいな

キョータロ:まぁ、はい、言ったの睦月さんがはじめてですから

むっきー:嬉しいな、また鶴賀に来てくれ

キョータロ:ありがとうございます、また!

京太郎「ログアウトした」






  • 自宅・自室-

京太郎「さて、そろそろ寝るかなー」

カピー「カピ」ダイジョウブ?

京太郎「ん、ありがとな」ナデナデ

カピー「カピ」ク、クスグッタイ

京太郎「おやすみー!」パチン

  • 54日目終了-







  • 55日目・朝-

京太郎「今週の土曜日は県予選だよな」ゴクリッ

テクテクテク

京太郎「あ、透華」

透華「あ、京太郎」

京太郎(気まずい……)

透華(気まずい……)

京太郎「一緒に、行くか?」

透華「そ、そうですわね!」






  • 授業-

京太郎「はぁ~」


男子M「奴はどうしたのだ?」

男子D「悩んでいるのだろう、今の自分のありように」


歩「次の授業は?」

京太郎「あれ、なんだっけ……?」

京太郎「うおぉぉぉ!」

教師「須賀君の料理なら世界を目指せるわ」

歩「はいはい」





  • 昼-

京太郎「さて、昼はどうするか……」

京太郎「ん、男子D一緒に喰おうぜー」

男子D「友よ、君の頼みならば聞かない理由はないな」

京太郎「ところで、あの夜の後大丈夫だったのか?」

男子D「あぁ、覇亜都蘭土学園の味方が来てくれた」

京太郎「どこだそこ」

男子D「ところで私たちは男子麻雀部を結成しようとしてるのだが」

京太郎「いや、もうエントリーはできないぞ?」

男子D「な、なんだと!?」ウワァァァ!

男子M「おのれ、おのれドン・サウザント学園!」グググッ

男子V「アラマビックリ!?」

京太郎「いや、もう一週間切ってるしなぁ」

男子D「そういえば夜に麻雀をしている者たちがいたらしい」

京太郎「変人だな!」

男子D「君の力になるはずだ」グッ

京太郎「お、おう」





  • 放課後-

京太郎「さて、今日はどうするか……池田のとこかぁ~」


  • 部室-

ガチャッ

京太郎「ちょり~っす!」

一「ん、京太郎だ、体調平気?」

京太郎「おう」

衣「至極心配したぞ!」

京太郎「悪かったな」ナデナデ

京太郎「さて、男子麻雀部の件なんだけど」

智紀「もう無理だよ?」

京太郎「それについては聞いたんだけどさ、なんとかしたいんだよな~」

衣「一緒にやるだけ、じゃだめなのか?」

京太郎「あぁ、それでも良いのか……」ウン

ハギヨシ「京太郎君が強くなるなら、夜ですかね?」

京太郎「夜、ですか?」

ハギヨシ「はい、もう深く関わることはできそうでもありませんからね」

京太郎「なるほど、ちょっとわからないんですがなんとかしてみます」

ハギヨシ「しかし、もう片方は気を付けてくださいね?」

京太郎「はい……?」





  • 放課後2-

京太郎「さて、次どうするか」

一「透華となにかあった?」

京太郎「ん、いや、なにも無い」

一「でもさ」

京太郎「なんもないって、な?」

一「うん、前みたいに戻ってね?」

京太郎「……努力はするつもりだよ」


  • 夜-
  • 自宅・自室-

京太郎「さて、夜はどうするかな~」

京太郎「よし、行方不明の件……気になるな」ダッ

京太郎「母さん、出てくる」

須賀母「最近物騒だから気を付けて」

京太郎「おう」

ガチャッ

京太郎「さて……」


まこ「いらっしゃい、遅いけど大丈夫なんか?」

京太郎「まぁ大丈夫ですよ」

京太郎「さて、麻雀します」

まこ「どうぞ」スッ

京太郎(この時間だとおっさんばっかだな)

京太郎「よろしくお願いします」

男A「よろしく」

男a「」ペコッ

男B「よろしく頼むよ」

京太郎(さて……)






京太郎「ツモ……嶺上開花、32000です!」ダンッ

男A「と、飛んだ」

男B「それも三人同時とは」

男a「ありがとう、ございまし、た」

京太郎「ありがとうございました」ペコッ

京太郎(で、なんだったんだ?)

京太郎(ちょっと話聞いてみるか、高校生っぽい人発見)

京太郎「すみません」

???「え、ナンパ!?」

京太郎「違いますっ、いや、違うとも言い切れないんですけど……あの、噂のことなんですけど」

???「噂って、吸血鬼の?」

京太郎「はい、詳しいことは知らないんですけど」

???「なるほど、じゃああまり関わらない方が良いんじゃないかな?」

京太郎「そうですか?」

???「そうだよ、だから今日は帰った方が良いんじゃないかな?」

京太郎(関わらない方が良いって、深いとこまで知ってる?)



京太郎「もうちょっと、教えてほしいんです」

???「え、まだ!?」

京太郎「はい、もうちょっとで良いんですよ」

???「ん~、じゃあ夜は出歩かない!」

京太郎「もう遅いです」

???「あっ、そっか……なら、人通りが少ない道は歩かない!」

京太郎「ここ田舎です」

???「思えば遠いところまで来たな~」

京太郎「ん、どういうことです?」

???「まぁ、とりあえず帰った方が良いよ?」

京太郎「はぁ……」

京太郎(いい加減帰るか)






京太郎「あぁ~暗い帰り道ってさすがにクるな、色々話聞いたし」

男a「すみません」

京太郎「ん?」

男a「あの、すみません」

京太郎「だからなんですか?」

男a「ア……アアアアアアア!」グワッ

京太郎「なっ!?」バッ
  • 対応力100が反映
  • 魔眼75が反映

襲い掛かってくる男から素早く離れる京太郎

京太郎「なんなんだよっ!?」

男b「ウグァァッァア!」

京太郎(もっと、早く帰ってれば良かったのか!?そうだったら、俺は、こんな目に合わずにすんだのか!?)

男c「アァァァッ!」ガシッ

羽交い絞めにされ、動けなくなる

京太郎(し、死にたく、ないっ!)

男a「グアァァッァ!」ブォッ

振り上げられた男の腕が、振り下ろされた







だが、男の腕が京太郎に死を与えることはない

京太郎「……え?」

男の胸を貫通する細い腕、それが抜かれると同時に男は倒れて“灰へと還る”

京太郎「な、なにがっ……?」

???「だから私言ったのに、早く帰れって」

京太郎「あ、貴女は……」

???「えい!」ドッ

京太郎の横を通る少女の拳が、背後の男の顔を貫く

男b「ガァァァッ!」

少女の背後から男が襲いかかろうとするが、少女は振り向くと同時に拳をぶつけて男を地面に叩きつける
地面が割れて、男が灰へと還るが、京太郎は今だ自らに襲い掛かる恐怖が去ったとは思えなかった
目の前の紅い目をした少女は、笑う

???「大丈夫?」

京太郎「は……はい」

???「あはは、なんだか色々と巻き込まれちゃったね?」

ここでようやく、京太郎は自らに襲い掛かる恐怖が消えたことを理解できた

???「君、名前は?」

京太郎「須賀、京太郎です……」

???「そっか、私は弓塚さつき……よろしくね?」









  • 公園-

京太郎「吸血鬼の噂は、本当だったと?」

さつき「うん、これは私が片付けるつもりなんだ……ちょっとわけありで」アハハ

京太郎「まぁあれだけ強ければ大丈夫でしょうけど」

さつき「まぁ大丈夫だから、あまりこっちと絡まないでってことだけ……ね?」

京太郎「わかりました、弓塚さんも気を付けて」

さつき「うん、それじゃまたね須賀君」フリフリ

京太郎「はい、また」フリフリ

京太郎(……これで良かったん、だよ、な?)







  • 自宅・自室-

京太郎「あぁ~色々あったけど、忘れよう……ん、メールだ」

京太郎「ん、誰だ?」

京太郎「お、亦野さんからなんて珍しいな」

差出人:亦野誠子
本文『はじめてメールするけど、ちょっと聞きたいことがあるんだ』

京太郎「ん?」
本文『なんですか?俺に答えれることならなんでも!』

差出人:亦野誠子
本文『淡が突然強くなった理由、わかる?』

京太郎「あぁ~」
本文『それに関しては、上手く教えられることはありません 力になれずすみません』

差出人:亦野誠子
本文『良いよ、こんなこと聞いてごめん また来てよ、私たちも待ってるから』

京太郎「ん」
本文『ありがとうございます、また行きますのでその時はよろしくお願いします おやすみなさい』

京太郎「さて、次は透華か」

差出人:透華
本文『明日も遅れず来なさい!』

京太郎「おお、今日のはなんだったんだ?」
本文『もちろんだろ』

差出人:透華
本文『それなら良いですわ! おやすみなさい』

京太郎「みじかっ!?」
本文『おう、おやすみ』

京太郎「次は、ハギヨシさんだな」

差出人:ハギヨシ
本文『今日も平和に終わりましたか?』

京太郎「……どうするか」

京太郎(ハギヨシさんはいざとなれば連絡をしてくれって言ってたけど……やめておこう)
本文『なにもありませんでした、心配しないでください』

差出人:ハギヨシ
本文『なら安心しました、何かあったら私に任せてください 京太郎君が関わる必要も無い間に終わらせますので』

京太郎(さすが、頼もしいな~)
本文『ありがとうございます おやすみなさい』

差出人:ハギヨシ
本文『はい、おやすみなさい 良い夢を』

京太郎「さて、そろそろ寝るかな~」

カピー「カピッ!」ヘンナニオイ

京太郎「ん?」

カピー「カピ」オンナノニオイ!

京太郎「おう、おやすみ」パチンッ


  • 55日目終了-










  • 56日目・朝-

京太郎「吸血鬼、か……」

テクテクテク

京太郎「おう一!」

一「京太郎、透華とどう?」

京太郎「昨日はメールしたけど」

一「そっか、県予選でなにかあってもいやだし」

京太郎「確かにな……よし、頑張る!」

一「うん、頑張って♪」


  • 授業-

京太郎(さて、俺はどう動くか……)

歩(なんか真面目な表情してる)

京太郎「さて、どうするかな……」

京太郎「さて、どうするかなぁ、あれあいつら居ないな?」

京太郎(シロのおもち、石戸さんのおもち、原村さんのおもち、はやりさんのおもち……)ムムムッ



  • 昼-

京太郎「さて、昼は~」

京太郎「噂について色々聞いてみるか……」



  • 部室-

京太郎「なんで部室に?」

純「わかんねぇか?」

透華「こ、こんな無理矢理っ」

一「ダメだよ、なんで二人がこんな気まずそうにしてるのか……私たち耐えられない」

智紀「うん、二人がこんな風なんて」

ハギヨシ「申し訳ありませんが、私も京太郎君と透華お嬢様がこのような状況というのは」

衣「二人共、なにがあった?」

京太郎「……」チラッ

透華「えっと……」チラッ

純「どうしたんだよ?」

京太郎「みんな悪い、けどこれは俺と透華の問題なんだ、もちろんみんなに迷惑をかけてる自覚はあるけど……それでも俺たちも努力するから、もう少しだけで良い、待ってくれないか?」

透華「京太郎……」

一「……はぁ」

純「京太郎にそこまで言われたら、なぁ?」

智紀「もうちょっとだけ待つから」

ハギヨシ「ではそういうことで、衣様も良いですか?」

衣「うん、わかった、衣も我慢する」

京太郎「悪い」

透華「申し訳ありませんわ」


  • 放課後-

京太郎「さて、部活かぁ」

京太郎「今日は良いよな」

歩「……昼にあんなに言ったのに?」

京太郎「なんとかするから、な?」ナデナデ

歩「……うん」コクッ







京太郎(さて、今日はどうするか)

まこ「いらっしゃい、連日じゃな」

京太郎「そうですね~」

京太郎「今日も麻雀ですかね」

まこ「ん、あちらへどうぞ」スッ

京太郎「どうも、飲み物はアイスティーで」

まこ「はい」






華菜「ようやく見つけたし、須賀ァ!」ゴッ

京太郎「ッ!?」ビリビリッ

京太郎(んだよ、この圧迫感っ!?)

京太郎「どうもです池田さん」フッ

美穂子「こんにちは京太郎君」

京太郎「美穂子さぁん!」パァッ

華菜「テメェふざけんな!」

京太郎「黙れ池田ァ!」

華菜「いいかげんにしろよ須賀ァ!」

美穂子「二人とも、仲が良いのね」

華京「どこがっ!?」

モモ「ほんとっすね!」

華菜「どっから出て来たし!?」

モモ「最初からいたっす、良いから始めるっすよ」ゴゴゴッ

華菜「上等だし」ゴゴゴッ

美穂子「あらあら京太郎君、お友達が沢山いるのね」ゴゴゴッ

京太郎「は、はい」







京太郎(さて、どう動くか……)スッ

モモ(京さんの周囲はどんだけ女だらけなんっすか!)

華菜(須賀相手に本気なんて出す価値もないし!)

美穂子(私は、どうしようかしら……)







京太郎「俺のターンだ!」ドン☆

モモ(あれが来る!?)

華菜(別の力!?)

美穂子(あら?)

京太郎「ドロー!」カッ
  • 能力『無限煉獄龍』発動







美穂子(あら、じゃあ華菜が本気を出す前に、私は……)スッ
  • 能力『青眼の聖女』をチェーン発動

京太郎(来た!?)グッ







京太郎(……やらせませんよ、美穂子さん!)ギンッ
  • 能力『心鎮壷のレプリカ(喰)』を発動
 成功判定無し
 相手のオカルト能力を無効にする

美穂子(あ、喰べるんじゃ、なかった)シュン

モモ(……やるっすよ!)
  • 能力『ステルスモモ』発動










京太郎(ここは、動かない!)

華菜(なら、おもしろいもんを見せてやるよ……そろそろ混ぜろよ、須賀ァ!)ゴゥッ
  • 能力『鬼神連撃』発動










華菜(キタキタキタキタキタァッ!)ニッ

モモ(あれは?)

美穂子(ずるい……)

京太郎(池田ァッ!)ニッ
  • 能力『魔物喰い』を発動、さらにステータス食欲が暴食のためゾロ目でクリティカル









京太郎「」ニッ

華菜(こっち側に中途半端にこれてない奴がこの華菜ちゃんを喰うだ?片腹痛いし!)ゴゥッ

京太郎「ッ!?」ゾクッ

華菜(まったく、怒りのあまり頭が痛いし)フッ

京太郎「ぁっ……」ガタッ

バタンッ

京太郎(な、んだ?)

美穂子「京太郎君!?」

モモ「京さん!?」






京太郎(ん……)

京太郎「池田、さん?」

華菜「ん、ようやく起きたか、まったく面倒なやつだし」ハァ

京太郎「頭の後ろ、ゴツゴツしてる」

華菜「さっさと起きろし殺すから」

京太郎「そんなピリピリしなくても」スクッ

華菜「普通にお前先輩相手に失礼すぎだからな!」

まこ「店内では静かに!」

華菜「ご、ごめんだし」

京太郎「すみません」

華菜「お前のせいで怒られたし」

京太郎「さっき、なにがあったんだ?」

華菜「まぁ、こっちの意味での見下げ果てた先輩に教えてやるし……須賀ァ、お前なにかに遠慮してるし、まだ喰うことにためらいがある」ビシッ

京太郎「ためらい、ですか?」

華菜「おう、だからいっそのこと自分なんてもん喰う時だけでも捨てちまえ、じゃないとお前は一生、華菜ちゃんには勝てないし」

京太郎「……」





京太郎「ありがとうございます、池田先輩」

華菜「キモッ!キモすぎだしぃっ!!」ゾワゾワッ

京太郎「てめぇ、感謝したらこれかよ!」

華菜「だからって今のはない!お前がそんな風に言うなんて、怖い!帰るし!」ダッダッダッ

京太郎「あの猫っ」グヌヌ





  • 夕方2-

京太郎「そんなに時間経ってなかったんだな」


京太郎「そういえば麻雀といえば変人の麻雀集団」

????「ならば俺と麻雀だ!」

???「お前はうるせぇんだよ!」

??「少し静かにしていてくれないか!」

????「まぁまぁ、とりあえずクリア・マインドのことだね」

京太郎(絶対あいつらだ)

????「ん、なんだお前は?」

京太郎「え?」

??「おい、そんなに喧嘩腰にならなくても良いじゃないか」

京太郎「えっと」

????「んっ!そうか、君が須賀京太郎!」

京太郎「はい?」

????「僕がブルーノだ!」バンッ

京太郎「ブルーノって?」

ブルーノ「ああ!」

京太郎「えっと……」

ブルーノ「よし、君はクリア・マインドを習得する必要がある!」

京太郎「え?」

??「なるほどな」

京太郎「今のわかった!?」

???「なんのこっちゃ?」

????「まるでわからん」

ブルーノ「行くぞ京太郎!スリップストリームで着いて来い!」

京太郎「は、はぁ!?」



ブルーノ「そう、京太郎、それが!」

京太郎「これが……クリア・マインド!?」

ブルーノ「そうだ、君なら絶対に習得できると思っていた……もう会うこともないだろうけれど覚えておいてくれ、君が未来を掴むための力、スピードの中で見える世界」

京太郎「ブルーノ……」

ブルーノ「また、いつか」フッ

ダッダッダッ

京太郎「ブルーノォォォォッ!!」









  • 夜-
  • 自宅・自室-

京太郎「さて、夜は……」

京太郎「さて、どうするかなー」

京太郎(つい最近、弓塚さんと話した場所だ……)

ベンチに座る

京太郎(……吸血鬼、弓塚さんだけでどうにかなるのかな?そもそも弓塚さんってなんなんだ、なんであんな力……)

京太郎「やめだやめだ!関わるなって言われただろ!」バッ

京太郎「そうだな、他のことをしよう!」

京太郎「さてっと」

睦月「あ、いらっしゃいませー」

京太郎(ん、睦月さん!)




睦月「また遊びに行こう」フッ

ピッ

京太郎「はい、是非」ニコッ




  • 自宅・自室-

京太郎「ん、メールだ」

京太郎「ん、誰かな」



京太郎「ん、知らないメアドから?」

差出人:???
件名:天江衣だぞ!
本文『ケータイとやらを買ってみたがおもしろいな 京太郎、登録しておいてくれ』

京太郎「おぉ、衣か」
本文『やったな、これでいつでもメールとかできる』

差出人:衣
本文『東京に行ってもこれで安心だな』

京太郎「それは微妙だけどなぁ」
本文『そうだな、楽しみだ』

差出人:衣
本文『うん、衣も楽しみだ それでは明日も早いからおやすみだ!』

京太郎「おう、おやすみっと……次は豊音さんか!」

差出人:豊音
本文『最近になってシロがまた強くなったよー』

京太郎「マジで?」
本文『ちょーやばそうですね』

差出人:豊音
本文『ほんとだよー最近じゃ五分五分だよー』

京太郎「いや、豊音さんが化け物くさい」
本文『豊音さんってすごいですね』

差出人:豊音
本文『え、そんなことないよー』

京太郎「まぁ、そうじゃないって思うんならそうなんだろう」
本文『じゃあ、また今度打つのが楽しみだって伝えておいてください もちろん豊音さんとも打ちたいですよ』

差出人:豊音
本文『ありがとーまたね、おやすみー』

京太郎「おやすみなさい、次は……池田か」

差出人:池田
本文『須賀、今日は華菜ちゃんとの実力の差がわかったと思うから言っとく、近いうちに風越に来い、それなりの特はさせてやる』

京太郎「なにを偉そうに、でも……」
本文『暇があったら』

差出人:池田
本文『まぁそれで良いけどな、お前は一人じゃ強くなれないってことを忘れんなし! おやすみ!』

京太郎「ん?おやすみっと」






  • 龍門渕家・衣部屋-

衣「ふふ~ん、メールって楽しいなー!」

透華「夜更かしはいけませんわよ」

衣「透華は京太郎とメールしてるのか?」

透華「も、もちろんしてますわ!」

衣「やっぱり二人は仲良しの方が良いな!」ニコッ


  • 姉帯豊音家-

豊音「ふふ~ん、また打つのが楽しみだなー」ニコニコ

豊音「まぁ遅くてもインハイには打つんだもんね、あっ!サインもらっとこう!」ウンッ


  • 池田家-

華菜「ふんっ、須賀のやつ……まるでこの力のことわかってないんじゃないのか?」ハァッ

華菜「まったく世話のかかる奴、頭が痛いし~」フゥ







  • 自宅・自室-

京太郎「さて、徐々に近づいて来てるな」

カピー「かぴ」ナニガ?

京太郎「県予選と個人戦」

カピー「カピ!」ガンバレ!

京太郎「おう!」


  • 56日目終了-