京太郎「咲ってパンツ履いてないよな」 咲「!?何言ってるの京ちゃん?」

京「え、だって履いてないだろ?」 咲「履いてるよ!そんな訳ないでしょ!」

京「嘘だ!」 咲「なんで!?」

京「だって俺見たこと無いぞ!」 咲「はあ!?」

京「咲とは長い付き合いになるけど今までに一度も見たこと無いぞ!」

咲「それは、見えないようにしてるし…」

京「それも嘘だ!そんなミニ履いてて見えないわけないだろ!」

咲「こ、これは京ちゃんがミニの方が可愛いって…だから」

京「そんなもんパンツ見るための方便だ!」 咲「ええ!?」 京「あ、可愛いのは本当だぞ」

咲「か、可愛京「そんなことよりだ!」 咲(そんなこと…)

京「俺は中学時代を咲パンXを見るために全力を尽くした…考えられる手は全て尽くした…」

咲「色々言いたいことはあるけど咲パンXって何?」 京「『咲の履いているパンツ或いはそれに類するものX』の略だ」 咲「ドン引きだよ…」

京「突然スライディングかましたり、手鏡使ったり、改造した携帯扇風機使ったり、食堂のテーブルにカメラ仕込んだりとにかくローアングルに攻め立てた!でも…」

咲「京ちゃん何やってんの普通に犯罪だよ…」

京「それだけやっても咲パンXは観測できなかった。そして清澄に、麻雀部に入ってしばらくして結論が出た」 咲「へえ」

京「咲パンXを観測できない、存在しない物は観測できない、つまり咲は パ ン ツ はいてない!」 咲「京ちゃん私怒るよ!?」

京「……だったら」

咲「え?」

京「だったら今ここでスカートまくって見せてくれよ!」ドン! 咲「ヱ」

京「頼む咲!」 咲「い、いくら京ちゃんでもそういうのはまだ早いっていうか段階を踏んでからと言うか…」オロオロ

京「先っちょ(?)だけ!先っちょだけでいいから!」 咲「京ちゃん…」

咲「…しょうがないにゃあ」(噛んじゃった///) 京「! 咲、いいのか!?」

咲「ちょっとだけだよ…本当にちょっとだけだよ!!」 京「ああ!」

京太郎「写メとっていいか!」 咲「ダ、ダメに決まってるでしょ!」


咲「そ、それじゃあ…いくよ?」 京太郎「ゴクリ…」

そういうと少女は顔を熟れた果実のように紅くしスカートの中央を震える両手で摘み上げるわけないでしょ!」

咲「危うく京ちゃんに流されるとこだったよ!京ちゃんの変態!バカ!先に部室行ってるよ、もう!」


京太郎「逃げられたか…少し強引だけどうまく行くと思ったんだけどなあ…」
京太郎「よし!次は幼馴染のスカートの中を見ないと死ぬ病気にかかった設定で行くか!」