トシ(この卓も、一筋縄にいきそうにはないねえ)

トシ(様子見しながら、和了っていこうかね)



トシ「……ロン、3200」


東二局
咏 100000
親 漫 96800
トシ 103200
良子 100000



漫(東発から直撃とかあかんやろ)

漫(こう見えても私はもう姫松の主将!)

漫(ここで負けとったらみんなに示しがつかんわ!)タンッ!

良子「ロン、8000です」



東三局
咏 100000
漫 88800
親 トシ 103200
良子 108000


咏(ここまで焼き鳥かよ……)

咏(私は勝たなきゃいけねえっつうのによ!)タンッ

咏(この局、でっけえの和了ってやるよ!)

漫「ロン!12000!」

漫「これで原点戻しや!」

咏「う……」

咏(マジかよ……)

トシ(次が戒能プロの親か……)

トシ(ここで、使っておこうかねェ)



東四局
咏 88000
漫 100800
トシ 103200
親 良子 108000


良子(…………)

良子(手が進まない、ですね)

良子(さっきからムダヅモばかり、これではまるで、インターハイのハツミのようです)

トシ「…………」ジロッ

良子(宮守の監督……彼女の師)

良子(おそらく、パワーのソースはあのモノクル)

良子(目的は私の親流しでしょうから、乗っておきましょうか)タン

トシ「ロン、12000だね」



トシの【隻眼の老王】の効果が変更されました!

【複合】より、【爆撃】をコピーされました!

【爆撃】(下位)
発動可能回数1回
発動した局のみ、自分の聴牌判定+20、和了判定+70、翻数最低4翻



南一局
親 咏 88000
漫 100800
トシ 115200
良子 96000



トシ(姫松の子はチャンタを軸とした高火力な打ち筋)

トシ(私たち相手ならそろそろ爆発してもいい頃だとは思うんだけど……)

トシ(こちらの方が、早いみたいだねぇ)

咏「――――ツモ!」

咏「混全帯、小三元、混一、發中、ドラ2!」

咏「12000オール!」

良子(…………)

良子(ここからは、押していきましょうか)



南一局一本場
親 咏 124000
漫 88800
トシ 103200
良子 84000


同コンマのため、流局



南一局二本場
親 咏 124000
漫 88800
トシ 103200
良子 84000


漫(先鋒戦……長いなぁ)

漫(倒してきた先輩方の思いの重圧)

漫(こんなん、インターハイ以来や)

漫(緊張するけど、ここで和了らな!)

漫「ロン!6400は7000!」

漫(この三人に呑まれてまうやろ!)

漫の【爆撃】が発動されました!



南二局
咏 124000
親 漫 95800
トシ 96200
良子 84000



漫(入った!)

漫(混全三色、後はこれでドラが乗ればもっとええんやけど……)

漫「カン!」

漫(うー……ん、乗らんかったか)

漫(他家はまだ誰も動いとらんようやし、リーチはかけずに……)

トシ「…………」トン

良子「…………」トン

咏「…………」トン

漫(早速来たな!)

漫「ロン!12000!」

漫(まだまだ続くで!)

【連鎖爆撃】が発動されました!



南二局一本場
咏 112000
親 漫 107800
トシ 96200
良子 84000



良子(……ふむ)

良子(ボンバーガールの流れは、ここで止めておきたいところですね)

良子(…………)ゴッ

良子の【悪待ち】が発動されました!


漫「リーチ!」

トシ(今度は二巡目リーチ……)

トシ(塞いでおいた方がよかったかもねぇ)

トシ(……どの道、次の局で止まるだろう)タン

漫「ロン!24300!」

トシ(ここが、正念場さね)

トシの【防塞】が発動されました!



南二局二本場
咏 112000
親 漫 132100
トシ 71900
良子 84000



良子(……今度はウタに大きい手ですか……)

良子(他の2人に託してみましょう)




良子「チー」

良子「ポン」

良子「……カン」

トシ(なんだい、この鳴き……)

トシ(一二三萬をチーして、四索をポン、暗刻の白を大明槓)

トシ(切羽詰まりすぎじゃないかね……?)

良子「ポン」

トシ(九索……これで最大でも三翻ってことかぃ)

トシ(……?この打ち方、確かインターハイで……)

トシ(…………この辺り?)トン

良子「イグザクトリー――――」

良子「ロン、1900」

トシ(他家の大物手を警戒しての鳴き、ね)

トシ(一応乗ってはあげたけど、次も成功するとは思わない方がいいよ)

トシの【爆撃】が発動されました!



南三局
咏 112000
漫 132100
親 トシ 70000
良子 85900



良子(プロフェッサー熊倉のターンですが……)

良子(挑ませてもらいましょうか)

良子「リーチ」


良子の【大回転リーチ】が発動されました!



良子(また、ムダヅモですか)トン

漫(……なーんか、急に有効牌が来るようになったなー)

漫「カン!」

漫(嶺上牌まで有効牌か……私も捨てたもんやないな!)

良子(また、ですか……)トン

漫「ロン!16000!」



南四局
咏 112000
漫 148100
トシ 70000
親 良子 69900





良子(最下位で次に繋ぐのは極力回避したい……ので)


良子の【悪待ち】が発動されました!


咏(プロと四万点差で勝って、二年生に三万点差をつけられてる)

咏(こんなんで、あのバカに任せられるかよ!)

咏「リーチ!」



恒子「おーっと!ここで三尋木選手がリーチ!」

えり「三暗刻、混一、中で跳満、裏が乗れば倍満まで届くでしょうね」

恒子「学生に好き勝手やられて、大人は何してんでしょうかー」

えり「福与アナ、自重してください」



咏「ロン!12000!」

漫「…………最後の最後で……」



先鋒戦終了
二年生B 136100(+36100)
一年生B 124000(+24000)
教員 70000(-30000)
プロ 69900(-30100)











咏「たっだいまぁっー!」

穏乃「おかえりー咏ー!」

淡「次は私の番か~一番だったらもっと楽だったんだけど……」

淡「そっちの方が目立つからいっかー!」

咏「つまり私はお前の温め役だってことかよ、あぁん!?」

淡「実力の面からしてもとーぜんだよ!」

京太郎「はいはい、二人ともそこまでにしとけー」

京太郎「咏は頑張ったんだし、淡は負けないように頑張って来い、喧嘩はひとまず中断だ」ナデナデ

咏「……ちっ、しゃあねえな」

淡「うん、頑張る」

京太郎「よし、じゃあ行って来い!」








淡「リーチ!」

はやり「それロン、12000!」

淡「ちょっ!ってかそれ人和じゃん!二回目じゃん!」



霞「――――ツモ、16000オール」








次鋒戦終了
一年生B 124900(+900)
二年生B 123600(-12500)
教員 83400(+13400)
プロ 68100(-1800)







淡「あ、きょうたろー!」

淡「逆転してきたよー!」

京太郎「おう、よく頑張ったな」ナデナデ

淡「んへへ~凄かったでしょ~」

京太郎「ご苦労さん、後は俺と咲が頑張って来る」

京太郎「淡たちは、応援していてくれ」

淡「うん!頑張ってね、きょうたろー!」

京太郎「……あんがとな」

京太郎「んじゃ、行ってくるわ」

淡「行ってらっしゃい!」

京太郎「……あ」

淡「どしたの?」

京太郎「ほんと……さっきはごめん」

淡「もう赦したんだからいーの、じゃあね!」

京太郎「ああ、じゃあな!」







京太郎「さて……っと」

京太郎「俺が一番乗りかな……?」

尭深「…………」ズズッ

京太郎「お久しぶりですね、渋谷さん!」

尭深「……あ」

尭深「久しぶりだね、お兄ちゃん」ニコッ

京太郎「」

京太郎(まだそのノリ続けるの!?とか)

京太郎(今は大人しめなお姉ちゃんキャラがいいです!とか色々ツッコみたいけど)

京太郎(それ以上に可愛いぃぃぃぃぃいいいい!)

京太郎(こちとら先輩ばっかだから後輩とか年下との絡み無いし、あったことないし!)

京太郎(それ故に新鮮、それ故に可愛い!)

京太郎「ブフォッ」

尭深「あ、え、あ……大丈夫、須賀くん?」

京太郎「ええ、大丈夫ですとも……」

京太郎(良かった、お兄ちゃん呼び止めてくれて)

京太郎(さもないと鼻血で死にそうになるわ)

京太郎(……少しさみしいけど)

尭深「席、決めたら……?」

京太郎「そうですね、まだ誰も来ないみたいですし……」チラッ

理沙「!」ピクッ ガクガク

京太郎「の、野依プロ?ドアの前で何を……」

理沙「兄妹水入らず!」プンスカ

理沙「じっ、事情はいろいろある!」プンスカ

京太郎(何か誤解されてた!?)







副将戦開始


東一局
親 京太郎 124900 ※体力9
理沙 68100      ※体力9
善野 83400      ※体力9
尭深 123600     ※体力9


京太郎(……最初っからラッキーだな)

京太郎(ダブリー清一ってなんだこれ)

京太郎(偶に自分が恐くなるぜ)

京太郎(……今回もやってやろうじゃあねえか)

京太郎「リーチ!」キィィィン

京太郎(いきなりクライマックスだぜ!)

善野(須賀くんがダブリー……)

善野(今朝の一件のときもそうやったけど、この子は途轍もない)

善野(このダブリーも、大物手みたいやし)

善野(何とか凌ぎ切ればええな……っと)

京太郎「――――ツモ」

京太郎「ダブリー一発清一、三暗刻」

京太郎「12000オール!」

理沙「!?」

理沙(リザベーション、成功!)

対局者の能力レベルが下がった!



東一局一本場
親 京太郎 160900 ※体力9
理沙 56100      ※体力9
善野 71400      ※体力9
尭深 111600     ※体力9






京太郎(この一年間、いや、八か月か)

京太郎(俺はほぼずっと麻雀をしてきた)

京太郎(色んな人と対局したし、いろんな本も読んできた)

京太郎(その本のうちの一つに書かれてた技術)

京太郎(他の人の力を真似る技術)

京太郎(俺はまだ、全然できていないけど)

京太郎(力を貸してください、憩さん)ピキィィィィイイイン



京太郎(……この手)

京太郎(もうちょい粘れば平和一盃口ドラ2くらいにはなるんじゃないか?)

京太郎(とりあえず聴牌だけでもしとっかな)タン

理沙(須賀……京太郎……)

理沙(いつものツキが無いのも、この人のせい?)

理沙(……そんなわけないっか)

京太郎「……ツモ、600オール」



東一局二本場
親 京太郎 162700 ※体力8
理沙 55500      ※体力8
善野 70800      ※体力9
尭深 111000     ※体力8




京太郎(結局ツモのみで和了しちまった……)

京太郎(連荘狙いってことでいいよな、うん)

京太郎(じゃ、次もそれで行ってみるか!)ゴッ



理沙「カン!」プンスカ

理沙「カン!」プンスカ

理沙(カンドラ二つとも乗らず……!)

善野(野依プロは確か、新道寺の白水鶴田コンビと似たようなオカルト持ちやったっけな)

善野(和了者と翻数を予想するリザベーション、リザベーションというよりかはエクスペクテーション)

善野(なんにせよ、気をつけなあかんやつや……)タン

理沙「ロン!8600!」プンスカ

善野(うっわ……)



東二局
親 京太郎 162700 ※体力8
理沙 64100      ※体力6
善野 62200      ※体力9
尭深 111000     ※体力8




理沙「ツモ!700オール!」プンスカ

理沙(リザベーションは失敗……)

善野(あかんなぁ……白糸台の子がどんどん潤っとる)

善野(なんとかして途切れさせたいんやけど……)




東二局一本場
京太郎 162000 ※体力6
親 理沙 66200      ※体力5
善野 61500      ※体力8
尭深 110300     ※体力6

理沙「けほっ」

理沙「……」タン

善野(ようやく回り始めたかー)

善野(私と打つ人は打てば打つほど体調が悪うなる)

善野(それにつれて配牌やツモも悪うなっていく)

善野(いわば不幸のウイルスみたいなもんや)

善野(このことを知ってるのは郁乃ちゃんか愛宕さんしかおらへん)

善野(まだまだ、私の勝負どころやないんやで)

京太郎「ツモ!500・900!」



東三局
京太郎 163900 ※体力6
理沙 65300      ※体力5
親 善野 61000      ※体力8
尭深 109800     ※体力6



善野(……ん、ツモってもうたか)

善野(ピンピンロク、毎度毎度中途半端な点数やなぁ)

善野(毎局連荘で危ないけど……)

善野(和了っとかな損やろ)

善野「ツモ、3900オール」

理沙(四翻……成功)



東三局一本場
京太郎 163900 ※体力5
理沙 65300      ※体力4
親 善野 61000      ※体力8
尭深 109800     ※体力5




善野(……にしても、やっぱりおかしいのは須賀くんや)

善野(普通、プロともあろうものやったら持っとるはずの一般人とはかけはなれた豪運)

善野(しかし、野依プロが和了ったのはあまり高くないものばかり)

善野(早さも何もない手ばっかやった)

善野(白糸台の子にそんなオカルトがないことは確認済み、有り得るとすれば須賀くんしかおれへん……)

善野(……っと、ホンマか)

善野(また連荘やないか……)

善野「ツモ、6300オール」




東三局二本場
京太郎 157600 ※体力5
理沙 59000      ※体力4
親 善野 79900      ※体力8
尭深 103500     ※体力5


善野(まだ東三局やのに八局も使うとる)

善野(こっからやと少なくともオーラスまで十二局)

善野(あらかじめ国士無双十三面とか仕掛けられとったら危ないなぁ)

善野(……十四牌揃ってまえば、防ぐことのできひん天和)

善野(せやったら、それよりも多く稼くべきやね)

善野「ツモ、2800オール」



東三局二本場
京太郎 154800 ※体力3
理沙 56200      ※体力2
親 善野 88300      ※体力7
尭深 100700     ※体力3




善野(これを和了れば、9600の二本付け)

善野(……さすがにこわいな)

善野(このまま流してみるのもありやろか……)



善野(他の二人もテンパイしてるみたいやし、もうええか……)



東四局二本場
京太郎 156300 ※体力3
理沙 57700      ※体力2
善野 89800      ※体力7
親 尭深 97700     ※体力3




京太郎(善野さんの連荘がようやく終わったか……)

京太郎(……っ)

京太郎(さっきから頭痛がするな、こんなときに何だって言うんだよ)

京太郎(お、っと)

京太郎「ロン、1000は1900です」

京太郎(ようやく折り返しか)



南一局
京太郎 158200 ※体力3
理沙 55800      ※体力2
善野 89800      ※体力7
親 尭深 97700     ※体力3


京太郎(開いてきたリードは、ちゃんと守らないとな)

京太郎(親だし、本気で行くぞ!)ゴッ



京太郎(く……っ)

京太郎(久しぶりだな、この感じ……)

京太郎(力の波に、もまれていく)

京太郎(憩さんの力使った後だっての忘れてたな……)



照『京の力は、海みたいなもの』

京太郎『海?』

照『そう、金色の光を放つ海』

照『京と打っていると、懐かしい気持ちになる』

京太郎『懐かしい気持ち?』

咲『麻雀を始めたころの初めての気持ち』

京太郎『なんだそりゃ?そんなオカルトありえねえっつーの』

桃子『それが京太郎のわけのわからない強さなんっすよ』

京太郎『強さっつっても大して勝ててないし……』

照『それは京の運が悪いだけ』

京太郎『えぇ……』ズーン

照『たとえると、私たちは海の中にいて、京は海の上に立っている』

照『私たちは、麻雀の深みに嵌っていくほど、その奥底で宝物を見つける』

照『だけど、そこから出ることはできなくなる』

照『深みは、高み』

照『高い所を目指せば、色々なものが見えてくるけれど』

照『足元は、見えないんだよ』

照『原点の気持ち、初めての気持ち』

照『京はいつも麓に立っていて、水平線に立っている』

照『京と打っていると、京に呼び止められるような感じがする』

照『そうして、私たちは京に連れ戻されて水平線に立つんだ』

照『海の底から放たれる宝の金の光』

照『水平線を伝い、海に放つ、始まりの朝焼けの金の光』

照『私の鏡から見た景色は、金色を放つ海』

照『それが、京の力』



京太郎(……とか、昔言われた気がするな)

京太郎(俺だって潜ることはできるけど、その時間は短く限られている、とか)

京太郎(よくわかんなかったけど、見てみたいと思った)

京太郎(宝の金色と、朝焼けの金色に挟まれた海)

京太郎(金色を放つ海)

京太郎(俺を、鏡から見た景色)

京太郎(…………ここは、ダメっぽいな)



善野「ツモ、2000・4000」




南二局
京太郎 154200 ※体力2
親 理沙 53800      ※体力1
善野 97800      ※体力7
尭深 95700     ※体力2





理沙「げほっ、ごほっ!」

尭深「ずずっ」ズズッ

京太郎「っ……」

善野(三人とも、もう判断力も十分鈍っとるやろ)

京太郎「カっ、カンっ……!」

善野(須賀くんの手、低そうやな……)

善野(早めに差し込んどこか)

京太郎「ロン、えっと、2900です」




南三局
京太郎 157100 ※体力2
理沙 53800      ※体力1
親 善野 95900      ※体力7
尭深 95700     ※体力2






善野(ああ……でっかいのが迫って来てる感じ、するわ)

善野(こっちのオカルトのが負けそうやな……)

善野(流しとこか)



南四局一本場
京太郎 157100 ※体力0
理沙 53800      ※体力0
善野 95900      ※体力6
親 尭深 95700     ※体力0



尭深(今日は……豊作)

尭深(豊穣は民を癒す)

尭深(癒された民は、土地を豊かにする)

【収穫の時】が発動されました!



京太郎(確か、ここまでの渋谷さんの捨て牌は、白、南、中、白、發、南、中、中、白、發、發、南、南)

京太郎(最大で天和四暗刻単騎大三元字一色の六倍役満……!?)

京太郎(この大会はダブル役満無しやからいいものの、なんだよそれ)

京太郎(オカルトにも程があるだろ!)

尭深「……」トン

善野(案の定、南捨てか……)

善野(字牌一つもあらへんし……こんなん当たっても事故やん)タン

尭深「ロン、48300」


補正が弱くなりました!



南四局二本場
京太郎 157100
理沙 53800
善野 47600
親 尭深 144000




尭深「……」

尭深「カン」

理沙(リーチは無し、今回は引ける牌と、一つでも捨てられる牌を増やそうってことね)

理沙(手牌バレがあるとはいえ、待ちは狭いがわからない)

理沙(……まあ、プロを舐めないでほしい)

理沙(一巡目聴牌は、あの日に見飽きたから!)

理沙「ポン!」  ポン:二筒

尭深「……っ」

理沙(ムダヅモ、その手牌、一巡目の捨て牌でムダヅモになる牌なんて決まっているよね)

理沙「ロン、清一のみ!8600!」

善野(二筒鳴いて地獄間張待ち……か)

京太郎(なんつー豪運……)

理沙「終わり!」ムフー



副将戦終了
一年生 157100 (+32200)
二年生 135400 (+11800)
プロ 62400 (-5700)
教員 47600 (-35800)









京太郎「はぁ……疲れた」

京太郎「最初の三倍満のほかに和了ったの小っちゃいのばっかだったし……」

京太郎「俺の三倍満なんて渋谷さんの役満と野依プロの満貫、善野さんの連荘で薄れちゃっただろうし……」

京太郎「春のおっぱいに癒されよう……」

咲「なに落ち込み気味に変なこと言ってるの!」

京太郎「うげぇ、咲ぃ!?」

咲「頑張ってたから褒めようと思ったのに……」ムスッ

京太郎「俺、頑張ってるように見えてたか?」

咲「放銃も少なかったし、良かったと思うよ」

咲「最初の三倍満、かっこよかったよ」ニコッ

京太郎「あ、ああ、そう言われると……なんか照れるな」ポリポリ

咲「じゃあ、ちょっと……」ギュッ

京太郎「さ、咲さん?なんで抱き着いてるんですかね?」

咲「京ちゃんのパワーを……こう、吸うというか……」ムギュー

京太郎「……お前、力弱いな」

咲「昔より握力2kgくらい増えたんだからね!」

京太郎「うわぁ、咲さんったら凶暴ー」

咲「グーで殴るよ?」ニコッ

京太郎「それ恐いんでやめてください、いやマジで」



京太郎「……ねえ、いつまでこうしてるの、お前」

咲「もうそろそろ、かな」

京太郎「鼻水つけたりしたら承知しねーぞ」

咲「京ちゃんは私のこと何だと思ってるの!?」

京太郎「ちんちくりん」

咲「何その評価!?」

京太郎「まあほら、咲は小っちゃくって撫でやすいな、と」ナデナデ

咲「むぅ……」








「各チーム大将の選手は対局室に集合してください」


咲「じゃあ、行ってくるね」

京太郎「ん、任せた」ナデナデ

咲「頑張って来るから、見ててね」ギュッ

京太郎「おう、行ってこい」


                        /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /...:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                      .:.:.:.:/.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.:..
                        /.:.:.:/.:.:.:.:/l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ.:.:.:
                     l.:.:.:/.:.:.:.:/  |:::::::::::::::::::::::::::l:::::.:.:.l.:.:.|
                     |八{.:.:.fレ'\ |.:.:/j.:.:.:.:/i.:.:.::|:::::.:.:.l.:.:.|
                  ,...---ミ  //∧.:ハ_〉ぅ `l.:.:{/.:.:.:,'斗―|.:.:.:.:.リ.:.:′
             / ̄ ̄⌒>=弍犲ハ 斧ミメ乂: 彡イ ./::/.:.:.:.:/.:/
              /      /   ` ̄`} `''’    f斧ミメ::イ/./:}         「お待たせいたしました」
                        _  -―へ    '   `''”.∠/// /
                 / /  / . 个   ー     <r<  /
                   /  .{  / j i  { ¨¨´/'  /j:「 \           二年生Bチーム 大将
              r'⌒   |  //  |  ヾ  〃_彡リ |  ヽ
      / ̄` ー--rヘ {    乂〃.   ヽ/ ̄/ ̄ ̄`7 /   ∧             神代 小蒔
     /       /⌒ヽ __/        У /   /Y   ./
    /       /     У /      ./ /      ト、 /   〉
.   /    r'  ̄    / /  {      / /       } V    厂ヽ
  厶斗- '  __彡  /  乂   / /        /  ト---<ソ⌒
 ./               /      }ト、/ /         /   〉
こ{              /        }三ニ=--   --=≦    /     }



                  ___
              , . .:.´::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /:.:.:.:/:.:.:.:/ /|:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          ′:.:.:|:.:./}/ :|/  V}∧:.:.:.:.:.:.
         i:.:|:.:.:.Ⅳ   ノ`   ー-、__.Ⅵ:.: |
         |:.:|:.:.:.| ー‐'_     __  |:.:.:|
         |:.:|:.:.:.| ,ィfチ芋     斧テ式.|:.:.:|
         |:.:|:.:.:.|《 V::ソ      V:ソ 》:.:.:.|      (おっぱい、大きいなぁ)
         |:.:|:.:.:.ハ ::::::::::   ,  ::::::::: }:.:.:.|
         |:.:|:.:.:.l:.{          ノ:.:.: |
         l:.:.:.:.: |:.:ヽ.   ⊂⊃   /:.:.:.:.:|       プロチーム 大将
         |:i|:.: :.i:.:.:|:.:.:.i   ___ ..ィ:.i:.: i:.:|:.:.|
         {八:.:.:|:.:..|:.:i:.|    |:.:}ノ:./|:.:|:.,′        小鍛治 健夜
           ヽ{\|斗'      ー:i/._|/|/
            -┬┬'、__ ̄`___´ ̄_/⌒7⌒ヽ
         /  | |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /   }


                 --……--
         r―‐⌒ヾ : : : : : : : : : : : : : : : \
         |∨: : : : : \ : : : : : : : : : : : : : : : \
         |/゚:。 : : : : : : \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : .
         /: : : \:.:.:.:. : : : :\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : 。
          //: :/ : : \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.o。:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :i: ゚
.         /イ /: :.:.:.イ:.:. ー┬---:.:.:.:__:.`:.:.o。:.:.:.:.:.|.:..。
       i{ | ′:.:.'{_|_:.:.:.:| リV:.:.:.:.:.:.:}:.>匕、: :\j--i
        || |/: :.:.:∧}リ≫┘o。v――'’xr示=ミト、:.:.\}、
        リ {: :.:.:.:.|!:‘, ィ芹≧ュ    ’|イi//| 》、:。:.:.:.ぃ、  「お久しぶりです、小鍛治プロ!」
           |:.:.:.:.:.「`ヽ《乂_゚ツ        ゞ= '゚ :リ/リ゚。:.:.ト、i
           |:.:.:.:.小   , ,    '    , ,  : /:.:.:.∧:.} リ
           l.:.:.:.:.:| }ゝ-!            jハ:.:.:.:j/}:.|       教員チーム 大将
          :。.:.:.:{ {:j:八    -==ァ     イ }/ j:ノ
            ゚:。.リ  \{≧ュ。.    ィ:jソ  ″ /            赤土 晴絵
           ゞ    イニ}  ` ´  {ニヽ
              ィニ//      ゝ|ニ\_
        ┬==≦ニ/ニ7____    __,.|ニニムニニニニニlヽ
       /ニ|ニニニ/ニニニ|`-―――‐一´|ニニニムニニニニ|ニム
.      /ニニ:|ニ7ニニニニニ|          |ニニニニ}ニニニ=|ニム



                     _....................._
                ,. : ´: : : : : : : : : : `: : .、
                , :´: ,. : : : : : : : : : : : : : : : :\
               /: :/: : : :,: : ´: : : : : : : : : : : : :ヽ
            /: :/ : : : /: : : ,: : : : ,: : : : : : : : : : .
            .': :/ : : : : /: :/: :/: : ,.イ: /: : : : :|: |: : : :.
            |:〃: : : : /: :/-:/-、/ ': :': : ': |: :|: | : : :∧
            }'.': : :/^/: :/ {:/ {:/ /: /: :/: :}: :|: |: : :|: : :.
            {: |: { |: ,: /' /' /イ//':-/、:': : : : :ト: : ::.
            Ⅵ : 、{/ィ=ミ、   /' / イ: :/: :,: : : | \|   「よろしくお願いします!」
             |:从::.  :.:.:.:.      _ /イ: :/: :,: :.|
             / Ⅵ      '   `ヾ / イ: :/}: /
        ______|  、 「  v    :.:. イ: :/:イ/イ        一年生Bチーム 大将
       /<_:::::::::::::::::::\_  `ーr---- =彡j/
       {¨7=ミ、< 、::::::::::::::\___〉>、                     宮永 咲
     _| ,   ∨、:` < 、:::::∧  |::::::::::ヽ
 / ̄::::::://     |  }、:.:.:.:\、::::::. |:::::::::::/〉、
 \___ 〃     | / \:.:.:.\、::Ⅵ:::::/イ ∧
     ̄¨/       ∨    `ー ≧='-´:/ ハ :.
      /      /           {二「   } |
    '      ∧         /:.:∧    ,
   /      / }       /:.:.〈:.∧  {  |
   ,       /  |      /:.:.:.:.∧:.:|   |  |

恒子「いよいよ!いぃよいよ!いよいよ!」

えり「なんで三回も言うんですか」

恒子「え……大事なことだから?」

えり「まもなく、プロ・アマ合同戦、決勝戦、大将戦開始です」

恒子「それ私が言うつもりだったのに!」











起家 健夜 62400
小蒔 135400
咲 157100
晴絵 47600



東一局


小蒔(この小娘の身体に憑くのも久しいのう)

健夜「…………」トン

小蒔(……ほう)トン

晴絵「…………」トン

咲「……」トン

小蒔(中々腕の立つ者がおるではないか)

小蒔(あの巫女共に感謝せねばならぬなァ)

小蒔(いざ、行かんや)ゴッ

咲「!」

晴絵「!」

健夜「……」



小蒔「ツモ」

小蒔「3000、6000」





東二局


健夜(永水、霧島の巫女さん……名前は……確か……)

健夜(…………)

健夜(わからないし、無理に思い出す必要もないよね……)

健夜(これは……時間稼ぎに徹しようかな)

健夜「流局です、九種九牌」





東二局一本場


咲(京ちゃん、咏ちゃん、淡ちゃん、みんなが作ってくれた点差、これを守り切れば)

咲(たとえ、勝てなくても)

咲(……負けなければ、いいんだよね)ゴッ

咲「――――ツモ」

咲「700、1300の一本場は800、1400」


東三局


晴絵(宮永咲に神代小蒔、どうやら神代は最高のコンディションみたいだし)

晴絵(宮永の方も、あのチャンピオンの妹だから、下手に攻めたら負けるだろ)

晴絵(堅実に攻めるしかないよなっ!)

小蒔「リーチ」

咲「チー」

晴絵(一発消し、か?)

晴絵(小賢しいけど嫌いじゃないね……うっと、裏目っちゃったかー)

晴絵(神代の和了りパターンとしては染め手が多い)

晴絵(筒子の染め手に直前に出した九萬なら……)トン

小蒔「……ロン、16000」

晴絵(いや……マジか)




東四局


晴絵(ようやく来た親番!)

晴絵「リーチ」

晴絵(和了らせてもらいますよ、小鍛治プロ!)

健夜(今の和了り……)

健夜(狙ってやったのかな……?)トン

晴絵「ロ……ロン!」

晴絵「一発ドラドラ!12000!」

健夜(何してるの私ー!?)




東四局一本場


小蒔「……」ウツラウツラ

小蒔「ハッ」

小蒔(え、もう東四局、ですか?)

小蒔(また、たっぷり寝ちゃっていました……)タン

健夜「ロン、8300です」

小蒔「え……まだ一巡目……ですよ、ね?」

健夜「はい、それが何か?」


南一局


健夜「リーチ」

晴絵(人和に続いて、小鍛治プロのダブリー……マズイな)ゾクッ

晴絵(あの頃を、思い出す……っ!)タン

健夜「ツモ、8000オール」




南一局一本場


健夜「リーチ」

小蒔(初めから……)トン

咲(…………)タン

晴絵(……ふふっ)

晴絵(嫌だな……)

晴絵(まだ、体が怯えている……)ゾクッ

晴絵(来年からまたあの舞台に立つってのにさ……!)

晴絵(今日、克服してやる!)

晴絵「リーチ!」

健夜(一発……ならず)タン

小蒔(な、なんだか、雰囲気が恐いです……)タン

咲「カン」

咲「もいっこ、カン」

咲「……嶺上ツモ、5200は5500の責任払いです」




南二局


健夜「リーチ」

咲「ポン」

咲「……」タン

晴絵(また一発消し……か?)

晴絵(まあ、無筋の三萬が通るのは、ありがたい!)タン

健夜「ツモ、3000・6000」


南三局


健夜(さっきのは掴まされたツモ)

健夜(あのポンは、ずらすため、その捨て牌は赤土さんのものも通るようにするため)

健夜(……だろうけど、どうしてそんなことをする?)

健夜(そこまで感じたなら、赤土さんか神代さんが振り込むのを待てばいいのに……)

咲「カン」

咲「もいっこ、カン」

咲「ツモ、1500オール」




南三局一本場


晴絵(小鍛治プロも神代も一段落ついたみたいだな……)

晴絵(……もうオーラスまで一歩手前)

晴絵(できれば、このチームで勝ちたい)

晴絵(……どうしても、小鍛治プロには勝ちたい!)

晴絵「リーチ!」

晴絵(十年前の借りを、今ここで返す!)

咲(…………)

健夜(赤土さんとインターハイで打ったのはもう十年前……)

健夜(あのときにへし折ったと思ったんだけど、プロとして復活していて、安心した)

健夜(私が目標だったのかな)

健夜(……そう簡単に、負けてあげるつもりはないよ)

咲「ポン」

晴絵「……」タン

健夜(宮永さん、また……?)

健夜(……赤土さんのツモを狙っても、自分が親被りするだけなのに)タン

咲「ポン」

咲「カン」

晴絵(かき回されてるな……)

晴絵(とは言え、一気にドラ3!さっきからありがたい!)タン

健夜(赤土さんのツモは無かった)

健夜(ツモ狙いでないとすれば、私に振り込ませようとしている……?)

健夜(そんなことするくらいなら、神代さんにした方が有利になるから、違うか……)タン

晴絵「ロン!」

晴絵「リーチ一通、赤2ドラ4……裏裏!」

晴絵「24300!」

健夜(三倍満……!?)

健夜(伍六七筒の一順子に併せて索子の六面張)

健夜(油断しすぎた……っ)



オーラス


晴絵(小鍛治プロから倍満と三倍満の直取り!)

晴絵(……よくやったな、私)

晴絵(あの子たちにも、感謝しないと)

晴絵(みんなのおかげで、私はここまで来れた)

晴絵(最後まで勝ち続けてやるよ!)

咲「……」タン

晴絵(混一まで見える手だけど、この白を逃すのは勿体ない……)

晴絵(連荘するか……)

晴絵「ロン!3900!」




オーラス一本場


晴絵「……テンパイ」

健夜「テンパイ」

小蒔「テンパイです」

咲「ノーテン」



オーラス二本場


晴絵(なんとかノーテン罰符で稼げたし、あの二人の満貫も受けずに済んだ……か)

晴絵(まだ……連荘!)

晴絵「ロン!1500は2100!」



オーラス三本場


健夜(宮永さんがしてきた不可解な鳴き)

健夜(東三局のそれは、おそらく赤土さんの危険性を考えたから)

健夜(南二局は、神代さんの収支を減らすために親被りにさせた)

健夜(唯一わからないのが、南三局の鳴き)

健夜(……今まで亜空間殺法の使い手とは打ってきたけど、宮永さんは違う)

健夜(牌を自分の思うように動かすだ、なんてとても私にだってできない)

健夜(それも、全盛期から力を落とした私には無理……)

健夜(まるで全ての牌が透けているかのようなオカルトと、鳴きで牌を動かす技術)

健夜(オカルトと技術から成る完全結晶)

健夜(それが……)


                   -=ニ二ニ          ニ二二二二二二二
                 二二二二  二二        二二ニ  ニ二二二
                     ニ二二二   ニ二  ニ二二ニ           ニ二二
                 ̄    ____       ̄ニ二二ニ  ニニ       二二
             ニ二ニ   ニ二二二二二ニ     二二ニ ニニ      二二
              ニ二         ┐  ̄ニ二二二二ニ=  ニ二 二ニ     二二
                    /::::/       ̄ニ二二二ニ  ニ   ニ    ニ二二
               /  /::::::::/...-―≠ニア{    ̄ニ二ニ  ニ二ニ     ニ二
                   /{ /::::::::::::::::::::::::::::::::-=<.. 二ニ  二ニ ニニニ ニ   ニ二
             二{::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::-=く:::::\二ニ ニ二  二二二二  二ニニ
               二二〉::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\⌒    ニ   ニ二二ニ  二ニニ=
               二/:/:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::\二ニ ニ   二二ニ   ニニ=
               /:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.⌒丶ニ __二二二二ニ   ニ=
           ⌒i::|:::|:::::|::|:::::::::|:::|::::::::|::::::::: |::::::|乂__ /: :.:|二二ニニ   =
ニ             ニ二|::|:::|:::l:|::|::::l:l::|:::|::::::l:|::::l:::: |:l::l:| ̄/: : : : |二二ニニ     ニ
二.            二|::|:::|:::l:|::l::::l:l::|:::l\从:::l:::: |:l::l:l/: : : : : :/二二ニ  二二二
ニニ            二|从:|::从八从乂{´廴}乂::::从劜: : : : : :./二二二二二ニ 二ニ=-        宮永咲…………!!
 ニニ.          二二)イ::圦     ,     ∧/----: : :__:_/二二二二二ニ  二二ニ=
   二ニ= =ニ二 ニ=  二}//> . - . イ:::::: : : : :/´ ̄∨ ̄ ̄\二ニニ    二二ニニ
=ニ二二ニ  二二二 ___∠{: : : : : :| ̄ _」::: : : : :./    l|     | |__     二二二ニ
  ニニニ   ニニニ //   ∧: : : : :.ー―.:: : : :/} ___ }   リ リ    =ニ二二二ニニ
   二ニ=  =ニニニ ノノ   \{ {\: : : :.  .: : :/ニ/ l/ ̄\__彡'--  、  \ニニニ=
=ニ二二ニ 二二 { {      ̄ハニ、:_:_,:.//ニニ/   |ニニニニニニニニニニニ二\   \ニニニ
二ニ  ニ二 二=/\   ___/二|`ー ‐┼┼≦___} -=ニ三三三三ニ=-  \   \二
ニニ   二二ニ/   / ̄ ̄ 二八   ,{三三三三三三三≫  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`   \
ニニ  二  ´   /二ニ  =ニ二二}    \三ニ=- ̄{ ̄ ̄    =ニ二二ニ==   \
ニニ:/   /  二ニ ニニニニ|     \三三三ニ=- __    -=ニ二二二ニ
二/    /二ニ= =二 二二ニ _|     /≧=====┬=ニ三三三ニ=- ニニニニニニニ
. /   =ニニ二二  二二二ニニ/ {廴___/´  / ̄ ‘,     ___ .... . -――-
/ /ニニニ二二二二____. .: ::|  \     ___/  --- ‘,  /: : : : : : : :./::}:_:_:_/::
,/ニニニ:/ ̄ ̄/: : : : : /: : :人    ̄ ̄   /: :|: :\: : ̄: : : : : : : : : :/::/: : /::::::


咲「ポン」

咲(麻雀が弱くなった京ちゃんのために編み出した技術、プラスマイナスゼロへの点数調整)

咲(勝ちも負けもしない技術)

咲(今回は使い方も違うし、収支もいつも通りのなら-5だけど……)

咲「カン」

咲(みんなのリードを守る、みんなのために戦っているんだ、って思うと)

咲(こんな打ち方でも)

咲「もいっこ、カン」

咲「ツモ」

咲(すごく、楽しい)

咲「1600・2900」

咲(……そう思える)



最終戦決着
一年生 157300 (+200)
二年生 117800 (-17600)
教員 66600 (+19000)
プロ 60800 (-1600)









咲「ただいまー」

京太郎「お疲れ、咲」

淡「お疲れー」

穏乃「お疲れ様!」

春「おつかれ様」

咲「咏ちゃんは?」

京太郎「お母さんから電話だ、って出て行った」

咲「そっかぁ……あ、この後チームのみんなに取材したいって」

淡京「「いやーついに来ちゃったかー」」

淡京「「ようやく私(俺)の良さに気付いたってことだね(な)ー」」ウンウン

咲「あはは……仲良いね」

穏乃「……それって、私が出てもいいのかな」

春「……穏乃も私たちの仲間」

咲「穏乃ちゃん、私たちのこと一生懸命応援してくれてたもん、誰も気にしないよ」

京太郎「そうだそうだ、んな暗いこと考えんの穏乃らしくないぜ」

穏乃「……ありがとね、みんな」

淡「ほら早く行こーよ!サキも、シズも、ハルも!」

穏乃「うん!」

咲「確か……こっちだったっけ」

春「……きょうたろう、来ないの?」

京太郎「ん、ああ、咏が来るまで待つよ。春たちは先に行っててくれ」

春「うん」



咏「咲、ごめ……およ?」

京太郎「他はみんな取材行ってるよ」

咏「あー……おっけー」

咏「んじゃあ、京太郎は私のこと待っててくれてたん?」

京太郎「そうだよ、誰か待ってねーとだし」

京太郎「それに……お前のことも聞きたかったし」

咏「……やっぱり、そーゆーことだったんだねぃ」

咏「あいつ、清々荘、戻っていいって言ってくれたぜぃ」

咏「……あと、京太郎くんと仲良くってね」

京太郎「…………」

咏「……京太郎?」

京太郎「よっっっっっしゃぁぁぁぁぁああああ~~~!」

京太郎「これで、これでみんな戻って来てくれた!」

京太郎「ありがとう、咏!」ギュッ

咏「うわっ、はぁっ、いやっ、ちょっ!」カァァ

京太郎「よかった、よかったぁー!」ギューッ

咏「そ、そんなに抱き着かれたら、匂いとか、心音とか、色々聞こえてきてドキドキするだろ!はははは放せよ!」カァァ

京太郎「嫌だーっ!」ギューッ

咏「いい加減にしろー!」カァァ




京太郎「……ごめん」

咏「TPOを考えろよな」

京太郎「咏が戻って来てくれるのが嬉しくて……つい」

咏「…………」

京太郎「怒ってる……か?」

咏「お、怒ってるわけねーだろ!」


                        . . -――‐- . ..
                      ´: : : : : : : : : : : : : `: .、
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
                 /: : : : : : ::i: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : :.
                   /: : : : : : : ::|: |: : : : : : ::|: : : : :|:: : : : : : : : :.
                 ′: : :|: : : : :|: |: : : : : : ::|: : : : :|: : :|: : : : : : :.
                    : : : :l: |::|: : :.:l从: : : : : : :ト、: : :.:|: : :|: :.:| : : : ::
                    : : : :l: |::|: : :.:|  \:: :、_:_|__\::」: : :|: :.:| : : : ::|
                    : : : :l: |:.|_:_;:イ     ̄ ̄__ _,)ハ: :.:|: :.:| : : : ::|
                    |::i : l: i∧: : :l___     斗斧i^狄 : |: :.:| : : : ::|
                    |::| : | : :∧:: :「苅     V以  }:ノ:.:.:.|: i:.: :.:|     まあ、今度やるときは、もうちょっと雰囲気あるときにっつーか……
                    |::| : |: : : :iハ::|i以       ,,,  j/: :.|: |:.: :.:|
                    |::| : |: : : :|.:l::| ,,  '       /: : : : |: |: ::从
                    l八 八: ::八人     v ´} / : : : : : 八|: : : : \__
                 \|\: ::\≧: .. .._ ー/: : : : : ::.イ: : |: : : : : :.:Χ⌒
                    |\: ::\: --:/:_: : -‐<※|: : :|: : : : :\: : \__
                     _   |/⌒>\/斤/...(※)......リ: : :ト、: : : : :i\ :「 ̄`
              /※)..||  /※|...(※/::|../※).....+...//:: : :八..\:.:.:.|  )'
             /※)...... ||三三三三三三三|...+.../... {: : :/......(※∨:|
             /※)..... (※||/..+......|※)l.|: : ∨※./...(※|: :/....+./.... Ν
           /※)..(※)..+ /リ.....(※ノ......从{\{...../...(※)....|:/...../... (※|
.          /※)..+.... (※//......... /......./.. ※)...../....... +(※|'... /.... (※)...|
         /+....(※).. +...〈/..(※)/...+./※)....+../※)..... +........./..※)... +.. |
       {※).......+......(※∨.......i..... /.+.....(※/+........(※)../...{...+.......(※).|
.        ∨...(※)+......(※∨... |......{....(※).../....(※).....+...∨{.... (※/ +...|
         ∨ ...... (※)......+∨. l‐''┴――┴―――――''| .... /...(※|
.          |...(※)...+.. (※).∨|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|..../.. (※).. |
.          |+........(※)..... +... ‘|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il../ ...... (※..|


咏「……知らんけど」プイッ

京太郎「えっ?」

咏「は、早く行くぞバカ!」カラコロ

京太郎「ちょ、待てってー」

咏「るっせーっ、バーカ!バーッカ!」カァァ








咏が清々荘に戻ってくることになりました!










京太郎「春のやつ、黒糖こぼしすぎだろ……」

京太郎「淡も寝そべりながらクッキー食べてるから散らかってるし……」

京太郎「……穏乃はあの恰好でソファに座ってたんだよな……」


 そう喉を鳴らしながら、俺は一人で控室を片づけていた

 たった半日とは言えどお世話になった部屋なんだから綺麗にしないとな

 咲たちには先に帰っていてくれ、と頼んでおいたので待っている人もいないだろ


京太郎「っし、終わりっと」


 控室から出ると、廊下には誰もおらず、それを照らす蛍光灯が寂しさを醸していた

 フロントに出てみても、ある程度の照明は落とされていて、祭りが終わった後のような物悲しさを感じる

 今夜は清々荘でクリスマスパーティー……


京太郎「やべっ、早く帰らねえと」


 チームのメンバーとはまたいつか飯を食べに行こう、今日はあいつらに予定あるだろうし

 ゆっくりと開く自動ドアの間から、冬の寒風が吹き込んできて、思わず身を震わせる

 この時期は迂闊に自転車を使えないから困る、越してきてから使ってないけど

 などと考えつつドアを通って、顔を上げると……




そこには――――