http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344946444/


照「しかも恋人っぽく並んで歩いて……これは至急なんとかせねばならん」

淡「どんな子なんですー?」

照「金髪でなかなかかっこいい感じだったと思う」

菫「何気なく高評価なんだな……」

照「客観的にはね、主観的にはサイアク」

照「ということでなんとか引き剥がそうと思う」

菫「そうか、頑張れ」

照「……なんで?」

菫「は?」

照「菫に頑張って欲しい」

菫「…は!?」

照「ということでお願い」

菫「なんで私が!?大星にでもやらせれば……」

淡「あわい男の人こわーい」キャピッ

菫「明らかに嘘だろ!」

菫「じゃあ亦野か渋谷が……!」チラッ

渋谷「頼むからこっちに飛び火させないでください……」スッ

亦野「右に同じー」プイッ

菫「んなっ……」

淡「がんばってー」

照「そうだな……電車の中で逆痴漢でもすればイチコr」

菫「なんでだ!!」

照「美人にヤられれば誰だって……」

菫「だからなんでそうなるんだ!」

照「菫が美人だから」

菫「ぐっ!?……照がいけばいいだろ……」

照「ぇ……やだよ」

菫「なら人にたのむなあぁぁぁ!!」

淡「きーん!」

照「静かにして」

菫「はぁ……はぁ……お前が大声ださせたんだろうが」

亦野「あの、そろそろこっちに飛んできそうなのでお願いします……」

菫「あぁもう……」

照「お願い、頼めるのは菫しかいないんだ」

淡「淡からもお願いしますよー」

菫「やらん……私はやらんぞ……」

照「わかった……」

菫「ようやく諦めてくれたか……」

照「金髪を連れてきて菫をレイプさせる」

菫「は!?」

照「そうすれば咲から離れてくれる、解決」

菫「まて」

照「なに?」

菫「私がひどく傷つく」

照「それはまぁ、いいや」

菫「よくないよ!?」


―――――
――


菫「はぁ……」

菫「結局断りきれなかった……」

菫「あーもう……男となんてろくに話したこともないのに……」

照『あーあー、聞こえる?』

菫「あぁ、嫌なくらい鮮明にな……」

淡『それではー、淡たちが指示を出すから頑張ってねー』

菫(なんでこんなものがあるんだまったく……)

照『聞いてる』

菫「聞こえてるっての……はぁ」

菫「で、どこにいるのかわかるのか」

照「わからん」

菫(おいぃ!!)

照「まぁ……買い出しとかで街中に出てることが多いらしい」

菫「ずいぶんアバウトだが……」

照「渡した写真の顔は覚えたよね?」

菫「あぁ……」

照「じゃ、がんばって」

菫「……」

淡「頑張ってくださいです」

菫(……泣きたい)

菫『とりあえず……探してみるさ……グスッ』

照「うん、お願い」プッ

照「ふぅ、これでよしっと」

渋谷「でもいいの……?」

照「うん、もともと寝取らせるつもりはないから」

亦野「でももうちょっと別のやり方もあったんじゃぁ……」

淡「まぁ、遭遇することはないですよね?」

照「うん、写真は本物だけど大会中なわけだし」

―――――
――

菫「はぁ……見つからないか……」

菫「ん……?」

菫「あれかな……ちょっと様子を見てみるか」

菫『あれかな……ちょっと様子をみてみるか』

照「は!?」ガタッ

淡「え、うそ?」ガタッ

照「ちょ、マジで京ちゃんだったら計画が……」

亦野「だからあれほど別の作戦でいけって言ったでしょー!!」

照「ま、まって……まだ決まったわけじゃないよ……」アタフタ

淡「あわわわ……」

菫『あいつっぽいな……照、妹さんと一緒に歩いてるんだが……』

照「」

渋谷「そのまま様子見てて」プツッ

照「どうしよどうしよ……」

淡「今やめさせる……?」

亦野「でもそうなると準備が中途半端になっちゃいますよ……」

照「ううう……」

淡「しょうがない、タカミーそのまま尾行させといて」

渋谷「はーい」

渋谷「手は出さなくていいから、尾行お願い」

菫『ん、わかった』

照「あぁぁ……集中できない……」

渋谷「だ、大丈夫だと思うけど……」

菫『む……電車に乗るみたいだな……』

菫『やっぱり私も乗った方がいいか?』

照「そ、そそそそうだね……お願い……」

菫『わかった。電車の中じゃ聞こえないからイヤホンとマイク切っとくぞ』ブツッ

照「え、ちょ、ま……」

照「……」

渋谷「……」

亦野「……」

淡「……やばくね?」

照「……どうしようか」


駅構内

咲「うわ……東京は違うね……痴漢にあったらどうしよう」

京太郎「お前なんかを狙う痴漢なんていねーだろ……」

咲「えぇっ!?そこはおれが守ってやるっていうところだよ!?」

京太郎「は!?なんでおれがそんなこと!!」

咲「ぷー……いいの?私が襲われても……」

京太郎「いや……その状況思い浮かばんからなんとも……」

咲「……」

菫(う、うう……あの子……わりと美形だな……)

菫(い、いかんいかん!なにを考えてる私は)ブンブン

京「ほら、電車が……」

咲「わかってるもん!」

菫(私がやることはなにか……妹さんをコイツから引き離せばいいだけ……)

菫(とりあえず、観察して……)

菫(うげ、人が多くて……わぷっ)

京(ん……?腹に柔らかいものが当たって……)

京「」

菫(うわあぁぁぁ……こんな密着する気はなかったのに……)

京(あれ、これまずくね……?痴漢冤罪とかかけられたら逃げられない……!?)キョロキョロ

菫(どうにかして離れないと……)

京(あ、まずい……意識してたら反応して……)

菫(どうしようどうしよう……)

菫(……なんか当たってる)

菫(え、これって……)カァァ

京(身動きも取れない……)

京(これ……完璧に……ごめんなさい)

菫(そういえば、照が……「電車で逆痴漢~」とか……)

菫(照のためだ、やってやる……!)

京(ん……なんでこっちみて……えっ!?)

菫(たしか……こするといいんだっけか……?)

京(うぁ……?え、え!?)

京(ちょ、まじか……!?)

菫(お、驚いた顔してるな……ふむ……)

菫(こう……か?)

京(うぁ……こんな可愛い巨乳美人に……)

京(ってまずいまずい……耐えろー、おれ)

菫(が、我慢してる顔……可愛いな……)

菫(ふ、ふふ……これは……やばいな……)

京(ちょ……止まる気配がない……)

菫(我慢してるということは……きもちいいのだろうか……)

菫(ゾクゾクくるじゃないか……)

京(くっ、はぁ……なんだこれ……)

菫(やっぱり……このままいくと最後まで……)

菫「……」ニヤリ

京(ひ、このままだと……)

菫「……」ピタッ

京(うお……?止まっ……)

菫「なぁ、君はこれ以上のコトをしたくないかな?」ボソッ

京「――――ッ!?」

京(でも……咲が……)チラッ

咲「~♪」

京(呑気に本読んでる……)

菫「君も生殺しだと苦しいだろ……」ボソ

京(ん……?)

菫「ほら、次で降りよう」ボソ

京(……据え膳食わぬはなんとやらか)

京「……」コクッ

菫(ふふ、いい子……)

菫「さ、いくぞ……」クイッ

京(うお……力あるな……)

菫(むう……満員なだけあって降りにくい……)

京(ぷはっ!降りれた……)

菫「ふぅ……じゃ、いこうか」

京「……はぁ」

菫「ふふ……」

京(眼が据わってる……)

菫「よし、ここでいいな」

京「……咲おいてきちまった」

菫「そうか」

京「流すの!?」

菫「あの子は必要ないだろう?」

京「いや……まぁ」

菫「ほら、まだ膨らんでるじゃないか……」

京「そ、そりゃ……あんなことされたら……」

菫「あんなにいじめるつもりではなかったんだ、許してくれ……」

京「うぁ……」

菫「苦しそうだ、出してあげるよ」

菫「へー……これが……」

京「あんまりジロジロ見ないでいただけると……」

菫「そういえばさっき咲がどうこう言ってたよな?」クニクニ

京「うっ!?あいつ迷子に、なりやすくて……」

菫「そうか、私がそいつの身内に連絡してやるからその間は声出さないようにね?」

京「くっ……は、はい……」

菫「照」

照『ちょ、今どうなって……』

菫「妹一人らしいから回収しとけ」ヌチャ

照『ちょ、え』ブツッ

菫「これでいいだろ?」ヌチャヌチャ

京「うっ、ぁ……はい……」

菫「……」ジー

京(上目で見られながらとか……)

菫「……どうだ?」ヌチャヌチャ

京「くぅっ」ドヒューン

菫「ひぁっ!?」

菫「か、顔に……んぅ……」ペロッ

菫「……まずいな」

京「さ、さいですか」

菫「……まだおおきいんだが?」

京「そりゃ、……あなたに見られてますから……」

菫「菫でいい」

京「は、はい」

菫「まだ元気なら続けられそうだな?」

京「ま、まだやるんすか……」

菫「わ、私が満足できていない……」カァァ

京(あ、カワイイ)

京「じゃ、失礼します」グイッ

菫「ひゃっ!?」

京「……」

菫「……続けろ」

京「じゃ、いきます……」

菫(たしか、まずは舐めてほぐされるとか……)

京「……」グッ

菫「んあっ!?」ビクンッ

京「くぅ、しまる……」

菫「ぅぁ……いた……」

京「は!?」

菫「初めてなのに……いきなりだなんて……」

京「……え」

京「ごめんなさい」

菫「え、何を言ってるんだ……」

京「は、初めてってやっぱり好きな人に……が普通なんじゃ……?」

菫「……そうだな」

京「……」

菫「……私は別に嫌じゃない、続けてくれ……」

京「……?」

京「へ?」

菫「……」ジトー

京「あ、はい……動きますよ…」

―――――
――

菫「……その、よかった」カキカキ

京「ん、なにかいて……」

菫「れ、連絡先……だ……」

京「ん?」

菫「こ、ここにメールしてくれれば……返信するから……」

菫「じゃ、じゃあ私は帰る!」

京「……はぁ」

菫(あ、歩くと股が……うう)

京「……とんでもないことになった」


菫「照」

照『ちょ、菫?なにしてたの』

菫「い、いろいろ……で、妹さんは見つかったのか」

照『亦野が見つけて送り届けてくれた……』

菫「そ」

照『んじゃ、ちょっとマイク切るから』

菫「ん……」

菫「メール……くるかなぁ」

照「いそげー、帰ってくるぞー」

淡「なんとか間に合いそうー!」

渋谷「よいしょ……と」

亦野「あとこれつければ終わりですねー」

照「よし、完成……」

淡「思わぬハプニングはあったけど、これで丸く収まるか!」

渋谷「間に合って良かった……」



菫「ただいま」

照「あ、おかえり!誕生日おめでとう!」

「「「おめでとう!」」」

菫「誕生日……?」

照「そうだよ、これ準備するために嘘までついて菫を外に出して……あれ?」

菫「私の誕生日は明日、だぞ……?」

一同「えっ!?」


ブーブー

菫「ん、メールだ」

菫「……」クスッ

菫「まぁ……、色々いいたいことはあるが、これは誕生日プレゼントだと思っておくよ」

一同「……?」

照「そういえば菫、歩き方変だね……」

淡「……!?」

渋谷「まさか……」

亦野「ええ……」



終わり