洋榎ちゃんネタまた書いてみました。
京太郎は幼少期にに大阪に越してきて、もう元から居た設定になってます。幼馴染で学校も一緒です。
標準語なのはキャラが崩れるから。設定を掴むイメージssみたいなものなので短いですが…


洋榎「お早うさん!京太郎!!」

絹枝「お早う!」



京太郎「お早うございます。洋榎さん、絹枝さん。」


洋榎「んやー、昨日は阪神勝ってホンマ良かったわー!」

絹枝「姉ちゃんずっと起きて応援しとったもんなぁ。眠く無いんか?」

洋榎「アホ!夜更かしした程度で崩れ落ちるほど洋榎城は弱くないで!」

京太郎「それにしては眠そうですけどね。」

洋榎「そんな事あらへん!!」

絹枝「ははは、そんな事言うて無理してるんやろ~?」

洋榎「むむむぅ~!だからそんな事無いて…」フラッ

京太郎「おっと!!」ダキッ

絹枝「ひゃあ!?姉ちゃん大丈夫!?」

京太郎「あ~もう無理するからですよ洋榎さん?」

絹枝「さり気なく触るとは…京太郎、ムッツリテクを進化させたな!?」

京太郎「倒れてきたのを受け止めただけです!」

洋榎「う~…ずびび…」

絹枝「って姉ちゃん風邪引いとるやん!?」

京太郎「あ~…お風呂出てそのまま薄着で応援でもしてたんですか?そんで寝落ち…とか」

絹枝「アホ!そんなん風邪引いて当たり前やないか!」

洋榎「あぁ~堪忍な~絹枝ぇ~京太郎~…」

京太郎「はぁ…これじゃ今日は学校無理そうですね…」

京太郎「俺が家まで送ってきます。絹枝さんは先に行ってて下さい。」

絹枝「すまんなぁ京太郎、頼んだで。」

京太郎「ほら、洋榎さん、俺が背負いますから乗って下さい。」

洋榎「え、せやかて…」

京太郎「いいですから。早く帰って休まないとこじらせちゃいますよ。」

洋榎「ん、じゃあ…」

京太郎「はい」






洋榎「(京太郎の背中、大っきいし温いなぁ…昔はもっとちっさかったのに)」

洋榎「(うう…頭グラグラする…)」

洋榎「(でも…)」









「(京太郎の背中独り占めや…)」