京太郎「打ち上げに行くか、っと場所は―――」



京太郎「遅れましたー……あ」

怜「お、男子チャンピオンさんや」ヒュードロ

竜華「よお来たなー」ヒュードロ

京太郎「ど、どうも、なんで二人とも白装束なんですか?」

竜華「ふっふっふーそれはなぁー」

咏『やめろ!その服だけはやめろおおおお!』

浩子『ええやないのええやないの』

咏『嫌だあああああ!』

京太郎「あ、ちょー嫌な予感」



京太郎「文化祭で使った衣装のまんまパーティーって正気ですか」

郁乃「私はそこまで恥ずかしい恰好やないからな~」

京太郎「まさかここまで計算して!?」

郁乃「さ~どうやろな~」

京太郎「ぐぬぬ……」

郁乃「着替え終わったことやし、どっか適当なテーブル行って食べてきや~」

京太郎「言われずともその気でしたよ」

郁乃「ん~なんか傷つくな~」







憩「お肉もらいますーぅ!」

エイスリン「ワタシモ!」

霞「エイスリンちゃん、袖危ないわよ」

エイスリン「アッ」

京太郎「ここ、座ってもいいですか?」

霞「ダメって言ったらどうするの?」

京太郎「他のテーブルに行きますけど」

エイスリン「ダメ!」

京太郎「えっ」

エイスリン「キョウタロー、コッチ!」

京太郎「なんだそういうことですか」

憩「せやったら京太郎くんはウチの隣やな」

エイスリン「ワタシノ!」

霞「エイスリンちゃんの隣は私なのだけれど」

エイスリン「アッ」

霞「ナチュラルに酷いわね」



京太郎「これで鍋終了ですか」

霞「はやかったわねー」

エイスリン「マンプク!」

憩「これで何かデザートでもあればええんやけど」

霞「この後の二次会で頼めばいいんじゃないの?」

京太郎「二次会なんてあるんすか」

霞「今日文化祭に来てた人とかともいるかもしれないけどね、結構大きい店よ」

京太郎「へー、あ、デザートと言ってはなんですけど」

京太郎「きのこの○山買ってきたんですよ、いります?」

霞「はぁ?」

憩「きのこ!ちょうだい!」

京太郎「はいどーぞ」アーン

憩「ん~おいしいわぁー」

エイスリン「ア○ルフォート……」

霞「ちょっといいかしら?何?きのこ?京太郎くんはきのこ派だったの?」

京太郎「派ってわけではないっすけど」

霞「きのこ派じゃなかったらたけのこも買ってくるでしょ、なのにたけのこ買ってこないって貴方の目は節穴なのかしら?」

京太郎「えっ、ええぇぇぇ」

憩「えーきのこおいしいやないですかー」ブー

霞「きのことか笑止千万、あんな棒っきれ一掴みで粉々よ」

京太郎「そりゃ掴んだら粉々でしょうよ」

霞「じゃあ貴方たちはきのこのどこがいいのか教えてくれるかしら?」

京太郎「だから俺はきのこ派でもたけのこ派でもないですから」

霞「はっ、どうだか、憩ちゃんは?」

憩「ウ、ウチは……あの形が……」ゴニョゴニョ

霞「不潔ね」

憩「」ガーン

霞「エイスリンちゃんは……ああ、ア○ルフォートとか言うぽっと出だったかしら」

エイスリン「ア○ル!オイシイ!」グスッ

京太郎(なんでこんな険悪な雰囲気になってんだよ……)




郁乃「とうちゃ~く」

京太郎「ここですか、結構大きいですね」

雅枝「よく千里山の打ち上げでも使っとるからな、お得意様やで」

咏「んじゃーさっさと入ろーぜー」

ガチャ

やえ「たけのこだ!」

菫「いやきのこだ!」

咏「……失礼しましたー」




菫「ほれ照、牛肉だぞ」

照「アイスが食べたい」

菫「栄養もしっかり摂れよ」

憩「」ジーッ

菫「何を見てるんだ?」ポヨン

憩「ハムッ、ハフハフ、ハムッ!」ガツガツ

京太郎「ちょっ、そんなに食べたら危ないですよ」

憩「食べないと大きくなれないんや!」ガツガツ

京太郎「えぇぇ……」

照「……京」クイクイ

京太郎「どうした?」

照「アイス持ってきて」ボソボソ

京太郎「わかった、味は?」

照「……なんでもいい」

京太郎「了解」



京太郎(とは言ったものの、他の二人の分も持っていくか)

京太郎(どれがいいかな……)



照「……京はわかってない」

菫「……サク○レか……」

京太郎「ええっ、どっちもおいしいじゃないですか!」

菫「そう言いながら○ガリ君を食べてるのがお前という男だ」

憩「ウチは梨味大好きやで!」

京太郎「そういってくれるのは憩さんだけです、ありがとうございます」ナデナデ

憩「えへへ~」

照「……」ムッ

照「やっぱり京はわかってる」

照「だからなでなでして」

京太郎「ごめんどういう理屈かさっぱりわからない」

京太郎「俺も梨味好きですよ」ナデナデ

憩「梨味ナンバーワンやな~」

照「むむむ……」ズーン

菫(えっ、何なのカップルなの?)




京太郎「打ち上げ終わり、今日も疲れたな」

京太郎「今日の〆は何をしようか」



京太郎「寝る前にメールでもするか」

京太郎「照辺りにするかな」



京太郎『今日は楽しかったか?』ピッ

ヴーッ ヴーッ

照『すまない、照は寝ている』

照『後で返信させるから待っていてくれ』

京太郎「いや、じゃあ……」

京太郎『誰なんだよアンタ』ピッ

ヴーッ ヴーッ

照『弘世菫だ』

京太郎『整理させてください』

京太郎『弘世さんは寝ている照の携帯を見て』

京太郎『俺に返信した、と』ピッ

ヴーッ ヴーッ

照『つまりは照に変身したわけだ』

ヴーッ ヴーッ

照『すまない忘れてくれ』

照『それではまた会おう』

照『おやすみ』

京太郎『おやすみなさい』ピッ

京太郎「まだ新幹線なのかな……いやそれにしても友だちの携帯なんて見るかふつー……」


京太郎「なんとなく怜さんにメールしよ」

京太郎「そうと決まれば……」


京太郎「とりあえず憂さ晴らしでも」

京太郎『チャンピオンなので今度そっちにお邪魔しますね(ドヤッ)』ピッ

ヴーッ ヴーッ

怜『うわ、なんか腹立つわ』

怜『練習やなくて雑用にこきつかったる』

京太郎『嘘です嘘です冗談です!』

京太郎『練習させてくださいお願いします何でもしますから!』ピッ

京太郎「あっ、咄嗟に変なもん書いちまった」

ヴーッ ヴーッ

怜『何でもかーまあ考えとくわ』

怜『そうそう、千里山は女子高やから』

怜『今日のコスプレ似合っとったでー』

京太郎『……つまりまた女装しろと』ピッ

ヴーッ ヴーッ

怜『そうやないと校内入れへんからな』

京太郎『マジですか……』ピッ

ヴーッ ヴーッ

怜『でもアレやで、ハーレムやで』

怜『右手に正妻、左手にオトコ系美少女』

怜『背中に爽やか美少女、膝に超絶病弱美少女』

怜『どや、最高やろ?』

京太郎『……ですね!』

京太郎『よっしゃー今から楽しみだー!』ピッ

ヴーッ ヴーッ

怜『ほなそろそろ寝るわ、おやすみ』

京太郎『おやすみなさい』ピッ


京太郎「……おお」

京太郎「なんか知らないけど興奮してきた!」

京太郎「明日からも頑張るぞー!」




【10月第2週 休日】終












【10月第3週 平日】


京太郎「文化祭終わり!」

京太郎「今週末は選抜の合宿か、そろそろオーダー決めとかするのかな?」

京太郎「今週も頑張って行こう!」



京太郎「今朝も相変わらずのぼっちだったんだぜ!」

咏「ふーん」

和「そうですか」

京太郎「あれ、二人とも冷たいなー」

咏「お前が誰と来ようと知らんし」

和「同感です」

京太郎「うわっ辛辣」



京太郎「ご飯の前には手洗いっていうけどそんなんあんまり気にしないよな」

京太郎「とりあえずトイレトイレーっと」

京太郎「あっ」

和「あっ」

和「またお手洗いで弁当ですか……」

京太郎「ち、違わい!トイレだよトイレ!」

和「でも、友だちいないんでしょう?」

京太郎「憐れみの目で見ないで、ちょっと辛い!」

和「よろしければお昼を一緒に、というのもやぶさかではないのですが」

京太郎「だからただのトイレだから!大きい方だから!」

和「えっ……」ドンビキ

京太郎「あっ」

京太郎「…………」

京太郎「」ダッ


きょうたろう は にげだした!



京太郎「なんかもう、なんだかもう疲れた……」

京太郎「もう帰ろっかな……」


放課後

京太郎「今日も練習に来たぞ」

絹恵「あ、京太郎くーん」

京太郎「絹恵さん、こんにちはー」

絹恵「うん!ええ挨拶やな!」

京太郎「今日も一緒に頑張りましょうね」

絹恵「京太郎くんこそな!」


京太郎(相変わらず何もすることがなくて困る)

良子「やあ、また来てたんだね」

京太郎「良子さんに会うためですよ」

良子「ふむ、ずいぶんとグラッドなことを言ってくれるね」

京太郎「紅茶かコーヒー、いりますか?」

良子「それじゃあ今日は紅茶で」

京太郎「了解です」



京太郎「アールグレイ?ですね」

良子「うん、ありがとう」

良子「そういえばキャンプの件なのだけれど、場所は東京になったよ」

良子「最近できたばっかの旅館を取っておいた」

京太郎「東京ってことは……白糸台と、ですか?」

良子「というよりは関東選抜の最終候補+αといったところだね」

良子「こちらも同じく最終候補14名で向かう、オーケー?」

京太郎「オーケーです」

良子「よし、それじゃあ事務連絡も終わったことだし、何か話さない?」

京太郎「いいんですか?コーチともあろうお方が」

良子「京太郎と話すのは楽しいからね」

京太郎「大丈夫なのか選抜……」


京太郎(良子さん、元気そうだけど友だち出来たのかな)

京太郎(まさか俺以外に友だちがいないとか……なんか嬉しいけど悲しい)

京太郎(聞いてみるか)

京太郎「良子さん、最近は友だち出来ましたか?」

良子「よく聞いてくれた!」

良子「実はこの前初めて針生アナと福与アナと食事をしたんだよ!」イキイキ

良子「お二人ともいい人で本当に楽しかったよ」

京太郎「そういえば針生アナの連絡先は持ってたんでしたっけ」

良子「インターハイのときにお世話になったからね」

京太郎(同年代で同性の友だちが出来たのか、とすると俺はもうお払い箱かな、なんだか複雑な気持ちだけど)

京太郎(良子さん嬉しそうだし、なんて言えばいいんだろう)



京太郎(なんかちょっぴり悔しい気がする……)

京太郎「じゃあ!じゃあですね!」

良子「ん?どうした」

京太郎「俺とも今度食事に行きませんか?」

良子「えっ?」

良子「そっそれって……デート?」

京太郎「デートじゃないですよ、友だちとしてです」

良子「だ、だよね!」アセアセ

京太郎「それで、いいですか?」

良子「うん、もちろん!いつにする?」

京太郎「そうですねー……」




京太郎「この練習が終わった後でいいでしょうか?」

良子「了解、楽しみに待ってるよ」

京太郎「はい、それではまた後で」



京太郎(良子さんと食事かー楽しみだな)

京太郎(そろそろ対局に入ってみよう)



京太郎「さて空いてる卓はーっと」

雅枝「須賀、こっち入れ」

霞「私たちと打ちましょうか」

洋榎「京太郎が最後の一人かーウチの勝ちも同然やな!」

雅枝「須賀ー洋飛ばしたらなんかご褒美やるわ」

洋榎「えっなんで!?」




霞「ツモ、4000・8000」

京太郎「」ズタボロ

洋榎「京太郎大丈夫かー?」

京太郎「あはは……」

雅枝「よーし、ほなもう一局いくでー」

霞「監督、京太郎くんはもう……」

雅枝「うーん……それじゃあ戒能コーチ入ってや」

洋榎「どんだけウチを虐める気なんや!おかしいやろ!」

京太郎「あはは……」



京太郎「練習終わり……ああ、なんかへこむな……」

良子「ごめん、遅れたね」

京太郎「いえ、いいですよ」

良子「それじゃあ行こうか、どこに連れて行ってくれるんだい?」

京太郎「えーっと、ここですね」



京太郎「ここですね」

|ワグナ○リア|

良子「ワグナ○リア?」

京太郎「最近人気があるみたいですよ」

良子(……ワグナ○リア)

良子(そういえばこの前……)


恒子『ここの近くにワグナ○リアっていうレストランがあるらしいよ!』

えり『それがどうかしたんですか?』

恒子『あっれー針生アナ知らない?最近このへんのカップルに大人気なんだってさ!』

良子『だったら私たちが行くことはないのでは?』

恒子『いやーでも一回は行ってみたくない?』

恒子『戒能プロは彼氏ができたらしいし針生アナだって……』プクク

えり『だから彼はそんな人じゃないですから!』

良子『ボ、ボーイフレンドなんていませんから!』

恒子『ええ~ほんとに~?』


良子(やっぱり京太郎は私のこと……)カァァ

京太郎「良子さん、どうかしましたか?」

良子「どうもしていないノーウェイノーウェイ」

良子「それじゃあ何を頼もうかな!」

京太郎「結構迷いますね……」ウムム



「ご注文はお決まりでしょうかー?」

京太郎(なんで刀なんか下げてんだこの人……)

京太郎「俺はこのえびフライプレートで、良子さんは?」

良子「私も同じので」

「はい、それでは彼女と食べよう!タルタルソース付えびフライプレートがお二つ、でよろしいでしょうか?」

京太郎「えっ」

良子「えっ」

「えっ?どうかなさいましたか?」

京太郎「なんでもないです、お願いします」

「かしこまりましたー」

京良(品名ちゃんと呼んでなかったー!)

京太郎(やばいやばいよ、良子さんに変な目で見られるよ!)

良子(京太郎……私なんかが彼女……)プシュー

京太郎「…………」

良子「…………」

京太郎(気まずい!気まずいぞこれ!)

京太郎(どうにかして空気を変えないと!)

京太郎(どうしようどうすればいいんだ!)

京太郎(でも、良子さんも同じのを頼んだんだよな)

京太郎(ということは良子さんもちゃんと品名を読んでいなかった?)

京太郎(なーんだ、そんなことだったんだな)

京太郎「つまり……そういうことです」

良子「そ、そういうこと……って」

良子(京太郎は私を彼女だと思っている?)

良子(でもさっきはデートじゃないって……)

良子(決心したってことなのか?)カァァ

良子「わ、私も……」

良子「これから、よろしく///」カァァ

京太郎(よろしく?よくわかんないけどわかってもらえたみたいだ)

「お待たせいたしましたー、どうぞごゆっくりー」

京太郎「それじゃあ食べましょうか」

良子「うん……」カァァ

良子(私が彼女……でも彼女って何をすればいいんだ?)

良子(この前買った本によると……)

良子(あーん、だっけ?)

良子(…………)

良子(こんなパブリックなところでやるのは……恥ずかしい)

良子「……」モグモグ

京太郎「……」モグモグ

良子「きょ……京太郎」

京太郎「なんですか?」

良子「そ、その……だな……」モジモジ

良子「あ……」

京太郎「あ?」

良子「あ!アイス!アイスがほしい!」

京太郎「ですね、ここいら辺ちょっと暑いですし」

京太郎「頼みましょうか」ピンポーン

良子「……ありがとう」

良子(なんでヘタれるんだ私のバカ!)

京太郎(良子さん楽しんでくれてるみたいだな)










【帰り道】


京太郎「えびフライおいしかったですねー」

良子「うん……そうだね」

良子(緊張しすぎて味なんてわからなかった……)

京太郎「それじゃあ俺はここまでですね、良子さんはまたビジネスホテルに泊まってるんですか?」

良子「なかなかいいホテルだよ、京太郎も来る?」

京太郎「いやいやいや!そんなことしたら流石にまずいですって!」

京太郎「もしサタデーとかに撮られたらどうするんですか!」

良子「そうだね、京太郎に迷惑がかかるし」

京太郎「他の人にもそんなこと言っちゃだめですからね、誤解して襲ってくるかもしれませんし」

良子「……うん」

京太郎「夜遅くなると危ないですし、そろそろ行きますね」

良子「グッナイ」

京太郎「今度は合宿でー!」ブンブン

良子「じゃあねー!」ブンブン

良子「……ふぅ」

良子「京太郎が心配してくれている……ハッピーな気分だよ」

良子「あと二年か……」







京太郎「合宿は東京って言ってたよな」

京太郎「なら挨拶でもしておくべきだよな」

京太郎「でも誰にしよう……」

京太郎「照とか淡にしてもあんまり意味ないし、弘世さんか小走さんか辻垣内さん?」

京太郎「いや、ここは渋谷さんにしよう」

京太郎「気楽な内容で行こう」

京太郎「ここは丁寧にあいさつからいくか」

京太郎『突然のメールすみません、須賀です』

京太郎『今度の合宿よろしくお願いします』

京太郎「送信っと」ピッ


ヴーッ ヴーッ

尭深『こんばんは』

尭深『こちらこそよろしくね』

尭深『それはそうと、どうして須賀くんが挨拶なんて?』

京太郎「部外者から見ればわからないよな、説明しておくか」

京太郎『一応俺もその合宿についていくことになってるんですよ』

京太郎『だから挨拶を、と思いまして』ピッ

ヴーッ ヴーッ

尭深『そういうことなんだ』

尭深『それなら弘世部長か小走先輩の方がよかったかもね』

京太郎「そういえばそうだよな……」

京太郎「渋谷さんは照と淡の間の学年なんだよな」

京太郎「そこいらへんも訊いておくか」

京太郎『ところで、照と淡が面倒かけてませんか?』ピッ

ヴーッ ヴーッ

尭深『宮永先輩も淡ちゃんも私のお茶菓子食べてくれるし』

尭深『二人ともいい子だよ』

尭深『須賀くんは心配性なのかな?』

京太郎『心配性というか、まあそうですね』

京太郎『バカ二人がお世話になってます』

ヴーッ ヴーッ

尭深『まるで二人のお兄ちゃんみたいだね』

京太郎『そう見えますか?』ピッ

ヴーッ ヴーッ

尭深『とっても、ね』

尭深『そういう人がいるのってちょっといいかも』

京太郎『ふっふっふ、別に俺を頼ってもいいんですよ?』ピッ

ヴーッ ヴーッ

尭深『じゃあそうしてみようかな』

尭深『悪いけどそろそろ寝るね』

尭深『合宿でも頑張ろうね、お兄ちゃん』

尭深『おやすみ』

京太郎「渋谷さんからお兄ちゃん……かぁ」

京太郎「いいね!」

京太郎「あのメンバーのなかで一番のおっぱいだったし、なんか燃える」

京太郎「俺もそろそろ寝るかな」



【10月第3週 平日】終











【10月第3週 休日】

【合宿1日目】


雅枝「説明は以上や」

雅枝「合宿中は各自自分の実力のために尽力するように」

雅枝「あー、そうそう合宿中テレビの密着取材が入るさかい、そこんところよろしく」

雅枝「ほな各自対局開始!」



京太郎「あのー、良子さん?」

良子「何かな京太郎」

京太郎「良子さんこの前東京のホテルって言いましたよね?」

良子「ここも十分立派な東京のホテルじゃないか」

京太郎「立派ですとも、ええ立派です、立派ですけども!」

京太郎「なんで、なんでこんな山奥なんですか!?」

京太郎「新大阪から東京まで来たぞ!って浮かれてたら電車に乗って」

京太郎「どこで降りるんだろうなーとか考えてるうちに終点まで来てるし!」

京太郎「まあまだそれは良しとしてですね」

京太郎「ここって旅館じゃないですか!」

良子「旅館もホテルじゃないか?」

京太郎「なんか違うんですよ!」

良子「な、なるほど……」

良子(よくわからない)

京太郎(あれ、俺って何が言いたかったんだろ……)




京太郎「大体の人にも挨拶したし、何しよう」

良子「京太郎、暇なの?」

京太郎「良子さん……そうなんですよ、よかったらまた特訓してくれますか?」

良子「うん、私におまかせあれ!だよ」ムネハリッ

京太郎「おおぅ……」





京太郎「シャープシュート」ゴッ

良子「いいぞ、雰囲気でてる!」

京太郎「それじゃあ次ですね」

京太郎「カン!カン!もいっこカン!」

京太郎「麻雀って楽しいよね!」ニッコリ

良子「うん、いいよ」グッ

良子「うまく私の真似ができるようになってるね、流石は京太郎だよ」

京太郎「えへへ、そうですか?」

良子「それじゃあ次に行ってみようか」

京太郎「今度は負けませんからね!」

良子「ふふん、どうかな」




良子「ねえ、京太郎、よかったら私の力を身に着けてみない?」

京太郎「身に着ける、ですか?」

良子「うん、本家に伝わる簡単な儀式なんだけど、どう?」

京太郎「うーん……なんか怪しいですけど」

良子「大丈夫だよ、三十分でもあれば終わるし、疲れるのは私だけだから」

京太郎「それも少し……悪い気が」

良子「やっぱり……ダメ?」ウワメヅカイ

京太郎(唐突に可愛いんですけどなにこれ!)

良子「京太郎?」

京太郎「わかりました、ただし安全にお願いしますよ」

良子「うんっ!」



【儀式終了】

良子「儀式終わり!どうかな?」

京太郎「」ハナヂドバァ

良子「あれ?京太郎?京太郎?」ユッサユッサ

京太郎(お互い裸になって体を寄せ合う儀式とか……)チラッ

良子「京太郎?」タユンタユン

京太郎(そんなん考慮しとらんよ……)ドバァ





憩「おーい、京太郎くーん!」

淡「こっち来なよ!」

京太郎「うげっ」

淡「なんだようげってー!」ウリウリ

憩「せやでーこっち来て一緒に打とうやー」

尭深「あ」

京太郎「あっ渋谷さん助けて!」

尭深「お茶入れたけどいる?お兄ちゃん」ニコッ

京太郎「」ブフォッ

憩「お……お兄ちゃん?」

淡「なるほどー京太郎はそういう趣味なんだ……」

京太郎(あれっ、なんかやばい感じ)

憩「ほなこっち来て打と!お兄ちゃん!」ニコッ

淡「お兄ちゃんは私のだよ!ね?お兄ちゃん」ニコッ

尭深「お茶熱いから気を付けてね、お兄ちゃん」ニコッ

京太郎(何この状況どうすりゃいいの……)





京太郎「ロン、これで俺の勝ちだな」

淡「あわわわわ」

淡「まさかお兄ちゃんに負けるなんて……」

京太郎「いつまで続けるんだそれ」

尭深「はい、お茶」

京太郎「渋谷さんはもどったんですね」

憩「ウチがトップやー」

尭深「うん、言葉にすると恥ずかしいから」

淡「ねーねー京太郎!お昼食べに行こうよ!」

京太郎「はいはい、勝手に行ってこい」

憩「ウチ!ウチがトップやで!」

淡「むぅ、京太郎酷いよ!」

京太郎「ふふん、俺に勝ってから言うんだな!」

淡「わかったよ!じゃあもう一局だ!」

京太郎「受けて立つ!」






京太郎「昼でも食いに行くかなーってここいらへんで食べられる店ってないんだよな」

京太郎「食堂行こ」








「なあ!みんなでプール行かねえか?」

「この前できたあそこっすか?」

「そうそう!タダ券もらったから、どうだ?」

「……私なら大丈夫」

「お姉ちゃんも泳げないでしょ」

「……泳げるもん」

「じゃあ決まりっすね、みんなで行くっす!」








雅枝「須賀、どないした?」

京太郎「はっはい!なんでしょうか!」

雅枝「飯食べ終わったんやったら練習や練習」

京太郎「いやーまだデザート頼んでなかったんで」

雅枝「ほな話しながら食べよか」

京太郎「おっ、いいですね」

雅枝「なんか聞きたいこととかあるやろ、どや?」




京太郎「そういえば……」

雅枝「なんや?」

京太郎「監督の旦那さんって一体どんな人なんですか?」

雅枝「旦那……」

雅枝「……はぁ」

京太郎「あっ、すみません」

京太郎「踏み入ったこと聞いて……」

雅枝「いや、別にええんや」

雅枝「あの男はほんまに……最悪や」

京太郎「あれ?お亡くなりになったとかじゃ?」

雅枝「そうなってくれたらええんやけどな、もう離婚したわ」

京太郎「やっぱりすみません……」

雅枝「いつかは話すことになるかもしれんから別にええわ」

京太郎「……いつかは?」

雅枝「私が須賀にお義母さん呼ばれるかもしれんからな」

京太郎「あ……あー」

雅枝「絹も洋も、泣かせたら承知せんで、ええな?」

京太郎「いつかは監督を鳴かせるかもしれませんよ?」

雅枝「はっはっは、後で覚えとけよ」ニッコリ



雅枝「私は先戻るわ、ほなまた」

京太郎「さよならー」

恒子「ほうほう須賀京太郎くんは熟女にまで手を出している、と」

みさき「これは大スクープですね」

京太郎「ちょーっと待ってくださいそこのお二人さん」

恒子「ありゃ、ばれちゃった?」

京太郎「ばれるも何もないですよ」

みさき「この子が有名な須賀京太郎くんですね……」

えり「有名も何もインターハイ優勝者でしょうが」

みさき「あ、そうでしたね」

えり「村吉アナはツッコミ側だと思ってたんですけど」

みさき「針生アナがいるのでまあ多少は」

京太郎「どうしてお三方がここにいるんですか……」

恒子「聞いてなかったかな?ここに取材が入ってるって」

京太郎「でも別々の局ですよね、それに三日もいるつもりですか……」

恒子「そのくらい話題性があるってことだよ、あ、私たちも練習に参加したりとかもするから」

京太郎「麻雀できるんですか?」

えり「ルールとセオリーは十分覚えてますから」

みさき「だてにアナウンサーやってませんからね」

京太郎「まあそういうことなら」

恒子「そーそー、その意気だぞ少年!後で麻雀教えてねー」

京太郎「えっ?」

えり「そういうことなので失礼します」

みさき「これ私の名刺です、どうぞ」

京太郎「あっはい」

恒子「そんじゃねー」

えり「失礼します」

ガララ


京太郎(なんだよこの合宿ー!)










京太郎「食後の腹ごなしにちょっと打つか」

京太郎「どの卓が空いてるかなー」

智葉「須賀、ここにいたのか」

京太郎「辻垣内さんじゃないですか、どうしたんすか?」

智葉「うちの監督が用があると言ってな、とりあえずついてこい」

京太郎「は、はあ……」


智葉「監督、連れてきました」

臨海監督「おっ、来たか」

京太郎「初めまして、須賀京太郎です」

臨海監督「初めまして、うむ中々にハンサムじゃないか」

京太郎「どうも、監督さんこそスーツが似合っててかっこいいですよ」

臨海監督「世辞がうまいな、気に入ったよ」

臨海監督「そんなに硬くならなくていい、そこに座ってくれ、サトハも」

臨海監督「前から常々君とは打ってみたいと思っていたんだ、興味を持つと我慢できないタイプでね」

臨海監督「三麻もいいが、あと一人誰か欲しいな……」

明華「私が入りましょうか?」

臨海監督「ミョンファか、よろしく頼む」

明華「須賀さん、よろしくお願いします」

京太郎「いえこちらこそ」

智葉「それでは始めましょうか」

京太郎(臨海の監督さんにレギュラー二人ってなんか緊張する……)





臨海監督(スガ……カイノウに似ている打ち手だ)

臨海監督(地区予選ではアラカワ、インターハイではミヒロギと似た打ち方をしていたがこれは一体どういうことなんだ)

臨海監督(そして、これで終わりだ)

臨海監督(……パールハーバー)

臨海監督「ツモ、海底面清、4000・8000」

臨海監督「三人ともトビだな」

智葉「」チーン

京太郎「」チーン

明華「」チーン

臨海監督「面白い対局だったよスガ、来年はうちに来ないか?」

明華「またですか監督……」

智葉「面白いも何も一方的なタコ殴りだったのですが……」

京太郎「そもそも臨海って女子校じゃないんですか?」

臨海監督「大丈夫大丈夫、金さえかければ何とでもなるから」

京太郎(絶対ダメな大人だよこの人……)






臨海監督「午前の様子を見るに、スガは暇なそうだが、どうだ?私と特訓でもしないか?」

京太郎「まあ確かにやることないですね」

臨海監督「よし、なら早速取りかかろう」

京太郎「そういえば監督さんはメジャーで活躍していたんでしたっけ?」

臨海監督「活躍、というほどではないがな」

臨海監督「あそこの卓が空いたようだ、入っていてくれ」

臨海監督「まあ、今日はこんなところかな」

臨海監督「欧米流の麻雀なんだが、理解はできた?」

京太郎「……ほんのちょっと」

臨海監督「そうか……物事最初はこんなものさ」

京太郎「そうですよね……」

京太郎(世界って広いんだよな、考えてみれば明華さんだって世界ランカーらしいし)

京太郎(でも俺だって日本一の男子高校生なんだ!)

京太郎(まだまだ負けてられないよな!)

臨海監督「ふっ、まだ続けてみるか?」

京太郎「……はい!どうせなら時間ギリギリまで!」

臨海監督「うん、いい意気だ。それでは次は……」



雅枝「これで今日の練習は終了や!」

雅枝「各自部屋で休むように!ほな解散!」

「ありがとうございましたー!」



京太郎「結局あの後もわからないまんまだったな……」

京太郎「後二日もあるんだからのんびり行こう」

京太郎「さてと、俺の部屋は……ここか」

京太郎「どうせ一人部屋なんだろうな……」ガチャ








「赤阪さんお帰りなさ……い……」

京太郎「あ……えーっと」

京太郎(この人確か……多治比さん、だっけ?)

真佑子「ど、どなたでしょうか?」ガクガク

京太郎(ってのんびりしてる場合じゃねえ!)

京太郎「すみません、部屋間違えました!」

真佑子「ちょっ、ちょっと!」

バタム!

京太郎「部屋番……401だよな、良子さんに文句つけないと……」

郁乃「あっれ~京太郎くんここで何しとるん~?」

京太郎「実は部屋の場所がわからなくて……」

郁乃「でも京太郎くんと私は同じ部屋やろ~?」

京太郎「えっ」

郁乃「ほな入るで~」








真佑子「多治比です……どうも」

京太郎「須賀京太郎です、よろしくお願いします」

郁乃「二人とも仲良くな~」

京太郎「さっきはなんかすみませんでした」

真佑子「いいですよ、着替えを見られたってわけじゃないんですから」

真佑子「顔上げてください、ね?」ニコッ

京太郎「は……はい」カオアゲ

京太郎(多治比さん、優しい人だな……)

真佑子「この私の優しさに感謝して一生跪いてろこの下等が」ボソッ

京太郎「……はい」

京太郎「…………」

京太郎「ええっ!?」

京太郎(急にキャラ変ったよ何この人!?)











京太郎(ちょっと気まずいから他の人の部屋にでも行くか)

京太郎(誰の部屋に行こう……)

京太郎「適当に歩いてきたけど、ここは誰の部屋かな?」コンコン

京太郎「失礼しまーす」ガチャ

雅枝「……須賀?」

京太郎「……あ」

雅枝「私の部屋に何の用や?」

京太郎「そ、それはですね……」

京太郎「えーっと、ここは誰の部屋だ?」

ガチャ

臨海監督「スガ?こんなところで何をしているんだ?」

京太郎「ここ監督さんの部屋だったんすね」

臨海監督「いかにもそうだが、どうしたんだ?」

京太郎「それはですね……」

京太郎「ちょっと部屋の居心地が悪かったのでお話でも、と思いまして」

臨海監督「ん……そうか、いいぞ上がれ」

京太郎「失礼しまーす」


臨海監督「それで何の話をしようか、私はなんでもいいよ」

京太郎「ううん、そうですね……」


京太郎「じゃあ監督さんの過去の経歴について……とか?」

臨海監督「経歴、か」

臨海監督「知っての通り私は元メジャーの選手だったんだがあまり活躍と言う活躍はなくてね」

臨海監督「コカジさん相手にはズタボロだったよ、まあ恋人がいたというのもあったんだろうけど」

臨海監督「そんなこんなで限界を感じてメジャーから身を引いたんだ、そんなところにかかってきたのが臨海からの声だった」

臨海監督「どうやら私は人に教える方が向いているみたいでね、内心複雑だったよ」

臨海監督「話していて自分でもつまらないな、今度はスガの話を聞かせてくれるか?」

京太郎「俺の方が退屈ですよ、まだまだ」

臨海監督「ふむ、そうか」

臨海監督「そういえばスガはミヤナガと幼馴染らしいけど、そこはどうなんだ?」

臨海監督「噂に聞くに遠距離恋愛だとか」

京太郎「俺と照が遠距離恋愛!?誰がそんなことを!」

臨海監督「私が」

京太郎「根も葉もなかったよ!」

臨海監督「でも結構そんな噂は聞くぞ、それこそアラカワと付き合ってる、とかミヒロギと付き合ってるとか」

京太郎「そもそもなんでそんなことを初対面の監督さんが知ってるんですか」

臨海監督「さっきも言っただろう、私は興味を持つと我慢できないタイプなんだ」

京太郎「えぇぇ……」

臨海監督「そういえば最近はカイノウやハリウアナと関係を持っているとも聞いたがそこのところは?」

京太郎「ないない、なんでもないですから」

臨海監督「そうか……つまらないな」ボソッ

京太郎「聞こえてますからね!」







【脱衣所】

京太郎「風呂は確か温泉って言ってたよな、楽しみだ」

京太郎「そういえば霞さんから……」


霞『ここの温泉は混浴だから、京太郎くんは11時から入ってね、その前に他の子を入れちゃうから』

京太郎『つまり11時前に入れば混浴ができる、と』

霞『そんなことしたらどうなるか……わかるわよね?』ニッコリ

京太郎『イエス!マム!』ビシッ


京太郎「というわけで用心をして11時半」

京太郎「誰か入ってないかな……」

京太郎「いるわけないよな……」

ガララ


カポーン


京太郎「うん、わかってた」

京太郎「ちょっとの希望はあったよ、洗面所の前の髪の毛とか、石鹸の匂いとかで期待してたよ」

京太郎「でももうなんか……寂しいよな」

京太郎「気を取り直して飛び込んでみるか」

京太郎「イィィィィッヤッホオオオオオウ!」

バッシャーン















【そのころの脱衣所】


良子「……ふぅ」ヌギヌギ

良子「今日はあまり京太郎と喋れなかったな……」

良子「恋人……なんだよね」※違います

良子「もっとアグレッシヴにならないといけないよね、よし」

イィィィッヤッホオオオオオウ! バッシャーン

良子「まだ誰か入っているのか?」

良子「いや、この際中の人とも仲良くなろう!私ならできる、私ならできる!」

良子「こんばんはー」ガララ

京太郎「あー!気持ちいいー…………」

良子「…………」

良子「これはドリームだ、そうに違いない」ホッペツネル

良子「いたっ!」

良子「ってことは……夢じゃない?」

京太郎「え……っと、どうして良子さんがここに……?」

良子「……それは……だな……」

良子(そういえばカスミに言われてた気がする……)

良子(このまんまだと私は京太郎の風呂に入りに行った淫乱女だと思われるんじゃ……)ガクガク

良子(どうすればいいんだ……)

京太郎(なにこれどうしよう……なんで良子さんがここにいるんだよ)

京太郎(一応腕で隠れてはいるけど……ナイスな……)ブフォッ

良子「京太郎、鼻血出てるぞ!」

京太郎「えっ、うわ本当だ」

良子(京太郎がのぼせてる……のぼせたときってどうすればいいんだっけ……)

良子(えっと、確か……)

良子(膝枕……か)

良子(縁に座って……)チャポン

良子「きょ、京太郎!///」カァァ

良子「膝枕……するよ」

京太郎「えっ」



京太郎(現状を整理しよう)

京太郎(俺は温泉に入っている、当然裸だ)

京太郎(そして今、良子さんに膝枕してもらっている……良子さんも裸だあそこは腕で隠しているけど)

京太郎(どうすればいいんだよ……良子さんの肌やわらかいし白いし……)

良子「京太郎、落ち着いた?」ナデナデ

京太郎(頭、撫でてくれるし……怜さんとかいつもこんな気分なのかな……)

京太郎「はい、ありがとうございます」

良子「よかった、どうしたのかと思ったよ」ホッ

京太郎「……っておかしいでしょう!」ガバッ

良子「」ビクッ

京太郎「どうして良子さんがここにいるんすか!」

良子「……ごめん、入る時間を間違えたんだ……」

良子「私は……京太郎と入っても、その……嬉しいんだけど」

良子「迷惑だよね……もう上がるよ、ごめん」ショボン

京太郎「そ、そんなことないです!俺も嬉しいです!もっと二人で楽しみましょうよ!」

京太郎(何言ってんだ俺ぇぇぇえ!)

良子「そう……なの?」パァァ

京太郎(ええいままよ!)

京太郎「もちのろんですよ」

良子「じゃあまずは何する?体洗いっこする?それとも一緒にお風呂に入る?」

京太郎「え、えーっと……」

京太郎(何その選択肢……おかしいでしょ……)




京太郎「じゃあ……良子さんの身体を洗いますね」

良子「いいのか?」

京太郎「俺だけされてばっかりっていうのは少しなんなので」

良子「……わかった」



京太郎「まずは髪から洗いますね」

良子「うん」

京太郎「どうですかー?」ワシャワシャ

良子「気持ちいいよ」

京太郎「おかゆいところはありませんかー?」

良子「ふふっ、サロンみたいだな」

京太郎「俺もそう思いました、あははっ」ワシャワシャ

良子「痛っ!」

京太郎「ど、どうしました!?」

良子「ごめん、ちょっとシャンプーが目に入ったみたいで……」

京太郎「ごめんなさい、もうちょい丁寧にやります」

良子「ごめんね……」

京太郎「次は体洗いますね」

良子「よろしくね」

京太郎(流石に前はできないよな……)

京太郎「良子さん、髪もそうでしたけど肌も綺麗ですよね」

良子「そうかな?意識したことはなかったけど……嬉しいな」

京太郎「はい、背中終わりです。あとはご自分でどうぞ」

良子「えっ……前は?」フリムキ

京太郎「俺から言ったことですけど、前はダメでしょう」

良子「ダメ……でも……」

良子「……京太郎なら……ううん」

良子「京太郎に、洗ってほしいんだよ」ウワメヅカイ

良子「それでも、ダメかな?」ウルウル

京太郎「」ドキッ

京太郎「どうなってもしりませんからね!」

良子「京太郎になら、どんなことでも……」モジモジ



京太郎(腕が終わってついに最初の関門……胸)

京太郎(確かに触りたいとは思ってましたよ、揉みたいと思ってましたし顔もうずめたいと思っていました)

京太郎(でも何でこのタイミング……)

京太郎(腹くくるしかないよな…………ぐへへ)ワキワキ

京太郎「失礼しますね」モミッ

良子「んっ……」

京太郎(やわらけぇー!やわらけえよぉー!)ムニョンムニョンモミモミモミモミモミ

京太郎(感動!感動した!俺ぁ感動したよぉぉぉぉおお!)モミモミモミモミモミモミ

良子「きょ、うたろぉっ、!そ、そのくらっ!ああっ!」

京太郎(ふぅ……満足した、次はへそか)チョン

良子「んぁっ!」ビクン

京太郎(へそが弱いのかな?)クニクニ

良子「あんぅ、やぁっ!」ビクンビクン

京太郎(……エロい)

京太郎「これで洗い終わりですね、そろそろ入りましょうか」

良子「……ぅん」ビクンビクン











【そのころの脱衣所】


霞「戒能プロ、どこ行ったんでしょうね」

善野「一緒に来ればよかったんやけどねー」

健夜「ここの温泉って若返り効果があるんですよね!」

雅枝「せやで、年寄りに優しいやろ」

臨海監督「コカジプロには特にね」

健夜「どういうことですかね?」ピキピキ



ワーワー キャーキャー

良子「…………」

良子(あの声は小鍛治プロ?ということは……)

ソロソロハイローカー ガララ

良子「京太郎、潜って!」

京太郎「えっ、何を!?」



健夜「あれ?戒能プロいたんだ?」

霞「呼びに行ったんですけど、もう来てたんですね」

良子「が、我慢できなくてね」

良子(どうしよう、このままだと京太郎が痴漢にされてしまう……)

良子(そういえばあっちに……)

良子「あっちの方にもう一つ大浴場がありましたよ」

善野「あっちってどこ?」

良子「別の脱衣所から入るんですよ、こっちは疲労回復の湯であっちが若返りの湯らしいです」

雅枝「あ、あっちやったんか、ほな行ってくるわ」

臨海監督「私も行きますかね」

善野「小鍛治プロも石戸さんも早くいかへん?」

霞「私はまだ10代ですし……」

健夜「」ギロッ

霞「ひっ、行きますね!」

健夜「私も行こうかな」

良子「私も後から行きますね」

雅枝「ほなまたー」

ガララ






良子「……はぁ」

良子「京太郎、大丈夫か?」

京太郎「」マッサオ

良子「京太郎?京太郎?」

京太郎「」マッサオ

良子「京太郎ー!」



京太郎(現状を整理しよう)

京太郎(俺は温泉に入っている、当然裸だ)

京太郎(そして今、良子さんに膝枕してもらっている……良子さんも裸だあそこは腕で隠しているけど)

京太郎(って、何このデジャヴ)

良子「京太郎、起きた?」

京太郎「おかげさまで、どうもすみません」

良子「ううん、よかったぁ」ホッ

京太郎「こう二回も膝枕してもらってると悪いっすね」

良子「心配したから……いいよ」

京太郎「そう言われても……じゃあ俺も何かしてあげますよ!」

京太郎「何しましょうか?」

良子「何って……なんでも?」

京太郎「俺にできることなら、なんでも」

良子「じゃ……じゃあ……それじゃあ……」モジモジ


良子「充電……してもらってもいいかな?」


京太郎「……充電?」

京太郎(充電って……充電ってまさか……)


ここから妄想――――――――――


良子「京太郎の電気、私に流してほしい!」

良子「しびれさせて?」

京太郎「良子さん!」ガバッ

良子「きょうたろぉ、激しいよ……」

京太郎「流し込むぜ!俺の電気!」


――――――――ここまで妄想


京太郎(ぐへへ……)

良子「京太郎、どうかした?」

京太郎「いえいえなんでもないですよ、それで、充電とは?」

良子「……エクスプレインよりもやってみた方がはやいと思うから、京太郎は浴槽の縁に座って」

京太郎「はい」

京太郎(……座ると俺の息子がやばいことにならないか?)

JR京太郎「呼んだ?」

京太郎(ちょっとすっこんでろ!間に挟まってろ!)

良子「それで私がそこに座る、と」ストン

良子「充電充電!」

京太郎「充電充電!」

良子「チャージチャージ!」

京太郎「チャージチャージ!」

京太郎(どんなプレイ!?)

京太郎(何が悲しくて現役で美人で巨乳な若手プロと疑似挿入して充電充電言わないといけないの!?)





良子「……京太郎」

良子「疲れた」

京太郎「声が涸れるまで叫んでたらそうなりますよ」

良子「だよね……」

良子「……京太郎」

京太郎「何ですか?」

良子「国麻、頑張ろうね」

良子「私は地区選抜のコーチとして、京太郎は個人の部で、一緒に勝とう」

京太郎「……はい、絶対に負けませんからね」

良子「ふふっ、楽しみだね」

京太郎「俺もですよ」

良子「……もう少し、このままでいいかな?」

京太郎「もう吹っ切れましたよ……」

良子「……ありがとう」

良子「京太郎」

京太郎「なんですか?」






良子「私、京太郎といると……毎日が楽しいんだ」

良子「京太郎はどう?」

京太郎「俺もですよ、良子さんや照や憩たちがいて毎日が楽しいです」

良子「……うん、そうだよね」

良子「それじゃあ私は小鍛治プロたちの方に行くから、京太郎は後で出てきて」

京太郎「はい、おやすみなさい」

良子「おやすみ」フリフリ

ガララ

京太郎「よし、出てきていいぞ息子よ」

JR京太郎「我慢できねえぜ!」

京太郎「温泉はちょうど白濁!此処ならできる!いくぞ我が息子よ!」

JR京太郎「ヒャッッッッハアァァァ!」




【合宿初日】終