京太郎「照と打ちたい」

京太郎「憩さんと咏と打ったときみたいに」

京太郎「何が変わるのかわかんねえけど」

京太郎「昨日は何とか辻垣内さんから逃げ切れたけど、照の場合は和了することが怪しいし」

京太郎「まずは特訓するか」





京太郎「おはようございまーす」

憩「お、京太郎くんか」

京太郎「憩さん、早いですね」

憩「まあね、どや?一緒に打たへん?」

京太郎「別に構いませんけど、他の面子はどうするんですか?」

憩「もう集まってるからはやくはやく」

京太郎「はいはい」



憩「連れてきましたよーぅ」

郁乃「お、来た来た~」

エイスリン「キョウタロー!ナマケ!」

京太郎「何を言っているんですか」

郁乃「京太郎くんには強くなってもらうで~」





結果
一位 憩
二位 エイスリン
三位 京太郎
四位 郁乃


京太郎「うむむ……」

郁乃「ラスってもうたか~あはは」

エイスリン「ケイ、ツヨイ!」

憩「たまたまやで、結構危なかったし」

京太郎「エイスリンさんと憩さんに和了られっぱなしでしたよ」

郁乃「みんな強いな~」

憩「いや、あんたはワザと振り込んでたやろ」

郁乃「あれ~?そう見えた~?」

エイスリン「キョウタロー!ゲンキダシテ!」

京太郎「はい、ありがとうございます」

エイスリン「ヨカッタ!」ニコッ

京太郎(いっつも元気だなぁ)



京太郎「バイトでもするか」

京太郎「今日はどんなバイトがあるのかなー」






京太郎「遊園地スタッフ、か」

京太郎「結構近いところにあったんだな」

京太郎「規模はあまり大きくないみたいだけど」

京太郎「よし、行ってみるか」



「ハハッようこそダイスニーランドへ」

「DISNEYLANDと書いてダイスニーランドだよ」

京太郎「スペル同じですよね、東の夢の国パクってますよね」

「ハハッそんなわけないじゃないか、大体あそこだって騙してるじゃないか、何が東京だよ千葉じゃないか」

京太郎「そりゃあそうですけど!いくらなんでもダメだと思うんですよ」

京太郎「あそこのマスコットの黒の部分を赤で塗りつぶしただけのマスコットは」

「とにかく、うーん、まずは園内の掃除をしてもらおうかな」

「ゴタゴタ言ってねえでさっさと行けよ」

京太郎「いきなり口調変わりすぎでしょ!」






「おう、帰ったか」

京太郎「もうキャラ壊れてますよね、それ素ですよね」

「るっせーな、キャラなんてそんなもんだよ」

「常時笑ってるネズミもウヒョウヒョ言ってる犬もよくわかんねえ言葉しゃべってるアヒルも全部猫被ってんだよ」

「ま、実際被ってんのは着ぐるみだけどな、ハハッ」

京太郎「笑い方はそれが素だったんですか」

郁乃「ただいま帰ったで~」

「おう、荷物ならそこに置いとけ」

郁乃「あれ?今日来るバイトって京太郎くんやったん?」

京太郎「そう言う郁乃さんこそ」

「なんだ?二人とも知り合いなのか?」

「イチャイチャしやがって」

京太郎「知り合いですけど、イチャイチャはしてないですよね」

「男女が喋ってたらイチャイチャ、そうとしか言えねえ」

「そろそろ終業だから帰っていいぞ」

京太郎「えっまだ16時ですよ?」

郁乃「この人が趣味で開いた遊園地やからな~」

「そういうことだ、とっとと帰れ」



郁乃「遊園地ん中綺麗やな~って思っとったけど、京太郎くんやったんやな」

京太郎「まあ掃除とかは得意な方なんで」

郁乃「どうせなら京太郎くんと一緒に働きたかったな~」

郁乃「あ、今日は買い物行くからここまでや」

郁乃「ほなまた~」

京太郎「お疲れ様でしたー」







京太郎「雀荘に行くか」

京太郎「この前みたいな賭けは見つかると困るからな」

京太郎「いつも通りノーレートで行こう」




憩「あ、京太郎くーん」

京太郎「憩さんも来てたんですか?」

憩「まあね」

おっさま「おっ、須賀ちゃん、どうや久しぶりに打とうやないか」

おっさん「げっげっげっ、けちょんけちょんにしたるわ」

京太郎「は、はあ、よろしくお願いします」


一位 京太郎
二位 憩
三位 おっさま
四位 おっさん


おっさん「飛ばされてもうた……」

憩「今回は調子よかったみたいやね」

京太郎「流石に二回も負けるわけにはいかないので」

おっさま「やっぱり須賀ちゃんも荒川ちゃんも強うなったわ、また打とな」

京太郎「はい、負けませんからね」

おっさま「おお怖い怖い」

憩「ほな帰ろか」

京太郎「はい、それではまた!」

おっさん「楽しみにしてるでー」

おっさま「バイトにも来てなー」



京太郎「五か月前と同じ面子でしたね」

憩「せやったな」

京太郎「今朝のことでもわかりましたよね?憩さんは強いです」

憩「この前はほんま、おおきに」

京太郎「別にいいですよ、それじゃあスーパーかどっかに寄って帰りましょうか」

憩「せやね、行こか」



京太郎「最近は月が綺麗だな、流石は秋」

京太郎「今年も月見団子作ろうかな、みんなを呼んでみるのもいいかも」

京太郎「散歩でもしてくるか」



京太郎「今日はあんまり寒くないな」

京太郎「人もぽちぽち見かけるし」

京太郎「ここに来てもう五か月、か」

京太郎「学校まで歩いてみるか」


ウーウーウー

京太郎「救急車か、近くの病院っていうと……荒川病院」

京太郎「憩さんの病院か、やっぱり何回見ても大きいよな」

京太郎「憩さんは親元を離れて生活したいからこっちに住んでるんだっけか」

京太郎「風邪になったら来てみるか」

憩「あれ?京太郎くん?」

京太郎「憩さん、どうしてここに?」

憩「んーちょっとな、京太郎くんは散歩?」

京太郎「はい、一緒に帰りましょうか?」

憩「あーうん、そうしよか」



憩「もう秋やなー」

京太郎「秋ですねー」

京太郎「月が綺麗ですよ」

憩「……はぇっ!?」

京太郎「どうかしましたか?」

憩「うっううん!何でもないで!」

憩「気にせんといてや!」

京太郎「は、はあ……」



京太郎「憩さんを送り届けてきたぞ」

京太郎「今度は駅の方にでも行ってみるかな」


京太郎「夜の街、やっぱり長野とも東京とも違うな」

京太郎「そういえば、戒能さんは今どこにいるんだろうか」

京太郎「学校でまだ働いてんのかな」



竜華「~♪」

京太郎「あ、竜華さーん」

竜華「あ、京くん、何しとるん?」

京太郎「それはこっちの台詞ですよ、何してるんですか?」

竜華「怜の家に泊まっとるんや、来る?」

京太郎「行きませんよ、お家の人に迷惑じゃないですか」

竜華「あはは、それもそうやな」

京太郎「それでその買い出しのため、と」

竜華「せやで!」

京太郎「買い出しはいいですけど、気を付けてくださいね」

京太郎「ここいら辺不審者が出るらしいので」

竜華「大丈夫大丈夫」

京太郎「……だといいんですけどね」

京太郎「それじゃあまた」

竜華「じゃあねー!」


【9月第1週 平日】終














【9月第1週 休日】

京太郎「今日で夏休みも最後か」

京太郎「宿題は……まあ、大丈夫だろ」

京太郎「今日も楽しもう!」

京太郎「…………大丈夫だよな?」







京太郎「朝の散歩とでも行くか」

京太郎「今日はどこに行こうかなー」


ガチャ バタム

京太郎「んーっ!」ノビー

京太郎「いい天気だなー!」

バタム

エイスリン「キョウタロー?」

京太郎「エイスリンさん、おはようございます」

エイスリン「オハヨッ!」

京太郎「エイスリンさんも散歩ですか?」

エイスリン「コレ!」バッ

京太郎「何も描かれてないですけど……?」

エイスリン「コレカラ!」

京太郎「ああ、これから描きに行くってことですか」

エイスリン「」コクッコクッ

エイスリン「イコッ!」

京太郎「いいですね、行きましょうか」


京太郎(なんやかんやで絵のモデルになることになった)

エイスリン「ウゴカナイデ!」

京太郎「すみません!」

エイスリン「」ジーッ

京太郎(でも、一生懸命描いてるな……)

エイスリン「」カキカキ

京太郎(完成が楽しみだ)


エイスリンの好感度が上がった!




京太郎「誰かの部屋に遊びに行くか」


ピンポーン

京太郎「うーたーちゃん、あっそびーましょ」

ピンポーン

京太郎「あっそびーましょ!」

シーン

京太郎「咏ー?」

シーン

京太郎「…………」

シーン

京太郎「別のことをしよう」








京太郎「勉強するか」

京太郎「誰か呼んでこようかな」


憩「京太郎くんおるー?」

京太郎「はーい、何ですか?」

憩「一緒に勉強せえへん?」

京太郎「今俺から呼ぼうかと思ってたんですよ」

憩「そうなん?ま、ええわ、まずは何からやろか?」

京太郎「じゃあ最初は国語から、でいいですか?」

憩「ええでーほな始めよか」



京太郎「そういえばあと3週間後に中間試験なんですよね」

憩「中間試験はきっついでー、ウチの高校の試験やる度に難しくなっていくんや」

京太郎「え、そうなんですか?」

憩「せやから頑張らんとな」

京太郎「ですねー……」

憩「ま、ウチがおるから任せといてや!これでも学年一位なんやから!」

京太郎「そうだったんですか!?」

憩「あれ、知らんかったん?」

京太郎「ええ、でもすごいですね」

京太郎「麻雀できて、勉強もできて、それに可愛いんですから」

憩「かっ、かわええ?」

京太郎「憩さんは十分可愛い人だと思いますよ?」

京太郎「笑顔は特に可愛いと思いますよ?」

憩「ぁぅ……お、おおきに…っ…」カァァ

憩「う、ウチ用事思い出した!」

京太郎「??」

ガチャ バタム!

京太郎「なんだったんだ?」

京太郎「……あーあ、また一人、か」

京太郎「頑張ろ」





ピンポーン

霞「京太郎くん、いいかしら?」

京太郎「どうぞー」

ガチャ バタム

霞「京太郎くんの担任の先生から連絡があって、夏休みの宿題が増えてたそうよ」

京太郎「えっ」

霞「社会の宿題が増えちゃったらしくってね」

京太郎「それをどうして夏休み明け前日に言うんですか」

霞「忘れちゃってた、てへっ☆」

京太郎「…………」

霞「…………」

京太郎「に、似合ってました、よ?」メソラシ

霞「…………ごめんなさい」



霞「ここは……こうね」

京太郎「なるほど、流石は霞さんですね!」

霞「まあ、これでも一教師だから」

京太郎「じゃあここはわかります?」

霞「そこは……えーっと……」

霞(わ、わからない……どうしましょう)

霞(京太郎くん期待してるし……あーもう、かすみんまいっちんぐ!」

京太郎「えっ」

霞「えっ」

京太郎「………えーっと」

霞「声に出てた?」

京太郎「」コクッ

霞「」ブワッ

霞「私なんて!私なんて!」

霞「うええええん!」

京太郎「か、霞さん!?」

霞「もう嫌あああ!」

霞(京太郎くんにも年増って思われたし、絶対)

霞(何でもう京太郎くんには知られたくないことばかり!)

霞(前だって……!)

霞(前だっていきなり私にキス………した…り)カァァ

京太郎「泣き止んだ……か?」

霞「も、もう嫌!」

京太郎「えええっ!?」

ガチャ バタム!

京太郎「な、何だったんだ……」









京太郎「今日はどっかに食いに行くか」

京太郎「バイト代もあることだし」

京太郎「そういえばそろそろ国麻の選考会とかあるんだっけか」

京太郎「高校生男子の部はなぜか無いらしい」

京太郎「……なんでだろう」

華菜「なーにさっきからぶつぶつ言ってんだ?」

京太郎「…………いや、まあ少し」

華菜「ま、私には関係ないことだし」

華菜「ところで、一緒に食わないか?」

京太郎「は、はあ……」

京太郎(この人……誰?)


メニュー

のんびり定食

ゆっくり定食

さっさと定食

いそがば定食

はやめに定食




京太郎「速っ!頼んで5分も経ってないぞ」

華菜「ここの定食は名前によって出てくる速さが違うんだ」

華菜「のんびりは出てくるまでに約30分、ゆっくりは1時間」

華菜「さっさとは7分、いそがばは5分、はやめには1分」

京太郎「1分て、人間業じゃないでしょう」

京太郎「あれ?あなたさっきゆっくり定食頼んでませんでした?」

華菜「そうだけど?」

京太郎「はふっはふっはふっ!」

京太郎「ごちそうさまでした」

華菜「お、おい?」

京太郎「さすがに1時間も待ってられないので、すみません」

華菜「おーい、須賀ー?」



京太郎(……結局誰だったんだ?)ウーン

京太郎(確か……池?)ウーン

京太郎(そうだ、小池さんだ!)ピコン

京太郎(解決解決)ウンウン






京太郎「暇だし、することないし」

京太郎「咏にメールでもするか」

京太郎『咏ってどうやってあんな火力を出せるようになったんだ?』

京太郎「アイツは郁乃さん並にわかんないことが多いからな」

京太郎「送信」ピッ

ヴーッ ヴーッ

咏『火力?あー私にもわっかんねーんだよな』

咏『気づいたらできるようになってたっつーか、まあとにかくわっかんねー』

京太郎「適当すぎるだろ、っていうかこっちもわかんねえよ」

京太郎『でも俺に教えられたくらいなんだから何かあるんじゃないのか?』

咏『あーあれなんとなく』

咏『こんな感じかなーって教えたら京太郎が簡単にできるようになっておっどろいたよ』

京太郎「?余計わからなくなってきたぞ?」

京太郎『つまりあれは適当だった、と』

咏『そゆこと』

咏『あの打ち方でインターハイ優勝してくれて誇らしかったぜ、知らんけど』

咏『それになんか嬉しかった』

咏『何言ってんだろうな、もう寝るわ』

京太郎「……嬉しかった、か」

京太郎『寝る子は育つって迷信だったんだな』

京太郎「よし」ピッ

京太郎「本当にどこまでもわからないやつだ」

咏の好感度が上がった!



京太郎「もう一人くらいメールしてみよう」




京太郎「戒能さんに送ってみるか」

京太郎「これが初メールだな」

京太郎「ってかそもそもあまりメールをしてない気がする」

京太郎『須賀京太郎です、初メールですね』

京太郎「最初はこのくらいで」

十分後

ヴーッ ヴーッ

京太郎「お、やっと来たか」

良子『ありがとう!』

京太郎「それだけ!?」

ヴーッ ヴーッ

京太郎「もう一通来たな」

良子『すまない(笑)、先走って(笑)出してしまった(笑)』

良子『嬉しかったものでつい(笑)』

良子『あと、私はもう松山に帰ったから学校では会えないと思う(笑)』

良子『国麻(笑)の選考会(笑)にはまたそっちに行くから(笑)会えたらいいな(笑)』

京太郎「笑いすぎだろ!」

京太郎「必要なの最後だけでいいじゃん!国麻(笑)って馬鹿にしてるみたいじゃん!」

京太郎「まああまり慣れてなかったんだろう、こっちから話題でも……」

京太郎「戒能さんと言えば……あのおもち、だよな」ゴクリ

京太郎『おもちについてどうおもいますか?』

京太郎「よし」ピッ

京太郎「よし、じゃねえだろ!」

京太郎「うわぁ、送っちゃったよ、どうしようもう取り返しつかないよ」



ヴーッ ヴーッ

京太郎「やっと返ってきた」

良子『おもち、ricecakeはやはり磯辺焼きがfavoriteだ』

良子『きなこはどうしても口の中がパサついてしまってな』

良子『そっちはどうなんだ?』

京太郎「今度は笑わなくなってる」

京太郎「おもちなんて使ってるのあの部屋と俺くらいだからな、そりゃそうか」

京太郎「でも戒能さんの口の中、か……」ゴクリ

京太郎『俺も磯辺焼き派ですね』

京太郎『納豆とかもいいですよ』

ヴーッ ヴーッ

京太郎「お、今度は早いな」


良子『納豆はあまり、な』

良子『入れた後口の周りがネトネトするし、なんだか好きになれないんだ』

良子『茨城にもあまりいいfeelingが持てないんだ』

京太郎『小鍛治プロですか?』

良子『いつも私ばかり狙ってくるんだ』

良子『困ったものだよ』

良子『もうすぐmeetingだから、good night』

京太郎『お疲れ様です』

京太郎「送信」ピッ

京太郎「納豆の件さぁ……」

京太郎「無意識?無意識なのか?」

京太郎「さて、次は何をしよう」


夜1

京太郎「」モゾモゾ

京太郎「いやいやいかんいかん」

京太郎「戒能さんは友だちなんだ、ダメだダメだ」

京太郎「煩悩を払おう」


京太郎「えいっ!えいっ!」ブンッブンッ

華菜「うるさいぞー須賀ー」

京太郎「えいっ!えいっ!」

華菜「須賀ー?何やってんだー?」

京太郎「あ、小池さんじゃないですか」

華菜「小池じゃないし!池田だし!」

京太郎「少し特訓をしてましてね」

華菜「特訓?」

京太郎「ええ、小池さんは何を?」

華菜「池田華菜だ、お前がうるさいから注意をな」

京太郎「そうですか、すみませんでした」

華菜「どうってことないし!それじゃあまた明日な」

京太郎「はい、おやすみなさい」




【9月第1週 休日】終了










【9月第2週 平日】開始


京太郎「あー今日から学校か……」

京太郎「行くしかないよな」



京太郎「……だるい」

郁乃「同じく~」

京太郎「ああ、郁乃さん」

郁乃「この道も懐かしいな~」

郁乃「はぁ」

京太郎「はぁ」

郁乃「そういえば前~」

京太郎「何ですか?」

郁乃「京太郎くんとデートしに行くとか~」

郁乃「行かないとか~」

京太郎「ああ、そんな約束してましたね」

郁乃「忘れとったん~?」プクーッ

京太郎「いつ言い出そうかと思ってただけですよ」

京太郎(実は忘れてたなんて言えない)

京太郎(どうにかして話題を変えないと……)



京太郎「飯、ちゃんと食ってるか?友達は出来た?たまには実家に顔だせよ。仕送りは足りてるか?」

郁乃「え?え?え?」

京太郎「飯、ちゃんと食ってるか?友達は出来た?たまには実家に顔だせよ。仕送りは足りてるか?」

郁乃「二回も言わんでええから!」

郁乃「ご飯は霞ちゃんと当番制にしてあるし、友だちは善野ちゃんがおるし」

郁乃「仕送り、というか私、親もおらへんから~」

京太郎「そう……ですか、なんかすみません」

郁乃「ええってええって~ほな早く行こ~」

京太郎「はいはい」

京太郎(なんとか逸らせたな)




京太郎「やっと昼か……」

京太郎「どこで食べようかな」



京太郎「毎度毎度おなじみ!屋上!」

京太郎「案外人いないんだよな」

京太郎「さーて、誰かいないかなー」

京太郎「お、あそこに郁乃さんがいるぞ」

京太郎「おーい郁乃さん!」タッタッ ビチョ

京太郎「……どうして犬の糞があるんだ……」

京太郎「メゲるわ……」





キーンコーンカーンコーン

京太郎「さて、放課後はどうするかな」


京太郎「よし、公園にでも行くか」

京太郎「部活は、まあ女子の大会が近いから邪魔をしないようにする」




京太郎「誰かいないかなーっと」ブチョ

京太郎「…………」

犬の糞「」ワタシダ

京太郎「…………」

京太郎「おかしいだろ!」

京太郎「なんで一日に二回も犬の糞踏むの!?」

京太郎「…………帰ろ」






京太郎「街に行くか」

京太郎「朝以来誰とも会えてない気がする……」



京太郎「図書館に来てみたぞ」

京太郎「勉強勉強っと」

淡「あ!京太郎だー!」

京太郎「淡!?」

「図書館ではお静かにお願いいたします」

京太郎「はい、すみません」

京太郎「で、どうしてここにいるんだ」ヒソヒソ

淡「それは女のヒミツというヤツだよ」ヒソヒソ

淡「京太郎はここで何してるの」ヒソヒソ

京太郎「それは男のヒミツというヤツだ」ヒソヒソ

淡「わかった!お宝本だね!」

京太郎「違うわ!全く以て違うわ!」

「静かにしろと言いませんでしたか?」

京太郎「はい、すみません」



淡「京太郎じゃあねー」

京太郎「またなー」

京太郎(結局何しに来たんだよあいつ……)










京太郎「照にでもメールすっかな」

京太郎「今日は何て送ろう……」

京太郎『学校が始まったんだけどさあ……』

京太郎「送信っと」ピッ

ヴーッ ヴーッ

照『始まったんだけど、何?』

京太郎『犬の糞二回踏んじまったんだよ……』

京太郎『どうしよ』ピッ

ヴーッ ヴーッ

照『知るか』

京太郎『俺の幼馴染は冷たいなー』

京太郎『冷たすぎて投資しちゃうなー』ピッ

ヴーッ ヴーッ

照『投資してどうする気?』

京太郎『……逃避?』ピッ

ヴーッ ヴーッ

照『さて、どうしてくれようか』

京太郎『許してくださいごめんなさい』

ヴーッ ヴーッ

照『許してほしくばプリンをおくれよ』

京太郎『口調変わりすぎだろ、焼きプリンでいいか?』ピッ

ヴーッ ヴーッ

照『口調じゃない、これはメールだからメール調』

照『牛乳プリンで』

京太郎『誰もおごるとは言ってねえよ』ピッ



京太郎「あれ、来なくなったか?」

ヴーッ ヴーッ

照『ばか』

照『おやすみ』

京太郎『今度会ったらおごってやるよ』ピッ

京太郎「あたりさわりのないメールだったな」

京太郎「俺も寝るかー」





照母「照ー風呂空いたわよー」

照「わかった」

照母「メール、終わったの?京太郎くん」

照「なっ、なんで」

照母「だってずっとにやけてるんだもん」

ヴーッ ヴーッ

照「……京」ニヘラ

照母「ほらまたー、好きなんだったら早く告っちゃえばいいのに」

照「京はそういうのじゃない……っていうか……その……」

照母「じれったいわねー、思ったことはぱぱっと言っちゃえばいいのよ」

照「それで喧嘩して別居までしてるくせに」

照母「あーあー聞こえなーい、それじゃあ私仕事行ってくるわね」

照「勝手だなぁ」

照母「おやすみってきまーす」

ガチャ バタム

照「行ってらっしゃい」

照「咲とモモ……」

照「にやけてる?」

ヴーッ ヴーッ

照「京」ニヘラ

照「……またにやけてた?」

照「どうしたんだろ……」

照母『好きなんだったら―――』

照「」ブンブンブン

照「どうせ京は私なんて……」

照「でも……」

照「好き、なのかな」

照「……わからない」

照「ばか」




―――――――――――

「ごめん、遅れた」

「もう三人で始めちゃったからちょっと待っててなー」

「それ、ロンっす」

「うげっ」

「お姉ちゃんは本でも読んでて、借りてきておいたから」

「わかった」

コンコン

「宮永さん、ああ上級生の方よ」

「ちょっと来てくれるかしら?」

「……わかりました」



「なんで他の人のぶんまで……」

「あれ?」

『先に帰ってるね』

「……はぁ」

―――――――――――


照「私は、必要なのかな」



【9月第2週 平日】終了













【9月第2週 休日】


京太郎「やっと一週間が終わった~」

京太郎「久しぶりの学校となると結構きついな」

京太郎「今朝は何をしようかな」



京太郎「ここに来るのも久しぶりだな」

京太郎「まずはどこから行こうか!」


京太郎「水族館に来てみたぞ」

京太郎「どこから見ようかなー」

恭子「ん?君はたしか……」

京太郎「あ、えーっと、末原先輩でしたっけ?」

恭子「君は……須賀くん、やったか」

恭子「まあなんでもええ、ちょっとええか?」

京太郎「はい」



絃「すぅ……すぅ……」

恭子「さっきこの人とぶつかってもうて、気ぃ失ったみたいなんや」

京太郎「は、はぁ……」

京太郎「なんで霜崎さんがここに……」

恭子「なんや、知り合いなんか?」

京太郎「ええ、まあ」

恭子「とりあえず、運んでくれるか?」

京太郎「よっこらせっ、と」

京太郎「さ、行きますか」



恭子「んで、須賀くんとその……」

京太郎「霜崎さんです」

恭子「霜崎さんはどういう関係なんや?」

京太郎「関係……ですか」

京太郎「そうですね……」




京太郎「ただの友人ですよ」

京太郎「確かひっかけ橋で会って、東京の浅草で買い物をしたりしましたね」

恭子「ふーん」ジトッ

京太郎「な、なんですかその目は」

恭子「由子も主将も……ふーん」ジトッ

恭子「あ、ここやで」トントン



絃「う、ぅーん」パチッ

絃「あれ、須賀さん、に……さっきぶつかった人?」

恭子「お、目ぇ覚めましたか?」

絃「こ、この度は迷惑をおかけして申し訳ありません!」

絃「誠に申し訳ありません!」

恭子「いや、ぶつかったんこっちですし」

絃「いえいえ、何もかも私が悪いのです、すみませんすみません」

恭子「え、えっと……」アセアセ

恭子「ど、どうすればええんや?」ボソボソ

京太郎「じゃあ…………」




京太郎「後は俺が引き受けます」

恭子「頼むで」

絃「っひっく、ひっく」シクシク

京太郎「霜崎さん、末原先輩が困ってるので、もう泣き止みましょう」

絃「ですが、私のせいで……」シクシク

絃「うわぁあぁああん!」

京太郎「ど、どうしましょう」ボソボソ

恭子「私にわかるか!」ボソボソ




京太郎「電気街に来てみたぞ」

京太郎「大阪にはいろんなところがあるんだなー」

京太郎「あ、あの人……」

もこ「…………」ブツブツ

京太郎「対木さん、だったっけ?」

もこ「!」ビクッ

もこ「貴様はゴールデンフレ「違う」」

もこ「如何にして我の居場所を突き止めた……?」

京太郎「は、はあ……」

京太郎「で、何をしてるんだ?」

もこ「…………我暗黒に囚われし者、故に道無からずとも……」グスッ

京太郎「迷子になったんだな」

もこ「」コクッ

洋榎「お、京太郎やん!」

もこ「!」ビクッ

京太郎「ど、どうも」

洋榎「こんな所でなにしとるんや?」

洋榎「あ……デ、デート中やったか?」

もこ「否、断じて否!」クワッ

京太郎「そこまで強調する!?」

京太郎「この人、対木さんが迷子になってしまったんですよ」

洋榎「そ、そうなんか……」メソラシー

洋榎「それで、どうするつもりなんや?」

京太郎「……そうだ!」




京太郎「洋榎さんと絹恵さんに手伝ってもらおう」

洋榎「き、絹か?」

京太郎「あれ、そういえば絹恵さんはいないんですか?」

洋榎「え、えーっと、その、なんというかー」

洋榎「うーん、せやなー」

京太郎「はぐれたんですか?」

洋榎「ぎくっ」

京太郎「携帯電話の充電もなくなって連絡ができない、と」

洋榎「ぎくぎくっ」

京太郎「はぁ……対木さんの目的地はどこなんだ?」

もこ「古を打ち破りし白き鬼の交錯する地」

もこ「希望が響き、白き光ある場所」

京太郎「新大阪駅な、洋榎さんは?」

洋榎「ま、まずは対木ちゃんを連れていこ、な?」

京太郎「洋榎さんは?」

洋榎「あ、その……新大阪です」

京太郎「じゃあ俺が絹恵さんに連絡しとくので一緒に行きましょう」



洋榎「でなーそれでなー」

もこ「」コクッコクッ

京太郎(二人とも仲良くなったみたいだ)

ワイワイガヤガヤ

京太郎(ん、人が多くなってきたな)

京太郎(はぐれたら困る……どうしよ)







京太郎「対木さん」ニギッ

もこ「!?」ビクビクッ

京太郎「はぐれると危ないから、な?」

もこ「」コクッ

洋榎「なんや、ウチははぐれてもええんか」プクーッ

洋榎「可愛くてかよわい乙女にようやるわ」

京太郎「どこがかよわいんでしょうかね……」

洋榎「ふんっ」プイッ

もこ「」カァァ



絹恵「あ!お姉ちゃーん!」

洋榎「絹ー!」

絹恵「よかったぁ、あえたぁ……」

洋榎「ごめんな、絹」

絹恵「京太郎くん、おおきに!」

京太郎「いえ、どういたしまして」

もこ「」コクッコクッ

絹恵「あれ、その子……彼女さん?」

もこ「」ブンブン!

京太郎「ああいや、違うんですよ」

絹恵「でも、手ぇ繋いどるし」

もこ「」パッ

京太郎「この人も迷子だったんですよ」

絹恵「あ、なんや、そんなんなんか」

洋榎「よっしゃ!絹!新世界いくで!」

絹恵「今度ははぐれんようにね」

洋榎「またなー」

絹恵「おおきにー」

京太郎「さよならー!」



京太郎「さてと、ここまででいいか?」

もこ「」コクッ

京太郎「じゃあまたな、もう迷うなよ」

もこ「」コクッ

もこ「……ありがとう」

京太郎「おう、んじゃなー」

もこ「」ブンブン!







京太郎「帰ってきたことだし、散歩でも行くか」

京太郎「今日はどこに行こうかなー」



京太郎「ま、適当に回るか」


「お、アンタあれやろ!」

「インターハイチャンピオンやないか!」

「すごいな!」

「握手握手!」

「サインしてください!」

「ちょーうれしいよー」


京太郎「地元ともなるとやっぱり知名度が段違いだな、感動感動」


夜1

京太郎「……」

京太郎「インターハイから竜華さんと同じ部屋、洋榎さんと同じ部屋」

京太郎「……そろそろ出すか」


京太郎「お、咲からメールだ」

京太郎「なになに」

咲『ふぇぇ、京ちゃんが男の人と寝てる夢見ちゃった、どうしよう』

京太郎「俺はホモじゃねえっての!」

京太郎「……男といえば、龍門渕の井上さんってかっこいいよな」

京太郎「でもあの人も脱いだら女の人なんだよな……」モゾモゾ



京太郎「ダメだ……やっぱりおもちがないと」

京太郎「そういえば戒能さん……」

京太郎「……よし」モゾモゾ






夜2

京太郎「ふぅ……」

京太郎「少し散歩に行ってくるか」


京太郎「~♪」

竜華「京くーん!」

京太郎「あ、竜華さん、こんばんは」

竜華「京くんはまた散歩?」

京太郎「はい、最近は専らですね」

竜華「そっかー、今日はセーラの家に泊まってるんや、ちょっと急いどるからまたな」

京太郎「さよーならー」


京太郎「さーてと、もう帰るかなー」

「なァ、そこの兄ちャんよ」

「これ、キレイか?」バサッ

京太郎「」

「くくく、いいねェその顔」

「いいもん見させてもらッたぜ、じャあな」



【9月第3週 平日】

京太郎「なんだったんだよアレ」

京太郎「でもああいう趣味だから竜華さんとかには行かないんだよな」

京太郎「そう考えれば……まだ」



京太郎「……はぁ」

エイスリン「ドウシタノ?」

京太郎「ああ、エイスリンさんですか」

エイスリン「……」カキカキ バッ

|ガリガリの人の絵|

京太郎「元気がないように見えます?」

エイスリン「」コクッ

京太郎「少し、嫌なことがあったので」

エイスリン「……ソッカ」

京太郎(嫌な雰囲気だな……)

京太郎(話題を変えないと)


京太郎(そういえば美術の宿題があったような……)

京太郎「エイスリンさんの絵って上手ですよね」

エイスリン「ソ、ソウカナ?」

京太郎「はい!エイスリンさんの絵は大好きです!」

エイスリン「ダ、イスキ……」カァァ

京太郎「もしよければ、絵の描き方教えてくれませんか?」

エイスリン「……ウン、イイヨ」

京太郎「いいんですか!ありがとうございます!」

エイスリン「……エヘヘ」ニヨニヨ

京太郎「あれ、エイスリンさん?」

エイスリン「ダイスキ……」ニヨニヨ

京太郎「エイスリンさん?おーい」

エイスリン「エヘヘ……」ニヨニヨ





京太郎「んーっ、昼だー!」

京太郎「今週から試験勉強か」

京太郎「前みたいに誰かにご褒美とかねだってみようかな……」

京太郎「そんなことより昼飯昼飯」



京太郎「屋上に来てみたぞ」

京太郎「今日は誰もいないみたいだな」



京太郎「……ほんとに誰も来ないな」




京太郎「そういえば、今日で試験二週間前か」

京太郎「今日から部活動制限じゃねえか……」





京太郎「雀荘に行くかー」

京太郎「勉強なんて前と同じ要領でやればいいんだから楽勝楽勝!」






京太郎「あれ?竜華さんに……戒能さん!?」

京太郎「週末までこっちには来ないんじゃ?」

良子「少しワークを済ませてきたんだ」

良子「この子は須賀くんの知り合いなのか?」

京太郎「ええ、まあ」

竜華「し、清水谷りゅりゅかと言いまひゅっ!」カチカチ

京太郎「ちょ、緊張しすぎじゃないですか!?」

良子「ぁ、戒能……でしゅ」

京太郎「あーもう人見知り!噛むのはやってるんですか!?」



京太郎(そんなわけでいざ打ち始めてみました)

良子「チー」カクッ

良子(プロフェッサー熊倉の紹介で打ったミス赤土の阿知賀ールズたちの打ち筋)

良子(そして以前の合宿で盗み取ったシューターの打ち筋)

良子(試させてもらう!)



京太郎(にしてもドラが集まらない……)

京太郎(高いのが作れねえし……)

京太郎(戒能さんなんて赤ドラ混じりの三副露)

京太郎(ここ、なら)トン

良子(君ではない)

おっさま「~♪」トン

良子「それだ」

良子「ロン」

良子「三色ドラ4」

良子「12000」

京太郎「うげっ、和了られた……」

良子「流石に高校生二人に負けるわけにもいかないので」

良子「連荘」

竜華(なんで京くんは戒能プロとあんなに自然に話してるんやろか?)


東一局一本場
親 良子 37000
竜華 25000
おっさま 13000
京太郎 25000

同コンマのため、流局


良子(今度は鳴き一通)

良子(……どうだ?)

竜華(戒能プロはもう聴牌か……)

竜華(確か今年の大阪選抜のコーチは戒能プロやった)

竜華(ウチがどこまで通用するか!)

竜華(気張ってくで!)

京太郎(とりあえず振り込まないようにしないと)


東一局二本場
親 良子 37000
竜華 25000
おっさま 13000
京太郎 25000



竜華(きたでー!)

竜華(最高状態やないけど、ノッてるノッてる!)

竜華(これは何て言えばええんやろ)ウーン

竜華(準最高状態?)

竜華(怜みたいに言うと……99年生状態か?)

竜華(なんか米寿みたいやな……)

京太郎(うへぇ、聴牌できね)トン

竜華「ロン!16600や!」


東二局
良子 37000
親 竜華 41600
おっさま 13000
京太郎 8400



京太郎(えぇ……)

京太郎(よりによって倍満……)

京太郎(取り返さないと、低くても!)ギィン



京太郎「ロン!8000!」

良子(ふむ……まだパーフェクトでは使えないようですね)


東三局
良子 37000
竜華 41600
親 おっさま 5000
京太郎 16400


良子(今回も狙ってみましょうか……)

竜華(負けられへん!)

京太郎(こっから一気にまくってやるぜ!)

良子(…………ポテンシャル)

良子(可能性を見せてもらいましょう)

良子(ん、来ましたか)

良子「ツモ、2000・4000」


オーラス
良子 45000
竜華 39600
おっさま 1000
親 京太郎 14400



同コンマのため、流局


良子(テンパイ……しかしこの巡目で、ですか)

良子(この打ち筋もまだまだですね)

良子(あと一つは制約無しだと異様に扱いやすいですね)

良子(データも取れましたし、あとは)

竜華(テンパイきたで!)グッ

京太郎(ようやくテンパイ!)グッ

良子(この二人を見るだけです)

良子(それにしても……)


良子「テンパイ」

竜華「テンパイや……」ヘナァ

おっさま「テンパイ」

京太郎「テンパイ……」ヘナァ


良子(なんでこんなに仕草が似てるんでしょうか……)

良子(フレンドリーだからでしょうか?)

良子(ちょっぴりジェラシーです)プクーッ


オーラス一本場
良子 45000
竜華 39600
おっさま 1000
親 京太郎 14400



良子(倍満テンパイ)

良子(客人と京太郎を狙えば飛んでしまう)

良子(可能ならばそんなことはアンウォンテッド、ならば)カクッ

良子(あなたを狙わせてもらいましょう)ギィン

竜華(!)ゾクッ

竜華(なんやこの感じ……ウチが狙われとる?)

竜華(関係あらへん!)

竜華(前に進むで!)トッ…

竜華(あれ、そういえば泉が言うとったな)

竜華(それに、戒能プロの打ち方は確か……)…ッン

良子「ロン」

良子「16000」

良子(二回で気づきましたか、十分パッシングマークです)

良子(楽しませてもらいました)


終局
良子 61300
竜華 23300
京太郎 14400
おっさま 1000