次鋒戦開始
親 桃子 91000
由子 24200
郁乃 193400
宥 91400



由子「ロン、3900なのよー」

桃子「はいっす」

桃子(相変わらず地味な和了りっすね)

桃子(でもさっきはどうして私のことが見えてたんすかね?)

桃子(胸がどうとか……?)

東2局
桃子 87100
親 由子 28100
郁乃 193400
宥 91400


郁乃「ロン、12000やで~」

桃子「はいっす」

由子(代行、やっぱり手強いのよー)


東3局
桃子 75100
由子 28100
親 郁乃 205400
宥 91400


由子(後輩のミスは私が)

由子(取り返すのよー)

由子「ロン!24000なのよー!」

由子(これでオーラスの仕返しはしたのよー)

由子(さて次は……)

郁乃(親流されてもうたか~真瀬ちゃん強いわ~)

宥(うぅ、全然和了れないよぉ……)


桃子(3連続放銃、でも他の人たちは私を見てはいないっす…………)スッ

桃子(ここからはステルスモモの独壇場っすよ)

桃子が[ステルスモード]に移行しました!


東4局
桃子 51100
由子 52100
郁乃 205400
親 宥 91400


宥(玄ちゃんが守った点棒、守る!)

桃子「リーチっす」

宥(またあったかくない牌……)

由子(清澄の、これは国士?危ないのよー)

郁乃(まだまだ稼ぐで~)

宥(これも、あったかくない……)トン

桃子「ロン、32000っす」

宥「ふぇっ!?は、はい」

宥(リーチなんてかかってたっけ?)

郁乃(いつの間に……)


南1局
親 桃子 83100
由子 52100
郁乃 205400
宥 59400




郁乃「ツモ、1600・3200や~」

郁乃(今日は辛いなぁ、でも、あとちょっとや~)

由子(代行の妹さん……対策試してみるのよー)

【対抗策】発動!
【身代わりの幻影】をコピーしました


南2局
桃子 79900
親 由子 50500
郁乃 211800
宥 57800


桃子「ツモ、3000・6000っす」

桃子(ずっと視線を感じるっす)

桃子(どうしてこの人が見えるんっすか)

桃子(くるくるさん……)



南3局
桃子 91900
由子 44500
親 郁乃 208800
宥 54800


由子「リーチなのよー」

桃子(この人、本当に私を……)

桃子(試させてもらうっす!)トン

由子(一発ならず……のよー)

由子(清澄の東横さん……)

―――――――――――

由子『清澄?』

善野『せや、多分二回戦で当たることになるとこ』

善野『そんで、これが真瀬さんの相手や』

由子『東横桃子……?』

善野『なんでもその子、消えるらしいんや』

由子『消える?卓上から、ですか?』

善野『信じがたいんやけどな、そんで真瀬さんには東横さんの対策をしてもらうわ』

由子『対策……でも、どうやって』

善野『おもちや、おもち』

―――――――――――

由子(私が鍛えたおもちレーダー、上手くいってるのよー)

桃子(やっぱり気のせいっすかね?)トン

由子「ロン、16000なのよー」



オーラス
桃子 75900
由子 61500
郁乃 208800
親 宥 54800


由子(そういえば、阿知賀のひとのおもち力も高いのよー)

由子(……うらやましいのよー)

由子「ロン、四暗刻単騎で32000なのよー」

桃子「はえっ!?」

由子「これで終わりなのよー」

宥(一回も和了れなかったよぉ……)

郁乃(真瀬ちゃん……)


次鋒戦終了
三箇牧 208800 (+15400)
姫松 93500 (+69300)
阿知賀 54800 (-36600)
清澄 43900 (-47100)


由子「おつかれさま、なのよー」

桃子「おつかれっす……」

宥「おつかれさまでしたぁ……」

郁乃「おつかれさん~」













憧「私が一番乗りね」

憧(ついに来たインハイ決勝!負けられないよね、もう)

咏「うーっす、今日もよろしく頼むねぃ」

憧「今日も私が勝つから」

咏「ほぉ、言うねぃ、ま頑張ってくれよ~」

洋榎「なんやまたチビかいな、女子高生の身長どうなっとんねん」

久「あらいいじゃない可愛らしくって」

久「あなたも同じなんだし」

洋榎「今どこ見て言うた、ん?」

久「さあ、始めましょうか」

洋榎「なんや無視かいな……」









中堅戦開始
親 久 54800
洋榎 93500
憧 43900
咏 208800


久(テンパイ、さて、取り返させてもらいましょうかね!)

【悪待ち】発動!

久(これで、よし)

久「リーチ!」

咏(清澄のやつなかなか速いねぃ)

咏(ま、私は速いよりか高い方が好きなんだよねぃ)

咏(取りあえずスジを)トン

久「ロン、裏乗って12000!」

咏「はあっ!?」

咏(三面捨てて単騎?打点も下げてるし、何がしたいんだよこいつ……)

東1局一本場
親 久 66800
洋榎 93500
憧 43900
咏 196800


久(いい調子よ、もう一回くらいできるかしら?)

【悪待ち】発動!



久(今度は……これで)

久「リーチ」

憧「ポン!」

憧(一発消し!)トン

久「ロン……24300」


東1局二本場
親 久 91100
洋榎 93500
憧 19600
咏 196800



憧(あと2万点……)

憧(でも姫松はこれを取り返した、私もあきらめない!)

憧「ツモ!2200・4200!」


東2局
久 86900
親 洋榎 91300
憧 28000
咏 194600



憧「ロン、2000!」

咏(おいおい、ずっと削られっぱなしじゃねえかよ)

咏(これじゃあ前みたいに……)


洋榎(ずっと黙ってんのは好きやないなぁ)

洋榎(もうちょい待っとくか)


東3局
久 86900
洋榎 91300
親 憧 30000
咏 192600



咏「ツモ、3000・6000」

咏「取られてばっかじゃないんだよねぃ」

咏「次行くぜぃ~」

憧(止められた……でもまだまだ!)

洋榎(ここまで焼き鳥か、まあハンデとしちゃちょうどええわ)

洋榎(狩るでー三箇牧狩るでー)

【灼熱の矛】発動!


東4局
久 83900
洋榎 88300
憧 24000
親 咏 204600



洋榎「先駆けリーチ!」

憧(清澄の悪待ち、三箇牧の超火力)

憧(でもこの姫松は何がなんだかわかんないのよね)トン

洋榎「それロン!さーて裏はどないかなー」

洋榎「って、乗っとらんやないか!」

洋榎「3900や!」

憧(騒がしい……)


南1局
親 久 83900
洋榎 92200
憧 20100
咏 204600




洋榎「カン!」

洋榎「嶺上開花!1000・2000や!」

洋榎「まだまだ止まらんでー」


南2局
久 81900
親 洋榎 96200
憧 19100
咏 203600



久(愛宕さんの親、流しておこうかしら、ね!)

【悪待ち】発動!



同コンマのため、流局


久「リーチ!」

憧(清澄またリーチ?もう勘弁してよ)

咏(これ以上の失点はちょっとねぃ)


南3局一本場(供託棒:1)
久 81900
洋榎 93200
親 憧 20100
咏 204600



洋榎「ロン、4200や!」

憧「はい」

洋榎「悪いなぁ、けどウチらも負けてられへんのや」

洋榎「ほな行くでオーラス!」


南3局
久 81900
洋榎 98400
憧 16200
親 咏 204600



同コンマのため、流局


憧(まだ負けられない!)

憧(なんとしてでも和了る!)

洋榎(楽しかったな、これで終わりか)

憧(最後まであきらめない、あきらめたくない!)


中堅戦終了
三箇牧 203100 (-5700)
姫松 99900 (+6400)
清澄 80400 (+36500)
阿知賀 17700 (-37100)


洋榎「おつかれさんさんさんころり~」

久「おつかれさま」

憧「お疲れ様でした……」

咏「おっつかれぃ~」

憧(ダメだな、私……ホント)グスッ












京太郎「阿知賀、大丈夫かな」

京太郎「淡とか由子さんみたいに巻き返してくれるといいんだけど……」

洋榎「お、須賀やん」

京太郎「どうも」

洋榎「今の試合見とったか?凄かったやろ?」

京太郎「ずっと3900は凄かったですね」

洋榎「そ、それは言わんといてや……」

京太郎「収支で言えば清澄の竹井さんの方が凄かったですし、なんとも」

洋榎「よし、決めたわ!個人戦でリベンジしたる!見とってや!」

京太郎「楽しみにしておきますよ」

洋榎「あ、せやアドレス交換せえへん?須賀のは持っとらんかったから」

京太郎「確かにそうですね、じゃあこれ」

洋榎「…………っと」

洋榎「登録完了や、あとでそっちに空メール送っとくわ」

洋榎「ほなまた」

京太郎「頑張ってくださいねー!」



―――――――――――――――

絹恵「よろしくお願いします~」

和「お願いします」

憩「よろしくですーぅ」

灼「よろしく」

灼(取り返さないと、私が)

灼(私たちは5人で阿知賀)

灼(負けたくない)





副将戦開始

親 灼 17700
絹恵 99900
和 80400
憩 203100



和「ツモ、3000・6000」

灼(やっぱり強い……)

灼(でも、負けない)


東2局
灼 11700
親 絹恵 96900
和 92400
憩 200100



灼(テンパイ、出遅れたけど)

灼(反撃開始)

【ボウリング打法】発動!

灼「ロン、8000」

灼(三箇牧から削りたいんだけど)

灼(今はそんなこと言ってられない)


東3局
灼 19700
絹恵 96900
親 和 84400
憩 200100



憩(大将は照ちゃんの妹……)

憩(なるべく空けんとな)キィィン

【孔穿つ閃光】発動!

憩「リーチ!」

絹恵(荒川さんも鷺森さんも、同じ学年なのに凄いなぁ)

絹恵(私も頑張らんと!)トン

憩「ロン……6400や」

絹恵「はい……」


東4局
灼 19700
絹恵 90500
和 84400
親 憩 206500




灼(荒川さんの親……)

灼(仕掛ける)

【ボウリング打法】発動!


同コンマのため、流局


絹恵(うーん、ツモ悪いなぁ……)

灼(ダメだ、このままじゃ)

和(流局ですか)

和(三箇牧の人からなるべく取りたいですね)


南1局
親 灼 21200
絹恵 92000
和 82900
憩 205000



和「ツモ、1300・2600」

和(穏乃や憧、玄さんがいるところでも容赦はしません)

和(私も、負けられないのです)

灼(原村さん……)


南1局
灼 18600
親 絹恵 90700
和 88100 ※[大天使モード]に移行しました
憩 203700



憩(まだまだ、もう一回や!)ピキィィン

【孔穿つ閃光】発動!

憩「リーチ」

灼(こんなに終盤でリーチ?)

絹恵(荒川さんのリーチ……オリとかな)トン

和(…………)トン

憩(一発やないんやな……)トン

灼(流局)トン

絹恵(ノーテン流局かぁ)

絹恵(お姉ちゃんみたいになれたらなぁ……)トン

憩「それロン、6400や」

絹恵「あ、はい」


南3局
灼 18600
絹恵 84300
親 和 88100
憩 210100



灼(ここまで全然稼げてない)

灼(絶対に、勝つ)

【ボウリング打法】発動!

和「ツモ、500オールです」

灼(和了られた……)

灼(穏乃に回す)

灼(みんなで遊ぶって、みんなで言った)

灼(まだ試合は終わってない)


南3局一本場
灼 18100
絹恵 83800
親 和 89600
憩 299600



灼(できるだけ多く)

灼(できるだけ、全力で)

【ボウリング打法】発動!

灼(よし……)

絹恵(全然テンパイできへん)

絹恵(みんな、お姉ちゃん、ごめん)トン

灼「ロン、32300」

絹恵「はい……」グスッ

灼(うまく行った)グッ

灼(あと一回)


南4局
灼 50400
絹恵 51500
和 89600
親 憩 199600


灼(5万点、15万点差)

灼(ツモれるとありがたい)

【ボウリング打法】発動!

絹恵(だ、ダメや……)トン

灼(姫松の愛宕さん……)

灼(せっかくの倍満、裏が乗れば三倍満、和了りたいけど)

灼(姫松が飛ばされるかも)

灼(一回見逃そう)

灼(和了れるかな……)





灼(高目一発を和了れなかったのは残念だけど)

灼(まだ時間はある)

絹恵(残り5万点……末原先輩に頑張ってもらうしか)

絹恵(オーラスにノーテン)

絹恵(お姉ちゃんやったら……)

和(あまり取れませんでした)

和(すみません、咲さん)


灼(来た、今日は運が良かった)

灼「ツモ、3000・6000」


副将戦終了

三箇牧 203600 (+500)
清澄 86600 (+6200)
阿知賀 62400 (+44700)
姫松 48500 (-51400)









絹恵「はぁ……」ズーン

漫「はぁ……」ズーン

由子「二人とも元気出すのよー」

洋榎「せやで絹!愛宕家の血が泣くで!」

絹恵「せやかて、ねぇ……」

漫「せやなぁ……」


恭子「行ってきます」

善野「頑張ってな、末原さんならできるで」

恭子「ホンマにこの恰好で行かなきゃですか?」

善野「準決勝でわかったやろ?何事もまずは形から、や」

恭子「はぁ……」

――――――――――

穏乃「行ってきます!」

灼「今日は制服なんだ」

憧「決勝戦だから私が言っておいたのよ」

玄「穏乃ちゃん頑張って!」

宥「みんなの分、頑張ってね」

穏乃「はい!」

――――――――――

咲「あ、和ちゃん!」

和「咲さん……あまり稼げませんでした」

和「ごめんなさい」

咲「ううん、いいよ」

咲「私が勝つから」

咲「和ちゃんは大丈夫だよ」

和「咲、さん」

咲「それじゃあまた後で」

和「はい……」

――――――――――

エイスリン「イッテキマス!」

エイスリン「I'll be back!」

照「頑張って」

咏「逃げ切ればいいだけだしねぃ」

郁乃「エイちゃんなら大丈夫やで~」

憩「頑張ってな」

エイスリン「ウン!」












大将戦開始

親 咲 86600
恭子 48500
穏乃 62400
エイスリン 203600


恭子(準決勝のときみたいに……)トン

咲「ポン!」

恭子(大明槓やなかったか……)トン

エイスリン(チャンカン)トン

咲「カン!」

エイスリン(ヤッタ!)

エイスリン「ロン!6400!」

咲「うっ……」

咲(また……)

東2局
咲 80200
親 恭子 48500
穏乃 62400
エイスリン 210000



恭子(まさか三箇牧が親を流すとは)トン

穏乃「ロン、24000です」

恭子(思わ……)

恭子「はっ!?」


東3局
咲 80200
恭子 24500
親 穏乃 86400
エイスリン 210000


恭子「ロン、12000」

咲「はい」

恭子(どうしたんや?全く和了っとらんやないか)

恭子(何をする気……?)


東4局
咲 68200
恭子 36500
穏乃 86400
親 エイスリン 210000


エイスリン(コノママ……keep)トン

咲「カン」

咲「嶺上ツモ、5200」

咲(こんな感じでいいかな)

咲(さて、と)


【魔王の嶺】発動!


穏乃(三倍満……この調子)




南1局
親 咲 73400
恭子 36500
穏乃 86400
エイスリン 204800


恭子(清澄……ようわからん)

恭子(また二回戦ときみたいにプラマイゼロ?この局面でせえへんやろ)

恭子(何を考えとるんや……)

咲(…………)

エイスリン(マダダイジョウブ……)トン

咲「カン」

エイスリン「エッ」

咲「カン」

咲「もいっこカン」

咲「カン」

エイスリン「ア……ア……」

咲「嶺上ツモ、四槓子四暗刻、48000」


南1局一本場
親 咲 121400
恭子 36500
穏乃 86400
エイスリン 156800



咲(点差縮まったし、もう自由に打っていいよね……)

【帳尻合わせ】を発動しなくなりました

穏乃(一気に48000!?)

穏乃(何がなんだかわからない)トン

咲「カン」

咲「18000の一本場は18300です」

【魔王の嶺】の効果が切れました


南1局二本場
親 咲 139700
恭子 36500
穏乃 68100
エイスリン 156800


恭子(清澄……相変わらずやったか)

恭子(私は点差縮めに行く!)トン

エイスリン「ロン、12600!」

エイスリン「ヨシッ!」

恭子(三箇牧、ようやるわ……)

恭子(これで25000)

恭子(メゲるわ……)

【恐怖伝染】が発動しました


南2局
咲 139700
親 恭子 23900
穏乃 68100
エイスリン 169400



同コンマのため、流局


咲(またこれ……)

咲(まだ頑張らなくちゃなのに……っ!)


南2局一本場
咲 139700
親 恭子 23900
穏乃 68100
エイスリン 169400


エイスリン「ロン、32300!」

咲「えっ……」

咲(これ、勝てるの?)

咲(嫌だ、勝ちたい)

咲(和ちゃんとまだ楽しむんだ)

咲(負けない)

【魔王の嶺】と【帳尻合わせ】が発動しました


南3局
咲 107400
恭子 23900
親 穏乃 68100
エイスリン 201700



咲「カン」

咲「嶺上ツモ、3000・6000」

咲(オーラスで何とかしないと!)

穏乃(もうオーラス……出来て2位)

穏乃(最後まで楽しもう!)

【インフレーションギア】がレベルアップしました


南4局
咲 119400
恭子 20900
穏乃 62100
親 エイスリン 198700


穏乃(満貫……)

穏乃(ここまで来れたんだから、もういいか)

穏乃「ロン、8000!」


大将戦終了

清澄 119400 (+32800)
姫松 20900 (-27600)
阿知賀 70100 (+7700)
三箇牧 190700 (-12900)







理沙(あーあ、今日もやっちゃった)

理沙(口下手なのになんで仕事に呼ばれるんだろう)

理沙(解説もルックスもダメダメなのに)

理沙(東京でファンの人に会ったときも……)

――――――――――――――

豊音『あ、野依プロだよー!』

豊音『サインください!』キラキラ

理沙(書いてあげたいけど時間がない……)

豊音『ダメですか?』

理沙(そうだ、あとで書いて送ってあげればいいんだ!)

理沙『書けない!』プンスカ

豊音『えっ』

理沙(あ、ああ……)

豊音『そうですよね、迷惑ですよね』

豊音『ごめんなさい!』ダッ

理沙『あ…………』

――――――――――――――

理沙(昔ならまだそんなに口下手じゃなかったんだけど)

理沙(戻りたいな……)

「おーいそこのお姉さん!」

「あんた、若返りたくないか?」

理沙「……え?」

――――――――――――――

理沙(ワカガエール、これを飲めば私も……)

理沙(覚悟を決めろ野依理沙!)

理沙「えいっ!」ゴクッ

理沙「…………」

理沙(……何もない、そらそうだよね)

理沙(はぁ……これからどうしよう)ズキッ

理沙「うっ!」ズキズキッ

理沙(胸が……っ!)ズキズキズキッ

理沙「ああっ!」








エイスリン「Bye.」ピッ

京太郎「誰と話してたんですか?」ヒョコ

エイスリン「ワッ!」ビクッ

エイスリン「キョウタロークン……」ジトッ

京太郎「すみません、まさかそこまで驚くとは」

京太郎「立てますか?」

エイスリン「ウン、All right.」パッパッ

エイスリン「momトハナシテタ」

京太郎「お母さんですか、優勝報告とか?」

エイスリン「ヨロコンデタ!」

京太郎「そうですか」

エイスリン「コレ」

京太郎「?なんですかこの紐」

エイスリン「オマモリ」

京太郎「お守り……ってあの俺があげたやつですか」

エイスリン「……」コクッ

京太郎「白い紐に黄色のお守りだったのに、どうしてこんな……黒焦げているんだ」

お守り「」ボロッ

エイスリン「サキ、コワカッタ」ウルッ

エイスリン「カテテ……」ウルウル

エイスリン「ウワアアアアン」ポロポロ

京太郎「お疲れ様でした、でも泣くのはまだ早いですよ」

京太郎「歓喜はみんなで、悲哀は一人で」

京太郎「さ、帰りましょう」

エイスリン「ウン……」グシュッ

京太郎(お母さん……か)

エイスリン「……ヒクッ」

京太郎(エイスリンさんもいつか帰っちゃうのか)


団体戦に優勝した!







京太郎「明日から個人戦か、頑張ろう!」

霞「あ、そうだ京太郎くん」

京太郎「何ですか?」

霞「あなた、これからホテル別のところよ」

京太郎「え?」

霞「今泊まってるところって男子個人戦の会場まで遠いのよね」

霞「バスとかがあればよいのだけれど、それも無いし」

霞「だから移ってもらうわ、荷物はもう運んであるからそのまま直行でよろしくね」

京太郎「ちょっと待ってくださいよ!」

霞「場所はこれに書いてあるから、じゃあね」

霞「それじゃあ叙○苑行きましょうか!」

キャッホーイ

京太郎「」



京太郎「まあ新しい出会いがあると思えば……うん」グスッ

京太郎「姫松高校御一行……」

京太郎「姫松……!」

京太郎「天は俺を見放さなかったようだな!」グッ

京太郎「部屋は……ここか」

京太郎「いよいよ新天地だ!」




京太郎「お邪魔しまーす、って誰もいないか」

京太郎「おお、和室じゃない……」

洋榎「絹ーマッサージし……」

京太郎「えっ」

洋榎「えっ」

京太郎「どうして洋榎さんがここに?」

洋榎「それはこっちの台詞や!ウチか!ウチの体目当てに忍び込んできたんか!」パァァ

京太郎「どうしてそんなに嬉しそうなんですか」

京太郎「とりあえず俺は霞さんに確認してくるんで、洋榎さんも監督さんに確認してきてください」

洋榎「わかったわ」ドヒューン



洋榎「そっちの先生に頼まれたんやと」

京太郎「こっちもそう言ってます、宿泊料の節約だとか」

洋京「「はぁ……」」

洋榎「まあまずはスペース決めへん?」

洋榎「ウチはこっから……ここまでや!」

京太郎「それこの部屋の80%ですよね!俺にどうしろと」

洋榎「寝床やったら押入れの中で十分やないか」

京太郎「どこの猫型ロボットですか、それに暑すぎますよ」

洋榎「せやったら……一緒に寝るか?」

京太郎「いやいやいや、それはどうなんですか」

洋榎「ま、そんときはそんときやな」

京太郎「ですね」

京太郎(これからどうするかな……)




京太郎「親睦も兼ねて何かしましょうか」

洋榎「せやな、ウチも暇やし」

洋榎「そんで何するんや?」

京太郎「そうですね……じゃあ>>543でも」


京太郎「スピードでもしましょうか」

洋榎「お、ええな!」

京太郎「ジョーカー抜いてっと」

洋榎「なんでジョーカー抜くん?」

京太郎「え、抜かないんですか?」シュッシュッ

洋榎「赤と黒に分けないんか?」

京太郎「普通に切りません?」

洋榎「いや、それはおかしいで」

京太郎「はい、配り終わりましたよ」

洋榎「ウチが33枚で、京太郎が4枚やな……って、15枚足らんやないかー!」

京太郎「わかってますよ、3、3、4、3、2、っと」

京太郎「じゃあ始めましょうか」

洋榎「マックススピードの洋榎とはウチのことやで!」



洋榎「うがー負けたー!」

洋榎「なんで手元に山札持っとんねん!反則やろ!」

京太郎「逆にどうして洋榎さんは持たないんですか?」

洋榎「こうなったらババ抜きで勝負や!」



洋榎「……あ、ババや」

京太郎「……うわっ、まさか引くとは」

洋榎「…………」

京太郎「…………」

京太郎「2人でやってもつまらないですね」

洋榎「うん」

京太郎「もう寝ましょうか」

洋榎「うん」



洋榎「って、なんでや阪神関係無いやろ!」

京太郎「今さら!?」


【9日目】終了














【10日目】開始

京太郎「朝起きたら洋榎さんに抱き着かれていた……」

京太郎「これが竜華さんだったらな……ちょっとトイレ行って来よう」



京太郎「会場に行くか、道に迷ったりしたら困るからな」

京太郎「洋榎さん、朝ご飯頼んでおきましたから」

洋榎「ん……おおきに」

京太郎「じゃあもう俺出ますね」

洋榎「行ってらー」









一回戦開始(1位で通過)

親 男C 25000
男B 25000
男A 25000
京太郎 25000



男C(俺はみんなに応援されてここへ来た!)

男C(初戦から押していくぜ!)

男C「ツモ、500オール!」

東1局一本場
親 男C 26500
男B 24500
男A 24500
京太郎 24500



男C(東風で起家は苦手だったんだが)

男C(どうやら俺はついてるようだ)

男C「ツモ!12100オール!」

男B「なっ」

男A「にっ」

京太郎「ぬっ!?」


東1局二本場
親 男C 62800
男B 12400
男A 12400
京太郎 12400


京太郎(え~何これ、三倍満ツモとか)

京太郎(とりあえず挽回しないと)

京太郎(よし、来た)

京太郎(三倍満には三倍満だ!)

京太郎「ツモ!6200・12200!」


東2局
男C 50600
親 男B 6200
男A 6200
京太郎 36800


京太郎(まくるには跳満ツモか)

京太郎(この手牌だったら……いけるな)

京太郎「ツモ!」

京太郎(あれ、裏が乗っちゃったぞ)

京太郎「4000・8000です」


一回戦終了
男C 46600
男B -1800
男A 2200
京太郎 52800







京太郎「一時はどうなるかと思ったけど、大丈夫だったな」

京太郎「この調子で勝ち進むぞ!」









【side-憩】


憩(久しぶりやな、この雰囲気)

憩(団体戦は共闘したけど)

憩(今年は勝たせてもらうで、照ちゃん)



一回戦開始

親 女C 25000
憩 25000
女B 25000
女A 25000

憩(……これは)

憩(最初からツいとるやん)

憩「ロン、24000」

女A「ひゃ、ひゃい!」


東2局
女C 25000
親 憩 49000
女B 25000
女A 1000

憩「カン!」

憩「カン!」

憩(んーやっぱ妹ちゃんみたいにはできへんか)

憩(ま、ええわ、これで満貫確定)

女A「うぅ……」トン

憩(これで終わりや)

憩「ロン、12000!」

一回戦通過
女C 25000
憩 61000
女B 25000
女A -11000










【side-京太郎】

京太郎「どうやら憩さんと照さん」

京太郎「竜華さんと船久保さんは全員一回戦を通過したらしい」

京太郎「明日は二回戦か、どうなることやら」



洋榎「ただいまえだのクラッカーやでー」

京太郎「違いますよねそれ」

洋榎「そういえば須賀も個人戦出とるんやったな、どやった?」

京太郎「なんとかまくって飛ばして通過です」

洋榎「そうかーなんとかかー」

洋榎「まあウチは清老頭ブチ当てたったわ」ドヤッ

京太郎「そうだ、じゃあ二人で祝勝会でもしましょうよ」

洋榎「お、ええな、何するんや?」

京太郎「今日はスマブラで!」

洋榎「は?スマブラ?」

京太郎「たしかここのフロントでゲームキューブ借りられるんですよ」

洋榎「カセットは?」

京太郎「ちょうど持ってきてたんで」

洋榎「なんでもっとんねん」

京太郎「というわけで、俺がフロント行ってる間に洋榎さんは他の人を二人くらい呼んできてください」

洋榎「二人だけやったらつまらんからな、合点承知やで!行ってくるわ!」ドヒューン


京太郎「よし、準備完了だ」

洋榎「ただいまやでー」

京太郎「あれ、呼んでこなかったんですか?」

洋榎「監督誘いに行ったら友達呼んでくる言っとったわ」

京太郎(監督って善野さんって人だよな……)

京太郎(じゃあその友達って……)

善野「お邪魔するで」

郁乃「お邪魔するで~」

洋榎「あ、アンタは三箇牧の次鋒やないか!」

郁乃「京太郎くん久しぶりやな~」

京太郎「やっぱりですか……」



洋榎「ほな始めるでー」

郁乃「その前に~ルールどうするんや~?」

京太郎「げっ」

郁乃「私としては勝った人が何か命令一つする~とかがええんやけど~」

洋榎「それええやん、採用や」

善野(元監督やのに友達同士みたいやな……)








洋榎「ウチのクッパがあああああああ!」

善野「ミュウツー安定やな」

郁乃「あ~京太郎くんに負けてもうたか~」

郁乃「ガノンちゃん強かったんやけどな~」

京太郎「俺のマルスをなめないほうがいいですよ」

京太郎「それじゃあ命令タイムですね」ニヤッ

郁乃「あ、対象は最下位の洋榎ちゃんだけやで~」

洋榎「そんなん聞いとらんで!」

郁乃「言ってないも~ん」

洋榎「」イラッ

善野「まあまあ二人とも落ち着いて」

京太郎「洋榎さん」

洋榎「!な、なんや、何すればええんや」

京太郎「肩もみをしてください」

洋榎「脱げば、ええんやな……え?そんなんでええの?」

京太郎「何を考えてたんですか」

洋榎「そら……その……」モジモジ

洋榎「…………命令やから///」ボシュッ

郁乃「顔真っ赤っかやな~可愛えわ~」

洋榎「う、うっさいわボケ!」

洋榎「……ほな、始めるで」

京太郎「はい」



洋榎「んっ、んっ、ど、うや?」

京太郎「はい、そこ、気持ちいいです、んっ!」

洋榎「ここか?ここがええのんか~?」

京太郎「立場逆です」

郁乃「暇やから私も私も~!」ガチャガチャ

京太郎「ちょ、どうしてズボン脱がそうとしてるんですか!」

郁乃「ん~下のマッサージ?」

京太郎「なんで疑問符!?善野さん止めてくださいよ!」

善野「私はなーんも見とらんでー」

京太郎「思いっきりこっち見てますよね!?」



【10日目】終了














【11日目】開始


京太郎「まさかほぼ徹夜でスマブラをすることになるとは」

京太郎「善野さん監督なんだからなんとかしてくれよ……」

京太郎「そういえば善野さんと初めて話したな」


午前

京太郎「もう会場に行っておくか」

京太郎「今日はどんな人と戦うんだろうな」










二回戦開始(1位で通過)

京太郎「リーチ!」

男F(こいつが噂の須賀京太郎か)

男D(三箇牧、よくわからぬところだな)

男E(とりあえず当たらないように)

男D(全力かつ優雅に打ちまわそう)トン

京太郎「ロン、24000」


東2局
男F 25000
親 男D 1000
男E 25000
京太郎 49000


男F(開局早々の三倍満)

男D(女子二位の荒川憩が昨日やったと聞く)

男E(それでこそ上等!)

男E(私が打ち下してやる!)トン

京太郎「ロン、12000」


東3局
男F 25000
男D 1000
親 男E 13000
京太郎 61000


男E(なんだよ、なんなんだよこいつ!)

男D(どうしてこうも高い打点を出せるんだ!)

男F(ここまでか……)

京太郎「なあ、あんた達」

京太郎「麻雀って、楽しいよな」

京太郎「あんた達も一緒に楽しもうぜ!」

男F(こいつ、何を?)

男E(頭いかれてんのか?)

男D(面倒くさいなぁ)トン

京太郎「ロン、32000」

男D「えっ」


二回戦通過

男F 25000
男D -31000
男E 13000
京太郎 93000













二回戦開始

親 女D 25000
女E 25000
憩 25000
浩子 25000


浩子「ツモ、2000・4000」

浩子(予想はしとったけど、まさか二回戦でこの人と当たるとはな)

憩(船Qちゃん、楽しみやな)

浩子(まあ逃げれば問題はないやろ)


東2局
女D 21000
親 女E 23000
憩 23000
浩子 33000


女D「ロン、2000」

女D(たとえ個人戦二位だろうと、搾り取る!)

女D(私だって岐阜の一位なのだから!)

浩子(岐阜個人戦一位……)

浩子(データ通り)

浩子(搾り取ったるわ)


【分析】発動!


東3局
女D 23000
女E 23000
親 憩 21000
浩子 33000

女E「ロン、んー裏乗らなかったかー」

女E「12000で」

浩子「う……あ、はい」

浩子(福井三位、データは……)

浩子(そうやったな、まだ負けへんで)

【分析】発動!


オーラス
女D 23000
女E 35000
憩 21000
親 浩子 21000


浩子「ツモ、500オール」

女D(なんか、この人といると)

女E(調子が崩れる)

浩子「一本場」

浩子(荒川憩、どうして和了らんのや)


オーラス一本場
女D 22500
女E 34500
憩 20500
親 浩子 22500

同コンマのため、流局


憩(ここまでノーテン)

憩(トップとは18000点差)

憩(どうしたものか……)


オーラス二本場
女D 23500
女E 35500
憩 17500
親 浩子 23500


憩(ダマで跳満ツモってもうた)

憩(これで和了しても30100、一位の人は……)

憩(32300)

憩(まだ、ダメや)

憩(練りなおさな)





憩(リーチかければ、倍満……)

憩(せやけど、フリテンか……)

憩(大丈夫や、大丈夫)

憩(ウチならできる!)

憩「リーチ!」

【孔穿つ閃光】発動!

憩(さあ、来てや!)

憩「一発ツモ!」

憩「裏は乗っとらんけど、4200・8200!」

女E「ま、まくられたぁ~」

女D「ありがとうございました」

浩子「おつかれでした」

浩子(去年よりは差が縮まったみたいやな)

浩子(それがわかっただけで儲けもんや)


二回戦通過
女D 19300
女E 31300
憩 34100
浩子 15300










京太郎「二回戦は憩さんが船久保さんを倒して通過、照と竜華さんもそれぞれ通過」

京太郎「知り合いと戦わなきゃ、か、辛いだろうな」

京太郎「少し疲れたし風呂に入るか」

京太郎「洋榎さんはいないみたいだし」


京太郎「ふぅ、いい湯だった」

京太郎「前は竜華さんと鉢合わせしちゃったからな」

京太郎「洋榎さんも勝ち進んだのだろうか?」


【11日目】終了