京太郎「中堅戦はあっさり終わったな」

京太郎「今回はエイスリンさんまでいくといいけど、そしたら淡に当たるのか……」

恒子「ヘイ少年、君もしかして三箇牧の生徒だったり?」

京太郎「誰ですかあなた……って!福与アナじゃないですか!」

恒子「お?やっぱ知ってる?いやースーパーアナウンサーは辛いねー」

京太郎「朝のふくよか占い毎日見てます!」

京太郎「……それで、どうして俺が三箇牧だと?」

恒子「ああ、君、個人戦出るでしょ?」

京太郎「ええ、一応」

京太郎「まさか出場選手全員のことを知っているとかですか?」

恒子「そのまさかだけどちょっと違うんだな」

恒子「なんとなく覚えてるだけ、だから名前まではわからないんだよ」

京太郎「それでも凄いですよ!流石ですね!」

恒子「いやぁ、そう言われると照れるねー」

恒子「そうだ!連絡先交換しない?」

京太郎「アナウンサーがいいんですか?そんなこと」

恒子「すこやんにちょっと自慢するだけだよ」

京太郎「わかりました、じゃあ」

恒子「ありがと、君、名前は?」

京太郎「須賀京太郎です」

恒子「そうか、須賀くんか!応援しておくよ、それじゃねー」

京太郎「さようならー!」


恒子(年頃の男子高校生の連絡先ゲットー!)

恒子(すこやん羨ましがるだろうなー)




―――――――――――――

憩「亦野ちゃん元気にしとった~?」

誠子「おかげさまで」

憩「そら良かったー」

灼(この人が全国2位、荒川憩)

灼(……努力する)

哩(余裕あるけん、縛り少なめで行く)

憩(楽しみやな、頑張るで!)

誠子(三箇牧を釣り上げる!)

誠子(勝ってやる!)


副将戦開始

誠子 42000
哩 67500
憩 204100
灼 86400



哩「ツモ、1000・2000」

哩(リザベーション成功!)

誠子「くっ……」

誠子(出鼻をくじかれた!)


東2局
誠子 43900
親 哩 68900
憩 199200
灼 88000


憩「ツモ!1300・2600!」

誠子(また和了られた……)

哩(相変わらずみたいだな)

灼(……)


東3局
誠子 42600
哩 66300
親 憩 204400
灼 86700



誠子「ポン!」

誠子(部長3人相手……上等!)

誠子(私だって負けるわけにはいかないんだ!)トン

哩「ロン、16000」

誠子「うっ……」

哩(縛ればよかった……)

灼(3000点……逃げる!)


東4局
誠子 26000
哩 83500
憩 204100
親 灼 86400

憩「ロン、1000」

誠子「……はい」

誠子(これじゃあいつもの対局みたいだな……)

誠子(淡に、後輩に負担をかけるのか……)


誠子(そんなの、嫌だ)


南1局
親 誠子 25000
哩 83500
憩 205100
灼 86400

同コンマのため、流局


誠子(流れたか……)

誠子(次こそは!)

哩(2発目……)


南1局一本場
親 誠子 25000
哩 83500
憩 205100
灼 86400

哩(リザベーション―――4!)

憩(気持ちよさそうな顔しとるなぁ……)

憩(でも、ウチも負けるわけにはいかないんや)ピキーン

【孔穿つ閃光】発動!



憩「リーチ!」

哩「くっ!」

哩(ここで使うんか?荒川!)

灼(……これ)

憩「ロン!リーチ一発裏1、6700!」

灼の【ボウリング打法】がレベルダウンしました

哩(失敗……もう1回!)


南2局
誠子 25000
親 哩 83500
憩 211800
灼 79700


哩「ツモ、2600オール」

哩(リザベーション、成功!)

誠子(まだだ、まだやれる……)

灼(新道寺を捲る!)


南2局一本場
誠子 22400
親 哩 91300
憩 209200
灼 77100

同コンマのため、流局


南2局二本場
誠子 22400
親 哩 91300
憩 209200
灼 77100

憩「ツモ!500・700!」


照「――――というわけ」

エイスリン「ナルホド」

照「ここまでに2回成功して1回失敗してる」

照「東1局と南2局には注意して」

エイスリン「ワカッタ!」


南3局
誠子 21900
哩 90600
親 憩 210900
灼 76600


哩(リザベーション……まだよか)

憩(これで、機能停止や!)ピキーン

【孔穿つ閃光】発動!

憩「リーチ!」

灼(リーチ……!)

憩「カン!」

誠子(なんだよ、この気迫……)

憩「ツモ!2000オール!」

憩「まだまだ続くで!」


南3局一本場
誠子 19900
哩 88600
親 憩 216900
灼 74600

誠子(何だこれ、有効牌が来ない)

誠子(役牌もバラバラ、運が無くなったみたいだ)

誠子(でも、私なら和了れる!)

誠子「ポン!」

誠子「チー!」

誠子「ツモ!400・600!」

誠子(オーラスだ!)


哩(こんば状態で挑むより、姫子に託すば確率がある)

灼(何が、起きてる?)


南4局
誠子 21300
哩 88200
憩 216300
親 灼 74200

誠子(オーラスも和了る!)

誠子「ポン!」

誠子「ポン!」

誠子「ポン!」

誠子「ツモ、1000・2000」

誠子(淡、後は頼んだぞ)

哩(跳満キーと倍満キー、この点差なら勝てる)

灼(一回も和了れなかった……)

灼(ハルちゃんもこんな感じだったのかな)


副将戦終了
三箇牧 215300 (+15100)
新道寺 87200 (+22300)
阿知賀 72200 (-16800)
白糸台 25300 (-20600)




恒子「副将戦終了ー!」

恒子「1位の三箇牧は失点を取り返し順位をキープ!」

恒子「新道寺は倍満を白糸台に当て、2位!」

恒子「阿知賀は何もできず3位に」

恒子「白糸台はまたもや凹み、4位となっています」

健夜「荒川選手のリーチは相変わらず特異ですね」

健夜「まるでその役で和了れることがわかっているかのようで「いよいよ大将戦!」」

恒子「これから休憩だけど、チャンネルはそのまま!」

健夜「って聞いてよー!」

―――――――――――

エイスリン「イッテキマス!」ムフー

照「頑張って」

郁乃「エイちゃんなら大丈夫やで~」

咏「私みたいに失点してくんなよな」

エイスリン「ウン!」

エイスリン「オマカセアレ!」

エイスリン「ジャアネ!」

京太郎「あ、送っていきますよ!」









灼(焼き鳥……3位に落ちちゃったし)

灼(最悪)

灼(最悪だなぁ……)ズーン

京太郎(ん、あの人たしか阿知賀の……そうだ鷺森さんだ)

京太郎(落ち込んでるみたいだな、失点したんだしそりゃそうか)

京太郎(ちょっと話しかけてみよう)

京太郎「あのー」

灼「なに?誰?」

京太郎「須賀京太郎と云います、今の試合を見てました」

灼「あっそ、だから?」

京太郎「あまり落ち込まないでくださいね!俺応援してますから!」

灼「三箇牧の人が私を応援しててもいいの?」

京太郎「ど、どうしてそのことを!」

灼「浜名湖で玄たちと一緒にいたじゃん」

京太郎「あ、たしかに」

灼「はぁ……帰ろ」

京太郎「でも、応援してるのは本当ですから!」

灼「わかったよ、ありがとね」




―――――――――――――

エイスリン「アワイ!」

淡「エイスリン久しぶり~!」ダキッ

淡「大将戦頑張ってね!」

エイスリン「エ?」

淡「どうせ私が勝っちゃうからさ!」

姫子「そな自信どこから……」

穏乃「よろしくお願いします!」





大将戦開始
親 姫子 87200 ※跳満キー持ち
エイスリン 215300
穏乃 72200
淡 25300



姫子「ロン!18000!」

淡「えっ!?」

淡(あと7000点しかないの?)

淡(いきなり極限だけど……)

淡(いーじゃん!いーじゃん!新道寺!)

穏乃(やばいやばい、早く追いつかないと決勝に行けない!)

エイスリン(ウゴケナイ……)

東1局一本場
姫子 105200
エイスリン 215300
穏乃 72200
淡 7300


エイスリン「ロン!6700!」

姫子「はい」

淡(みんな破ってくな……まあまだいいけど)

東2局
姫子 98500
親 エイスリン 222000
穏乃 72200
淡 7300


淡「ツモ!500・1000!」

淡(いつも通りやらなきゃね!)

エイスリン「ウゥ……」

淡「まだまだ行くよ!」


東3局
姫子 98000
エイスリン 221000
親 穏乃 71700
淡 9300


エイスリン「ツモ!1000・2000!」

淡(まだ動けるんだ……)

淡(これ以上はもう失点しないよ!)


恒子「三箇牧のエイスリン・ウィッシュアート止まらない!」

健夜「ウィッシュアート選手は過去の牌譜が非常に少ないです」

健夜「彼女は13巡目以内にテンパイすることが多いですね」

健夜「打点が高い、とか目立った和了りは少ないけれど」

恒子「なんかあの子の理想通りみたいな感じだよね」

健夜「そう、なんかそんな感じ」


東4局
姫子 97000
エイスリン 225000
穏乃 69700
親 淡 8300


エイスリン「……」トン

淡(ノーテン……)

淡(こんなとこで終わってられない!)トン

【圏外射撃】発動!

エイスリン「??」

淡(エイスリンに負荷をかけて)

淡(もう一回!)


和了判定まで戻ります



淡(テンパイ来たこれ!)

淡「ツモ!2000オール!」

エイスリン(?)

穏乃(まだだ、まだ、まだ)


東4局一本場
姫子 95000
エイスリン 223000
穏乃 67700
親 淡 14300


エイスリン「ロン!2300!」

穏乃「は、はい!」

穏乃(この人強いなぁ……)

穏乃(ああ、燃えてきた!)

【インフレーションギア】がレベルアップしました
エイスリンに飛び火しました

南1局
親 姫子 95000
エイスリン 225300
穏乃 65400
淡 14300


淡(またノーテンかー)

淡(またエイスリンが和了りそうだし)

淡(はぁ……)ゴッ

【圏外射撃】発動!

和了判定まで戻ります


淡(もともと字牌ばっかで困ってたんだけど)

淡(これならいけるかな)

エイスリン(マタ、ウゴケナイ)

穏乃(負けない!負けたくない!)

姫子(次まで持てば……!)

淡「ツモ!字一色!8000・16000!」

東東南西西北北白白發發中中 ツモ:南



菫「大七星、か」

やえ「あいつにピッタリの役だと思っていたが、まさかこの局面で和了るとはな」


南2局
姫子 79000
親 エイスリン 217300
穏乃 57400
淡 46300



姫子「ツモ!4000・8000!」

穏乃(ちょっと、え、嘘でしょ?)

エイスリン「オヤッカブリ……」

淡(新道寺凄いなぁ、でもまだまだ!)

淡(大逆転劇はこっからだよ!)


南3局
姫子 95000
エイスリン 209300
親 穏乃 53400
淡 42300


淡(新道寺がまた和了りそう……)

淡(もったいないけど、負けたくないもんね!)ゴッ

【圏外射撃】発動!

和了判定まで戻ります


淡「ロン!24000!」

姫子「へ?」

淡「あと5000点!」



恒子「凄いぞ大星淡!怒涛の追い上げを見せています!」

健夜「彼女はツモを完全に操っている、そのように思えます」

健夜「現に今までウィッシュアート選手や鶴田選手が一向聴になったときから彼女の手は速くなり」

健夜「逆にウィッシュアート選手たちはテンパイからどんどん遠ざかっているように思えました」

健夜「龍門渕の天江衣選手と少し似た雰囲気がありますね」


穏乃(親は流れた、でも新道寺との点差は18000点)

穏乃(倍満以上を当てれば勝ち)

穏乃(勝てる、勝てるんだ!)

【インフレーションギア】がさらにレベルアップしました

【願望描写】のレベルが元に戻りました


南4局
姫子 71000
エイスリン 209300
穏乃 53400
親 淡 66300


穏乃(できた!高目でジュンチャンピンフ二盃口ドラ2)

穏乃(これを和了れば……)スチャ

穏乃(捨てる牌が無い……あれこれツモってんじゃない?)

穏乃(やっばいどうしよ、もう一回!)


穏乃(状況を整理しよう、えーっと)

一二二三三778899⑨⑨ ツモ:四

穏乃(とりあえず四萬を切っておこう)

穏乃(これで一萬をツモれるといいんだけど……)

淡「チー」

淡(阿知賀、どうして負荷が効いてないの?)

淡(嘘でしょ、これじゃあ、このままじゃ)トン一萬

穏乃(あと2枚……)

エイスリン(テンパイ、デキナイ)グスッ

エイスリン(コレデ、イーシャンテン……)トン一萬

穏乃(やばい、あと一枚しかない!どうしよ!)

穏乃(お願い!来て!)スチャ

穏乃(来ないよね……)トン

淡(今は新道寺から点を取ることに集中しよう)トン

姫子(逃げ切る!)トン

エイスリン(umm……)

エイスリン「カン!」

淡(ここでカンって、どういうことよ!)

穏乃(ドラ乗った!このまま、お願い、来て!)スチャ


穏乃「よし!」


穏乃「ツモ!平和ジュンチャン二盃口ドラ4!」

穏乃「6000・12000!」


大将戦終了
三箇牧 203300 (-12000)
阿知賀 77400 (+5200)
新道寺 65000 (-22200)
白糸台 54300 (+29000)













恒子「準決勝決着!!」

恒子「決勝への進出を決めたのは!」

恒子「オーラスで大逆転を果たした阿知賀女子学院と!」

恒子「先鋒戦から1位をキープし続けた三箇牧高校!」

恒子「白糸台高校の大星淡が驚異的な追い上げをするものの一歩及ばず、三連覇の夢は潰えました!」

健夜「個性的な選手ばかりで良い試合でしたね」

健夜「大将戦オーラスでの高鴨選手の和了には目を見張るものがありました」

健夜「決勝戦も実に楽しみです」

恒子「決勝戦は明後日!」

恒子「決勝戦前半はご覧のチャンネルで!」

―――――――――――――――

京太郎「お疲れ様でした」

エイスリン「ゴメンネ……」

京太郎「どうして謝るんですか?」

エイスリン「テン、トラレタカラ……」

京太郎「誰も怒りませんよ、淡から逃げ切ったんですしもっと胸張りましょうよ!」

エイスリン「……ウン!」

京太郎「じゃあ戻りましょうか」

―――――――――――――――

淡「…うぐっ…ぐすっ……」ポロポロ

淡(勝てなかった……やえ先輩たちにあんなに大見得きって来たのに)

淡(これで、終わりなの……)

やえ「こんなところにいたのか」

菫「まったく、さがすこっちの気にもなってくれ」

淡「やえ先輩、菫先輩」グスッ

誠子「見つかったんですか?」

尭深「心配したよ」

淡「たかみ先輩たちも……っ」ポロポロ

淡「みんな……ごめんなさい」

菫「何を言っているんだ、淡はよくやったよ」

やえ「私たちが不甲斐なかったんだ」

やえ「一年生の淡に負担をかけてしまっていた」

やえ「私の方こそすまなかった」

菫「すまなかった」

淡「うっ、うえっ……っ……」ポロポロ

尭深「淡ちゃん、みんなと帰ろ、ね?」

淡「うっ、ん……」








京太郎「ただいまですー」

竜華「お帰りー」

京太郎「なんだかすごく久しぶりに帰ってきた気がする……」

竜華「なあなあ京くん、何かして遊ばへん?」

京太郎「まあ、いいですけど」

京太郎「何か、って何するんですか?」

竜華「あー……京くんの好きなことでええでー」

京太郎「うーん、それじゃあ…………」

竜華「ツイスターゲーム?」

京太郎「はい!」

竜華「でもマットとかどうすんの?」

京太郎「たしかフロントに行けば借りられたはずです」

竜華「ならルーレットは?」

京太郎「2人用のルーレットのアプリがあるらしいですよ」

京太郎「この前郁乃さんがくれたんです」

竜華「なんやそれ……」



京太郎「次は左足を青です」

竜華「はいは~い」

竜華「次は右手を緑んとこやって」

京太郎「はいよっと」

京太郎「あ」

竜華「えっ?」

京太郎(竜華さんの顔が近い……なんだかいい匂いもするし)

京太郎(流石はツイスターゲーム!)

京太郎「次は左手を赤に、だそうです」

竜華「ん……っと」

竜華(こ、これ、ウチが京くんの下におる?)

竜華(この体勢、なんか嫌やな……)

竜華「次、左手を青に、やって」

京太郎「はい」

京太郎(俺が竜華さんに覆いかぶさってる体勢……)

京太郎(いやいやダメだ!そんなことは考えちゃダメだ!)

竜華「京くん……次」

京太郎「あ、はい、えーっと右手を黄色、だそうです」

竜華「ん、もうちょい……」ズコッ

竜華「あ!」

京太郎「え?」

ドシーン

京太郎「すみません、倒れちゃいました……」

竜華(あれ?ウチ、ひょっとして……)

京太郎(これじゃあまるで俺が……)

京太郎(背中から押し倒してるみたいだ)
竜華(後ろから押し倒されてる……!?)

京太郎「す、すみません!」

竜華「ううん!こっちこそ!」///



【7日目】終了










【インターハイ 8日目】

京太郎「おはようございます」

竜華「お、おはよっ!」プイッ

京太郎(あの後からなんだか気まずいな……)

京太郎(さて、何をしよう)

京太郎「竜華さん」

竜華「な、なんや」プイッ

京太郎「また遊びましょう!」

竜華「は……?」

京太郎「昨日、あんなことしてしまったのは謝ります」

京太郎「だから今日は仲直りのために遊びましょう!」

竜華「べ、別に、ええけど……」

竜華「ツイスターはもう嫌やで」

竜華「マリオパーティー?」

京太郎「DSliteなら郁乃さんが8台くらい持ってたんで」

竜華「なんでそんなに持っとるんやあの人……」

京太郎(竜華さんとだけだと気まずいからな……誰を誘おう)





照「ルールはどうするの?」

京太郎「じゃあバトルロイヤルにするか」

憩「えー!ウチタッグマッチがええ!」

憩「京太郎くんと組みたい!」

照「京は誰にも渡さない」

京太郎「バトルロイヤルで」

憩「え~!」

竜華(2人とも京くんと仲ええな……)

竜華(羨ましいな……)




1位 憩
2位 照
3位 京太郎
4位 竜華


京太郎「全然だめだ……慣れてないからなのかな……」

竜華(集中できへんかった……はぁ……)

憩「ウチが1位ですーぅ!」

照「あと1枚……」

憩「ほな1位ボーナスや!京太郎くんに命令するで!」

京太郎「えっ、そんなの聞いてませんよ」

憩「言わなかったからな~」

憩「命令はデートや!」




照「は?」

竜華「は?」

憩「インターハイ終わったあと2日くらい残るらしいやろ?」

憩「せやから、どうや?」

京太郎「どうって、命令ですし……金ないですけどいいんですか?」

憩「ええでええで」

京太郎「じゃあ、行きましょうか」

憩「京太郎くん大好きや!」

竜華「」ムッ

照「」ムムッ

照「ねえねえ清水谷さん」ボソボソ

竜華「なんや?」ボソボソ

照「個人戦」ボソボソ

竜華「……りょーかい」ボソボソ

照「憩、特訓しに行こ」

憩「わかったで、京太郎くんバイバイ~」

竜華(仕返しや!)

京太郎「デート……初デート……」ブツブツ

竜華(むっ)







京太郎「さてと、昼飯食べに行くか」

京太郎「というわけでサイゼリヤとうちゃーく!」

竜華「いつもサイゼリヤなんやな」

京太郎「少しあったかくないので……」

竜華「まあさっさと入ろか」

京太郎「そうですね」


メニュー

  • 東北風グラタン
  • 関東風ドリア
  • 中部風カルボナーラ
  • 関西風タコのカルパッチョ
  • 九州風ハンバーグ






京太郎「たった500円でこの味、この量」

京太郎「生きててよかった……」

竜華「大袈裟やなぁ、あ、ソースついとるで」フキフキ

竜華「うん、取れたな」

京太郎「竜華さんはカルボナーラですか」

竜華「おしゃれやろ?」

京太郎「竜華さんもソースついてますよ」フキフキ

竜華「お、おおきに」

京太郎「いえいえこのくらい」

ナンダヨアレ イチャイチャシテルワネー セッソウナイワネー チクワダイミョウジン ネー

竜華「…………///」

京太郎「き、気にせず食べましょうよ」

竜華「うん……」カァァ








京太郎「周りの視線が痛かった……」

京太郎「何をしよう」

京太郎「そういえば、淡と遊びに行く約束をしてたな」

京太郎「誘ってみるか」ピッ

prrr prrr prrr prrr ガチャ

淡『はい?』

京太郎「須賀だけど、淡今暇か?」

淡『おかげさまで』

京太郎「じゃあ俺と遊びに行かないか?確か約束してたろ?」

淡『あああれね!憶えててくれたんだ!そだねー、何して遊ぼっか』








淡『わかった、じゃあ○○駅に集合ね』

京太郎「了解、じゃ」ピッ


京太郎「ここが淡のおすすめの場所なのか?」

淡「うん」

京太郎「ただの公園みたいだけど」

淡「私らしくないって?」

京太郎「……まあ」

淡「ここって色んな人がいるんだよね」

淡「近所のがきんちょたち、おじいちゃんとかおばちゃん」

淡「みんな顔も背丈も口調も違う」

淡「性格も声色も」

淡「こんな、あんまし大きくない公園でも世界はあるんだなっていつも思うんだ」

淡「それだけ多くの人がこの世界にいるわけで、自分もそのうちの一人なんだ、ってわかった」

淡「それが昨日のことなんだけどね」

淡「ごめん……楽しくないよね、こんなの」

淡「まだ引っ張っちゃってんのかな…………」

京太郎「そうか?」

京太郎「俺は別にいいと思うぞ」

京太郎「淡のことがもっとわかった気がするし、淡の言うこともなんだかわかる気がする」

淡「京太郎……」

京太郎「それとさっきから言おうと思ってたんだけど」

京太郎「目、腫れたまんまだぞ」

淡「あはは、わかってるよ」

淡「もう大丈夫!スミレとは違って京太郎に励まされるほどヤワじゃないからね!」

京太郎「ど、どうしてそのことを」

淡「細かいことはおいといて、今度は京太郎のことを知りたいな!」

京太郎「俺のことか?」

淡「うん!」



――――――――――――

京太郎「あの後俺は何を話していたんだろう」

京太郎「そういう自分の考えみたいなのを話すのはあんまり得意じゃないんだよな……」



京太郎「餃○の王将に来たぞ!」

淡「大阪○将とたまに被るよね」

照「あれ、京?」

京太郎「照も来てたのか?」

照「うん、大食いに成功で代金なしなんだって」

京太郎「なにっ!?」

照「あと10分以内に食べきれれば代金なしで、現金1000円がもらえるらしい」

京太郎「なんだと!?」

照「それと、どうして大星さんと一緒にいるの?」ジトッ

京太郎「ちょっと遊んでたんだ」

淡「初めまして!大星淡といいます」

照「よろしく、個人戦楽しみにしてる」

淡「私もです!」


メニュー

大食い餃子セット 1000円
餃子・チャーハンセット 600円
餃子一人前 300円
チャーハン 400円
ラーメン 500円


京太郎「大食いにチャレンジするぞ!」

照「喧嘩上等」

淡「私も頑張るよ!」

「こちら、大食い餃子セットになります」

「ご健闘を祈ります」

照「このために朝と昼を抜いてきたんだ、食べきる!」

淡「女子高生の胃袋なめないでよね!」

京太郎(量多いな、大丈夫かな……)



照「やっと食べ終わった……」ゲフッ

淡「うそっ!まだ8分しか経ってないのにこの量を!?」

京太郎「やっばい、すごくきつい」


【さらに10分後】

淡「ごちそうさまでした」

京太郎「げほっ、ごほっ」

照「大丈夫?」サスサス

京太郎「こ、このくらい!」

京太郎「やってやる!」

―――――――――――――

「ありがとうございましたー」

照「京、本当に大丈夫?」

京太郎「もう無理、2人とも、先に帰っててくれ!」

淡「そんな!じゃあ京太郎はどうするっていうの?」

京太郎「漢ってやつにはよぉ、戦わなくちゃいけないときっていうのがあるんだよ」

京太郎「あばよ!」ダダダダダ

照「京!」

淡「京太郎!」

京太郎(みんな、今までありがとう)

京太郎(俺、須賀京太郎の生涯に、一片の悔いなし!)

京太郎「おええええええええ」


【8日目】終














【インターハイ 9日目】

京太郎「いよいよ決勝、相手は姫松と……清澄」

京太郎「まさか決勝で咲たちと当たるとはな」

竜華「京くん、顔色悪いけど大丈夫?」


京太郎「決勝戦前、対策を怠らずに」

京太郎「決勝戦開始は正午」

京太郎「時間が無いんだよな」



京太郎「やっぱり一番対策をするべきは咲、だよな」

京太郎「だとすればやはり呼ぶべきは……」



照「それで私に」

京太郎「そうだ、一緒に頑張ろう」

照「……わかった」





照「咲を攻略する方法……」

京太郎「わかんない……」

照「槍槓ならなんとかなるかも知れないけど」

京太郎「長野の県予選でやられてるから通じにくい」

照「でも、やってみる価値はある」

京太郎「だな」




京太郎「ついに決勝戦か」

郁乃「緊張してきたな~」

咏「全然そうは見えないんだけどねぃ」

エイスリン「キョウコソハ!」

照(咲……)

照(今日は使ってみようかな……)

郁乃(善野ちゃん、負けへんで)ギッ

――――――――――――――――

善野「ここまで来たんや、優勝するで!」

洋榎「準決ではへこんだけど、次は負けないで!」

漫「私は今の調子で」

絹恵「私も頑張るで!」

由子(よりにもよって代行の妹さん……)

恭子「ゆーこ、大丈夫なんか?」

由子「妹さん対策はバッチリなのよー」アハハ

――――――――――――――――

穏乃「みんなでここまで来た!やっと和と遊べる!」

穏乃「みんなで勝とう!」

玄「うん!」

憧「もう一回あの小さいのをとっちめなきゃだからね」

宥「頑張ろうね」

灼「今さらだけど原村さんと当たるのって私なんだよね……」

―――――――――――――――――

優希「うぅ~タコスがないと力がでないんだじぇ……」

美穂子「またタコさんのお弁当作ってきましたから、はい」

優希「おお!ありがたいじょ!」

久「いつもありがとね、美穂子」

美穂子「いえ、皆さんのお力になれて嬉しいです」

和(穏乃、憧、玄さん……)

桃子「いよいよ照姉とっすね!」

咲「うん、一緒に頑張ろうね」

桃子「はいっす!」

咲(お姉ちゃん……私、勝つから)ゴォッ















優希(この人が咲ちゃんのお姉ちゃんか……)

玄(この子、小さいころの憧ちゃんにそっくり)

照(決勝戦……)

漫(何か空気重いな……)




開局
親 優希 100000
照 100000
玄 100000
漫 100000


優希(東一なのにテンパイできないじぇ……)

漫(相手はチャンピオン宮永照)

漫(善野監督も戻ってきてみんなでここまで来たんや!)

漫(絶対に負けられへん!)

玄(テンパイ……宮永さんは最初は和了らない)

玄(今は攻める!)

玄「ツモ!4000・8000です」


照「…………」

【照魔鏡】発動!
【タコスパワー】がレベルダウンした!

優希「!?」

優希(今の、なんか咲ちゃんみたいな……)

漫(神代さんみたいやったな……)


東2局
優希 992000
親 照 996000
玄 116000
漫 996000


漫(テンパイきたで!)

漫(このままガン!)

漫(ドン!)

漫(ズドーン!)トン

照「ロン、1500」

漫「はい……」


東2局一本場
優希 92000
親 照 97500
玄 116000
漫 94500


照「ツモ、1100オール」

優希(和了れる気がしないじょ……)

玄(今回は守りに徹するのです!)

漫(調子悪いなぁ)


東2局二本場
優希 90900
親 照 100800
玄 114900
漫 93400



照「ツモ、2200オール」

照(咲の出番が来る前になるべく点数を削る)

照(容赦はしない)

優希(東場なのに和了れないじょ……流石は咲ちゃんのお姉ちゃんだじぇ)

玄(まだまだだよ!)フヌー

漫(東二でもうこんなに重い……)

漫(-で帰ったらまた落書きやな)

漫(よし、一発いっとくか!)

【爆撃】発動!


東2局三本場
優希 88700
親 照 107400
玄 112700
漫 91200



漫(三巡目テンパイ、でもドラなし、役もタンヤオのみ)

漫(まあええ、チャンピオンを止めたる!)

漫「リーチ」

照「…………」

照(思ったより攻めてくるの早かったな)

照(どうなるやら)

玄(先制リーチ……!)

玄(姫松の上重さん、すごい)トン

漫「ロン、3900の三本場は4800」

玄「えっ」

漫(アンタのせいで打点低いからな、このくらいはさせてもらわんと)

漫(そんで、もう一発!)

【連鎖爆撃】発動!


東3局
優希 88700
照 107400
親 玄 107900
漫 96000


絹恵「上重さん、和了りましたね」

恭子「このまま和了り続けてくれたらええんやけど」

照『ロン、1000』

由子「今日も不発なのよー」


東4局
優希 88700
照 108400
玄 107900
親 漫 95000


玄(あれ、テンパイしてる?)

玄(でもリーチはしないで……)

優希(和了れないまま、もう南入だじょ……)トン

玄「ロン!3900です」

優希「じょっ!?」

漫(人和は無しやったっけ)

照(また止められた……ぐぬぬ)


南1局
親 優希 84800
照 108400
玄 111800
漫 95000



照「ロン、1000」

照(おかしい、何かがおかしい)

照(とりあえず和了り続けよう)


南2局
優希 84800
親 照 109400
玄 111800
漫 94000


照「ロン、2900」

漫(やっぱりダメか……)

優希(タコぢからが切れたじょ……)

優希(やっぱりタコスじゃないと)

漫(まだまだ頑張るで!)フンス

玄(あれはなかなかのおもち!)

玄(今まであんまり見かけなかったけど、何か漲るよね!)


南2局一本場
優希 84800
親 照 112300
玄 111800
漫 91100


照「ロン、6100」


霞「最近照ちゃんの不調が多いわね」

京太郎「緊張してる、なんてことはないでしょうけど」

憩「でも、清澄は妹ちゃんがいるとこなんやろ?」

京太郎「そのくらいで照が緊張は無いと思うのですが……」


南2局二本場
優希 78700
親 照 118400
玄 111800
漫 91100


照「ロン、8400」

漫(ほんまに調子悪い……)

漫(打点低い、ツモ悪い)

漫(またあんときみたいなのが来れば……)


南2局三本場
優希 78700
親 照 126800
玄 111800
漫 82700


照「ツモ、3500オール」

照(今日はどれだけ抉れるか)

漫(3500オールって、ほとんど親満やないか……)

玄(まだ、-じゃない)


南2局四本場
優希 75200
親 照 137300
玄 108300
漫 79200


照「ツモ、4400オール」

玄(宮永さんの満貫)

漫(次は、跳満以上か……)

優希(絶対に止めたいじぇ!)

玄(……でも)

*1


南2局五本場
優希 70800
親 照 150500
玄 103900
漫 74800


照(慣れてきたとはいえ、やっぱりまだきつい)

照(リーチかけるか……)

照(狙いは、阿知賀)

照「リーチ」

玄(ドラを切れば宮永さんの裏をかける……)

玄(でも、そんなことしたら……ダメ)

玄(ここはこれを)トン

照「ロン、19500」

玄「はい……」ギュッ


南2局六本場
優希 70800
親 照 170000
玄 84400
漫 74800


照「リーチ」

漫(ダブリー……今までの片岡さん見とるみたいやな)

玄(うぅ……テンパイできないよぉ……)

漫(宮永さんの高いのを流す……そういえば二回戦のときに)トン

照「ロン、25800」

漫(そうか、そうすればええんやな)


南2局七本場
優希 70800
親 照 195800
玄 84400
漫 49000


漫(次は三倍満、38100)

漫(絶対に阻止せな!)

漫「ポン」

漫「チー!」

優希(姫松の人、急に鳴くようになったじぇ……どういうことだ?)

玄(テンパイした……ドラはまだあまり来てないけど)

玄(ここで止めないと……)

照(三倍満をドラなしでって相当難しいんだけど……)

玄「ツモ!2300・3900です!」

照(とか言ってる間に止められた)


南3局
優希 68500
照 191900
親 玄 92900
漫 46700


同コンマのため、流局


漫(連携で流そ思ったら阿知賀が和了るとはな、意外や)

漫(あとは最小失点でいく!)

優希(まだ一回も和了れてないのに、もうオーラスだじょ……)

照(ここまでかな……)

漫(あーあ、またあのときみたいになれたらなー)

漫(はぁ………っ!)ゾクッ

【爆撃】発動!

オーラス
優希 67000
照 193400
玄 91400
親 漫 48200



優希(このままじゃみんなに会わす顔が……あれ)

優希(これは……)

優希「リ、リーチだじぇ」

漫(またダブリー!?)

漫(ちょ、この場面って、え?)

漫(とりあえず、これや!)トン

優希「ロン!24000だじぇ!」

漫「はいはい2400な……って、は!?」


先鋒戦終了

三箇牧 193400 (+93400)
阿知賀 91400 (-8600)
清澄 91000 (-9000)
姫松 24200 (-75800)


















漫「あはははははははは、はは」

優希「おつかれだじぇ!」

照「お疲れ様」

玄「う、上重さん大丈夫ですか?」オロオロ

漫「大丈夫なわけないやろ、あーひゃっひゃひゃっひゃ、いーひっひっひ」

玄(こ、壊れてる……!)


咏「これまた次鋒で飛んじゃうんじゃねえの?しらんけど」

郁乃「いや、真瀬ちゃんはそんなに弱い子やない」

郁乃「……ほな行ってくるで~」

憩「なんいま雰囲気が違ったような……」

京太郎「あ、俺ちょっと出かけてきます」








恒子「先鋒戦終了ー!」

恒子「1位は9万得点、チャンピオン宮永照擁する三箇牧高校!」

恒子「なんとか難を逃れた阿知賀、清澄は拮抗状態」

恒子「4位の姫松は3位の清澄と7万点差!次鋒戦で巻き返しなるか!?」

――――――――――

京太郎「先鋒戦がやたら長く感じるのはなぜなんだろうな」

照「あ、京」トテトテ

照「いまの試合、どうだった?」

京太郎「やりすぎだな」

照「頑張ったんだよ?」

京太郎「本気でやるのは悪いことじゃないんだけど、これじゃあな」

照「むぅ……」

京太郎「まあこの後どうなるかわからないし、お菓子でも買いに行くか」

照「お菓子!早く行こう!」ダッ

京太郎「ちょっと待てってー」




――――――――――

由子(先鋒戦、まさか漫ちゃんが削られるとは思わなかったのよー)

由子(三箇牧対策と阿知賀対策はバッチリ)

由子(清澄対策もバッチリ、取り返すのよー)

由子「さあ始めるのよー」

宥「あの、まだ清澄の人が来てないみたいなのですが……」

桃子「私なら……「清澄はそこにいるのよー」」

宥「へ?」

桃子「はい?」

桃子「どうして私のことがわかったっすか?」

由子「自分の胸に手を当てて考えてみるといいのよー」

桃子「?」

郁乃(真瀬ちゃん、見ないうちにちょっと変わったな~)