開局
親 憧 110600
咏 225000
梢 41600
史織 22800



憧(あのちびっ子は高火力)

憧(それなら私の方が有利!)

憧「チー!」

咏(速く攻めるタイプかねぃ、まあ嫌いじゃないけど)

咏「ロン」

咏(負けるわけにはいかないねぃ)

咏「12000」


東2局
憧 110600
親 咏 237000
梢 41600
史織 10800



憧(高い打点ってことはそれなりの遅さのはず)

憧(それに隙も多い)

憧(そこを狙う!)

憧(っと、テンパイ)

憧(小三対々混老混一色ドラ2、三倍満)

憧(中が来れば役満……)

憧(これを三箇牧にぶつけたいけど……)

史織(これなら……)トン

憧(なんで出しちゃうのかなー……)

憧(早く終わるにこしたことはないけど)

憧(シズたちにも回したかったな)

憧「ロン、24000」

史織「えっ」


えり「中堅戦終了ー!」

えり「そして、二回戦第二試合終了ー!」

終局
三箇牧 237000 (+12000)
阿知賀 134600 (+24000)
劔谷 41600
越谷 -13200 (-36000)







えり「中堅戦東2局、阿知賀の新子憧が越谷の水谷史織を飛ばし、終了」

えり「準決勝へ駒を進めたのは―――」

えり「2位とは10万点差をつけ、4位とは25万点差をつけた三箇牧高校」

えり「そして、先鋒戦で大失点するも、次鋒戦で役満2回、倍満1回を和了し、中堅戦で三倍満を和了して巻き返した、阿知賀女子学院の二校です」

えり「戒能プロから見て、この中堅戦どうだったでしょうか?」

良子「越谷は、まあ運が悪かったとしかいいようがないな」

良子「不要牌はどれも他家のアガリ牌だったし」

良子「劔谷は倍満、三箇牧は数え役満の手をテンパイしていたのだから」

良子「何を切っても飛んでいた」

良子「三戦ともおかしな試合だったな」

えり「準決勝は明後日、7日目に行われます」
――――――――――――――――――

梢「多くの失点をして、1年生に回すことができなかった不甲斐ない上級生を代表して……謝罪します」

莉子「いえいえそんな!」

友香「部長は悪くないんでー!」

澄子「ですよね、私が悪いんですよね」ウワーン

美幸「あ、あんなのしょうがないよもー」
――――――――――――――――――

郁乃「戻ったで~ってあれ、もう終わってもうったん?」

憩「ええ、まあ……」

エイスリン「デバンナカッター!」ウワーン

咏「ごめん、ごめんってば!」

照「焼きプリンおいし」
――――――――――――――――――

憧「みんな、ごめん!」

穏乃「ちょっ、なんでアコが謝るんだよ?」

憧「だって、アラタとシズに回せなかったし……」

灼「別にそんなのいいから」

穏乃「そうだよ!準決勝進出!ベスト8なんだから!」

憧「二人とも……」

晴絵「でも、このままじゃダメなのは確かだな」

宥「次の相手は……」

晴絵「白糸台、あの宮永照の古巣だ」

晴絵「ここも手強い、流石に三箇牧が予想外すぎたけど」

晴絵「とにかく、浮かれてばっかじゃいられない」

晴絵「かといって沈んでばかりなのもダメだ」

玄「でも、あんな人たち相手にどうすれば……」

晴絵「私に1つ案がある」

晴絵「明日は練習試合をするぞ」

憧「練習試合って……どこと?」

晴絵「北大阪の2位……元関西最強……」

晴絵「千里山女子とだ!」









京太郎「二回戦勝利、準決勝進出、か」

京太郎「俺も頑張らないと」フンス

京太郎「次は明後日、白糸台と新道寺」

京太郎「決勝まで行けばいいな」



京太郎「今日も外食行くか」

京太郎「竜華さんと怜さんも誘ってみよう」





京太郎「というわけで、行きましょうよ!」

竜華「いや、どういうわけやねん」

京太郎「会場から帰ってくるときにおばちゃんがやってるおいしそうな定食屋を見つけたんですよ!」

怜「せやから、それがどうして私たちを誘うわけになるんや」

京太郎「行ーきーまーしょーうーよー」

竜華「っていうかもう着いたっぽいんやけど」

怜「オンボロやなぁ」

京太郎「年季が入ってる、と言いましょう」

ガララ

叔母「久しぶりだね、京太郎」

京太郎「うん、おばちゃん!」

怜「おばちゃん…って」

竜華「ホンマもんの叔母ちゃんかいな!」

叔母「元気だったかい?」

京太郎「おう、もちろんだ!」

咲「あれ、京ちゃん?」

怜「京……」

竜華「ちゃん……?」

京太郎「よお、咲、久しぶりだな」


お品書き

  • 東北寄せ集め定食
  • 地元定食
  • 信州そば定食
  • 関西定食
  • 九州ラーメン定食




京太郎「じゃあ俺関西定食で!」

怜「ほな私も同じので」

竜華「ウチもお願いしますー!」

叔母「元気だねぇ、じゃあちょっと待っててね」

怜竜「「はーい!」」

咲「……へぇ、モモちゃんの言う通りだったんだ」

京太郎「モモが何だって?」

咲「京ちゃんが夜な夜な女の子連れまわしてるって」

京太郎「してねえよ!」

叔母「京太郎もお盛んなんだねぇ、「俺、叔母ちゃんと結婚する!」って言ってたのが懐かしいわぁ」

京太郎「子どもの戯言だから!」

咲「…そういえば、京ちゃんの学校準決勝まで行ったんだってね」

京太郎「圧勝だったぜ!」

竜華「なあなあ京くん、その子も幼馴染なん?」

咲「はい、宮永咲っていいます」

怜「宮永ってことは、宮永さんの親族とかなんか?」

咲「妹です」

竜華「へぇ~、高校は?」

咲「清澄です」

怜「清澄言うたら明日愛宕さんとこと当たるとこやな」

竜華「そうなん?」

咲「はい」

竜華「ほなお姉ちゃん咲ちゃんが可愛いから応援するわー!」

怜「竜華、言うてることがおっさんみたいやで」

咲「は、はあ……ありがとうございます」

咲「京ちゃん!関西の人ってこんなのばっかりなの?」ボソボソ

京太郎「俺にもわからん」ボソボソ





【5日目】終
















【インターハイ 6日目】

京太郎「明日が準決勝、今朝は咲たちの試合があるのか」

京太郎「何をしよう」

京太郎「じゃあ今日は試合見に行くか」

京太郎「竜華さんも行きませんか?」

竜華「今日はちょっと予定があるんや、ごめんな」

京太郎「いえ、いいですよ」

京太郎「じゃあ俺もう行きますね」

竜華「行ってらっしゃーい」

―――――――――――――――――

京太郎「二回戦第三試合の対戦校は……」

京太郎「鹿児島代表、第3シード永水女子―――神代さんたちのところ」

京太郎「岩手代表宮守」

京太郎「南大阪代表、姫松―――真瀬さんたちのところ」

京太郎「長野代表、清澄か」

京太郎「観覧席も取れたし」

京太郎「観戦開始だ」








【先鋒戦】

京太郎「先鋒の4人は……」

京太郎「宮守は小瀬川さん、永水は神代さん、清澄は片岡さん」

京太郎「知り合いばかりじゃないか、たまげたなぁ」

京太郎「姫松は上重さん、か」

京太郎「片岡さんと小瀬川さんは打ったことがあるけど」

京太郎「神代さんはどんな打ち方をするんだろう……」

「先鋒戦開始ー!」

「先鋒戦終了ー!」

京太郎「神代さん、急に人が変わったみたいになったけど、あれも霞さんのいう神様の力なのかな……」

京太郎「片岡さんは序盤の火力が凄かったな」

京太郎「小瀬川さんが区間1位…実は凄い人なのか」


【次鋒戦】

京太郎「次鋒戦、姫松は真瀬さん」

京太郎「清澄はモモ、永水は狩宿さん、かりじゅくって読むのか」

京太郎「宮守は……みなみうら?いや、南浦さんか」

京太郎「ん?南浦ってプロにもいたような……」

「次鋒戦開始ー!」

「次鋒戦終了ー!」

京太郎「真瀬さんはちゃっかり+、宮守の人は後半凄かったけどモモに引っかけられてたな……」

京太郎「モモってやっぱり凄いやつだな……」


【中堅戦】

京太郎「中堅は…」

京太郎「清澄は竹井さん、永水は滝見さん」

京太郎「宮守の鹿倉さんって、本当に高三なのか?」

京太郎「姫松は洋榎さんか……」

京太郎「はてさてどうなることやら」

「中堅戦開始ー!」

「中堅戦終了ー!」

京太郎「竹井さん、凄かったけど」

京太郎「それ以上に洋榎さんの勢いが凄かったな……」




【副将戦】

京太郎「副将は清澄からは原村さん、姫松からは絹恵さん」

京太郎「宮守は臼沢さん、永水からは薄墨さん」

京太郎「薄墨さん、あんな服で大丈夫なのかな」

「副将戦開始ー!」

「副将戦終了ー!」

京太郎「薄墨さんの四喜和は……耐性ついちゃったからかあんまり驚かないな……」

京太郎「原村さんは上手かったな……」


【大将戦】

京太郎「最後の大詰め大将戦か」

京太郎「清澄は咲、宮守からは姉帯さん」

京太郎「姫松は末原さんで、永水は藤原さんか」

京太郎「姉帯さんやっぱり背高いなぁ」

京太郎「鹿倉さんといい、薄墨さんといい、変な身長の人が多い気がする……」

「大将戦、開始!」

「大将戦、終了!」

京太郎「姉帯さん、泣いてたな……」

京太郎「咲はなんか変な感じだったし」

京太郎「前半和了ってた人の勢いが後半になって急に衰えてたのは、なんだったんだろう」

京太郎「テンパイすらできてなかったみたいだし……」










京太郎「これでBブロックの準決勝進出二校は清澄と姫松に決まったのか」

京太郎「さてと、会場少しぶらついてから帰るか」

京太郎「でも、見ごたえのある試合だったな」ガコン

京太郎「夏はやっぱり夏みかんゼリージュースだよな」フリフリ

京太郎「ん?」

豊音「うぇええん」

京太郎「姉帯さん……悔しかったんだろうな」

京太郎「……そうだ」

京太郎「もう1個」ガコン

――――――――――――――――

豊音「ぐすっ、ぐすっ」

塞「トヨネ、ここにいたんだ」

塞「みんな待ってるよ」

豊音「会わせる顔がないよ、ひぐっ」

塞「誰もトヨネを責めたりしないから、さ」

豊音「うっ、うん……」

塞「あれ?そのジュースは何?」

豊音「ジュース?」

―――――――――――――――――

京太郎「あ、野口さん一人になっちゃった」



京太郎「そろそろ帰るかなーっと」

「あ、あのートイレってどこかわかります?」

京太郎「トイレでしたら……って洋榎さんじゃないですか」

洋榎「久しぶりやな!」

洋榎「ここにおるってことは見たんやろ?」

京太郎「何をですか?」

洋榎「ウチの活躍」ドヤァ

京太郎「あーはいはい」

絹恵「お姉ちゃん、監督呼んどったで」

絹恵「って、須賀くん?」

京太郎「どうも」

洋榎「ウチらの試合見とったんやて」

絹恵「ほんま?」

京太郎「はい、いい試合でしたよ」

絹恵「そかそか、良かったぁ」

洋榎「須賀のとこは三箇牧やったな」

洋榎「決勝で潰したるわ、このウチがな!」

京太郎「はいはい、待ってますよ」

絹恵「おお、すっごい冷静」

絹恵「それどころやなかった、ほら、お姉ちゃん行くで」

洋榎「ほな須賀じゃあな~」

絹恵「ばいばい」

京太郎「はい、さようなら~」





京太郎「飯食って一旦帰るか」

京太郎「でも金少ないんだよな、どうしよ」

京太郎「100円あったらマックに行こう!」

由子「あ、須賀くんなのよー」

京太郎「真瀬さん、部活の方はいいんですか?」

由子「昼食は各自で、ってなったのよー」

京太郎「じゃあ俺と食べませんか?」

由子「了解なのよー」



京太郎「ビッグマック2つって結構食べますね」

由子「これが本当のビッグマウスなのよー」アハハ

由子「そういう京ちゃんはハンバーガー1つで足りるのよー?」

京太郎「あれ、今何て?」

由子「京ちゃんって……ダメ?」

由子「この前モモちゃんが言うてたから真似してみたんやけど」

京太郎「あ、いや、いいですよ」

京太郎「金欠ですから、少し節約を、と思いまして」

由子「それは大変なのよー」

由子「それなら、はい」

京太郎「ポテト、Lサイズまるごとなんていいんですか?」

由子「困った人の窮地を助けるのが」

由子「先輩ってものなのよー」ポンポン

京太郎「真瀬さん!」

由子「由子でいいのよー」

京太郎「由子さん!ありがとうございます!」

由子「少し目が恐いのよー」






午後

京太郎「対策の時間でい!」

京太郎「げっへっへ、今日は誰を対策してやろうかぁ」

京太郎「…………」

京太郎「新道寺、白糸台、阿知賀の対策をするか」

京太郎「それとも勝った気で清澄とか姫松の対策をするか」

京太郎「誰にしよう」






京太郎「照、菫さんの弱点とかってわからないか?」

照「また対策?」

京太郎「みんなの力になりたいからな!」

照「弱点か……わからないな」






照「菫にクセとかあったかな……」ウーン

京太郎「さてと、二回戦の映像と牌譜は……」

京太郎「…………」ジーッ

京太郎「あれ、ここの待ちおかしくないか?」

京太郎「でもその後には和了ってる」

京太郎「まるでその人がその牌を切るのがわかっていたかのように……」

京太郎「前打ったときにもそんなことがあったな……」

京太郎「じゃあ和了る相手を狙える?」

京太郎「次は映像を見てみるか……」

―――――――――――――――――

京太郎「あれ、今、腕と目が……もう1回」

京太郎「やっぱり少し動いてるな」

京太郎「そうか、そういうことだったのか!」








京太郎「あー目が痛いー」

京太郎「疲れたー」

京太郎「メールでもするか」

京太郎「誰に送ろう」

京太郎「姉帯さんにしよう」

京太郎「そういえば、あのジュース気づいてくれたかな」

京太郎「よし」

京太郎『ジュースおいしかったですか?』

竜華「ただいまー」

京太郎「お帰りなさい」

竜華「ふふっ、みんな明日はびっくりするで!」

京太郎「どうしてですか?」

竜華「秘密や!」

竜華「シャワー先浴びるでー」

京太郎「どうぞー」

ヴーッ ヴーッ

京太郎「あ、返ってきた」

豊音『ど、どうしてそのことを知ってるのー?』

京太郎「ううむ」

京太郎「ここで「俺が置いておきました!」っていうと、なんか優しぶってる感がして嫌なんだよな……」

京太郎「どうしよう」

京太郎『エスパー須賀です』

京太郎「こうやって考えすぎてるから友達できないのかもな、送信っと」

ヴーッ ヴーッ

京太郎「返信早っ!」

豊音『あ、そうなんだーじゃあ今度やってみせてよ!メンタ』

豊音『リズムっていうの!』

豊音『頑張ってやってみせて!』

豊音『東京にいるときに』

豊音『ね?』

京太郎「出来ないけど……まあいっか」

京太郎『期待してくださいね、おやすみなさい』

京太郎「さて、寝るか」

竜華「あれ、シャワー浴びないん?」

京太郎「あ、そうでしたね……って竜華さん!?」

竜華「な、なんや」

竜華「今日はバスタオルやなくてバスローブやで」

京太郎「それもダメですって!」




【6日目】終











【インターハイ 7日目】

京太郎「いよいよ準決勝!」

京太郎「楽しみすぎて5時に起きてしまったぜ!」

京太郎「試合は9時からだけど、どうするかな」

京太郎「会場に行くか」

【会場前】

京太郎「開館は8時だからまだ開いてないよな」

京太郎「今7時だし、何やってんだろう」

京太郎「あれ、なんで列ができてるんだ?」

「インターハイ準決勝観覧席入場の列の最後尾はここです」

京太郎「これ、俺たちの試合を見に来た人たちの列なのか」

京太郎「なんだか滾ってきたぞ!」

京太郎「準決勝頑張るぞ!」



京太郎「俺たちの戦いはこれからだ!」








【対局室】

照(準決勝、やえと昨日の人、松実さんが相手か)ペラッ

照(気は、抜けないな)パタッ

やえ「お待たせ!」

照「待ってない」

玄(宮永さんは元白糸台だったんだよね、この人と何かあったのかな?)

煌「みなさんおそろいですね、すばらです!」

煌「真打は後から登場するって!」

煌「小走さんには2回戦でボッコボコ……とまでではないほどにやられたけど」

煌「なんにせよ今日の日は負けませんよ?」





開局
親 玄 100000
照 100000
やえ 100000
煌 100000



煌(この面子相手に早速テンパイ…すばらです)

煌(ですが、ドラが無いのがすばらくないですね)

煌(阿知賀の松実さん、ですか)

煌(まあ真っ直ぐいきましょう!)

煌「ロン、5200!」

煌「すばらです!」

玄「はいぃ」

照「…………」

【照魔鏡】発動!ゴッ

玄「!」ゾクッ

玄(また……)

やえ(来たか……)

やえ(テンパイできなかったのが痛すぎたな)

やえ(だが、私はお前を超えてみせる)

煌(変な感じがしますねぇ)

照「……」




東2局
玄 94800
親 照 100000
やえ 100000
煌 105200



全員ノーテンのため、流局


照(親なのにテンパイできないとはこれいかに……うむむ)


京太郎「照が張れてない!?」

霞「調子が悪いのかしら」

咏「でも、このままズルズルいったらまずいんじゃねーの?」

憩「せやな、小走さんは照ちゃんのこと知っとるやろうし」

郁乃「あの子はちょ~っと恐いからな~」


東3局1本場
玄 94800
照 100000
親 やえ 100000
煌 105200



やえ(まだ、アレは使わないでおこう)

やえ(張ってるのは私と新道寺)

やえ(リーチをする必要はない)

やえ(時に手堅く、時に大胆、それが王者というものだ)トン

煌「あ、それロンです」

煌「高目なので跳満、12300ですばらです!」

やえ「なっ……!」

照(アカン、これはアカン)


東4局
玄 94800
照 100000
やえ 87700
親 煌 117500



煌(すばら!この調子でリードを作りましょう!)トン

照「ポン」

やえ(ようやくか)

玄(なんでいつもテンパイできないのぉ……)

照「ロン、1000」


南1局
親 玄 93800
照 101000
やえ 87700
煌 117500



照「ロン、2000」


恒子「ついに始まるのかチャンピオン宮永照の連荘!」

健夜「二回戦で見せたあの勢いはどこへ行ったのでしょうか」

恒子「そう?3連続ノーテンなんて誰でもあるけど」

健夜「宮永選手は今までそんな連続ノーテンなんてなかったんですよ」

健夜「ただでさえ打点が低いのに南場から稼ぎ始めるとなると、少し不安が生じますね」


南2局
玄 91800
親 照 103000
やえ 87700
煌 117500



照「ロン、5800」

玄(この前よりも点棒は残ってる)

玄(まだまだ頑張るのです!)

やえ(もうちょい様子見しとくか……)


南2局1本場
玄 86000
親 照 108800
やえ 87700
煌 117500

同コンマのため、流局


照(よし、いい調子)

照(このまま……)


照「テンパイ」

やえ「ノーテン」

煌「ノーテン」

玄「ノーテン」

照(嘘だろおい)


南2局2本場
玄 85000
照 111800
親 やえ 86700
煌 116500


やえ(うぐぐ、テンパイできない)

煌(あちゃーもう勢い尽きましたかー)

煌(すばらくないですねー)

玄(やっとテンパイ、これは和了らないとね!)トン

照「ロン、1600」



南2局3本場
玄 82900
親 照 113900
やえ 86700
煌 116500


照「ロン、3800」

玄「はい……」

玄(宮永さんの親で流局して、連荘開始)

玄(また、二回戦みたいに……)

玄(いやいや!)ブンブン

玄(そうはいかないのです!)

煌(まくられましたがすばらっ!)

煌(張り合って見せますよ~)

やえ(阿知賀、新道寺、三箇牧)

やえ(私も、負けるわけにはいかないな)


南2局4本場
玄 79100
親 照 117600
やえ 86700
煌 116500


やえ(テンパイできず……懐かしいな)

やえ(この支配、圧倒的なお前)

やえ(これを東場から見せてくれていたらな)

やえ(やはり、楽しい)

照「ツモ、2400オール」


南2局5本場
玄 76700
親 照 124800
やえ 84300
煌 114100


照「ツモ、3100オール」


恒子「ついに始まってしまったチャンピオン宮永の連荘第二部!」

恒子「二回戦同様他校を圧倒し続けるのか!」

恒子「そして予想を外したすこやんのしょんぼり顔!カメラさん、アップで!」

健夜「見えないよね!解説だから顔見えないよね!?」


南2局6本場
玄 73600
親 照 134100
やえ 81200
煌 111000


照「ロン、11400」


郁乃「もういつも通りの照ちゃんやな~」

エイスリン「ユダンタイテキ!」

エイスリン「ユダンハキンモツ!」

憩「キン……モツ……」


南2局7本場
玄 62200
親 照 145500
やえ 81200
煌 111000




やえ(ようやくテンパイ、それじゃあ)

やえ(お見せしよう!)

やえ「リーチ!」

やえ(王者の打ち筋を!)

玄(小走さんのリーチ……!)

玄(小走さんがリーチをした後、同卓者のうちの一人だけムダヅモが無くなる)

玄(手が早く進む、って赤土先生が言ってた)

玄(その一人って……)

やえ(阿知賀は確か二回戦次鋒戦での収支がずば抜けていた)

やえ(菫でも抑えきれるとは思うが)

やえ(叩いておく!)

玄「リーチ!」

やえ(なんでいつも私が狙おうとした人から追いかけられるんだろうな……)トン

照(やえ、前から変わったんだね)

照(でもどうやら……)

玄「ロン!」

照(恵まれてはいないみたいだ)

やえ「なっ……!」

玄「リーチ一発ドラ8、裏2」

玄「34100です!」フンス

照(おっぱいも……)


南3局
玄 96300
照 145500
親 やえ 47100
煌 111000


煌(数え役満とは、実にすばらです!)

煌(私もあやかりたいものですね)トン

照「ロン、1000」

煌「すばっ!」


オーラス
玄 96300
照 146500
やえ 47100
親 煌 110000


やえ(役満直撃されて反撃できず、か)

やえ(菫たちに顔向けできないな……)

やえ(お菓子でも買いに行くか)トン

煌(オーラス、ノーテン……ここまででしたか)

煌(捨て駒以上の働きをしましたよ!)

煌(後は後ろの人たちに任せましょう)トン

玄(点棒取られちゃったけど、そのぶん取り返したよ!)

玄(みんなで決勝まで行かないとだからね!)トン

照(おおよそ5万点、このくらいがベストなのかな、みんなのために)

照(……みんなのため)

照「ツモ、500・1000」


終局
三箇牧 148500 (+48500)
新道寺 109000 (+9000)
阿知賀 95800 (-4200)
白糸台 46700 (-53300)













恒子「先鋒戦終了ー!」

恒子「現在トップはやはりチャンピオン宮永照!」

健夜「微妙な立ち上がりでしたが、中々の収支であったと思います」

恒子「続いて新道寺の花田煌が健闘し、現在2位!」

健夜「調子が良かったのでしょう」

恒子「3位は阿知賀!大量失点をするも数え役満を和了りました!」

健夜「当てられた小走選手は打点こそ高いですが注意力不足でしたね」

恒子「そして4位は意外にも白糸台でした!」

恒子「白熱の準決勝、休憩後に次鋒戦スタートです!」



京太郎「さてと、どっか行ってくるか」

京太郎「トイレに行っておこう」タッタッ

煌「すばすばす~ばら、すばら♪」

京太郎「あ、花田さん」

煌「おやおや、須賀くんではありませんか」

煌「今の試合、どうでしたか?」ニコニコ

京太郎「あの跳満良かったですね!すご……」ピトッ

煌「すばら、です」

京太郎「すばらでした!」

煌「いやぁ、面と向かってそう言われると照れますねぇ」

煌「そういえば、須賀くんは三箇牧でしたね」

煌「ここから先は、どちらが勝っても恨みっこなしですよ」スッ

京太郎「それはこっちの台詞です」ニギッ

煌「ふふっ、それではまた会いましょうね!」

京太郎「はい!」

煌「すば~らすばすばすばらっとっすばら~♪」

京太郎「何だか元気そうだったな」

ピンポンパンポーン

「間もなく次鋒戦が始まります、各選手は対局室へ向かってください」

ピンポンパンポーン

京太郎「やばっ、急がなきゃ!」





【対局室】

宥(玄ちゃん、頑張ってたから)

宥(お姉ちゃんも頑張るよ)ギュッ

菫(こいつが阿知賀の次鋒、松実宥か)

菫「…………」ギロッ

宥「はうっ」ブルブル

美子(なしてマフラーば着けよっと?睨んどっと?)

郁乃「遅れてごめんな~」

郁乃「ほな、始めよか~」


開局
親 宥 95800
郁乃 148500
菫 46700
美子 109000


美子(二回戦ときば打ち方しとったらまたあん人に射抜かれる)

美子(花田が作ったリードば広げる、そいがウチの役目)

菫(三箇牧……一度も卓に入っていなかったが)

菫(射抜いてみるか)

菫(テンパイしたら)トン

美子「ロン、1000です」


東2局
宥 95800
親 郁乃 148500
菫 45700
美子 110000


同コンマのため、流局


菫(阿知賀と三箇牧が張ったか……)

菫(完全に出遅れたな)

美子(テンパイ無理そう)

美子(オリやな)


東2局1本場
宥 97300 (+1500)
親 郁乃 150000 (+1500)
菫 44200 (-2500)
美子 108500 (-500)


同コンマのため、流局


京太郎「また流局ですか」

照「ただいま」

エイスリン「テルオカエリー!」

咏「お疲れさまだぜぃ」

照「お菓子買ってきた」

憩「お、この蒸しケーキおいしそうやな、もらっていい?」

照「うん」

咏「じゃあ私は抹茶ケーキ」

エイスリン「イチゴ!」

京太郎「俺は焼きプリンもらうな」

照「それはダメ」


東2局2本場
宥 98800 (+3000)
親 郁乃 151500 (+3000)
菫 42700 (-4000)
美子 107000 (-2000)


やえ「ただいまー……」

淡「やえ先輩おかえりなさーい」

誠子「お疲れ様サマです!」

尭深「お茶、淹れましょうか?」

やえ「いや、帰りがけに買ってきたからいい」

やえ「菫はどんな感じだ?」

誠子「始まってからずっとテンパイしてません」

やえ「まだ東2局か」

淡「ちゃっちゃと回ってくるといいなー」


郁乃「ロン、12000の2本場は~ドゥルルルルルル」

菫「早くしろ」

郁乃「12600や~」

郁乃「も~そんな怒らんといてや~」


東2局3本場
宥 98800 (+3000)
親 郁乃 164100 (+15600)
菫 30100 (-16600)
美子 107000 (-2000)



郁乃(配牌国士一向聴か~)

郁乃(めんどくさいから流そかな~)スチャ

手牌:一九①①⑨19東南北白發 ツモ:西

郁乃(張っちゃった~)

郁乃(中待ちやけど、まあええわ……)

菫(早く取り返さなくては)トン

郁乃(この子から和了ったら終わってまうやん~)

郁乃(見逃そかな……あ、中ってたしか~)

宥(中が3枚……よし)

郁乃(流しでええか……)


東2局4本場
宥 99800 (+4000)
親 郁乃 165100 (+16600)
菫 27100 (-19600)
美子 108000 (-1000)


菫(やっと張れた……よし)

菫(標的は、三箇牧)ギュッ

郁乃(あ~これが京太郎くんの言っとったやつか~)

宥(手が動いた……)

宥(三箇牧の人……)トン

郁乃「ロン、7000やで」

宥「ははい!」


東2局5本場
宥 92800 (-3000)
親 郁乃 172100 (+23600)
菫 27100 (-19600)
美子 108000 (-1000)


郁乃「ツモ、2500オール」


恒子「三箇牧の赤阪止まらないー!」

恒子「チャンピオン宮永にも劣らぬ勢い!果たして誰が止めるのか!」

健夜「姫松の赤阪元監督代行の妹さんですか、彼女はところどころ不思議な人物ですね」

健夜「まるで場の流れを操っているかのように立ち回るように思えます」

健夜「姉の郁乃さんと似た打ち筋ですね」


京太郎(まあ、本人ですし)

霞(しょうがないわよね……)


東2局6本場
宥 90300 (-5500)
親 郁乃 179600 (+31100)
菫 24600 (-22100)
美子 105500 (-3500)


同コンマのため、流局


東2局7本場
宥 91300 (-4500)
親 郁乃 180600 (+32100)
菫 21600 (-22100)
美子 106500 (-2500)


同コンマのため、流局


淡「また流局なのー?」

誠子「まあそういうときもあるだろ」

やえ「菫……」

尭深(このくらい長引いたら楽そうだな……)ズズッ


東2局8本場
宥 92800 (-3000)
親 郁乃 182100 (+33600)
菫 20100 (-23600)
美子 105000 (-4000)



郁乃「ロン、8200や~」

菫「……くっ」グスッ

菫(なぜ、射抜けないんだ)

郁乃(段々可哀そうになってきたな~)

郁乃(トバれても困るし~う~ん……)


東2局9本場
宥 92800 (-3000)
親 郁乃 190300 (+41800)
菫 11900 (-31800)
美子 105000 (-4000)



菫(ツモ……射抜けなかったが、これでいい)

菫(これで、精一杯だ)ギリッ

菫「ツモ、2200・3500」

菫(すまない、みんな)


東3局
宥 90600 (-5200)
郁乃 186800 (+38300)
親 菫 19800 (-23900)
美子 102800 (-6200)



菫(今度こそ)ギシッ

郁乃(弘世ちゃん戻っちゃったみたいやな~)

郁乃(さて、と)

郁乃「ツモ、2000・4000」


東4局
宥 88600 (-7200)
郁乃 194800 (+46300)
菫 15800 (-27900)
親 美子 100800 (-8200)



郁乃「ツモ~1600・3200やで~」

宥(この人……ずっと笑ってるけど)

宥(あったかくない)

菫(まだだ、まだいけるだろ私!)

美子(なんやこの邪魔されとるような感覚)

美子(準決勝、やっぱり厳しか)


南1局
親 宥 87000 (-8800)
郁乃 201200 (+52700)
菫 14200 (-29500)
美子 97600 (-11400)



菫(張った……)

菫(射抜くなら三箇牧、と思っていたが)

菫(作戦変更、新道寺と阿知賀を平らにして尭深たちに回す)

菫(だからまずは……)ギシッ

菫(新道寺)


美子(狙われとっとですか……)


美子(少し、遠回りを)トン

菫(よし!)

菫「ロン、6400」

美子「……はい」

美子(ダメですか……)


南2局
宥 87000 (-8800)
親 郁乃 201200 (+52700)
菫 20600 (-23100)
美子 91200 (-17800)


菫(張れた!)

菫(一気にいくぞ!)

菫「ツモ!6000・12000!」

菫(失点は取り返した)

菫(できるじゃないか私!)

菫(勝てる……勝てるんだ!)


南3局
宥 81000 (-2800)
郁乃 189200 (+40700)
親 菫 44600 (+900)
美子 85200 (-11800)



菫(張れた……)

菫(次に狙うは……阿知賀!)ギシッ

美子(阿知賀の人が狙われた、こん隙を撃つ!)

菫(……)トン

美子「ロン、8000」

菫「なにっ!?」


オーラス
宥 81000 (-2800)
郁乃 189200 (+40700)
菫 36600 (-7100)
親 美子 93200 (-3800)



菫(配牌よし、ツモよし)

菫(万全、次は三箇牧を……)ギシッ

郁乃(ちょいと気ぃ回しすぎたかな~?)

郁乃(まあ、これで全部チャラや~)

郁乃「ツモ~6000・12000」

郁乃「これにて終了~」


次鋒戦終了

三箇牧 213200 (+64700)
新道寺 81200 (-27800)
阿知賀 75000 (-20800)
白糸台 30600 (-16100)




恒子「準決勝次鋒戦やっと終了ー!」

恒子「序盤、三箇牧の赤阪郁代が宮永の作ったリードをさらに広げるも、白糸台の弘世菫が反撃!」

恒子「収支をなんとか+にするも新道寺の安河内美子に直撃され再び-に!」

恒子「そして赤阪が三倍満をツモりオーラスを制しました!」

恒子「まさに二極の魔王!白糸台は反撃することができるのか!?」



京太郎「これまた長かったですね……」

照「流局多い」

咏「さーてと、次はまたあのガキとかぃ」

エイスリン「アタラシサン!」

咏「そそ、あの生意気なやつな」

憩(咏ちゃんの方が子供っぽいんやけどな……)

咏「じゃ、行ってくるねぃ~」

憩「行ってらっしゃ~い」

京太郎「じゃあ俺も少し出てきます」





「中堅戦開始ー!」

京太郎「あっ、速く帰らないと!」

ドシーン!

菫「いっ……」

京太郎「すみません、立てますか?」

菫「お構いなく、大丈夫で……す」

京太郎「弘世……さん?」



菫「三箇牧の次鋒にはやられたよ」

菫「不甲斐ないよな、私」

京太郎「でも、中盤の追い上げは凄かったじゃないですか!」

菫「その前に私は飛ばされていたんだぞ!」

菫「飛ばされるはずだったんだ、控室からも見ていただろう」

菫「国士見逃し」

京太郎「……気づいていたんですか」

菫「開いたときはチャンタになっていたがな、誰でも気づくさ」

菫「私は生かされていたんだ、白糸台の部長ともあろう私が」

菫「部員たちに……っ、淡や亦野や尭深にっ、やえに会わせる顔が無い……っ」グスッ

京太郎「……今は、誰も見てないですから」ナデナデ

菫「うっ……うぐっ……」ポロポロ




―――――――――――――

憧「一昨日の2回戦ではどうも」ジッ

咏「覚えててくれたみたいで何よりだねぃ~」ジッ

尭深(三尋木さんの和服可愛いな……)

尭深(私も今度は着て来ようかな)ズズッ




開局
親 仁美 81200
尭深 30600
憧 75000
咏 213200


同コンマのため、流局


淡「スミレ先輩戻ってこないですねー」

やえ「あいつは気負いすぎるところがあるからな」

誠子「迎えに行ってきます!」

やえ「いや、一人にしておけ」

誠子「はい……」


東1局一本場
親 仁美 82200
尭深 27600
憧 76000
咏 214200



憧(早速一本場しちゃったか~)

憧(さっさと流さないと)

憧「ポン!」

憧(後がつっかえる)

憧(それにこのちっこいのも抑えてないと……)

憧「ロン!1300!」

憧(疲れるわ、これ)


東2局
仁美 82200
親 尭深 27600
憧 77300
咏 212900



憧「ロン!5200!」

咏「うげっ」

憧(できれば新道寺も削っておきたいけど)

咏「良いことないねぃ~」

憧(このチビから削るのがベスト!)


東3局
仁美 82200
尭深 27600
親 憧 82500
咏 207700


憧(ノーテンで流局直行!)

憧(これで最後!)トン

咏「ロン、12000」

咏「ダメだぜぃ~ちゃんと注意しなきゃ」

憧(むかつくな~こいつ)イライラ

尭深(続かない……)


東4局
仁美 82200
尭深 27600
憧 70500
親 咏 219700


憧「ロン!1000!」

咏「またかよぉ……」

憧「鳴いてるんだからもっと注意しなきゃダメじゃない」

咏「むっかー!お前後で覚えとけよな!」

仁美(和了れん……なんもかんも政治が悪い……)


南1局
親 仁美 82200
尭深 27600
憧 71500
咏 218700


憧「ツモ!3000・6000!」

仁美「おーやりますなー」

尭深(それ捲られて言う台詞?)ズズッ


憩「咏ちゃん全然和了っとらんね」

エイスリン「ヘイコウセン」

照「このまま何も無ければいいけど……」

郁乃「あれ?照ちゃん尭深ちゃんのこと知らんの~?」

照「打ったことは無い」

郁乃「おもろい子やから見といてみ~」


南2局
仁美 76200
親 尭深 24600
憧 83500
咏 215700


同コンマのため、流局


尭深「テンパイ」

憧「テンパイ」

咏「テンパイ」

仁美「ノーテン」

憧(また流局?)


菫「尭深は順調か?」

やえ「ああ、お帰り」

誠子「振り込むことなく仕込んで行ってます」

菫「そうか、順調か」

淡「このまま行けばいいですねー」

菫「そうだな、そうなってくれれば幸いだ」


南2局一本場
仁美 73200
親 尭深 25600
憧 84500
咏 216700




咏「ツモ!4100・8100!」

尭深「……はい」

尭深(あと、少し)

憧(また大きいのを!)

憧(でもオーラスで渋谷尭深が役満ツモれば今のはチャラになるのよね……)

憧(こうなったら和了りにいく!)

【対策 尭深】の効果が切れました


南3局
仁美 69100
尭深 17500
親 憧 80400
咏 233000



憧「ツモ、3200オール!」

憧(このままこのまま!)

咏(こいつぅ……)


穏乃「憧、すっごいなぁ」

晴絵「あ~あ、吹っ切れちゃったか」

灼「また飛ばしちゃうかも……」

晴絵「多分大丈夫でしょ、どっかで止まるさ」


南3局一本場
仁美 65900
尭深 14300
親 憧 90000
咏 229800




憧(うわっ、三倍満ツモっちゃった~)

憧(このままだと渋谷尭深が危ないし、シズたちにも回したい)

憧(よし、流そ)

憧(もったいないんだけどなぁ……)


オーラス二本場
仁美 64900
尭深 13300
憧 89000
親 咏 232800





憧(ついに来た、オーラス……!)

咏(とっととあの一年から和了ってヤメるかねぃ)

仁美(テンパイ……ここは攻めに行くけん!)

尭深「……」ズズッ

憧(って、他の2人緊張感無さすぎ!)

憧(渋谷尭深のこれまでの一巡目の捨て牌は……)

憧(西白白中發中白發西一……大三元どころか字一色!?)

憧(やっぱりオリよね……)

咏(全然こねぇな……)トン

尭深「ロン、32600」

咏「うげっ」

咏「オーラスで振り込むとかマジかよ」

咏「はいよ」

咏「え!?役満!?」

尭深「は、はい」

咏「マジっすか……」

恒子「中堅戦終了ー!」

中堅戦終了
三箇牧 200200 (-13000)
阿知賀 89000 (+14000)
新道寺 64900 (-16300)
白糸台 45900 (+15300)


恒子「中堅戦決着!」

恒子「大きい和了りをするも振り込み続け失点した三箇牧は依然として1位!」

恒子「阿知賀は三箇牧から点を奪い続け2位浮上!」

恒子「そして新道寺は3位に転落」

恒子「白糸台はオーラスに役満を1位の三箇牧から和了り、巻き返しを図ります!」


憩「久しぶりのインターハイ!初めての団体戦!」

憩「行ってくるわ!」

エイスリン「イッテラッシャイ!」フリフリ

京太郎「頑張ってくださいね!」

憩「任しとき!」タッタッ

郁乃「でも咏ちゃんが削られるとはな~」

京太郎「点棒はいくらでもあるし、まだ大丈夫でしょう」

郁乃「せやな~」

京太郎「あ、俺少し出かけてきます」