京太郎「今日は雀さんのサイン会が昼に中心街、夜に三箇牧であるらしい」

京太郎「雀さんは地区予選大丈夫なんだろうか……?」

京太郎「やるべきは麻雀、だよな」

京太郎「よし、頑張るぞっ!」



京太郎「ひさしぶりにネト麻でもするか」

京太郎「MAO……超本格的なオンライン麻雀ゲーム」

京太郎「開発者の意図がうんたらかんたらってニュースに取り上げられてたな」

京太郎「待機待機、っと」




京太郎「お、来た来た」

とよねー:よろしくだよー

最強☆ちゃん:よろしくお願いします

魔法少女志望:よろしく


開局

京太郎「お、いい配牌、これは清一色だな」カチッ

京太郎「どんどん揃ってくな」カチッ

京太郎「お、面清一通で聴牌だ」カチッ

京太郎「この調子で……」

京太郎「来た!」

京:ツモ、8000オール


東1局
親 京 49000
魔法少女志望 17000
最強☆ちゃん 17000
とよねー 17000


京:ツモ、8000オール

豊音「わわっ、いきなり親倍だよー」

豊音「私も負けてられないよねー」カチッ

とよねー:ツモ、3100・6100


東2局
京 42900
親 魔法少女志望 13900
最強☆ちゃん 13900
とよねー 29300


菫「シャープシュートの特訓にネト麻をすることになったのだが……」

菫「上手くねらえないな……ってツモか」カチッ

魔法少女志望:ツモ、2600オール


東2局1本場
京 40300
親 魔法少女志望 21700
最強☆ちゃん 12300
とよねー 26700


京太郎「さっきからツモばっかりだな…」カチッ

京太郎「いい感じいい感じ」カチッ

京太郎「よし」

京:ツモ、3100・6100


東3局
京 56600
魔法少女志望 13600
親 最強☆ちゃん 8200
とよねー 22600



菫「この京とかいうプレーヤー、凄い火力だな」カチッ

菫「だが、狙えはしないが……」

菫「勝たせてもらおう」カチッ

魔法少女志望:ツモ、4000・8000


東4局
京 52600
魔法少女志望 29600
最強☆ちゃん 200
親 とよねー 18600



京太郎「なんだこれ……」

京太郎「トイトイ三槓子、槓ドラモロ乗りで三倍満…って」

京太郎「あ、来た」

京:ロン、24000


終局
京 76600
魔法少女志望 29600
最強☆ちゃん 200
とよねー -5400







京太郎「……」

京太郎「倍満倍満三倍満で飛ばす、とか嬉しすぎて実感が湧かないな」

prrr prrr

京太郎「はい、須賀です」

豊音『うわあああああん!!』

京太郎『えっ!?』ビクッ

豊音『須賀ぐーん』

京太郎『あ、姉帯さん!?落ち着いてくださいよ』

豊音『ぐやじいよーでも楽しがっだよー』

京太郎『どうしたんですか?』

豊音『えっぐ、あの、ね』


京太郎『ネトマで飛ばされた、と』

京太郎『よりにもよって三倍満に振り込んでしまって』

豊音『うん、ズズッ』

京太郎(あれ、これ和了ったの俺じゃね?)

京太郎(と、すると姉帯さんがとよねーさんか……)

京太郎(うん、黙っておこう)






京太郎「姉帯さんを慰めるのに小一時間かかってしまった」

京太郎「なんとかばれないで済んだな」ホッ

京太郎「昼は、どうしよう」


京太郎「そういえば、中心街で雀さんのサイン会があったんだっけな」

京太郎「行ってみよう」

――――――――――――

明華「いつもありがとうございマスネ」ニコッ

明華「お次ノ人ー!」

京太郎「どうも」

明華「須賀クン!」パァァ

明華「来てくれたンダネ!」

京太郎「この前約束しましたしね」

明華「ありがとっ!」

明華「そだ!アト1時間待ってテ!」

京太郎「どうするんですか?」

明華「一緒ニ遊ビニ行こっ!」

京太郎「いいですね、行きましょうよ!」

明華「うんっ!」




明華「須賀クン、コッチコッチ」

京太郎「あ、はい」

明華「…」ササッ

京太郎「あの、どこへ?」

明華「私ノ楽屋」ササッ

京太郎「俺が入ってもいいんですか?」

明華「……タブン」

明華「…バレタラ、危ない…カモ」

京太郎「えぇ……」

――――――――――――

明華「到着ッ!」

京太郎「おお、ドッキリ番組で見た部屋そのものだなぁ」

京太郎「そういえば、ここで何するんです?」

明華「それハネ……」


明華「一緒ニ話そっ」

京太郎「雑談ですか、いいですよ」

明華「何カ聞きたいことトカある?」

京太郎「ききたいこと……あ、歌」

明華「歌?」

京太郎「いつごろから歌ってるんですか?」

明華「ンー、小さいときカラ」

明華「パパンハ麻雀ノプロデ、ママンハ歌手デ」

明華「ダカラ、麻雀ト歌ハずっとやってる」

京太郎「ふぅ~むなるほどなるほどなるほど~」

明華「……」

京太郎「……」

京太郎「話すこと、無くなっちゃいましたね」

明華「ウ……ン」

京太郎「じゃあどこか行きますか」

明華「ウン!」







京太郎「というわけで、大阪城の近くにあった喫茶店に来てみましたー」

明華「オ城、キレイ」キラキラ

京太郎「周りの風景も見れるのもこの店のいいところだよな」

明華「あ、この歌」

~~♪

京太郎「これが雀さんの歌ですか?」

明華「ウン、ドウ思う?」

京太郎「いい歌だと思いますよ」

明華「ワァ、ありがと!」







京太郎「大阪と言ったらこれ!」

テッテレテッテッテー

京太郎「大阪パフェ~」ダミゴエ

明華「普通ノパフェト、違うノ?」

京太郎「……」

京太郎「……寸分違わずです、はい」

明華「ふふっ、はい、これ」アーン

京太郎「え?い、いいんですか?」

明華「なにが?」

京太郎「あーん、なんて」

明華「パパンヤママントしたことある、ダイジョーブ」

京太郎「え、えーっと、ですね」

京太郎「そういうのは、少し、早い、と言いますか、そのー」

明華「ふふっ、ジョーダン」パクッ

京太郎「えっ」

京太郎「……」

明華「ふふっ」

京太郎「お、男の純情をもてあそびましたね!」ウキー

京太郎「そんな明華さんには、こうです!」アーン

明華「エ?」

明華「……」

京太郎「あれ、食べないんですか?」

明華「……アーン」

京太郎「はい」パクッ

明華「アー……アレ?」

京太郎「仕返しです」フフン

明華「~~///」

――――――――――――

明華「今日ハありがと!」

京太郎「俺なんかでよければ、また遊びにいきましょうよ」

明華「ウン!」








京太郎「さて、まだ中心街にいるわけだが、何をしようかな」

京太郎「通天閣、大阪に来てから初めてだな」

京太郎「こうしてみると、賑やかな街なんだな、ここ」

京太郎「……あ」



もこ「~♪」

京太郎「対木さん……でしたよね」

もこ「ん?」

もこ「き、貴様は…ッ!」

もこ「ゴ、ゴールデンフレ「須賀です」」

京太郎「須賀京太郎です、元気そうで何よりです」

もこ「ククク、あんなもの、我には些細なこと……に、すぎない」グスッ

京太郎「ああ、元気出してくださいよ」

京太郎「ほら、元気元気!」

もこ「元気?」

京太郎「元気元気元気元気元気元気ごほっ、ごほっ」

もこ「大丈夫?」

京太郎「元気、出しすぎちゃいました」テヘペロ

もこ「ククッ」

京太郎「ははっ」

もこ「クーックックックク」

京太郎「あーはっは」

もこ「気に入ったぞ、須賀」

もこ「これをやる、マイセルコードだ」

京太郎「セル…携帯、コード……ああ、連絡先ですか」

もこ「……ん、不要…か?」

京太郎「いえ、嬉しいです。これ、俺のえっとセルコードです」

もこ「あ、ありがと」ニヘラ









京太郎「地元に戻ってきたぞ」

京太郎「三箇牧のサイン会は…また邪魔すると悪いからやめておくか」




京太郎「憩さんと勉強するか」

コンコン

京太郎「憩さん、勉強しましょう!」

ドタドタ

「ま、待っててーな!」

憩「はぁ…はぁ、べ、勉強?」

京太郎「顔赤いですけど、どうしました?」

憩「い、いや、なんでもないよ!」アセアセ

憩(あとちょっとで見られるとこやったな……)

憩(オカズは京太郎君……なんて、言えへんよな)



【7月第2週 休日】終










【7月第3週 平日】

京太郎「いよいよ今週末か!」

京太郎「気合いれていこう!」





京太郎「ふぁああ」

エイスリン「スガクーン!」パタパタ

京太郎「どうも、おはようございます」

エイスリン「オハヨッ!」

京太郎「エイスリンさんは、休日何をしていたんですか?」

エイスリン「エーットネ」カキカキ バッ

|牌に埋もれるエイスリンの絵|

京太郎「…えーっと…」

京太郎「麻雀漬け?」

エイスリン「ミンナデ、ウッタ!」

エイスリン「スガクンハ?」

京太郎「俺もネトマしてましたよ」

エイスリン「スガクンハエライ!エライヨー」

京太郎「あ、ありがとうございます」

京太郎(言えない……東風戦やっただけで他の時間は遊んでただけなんて)

京太郎(到底言えない……)

エイスリン「ソウダ、カスミガダイジナハナシガアルカラ」

エイスリン「ヒルヤスミ、ブシツニシュウゴウダッテ!」

京太郎「わ、わかりました」

京太郎(大事な話……?)



京太郎「というわけで、部室に来たけど」

霞「あ、来たみたいね」

京太郎「話…とは?」

霞「地区予選のことよ、まずは日程から」


【地区予選1日目】
朝:自由行動

昼:自由行動

夕:女子団体戦 決勝

夜:自由行動

【地区予選2日目】

朝:女子個人戦 予選  男子個人戦 予選

昼:女子個人戦 本戦

夕:男子個人戦 本戦


霞「こうなっているわ」

霞「予選は東風3回で2回2位以上で通過」

霞「本戦は半荘2回の内どちらかで1位で通過よ」

京太郎「ありがとうございます。あ、そういえばオーダーってどうなっているんですか?」

霞「そのことなんだけど……実は」

霞「迷ってるのよ、だから京太郎くんの意見を聞こうかと」

京太郎「俺が決めてしまってもいいんですか?」

霞「私より、あなたの方があの子たちをわかってると思うから、どう?」

京太郎「そう…ですね」




京太郎「じゃあ、まずは先鋒からですか」

霞「先鋒は基本エースポジションね」

霞「高火力プレーヤーが置かれることが多いわ」

霞「それで、誰にするの?」

京太郎「照…がいいんじゃないんですか?」

霞「照ちゃん?去年は大将だったけど」

京太郎「あいつと同じ卓に入ったら、あんまり和了れないんですよね」

京太郎「だから、照に任せておけば安心かと」

霞「確かに…そうね」

京太郎「次は、次鋒ですか」

霞「ここは……事故が結構起きるポジションね」

霞「あと、キンクリされがちよ」

京太郎「キンクリ……?」




京太郎「郁乃さんか、咏ですかね」

霞「その心は?」

京太郎「狙い目だから?」

霞「何よそれ」

京太郎「でも、どっちにしましょうか……」

霞「そうね……」





京太郎「じゃあ、郁乃さんに任せましょうか」

霞「あの子は、なんとかするでしょうからね」

京霞「「多分……」」

京太郎「次は、中堅ですか」

霞「ここは自由に打つプレーヤーが多いわね」

霞「先鋒の次に高火力プレーヤーが置かれるポジションよ」






京太郎「ここを咏にしましょうか」

霞「そうね、あの子に合ってそうだし」

京太郎「残るは、副将と大将ですか」

霞「エイスリンちゃんか憩ちゃんね」

霞「副将はごくまれにおかしなプレーヤーが置かれることがあるから注意ね」

霞「基本は守りの堅いプレーヤーばかりよ」

霞「大将はいわずとしれた魔物区域」

霞「私も去年は大将だったわね」

霞「それで、どうするの?」





京太郎「副将は憩さん、大将はエイスリンさんにしようかと」

霞「ふんふむ……」

霞「歴の浅いエイスリンちゃんはちょっと心配だけど」

霞「ま、いいでしょう」

霞「まとめると……」

先鋒 宮永照
次鋒 赤阪郁乃
中堅 三尋木咏
副将 荒川憩
大将 エイスリン・ウィッシュアート

霞「こうなるわ、これでいいのね?」

京太郎「はい、大丈夫だと思います」

霞「それじゃあもう戻っていいわ、ありがとう」

京太郎「了解です、失礼しました」



京太郎「いよいよ大会って感じがしてきたな」

京太郎「放課後はどうしようかな」

京太郎「部活一択!」

霞「今日は大会前だからたくさん練習できるようにしておいたわ」

京太郎「おお!よし、頑張るぞ!」






エイスリン「スガクン!トックン!」

京太郎「おっ」

エイスリン「トックン、シヨ?」

京太郎「俺もそう言おうと思ってました」

京太郎「張り切っていきましょう!」

エイスリン「ウン!」






京太郎「こんなところ、でしょうかね」

エイスリン「アリガト、スガクン!」

京太郎「いえいえ、頑張ってくださいね」

京太郎「あとこれ」

エイスリン「ナニコレ?」

京太郎「お守りです、使ってください」

エイスリン「ア、アリガト、キョ、キョウタロークン!」

京太郎「あれ、今」

エイスリン「エヘヘ、ナマエデ、ヨンデミマシター」

エイスリン「ガンバローネ、キョウタロークン!」

京太郎「はい!」


京太郎「エイスリンさん!まだ特訓続けましょう!」

エイスリン「イイノ?」

京太郎「どうってことないですよ、エイスリンさんの力になりたいだけですから!」

霞(あらあら、いい雰囲気ね)クスッ


京太郎「ふぅ……」

エイスリン「ツカレタァー」

京太郎「まだまだ頑張りましょうね!」

エイスリン「オマカセア「それは言ってはいけません」」


京太郎「まだまだ行きますよー!」

エイスリン「オーッ!」

照(京、こっちには来ないのかな…)

憩(大会直前……か)


霞「はい、今日はここまでよ」

霞「あとはみんな週末に備えて調整しておくこと」

霞「それじゃ、解散よ」

エイスリン「キョウタロークン、キョウハ、アリガトウデシタ」ペッコリン

京太郎「俺も、エイスリンさんの力になれたようで嬉しいです」

京太郎「地区予選、頑張りましょうね!」

エイスリン「ウン!」





エイスリン「キョウタロークン!チョットキテ!」

京太郎「どこにいくんですか?」

エイスリン「book store!」


お品書き

牌のお姉さんの麻雀教本 中級編…2000円

牌のお姉さんの麻雀教本 上級編…2800円

小鍛治健夜の目指せ!グランドマスター!…2800円

戒能良子のものまね王!…2800円

迫り来る怒涛の修羅場…2000円

女性を落とす40の方法…1000円

小説…600円

京太郎「エイスリンさんはどこか行っちゃったけど、何を買おう」






京太郎「この2冊にしておくか」

エイスリン「オマタセ!」

京太郎「今までどこに?」

エイスリン「comic!」

京太郎「漫画コーナーですか」

エイスリン「ウン!」ズコッ

エイスリン「アッ」

バサバサッ

京太郎「あ、本落としました……」

漫画「アーッ!」

京太郎「よ」



【7月第3週 平日】終








地区予選・朝

京太郎「霞さんの家から春の千里山の映像を借りてきたぞ」

京太郎「これで対策を立てよう!」

京太郎「誰にしよーかなー」

京太郎「お、このおもちは、清水谷さんか」

京太郎「この人にするか」



京太郎「……」

京太郎「なんにも浮かばないな……」

京太郎「対策なんて似合わない、か」

京太郎「みんなの役に立ちたかったんだけどな……」

京太郎「はぁ……」





京太郎「いや、ここで諦めてたまるか!」

京太郎「対策係須賀京太郎!清水谷さんを攻略する!」




京太郎「そういえば、清水谷さんの調子って」

京太郎「半荘の間に何回も変わってる気がするんだよな」

京太郎「配牌がめちゃくちゃいいときが3回続いたり、悪い時が続いたり」

京太郎「この調子を乱せば……」

京太郎「でも調子とかどうやって乱すんだよ……」

京太郎「藁人形でも作っておくか」



京太郎「一回戦、三箇牧は……」

京太郎「先鋒戦は、照が250000点、他校を全て50000点で圧倒」

京太郎「次鋒戦、郁乃さんは地和を2回も和了して、結果は三箇牧300000点、他校は……」

京太郎「次鋒戦後、卓を点検して」

京太郎「中堅戦、咏が和了り続けて他校は全て10000点台」

京太郎「副将戦の憩さんは他校を0点で回す」

京太郎「大将戦はエイスリンさんの開局ツモで全員トビ…か」

京太郎「なんだこれ」



霞「地区予選もいよいよ決勝よ!みんな、優勝してインターハイに行きましょう!」

一同「おーっ!」

霞「まずは照ちゃん、頑張ってね!」

照「……善処する」







実況「さあ、始まりました、北大阪インターハイ地区予選」

実況「実況は私、解説は野依プロでお送りします」

理沙「村吉さんは!?」プンスカ

実況「村吉アナは他局なのでいません」

理沙「そうだった……」シュン

実況「それでは、決勝に駒を進めた4校を紹介していきましょう!」

実況「まずは、モブA高校!火力重視のチームです」

実況「お次はモブB学園、モブA高校とは対照的に、速度重視のチームです」

実況「そして、1年ぶりの出場、三箇牧高校!」

実況「昨年の個人戦ベスト2の宮永照、荒川憩擁するまさにドリームチーム!」

実況「そしてそして、最後は全国2位、関西最強の高校!」

実況「千里山女子!」

実況「野依プロ、本日の見どころは?」

理沙「制服!」プンスカ

実況「ああ、確かに三箇牧高校の制服は個性的ですよね……ってちがーう!」

実況「対局についてお聞きしたかったのですが、まあおいておきましょう」

実況「間もなく、先鋒戦スタートです」


照(早く行っておくか……)

照「行ってきます」

京太郎「頑張れよ!照!」

照「うん」


竜華「怜、もう始まるで」

怜「……ん、そうやな」

怜「じゃ、行ってくるわ」

竜華「無理はせんといてな!」

怜「わかっとるって」


【対局室】

怜「お」

照「ん」

怜「その節は、お世話になりました」

照「いや、こちらこそ」

照「よろしく、園城寺さん」

怜「よろしくな、チャン……いや、宮永さん」

照「うむ」

怜(チャンピオンになるのは……私たちや)





開局

親 モブA1 100000
南 怜 100000
西 モブB1 100000
北 照 100000


怜(宮永さんは東1には和了らん)

怜(今のうちに、攻める!)

【先読み―シングル】発動!
2000から4段階上昇で満貫

怜「リーチ」

照(リーチ…立直……直立)

A1(これが園城寺のリーチか!)

B1(あ、ど、どれ捨てよう……)トン

怜「ロン、リーチ一発メンタンピンで、8000や」

B1「あうっ」


実況「園城寺選手、早速リーチ一発」

実況「園城寺選手は牌譜を見てみると一発率が多いのですが、どう思いますか?野依プロ」

理沙「鏡!」プンスカ

実況「鏡?」


照(ここから、いく)ゴッ

【照魔鏡】発動!


東2局
A1 100000
親 怜 108000
B1 92000
照 100000


怜(親番……)

怜(まだまだ行く!)

怜「リーチ」

照(うむむ……)

怜「ツモ、リーチ一発チートイドラドラ、6000オールや」

照(うむぅ……)


東2局1本場
A1 94000
親 怜 126000 残り体力:4
B1 86000
照 94000


照(2連続一発……不思議)

照(でも、私も負けない)

A1(園城寺さんに注意しておこう)トン

照「ロン、タンヤオのみ、1000の1本場は1300」

A1(うわっ、チャンピオンかー……)


東3局
A1 92700
怜 126000 残り体力:4
親 B1 86000
照 95300


照「ツモ、500・1000」

照(調整は、終わり)

照(言い訳じゃない……うん)

怜(宮永さんの、親番……か)


実況「とうとう始まったか、チャンピオン宮永選手の連続和了!」

野依(テレビ、慣れない……どうしよぉ…)

実況「どう思いますか?」

野依「まだまだ!」プンスカ

野依(またわけのわからないことを……)


東3局
A1 92200
怜 125500 残り体力:4
B1 85000
親 照 97300


同コンマのため、流局

照(親…ここで、稼ぐ!)トン

怜(連続和了は防がんとな)トン

照「あ」

A1「はい?」

照「いや、なんでも」

照(捨て牌間違った……)


東4局1本場
A1 93200
怜 122500 残り体力:4
B1 86000
親 照 98300


怜(テンパイ……宮永さんの連続和了も止まったことやし)

怜(一発がつくとして……よし)キィィン

【先読み―シングル】発動!
怜の体力が減った!
4→3
倍満から4段階上昇で、役満

怜「リーチや」

B1(ま、またですかぁ……)トン

怜「ロン、リーチ一発面混タンピン二盃口ドラ2、裏は…2」

怜「数え役満、32000の1本場は32300や」

B1「は、はいっ!」

怜(これで折り返しや……)ハァハァ




霞「照ちゃん、あまり和了れないわね……」

京太郎「まだ大丈夫ですよ!照なら大丈夫です!」

郁乃「まあ、照ちゃんが稼げなくても私がその分頑張るから安心してな~」

咏(それが不安なんだよねぃ)


南1局
親 A1 93200
怜 154500 残り体力:4
B1 53700
照 98300



実況「これは……どういうことでしょうか」

実況「宮永選手は2回和了したのみ」

実況「千里山女子の園城寺選手が着実にリードを広げていってますが」

理沙「まだまだ!」プンスカ


怜(体力、オーラスまでもつかな……)

怜(いや、もたせたるわ!)

照「ツモ、300・500」

照(もう、和了られてなんていられない)


南2局
A1 92700
親 怜 154200 残り体力:4
B1 53400
照 99400



照(ここから先は、私の独壇場)

照「ロン、2000」

B1「は、はいっ!」

照(園城寺さん……)

照(あなたを)

ゴッ

照(倒す)


南2局
A1 92700
怜 154200 残り体力:2
親 B1 51400
照 101400


照「ツモ、1000・2000」

照(まだまだ、和了り続ける)ギュルッ

怜(そろそろ、きつぅなってきたな……)


実況「宮永選手はようやく調子を取り戻したらしいですね」

理沙「期待!」プンスカ

実況「は、はぁ……」


オーラス
A1 91700
怜 153200 残り体力:2
B1 49400
親 照 105400


照(最後の親番、削れるだけ削ろう)

照(徹底的に)

照「リーチ」

怜(な……1巡後にツモ!?)

怜(ズラすしかない!)

怜(でもこの手牌じゃ鳴けへん)

照「ツモ、リーチ一発、2600オール」

怜(しくったなぁ……)

怜の体力が減った!
2→1


オーラス1本場
A1 89100
怜 150600 残り体力:1
B1 46800
親 照 113200


怜(宮永さん……静かやな……)

B1(テンパイできました!次で終わりです!)

A1(流局か、ノーテンってのがなぁ)

照(まだ)スチャ

照「ツモ、海底ホンチャン、3300オール」


オーラス2本場
A1 85800
怜 147300 残り体力:1
B1 43500
親 照 123100


照(一発、海底)

照(次は……そうだな)

照「カン」

A1(暗槓……?)

照「嶺上ツモ、メンゼンドラ2」

照「4200オール」


実況「チャンピオン止まらない!圧倒的!圧巻です!」

理沙(またフラれそうだな……どうしよぉ)

理沙(でも、頑張らないとっ!ファイト!私!)

実況「そして、3本場開始です」

理沙(あれ?)


オーラス3本場
A1 81700
怜 143200 残り体力:1
B1 39400
親 照 135700


照(次は……)

照「ツモ、面混小三白中」

照「6300オール」

怜「こほっこほっ」

怜(そろそろきついかな……)


オーラス4本場
A1 75400
怜 136900 残り体力:1
B1 33100
親 照 154600


照「リーチ」

A1(ダ、ダブリーですか)

A1(今日は変な役ばかりですね)

怜(アカン、このままやと、ツモられる!)

B1(あーもう、難しいですよぉ!)

照(いける!)ギュルルルル

照「ツモ、ダブリー一発メンタンピン一盃口、裏1」

照「8400オール」


オーラス5本場
A1 67000
怜 128500 残り体力:1
B1 24700
親 照 179800



怜(宮永さん…やっぱ強いなぁ…)

怜(よく頑張ったわ、私)

怜(でも、ここで終わるわけにはいかへん)

怜(一点でも多く、リードを作る……そのために)

怜(ごめんな、竜華、セーラ、みんな)

怜(無理、するわ)キィィン

【先読み―シングル】
怜の体力が減った!
1→0
跳満から4段階上昇で役満

照「…っ」

怜「リーチ…や」

怜(最後、これで…最後や)

実況「おーっと、ここで来ました園城寺選手のリーチ、一発なるか?」

理沙「お、おお!」

怜「ツモ、四暗刻」

怜「8500・16500」

終局
モブA 58500(-41500)
千里山 162000(+62000)
モブB 16200(-83800)
三箇牧 163300(+63300)



【次鋒戦】

実況「先鋒戦終了ー!」

実況「昨年度インターハイ個人戦チャンピオン宮永照の1人浮きに終わる試合かと思われていましたが」

実況「千里山女子の無名のエース、園城寺選手との拮抗状態で幕を閉じました」

実況「野依プロはこの対局、どう思いましたか?」

理沙「興奮!」プンスカ

理沙「し、しました!」プンスカ

実況「は、はぁ……次鋒戦は休憩をはさんで行われます」


京太郎「終わりました、か」

霞「凄かったわね、照ちゃん」

京太郎「じゃあ俺、照を迎えに行ってきますね」

霞「行ってらっしゃーい」





怜(なんとか、もったな……帰ろか)

照「園城寺さん、大丈夫?」

怜「仮病やから、大丈夫」

竜華「怜!」

怜「りゅ、竜華……」

照「じゃあ、私、もう行くね」

怜「ありがとな、宮永さん」

照「また打とう、次も負けない」

怜「お手柔らかに頼むわ」

―――――――――――――

霞「あら?帰ってきたの?」

京太郎「対局室に行っても誰もいませんでした」

京太郎「ところで、郁乃さんは?」

霞「すれ違いね、もう行ったわよ」

京太郎「そういえば、郁乃さんの名前ってどうしたんですか?」

霞「それはね……」


実況「さて、各校の選手が対局室に向かい始めました」

実況「モブA高校の次鋒は、部長のA2選手」

実況「モブB学園の次鋒は、またもや1年生のB2選手、B1選手のリベンジなるか」

実況「そして現在2位の千里山女子の次鋒は、これまた1年生の二条泉選手」

実況「現在1位の三箇牧高校、次鋒は赤阪郁代選手!」

実況「赤阪選手は姫松の元監督、赤阪郁乃さんの妹、とのことです」

実況「それでは、次鋒戦開始です!」


京太郎「設定、ですか」

霞「そうよ、設定」






東1局
親 B2 16200 区間1位
南 泉 162000 区間2位
西 A2 58500 区間3位
北 郁乃 163300 区間4位



泉(園城寺先輩が作ったリード、私が広げますよ!)

泉「ロン!16000!」

郁乃「あ~倍満か~しゃあないな~」キュオオオオオ

泉「は……!?」

【身代わりの幻影】発動!

聴牌判定まで戻ります


東1局
親 B2 16200 区間1位
南 泉 162000 区間2位
西 A2 58500 区間3位
北 郁乃 163300 区間4位


B2(1ちゃん、泣いてた)

B2(私、取り返す!)

B2「ロン!国士無双!48000!」

A2「うげぇっ!」


実況(なんだこの大会……)


東1局1本場
親 B2 54200 区間1位 +48000
泉 162000 区間2位
A2 10500 区間4位 -48000
郁乃 163300 区間3位



A2「ロン!24000の1本場は24300!」

郁乃「うぇぇ~もったいないけど~」

郁乃「まあ、ええか~」キュオオオン


【身代わりの幻影】発動!

聴牌判定まで戻ります


東1局1本場
親 B2 54200 区間1位 +48000
泉 162000 区間2位
A2 10500 区間4位 -48000
郁乃 163300 区間3位





A2「はっ!」

B2「ん、どうした?」

A2「いや、なんでも!」

郁乃(わ~お、またやな~)

郁乃「ツモ~地和で~8100・16100や~」


実況「またもや役満、赤阪選手はこれで今大会3度目の地和です」

理沙(確かに、赤阪さんに似てるなぁ)

理沙「うーむ……」


東2局
B2 38100 区間2位 +31900
親 泉 153900 区間3位 -8100
A2 2400 区間4位 -56100
郁乃 163300 区間1位 +48300




泉(テンパイ、これで和了れば7800……ですか)

A2「うぅ……」トン

泉(うっ、あなたから和了ってもどうにもならないんですよ……)

流局

東2局1本場
B2 35100 区間2位 +28900
親 泉 154900 区間3位 -7100
A2 3400 区間4位 -55100
郁乃 164300 区間1位 +49300




郁乃(泉ちゃん、聴牌しとったんか~)

郁乃(あの子も危ないし……しゃあないな)

郁乃(咏ちゃん、憩ちゃん、エイちゃん、ごめんな)

郁乃(逃げ切ったるわ~!)ゴッ


同コンマのため、流局

東3局1本場
B2 33600 区間2位 +27400
泉 153400 区間3位 -8600
親 A2 4900 区間4位 -53600
郁乃 165800 区間1位 +50800



A2(聴牌できないなぁ、このまま、負けるのかなぁ)ジワッ

B2(聴牌、ただし、和了れるかは、不安)

泉(さっきからずっと手が進みませんね……)

郁乃(ツモ、ギリギリやな~)

郁乃「ツモ、2100・4100や~」


東4局
B2 31500 区間2位 +25300
泉 151300 区間3位 -10700
A2 800 区間4位 -57700
親 郁乃 165800 区間1位 +50800



郁乃(みんなで勝ちたかったけど、少し暴れすぎたな~)

郁乃(これ以上進めても危ないから)

郁乃「ツモ、3200オールや~」

郁乃(これで、お終い)


地区予選決勝 終了

モブB 28300
千里山 148100
モブA -2400
三箇牧 175400











実況「次鋒戦、そして、北大阪インターハイ地区予選終了ー!」

実況「三箇牧高校の次鋒、赤阪選手がA高校を飛ばして、優勝!」

実況「関西最強、千里山女子の連覇を阻止しました!」

実況「野依プロはこの試合、どう思われましたか?」

理沙「とっても不思議!」

実況「あ、そうですか」

実況(村吉アナ、尊敬しますわ)

【対局室】

郁乃「……お疲れさま~」

A2「うっ、うぇっ、ひぐっ」

B2「おつ、かれ」

泉「お疲れ、でした……っ!」

泉(負けた、私が、負けた)

泉(私は高1最強のつもりだった、でも)

泉(そんなのは唯の傲慢、結果として、私は)

泉(千里山女子の連覇を、何年も前からの先輩たちからのバトンを)

泉(園城寺先輩から渡されたバトンを、江口先輩に渡せなかった)

泉(後の人たちに渡せなかった)

泉(私の、せいで私のせいで)

泉(私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ)


【三箇牧高校控室】

咏「あっさりだったねぃ」

照「もう少し、手加減すれば……」

霞「ダメよ、手加減なんて、相手に失礼じゃない」

照「はい……」

京太郎「泉……」

憩「……あ」

憩「京太郎くん、飲み物買ってきてくれる?」

京太郎「はい?」

憩「心配、なんやろ?」ヒソヒソ

憩「泉ちゃんが」

京太郎「!」

憩「前私にやったときみたいに、慰めてな」ヒソヒソ

京太郎「……わかりました、行ってきます」

バタム

エイスリン「デバン、ナカッタナ……」



【千里山女子高校 控室】

セーラ「あー、負けてしもたかー」

怜「みんな、ごめんな」

怜「私がもう少し頑張っとったら、泉にも無理させんで済んだのに」

竜華「怜のせいやない……」

セーラ「せや、泉のせいでもない」

セーラ「誰のせいでもない、せやから誰かを責めたりするんは無しや」

セーラ「泣くのも、無しや」

セーラ「泉は、みんなで笑って迎えてやるんや」

セーラ「泣いたら、っ、あかん」

竜華「うんっ、うん」

怜「泣いた、ら、罰ゲーム、やな」

浩子「コスプレ、ぇっ、とか、ですか?」

竜華「じゃあ、みんなでコス、プレ、やな」グスッ

セーラ「うん……うぇっ」

――――――――――――――――

京太郎(あの状態の二条がいそうなところ……)

京太郎(人がいなさそうなところ、か)

京太郎(だとすれば、こっち)

京太郎(ぼっちでよかったと思える瞬間)

【休憩室】

泉(こらえなきゃ、今は、先輩たちの前で悲しんでなんて、いられない)

泉(だから、一人で……)

京太郎「二条、いるかー?」

泉「はいっ!?」

京太郎「やっぱり、ここにいたのか」

泉「どうして、ここが?」

京太郎「勘、かな」

京太郎「二条が心配だったから、来た」

京太郎「勝った俺が何しに、って話なんだけどな」

京太郎「二条」

泉「はい」

京太郎「堪えなくっても、無理しなくても、いいんだぜ」

京太郎「悲しいときは泣いて、楽しいときは笑う」

京太郎「だから、さ、泣いてもいいんだぜ」

京太郎「みんな、受け止めてくれる」

京太郎「笑って控室に戻りたいんなら、俺の胸を貸してやる」

京太郎「無理、するなよ」

泉「はい、はいっ、う、ううっ」

泉「うえええええええっ」

京太郎「もう、大丈夫か?」

泉「はい」

泉「その……制服グチャグチャにしちゃいましたね」

京太郎「ああ、いいよ、着替え持ってきてるし」

泉「なんで!?」

京太郎「霞さんに弁当の買い出しとか、帰りに部の備品の買い出しとか頼まれてたからな」

京太郎「それに今日、結構暑いし」

泉「いや、そういう問題やないでしょ」

京太郎「そうかなー?」

京太郎「あ、そろそろ帰らないと」

京太郎「じゃあ、会えたらまた明日な」

泉「今日はありがとうございました、須……京太郎くん」

京太郎「……あ、ああ、じゃあな、泉」タッタッ

バタム

泉「えへへ」

泉「勇気出して呼んでみました、けど」

泉「泉、ですか……」

泉「えへへ」




京太郎「いよいよ明日が俺の大一番か!」

京太郎「頑張るぞ!」



京太郎「お邪魔しまーす」

郁乃「邪魔するなら帰ってや~」

京太郎「じゃあどうしろと」

郁乃「関西人の冗談やで~」





京太郎「そういえば、清水谷さん用に作った藁人形どうしようかな……」

京太郎「持っておくか」

京太郎「エイスリンさん、特訓しましょ!」

エイスリン「イイヨ……」

京太郎「元気ないですけど、どうかしたんですか?」

エイスリン「ナンデモナイデスヨー、ダ」






京太郎「あ、ひょっとして出番がなかったの気にしてます?」

エイスリン「チ、チガワイ!」

京太郎「そのぶん、三箇牧のリーサルウェポンとして活躍しやすいじゃないですか」

エイスリン「Lethal Weapon……イイネ!」

京太郎「明日は頑張りましょう!」

エイスリン「ウン!」



【7月第3週 地区予選1日目】終