愛宕家居間にて



皆「「「「洋榎(姉ちゃん)と京太郎の結婚を祝して!乾杯!!」」」」



京太郎「はは…改まってこういう事すると恥ずかしいですね」

洋榎「何や京太郎、何も恥ずかしいことなんかあらへんがな!
もう夫婦なんやで!」

京太郎「いやまだ籍入れてませんからね!?それにあんな事言って一番恥ずかしがってたの
洋榎さんですよ!?」

洋榎「あ、あ~…いや~ホンマ悪いな皆、ウチらのためにこんな会開いてもろて…」

京太郎「(誤魔化したな…)」

絹枝「姉ちゃん誤魔化せてへんよ~?」

洋榎「だぁ~!!うるさい!!いいから飲むで!!」

京太郎「ちょ、洋榎さん一気はマズイですって!」

恭子「おー!ええ飲みっぷりやなぁ~!」

漫「じゃあウチらも…」

由子「まぁ、今夜は無礼講やね!」

京太郎「あ~あ~…皆さん倒れても知りませんよ…」

     あっはっはっはっはwwwwwなんやそれwwwwww


     いやいや、ホンマやって!


     うそやーうそやーん


     あー!そないな事言うんか!


     こんにゃろ!ベロンベロンにしたるわ!!!


     そんな簡単に沈まんでぇ?ウチは強いからなぁ~


     その強気が何時まで保つかいな~?


     おう、見とけよ見とけよ~?

漫「あ~、気分ようなってきたわ~…」

由子「テンションあがってきたwww」

洋榎「今なら何でも出来る気がするで!」

恭子「なんや、京太郎を押し倒すとか?そんでもって子作りかいな~」

洋榎「え”!?な、なななな何言うとるんや恭子!!!」

京太郎「いきなり何言ってるんです恭子さん!?」

恭子「お?その反応、お二人さん、もしかしてまだやな?」

洋榎&京太郎「」

恭子「あっはっはっは!見事に墓穴掘ってくれたな~!」

絹枝「なんや姉ちゃん遅れとるなぁ~、何年も一緒に居ったくせにぃ」

京太郎「ま、まだそんな予定はありませんから!!さ、飲みましょう飲みましょう!!」

洋榎「(……)」




ガヤガヤワイワイ




京太郎「……頭が痛い。いろんな意味で。」










「で」








            「「「「死屍累々」」」」







京太郎「見事に皆さん潰れましたね…これどうしよう…」

洋榎「まだウチは潰れとらんで」

京太郎「あ、洋榎さん、大丈夫ですか?」

洋榎「おー…なんとかな」

京太郎「楽しかったですね、洋榎さん。」

洋榎「おー…」

京太郎「?やっぱりもう寝たほうがいいんじゃないですか?何日かオフですし…」









「なー京太郎」







「どうしました?」








「ウチと寝とうないんか?」

「ブっは!」

洋榎「ちょ!汚いわ!」

京太郎「いきなり変なこと言うからですよ!?」

洋榎「京太郎がいけないんやで!そんな予定ないとか!」

京太郎「あ……」

洋榎「そりゃいきなりあんなこと聞かれて驚いたのもあるんやけど」

洋榎「ウチだってそういうの期待してたってゆーか…」

「魅力無いって思われてるんかと思うたやんか!」



京太郎「洋榎さん…」



洋榎「京太郎はウチの男やろ!?夫婦なんやろ!?」

洋榎「大人しく股を開け!!!!!!」


京太郎「え!?この流れで!?しかもワイルド!待って下さい!皆起きちゃいますって!!!」


洋榎「京太郎が声出すの我慢すればええやろ!!」


京太郎「ちょ、悪酔いしすg」


京太郎「アッー!…って…」






洋榎「んー……zz」


京太郎「寝てる…」

「そりゃあ俺だってそういうことしたいですけど」

「もうちょっと待って下さい。」

「洋榎さんと肩を並べて立てるのはもうちょっと先になりそうですから…」

「京太郎~…好きやで…」

「俺もですよ。洋榎さん。」












絹枝恭子漫由子「「「「(この空気恥っずかしいいいいいいいいいいいいい)」」」」