雅枝「はい、しゅーごー」

雅枝「合宿の締めくくりとして、みんなには最初と同じ千里山2VS三箇牧2の試合をしてもらうで」

雅枝「それじゃあ卓につけ―」







霞「京太郎君!私と打ちましょう!」

京太郎「べつにいいですけど、空いてる卓は…」

泉「あ、須賀君、この卓空いてますよ!」

京太郎「お、泉も打つか」

竜華「怜に逃げられた…」

京太郎「あ、清水谷さん、俺たちと打ちません」

竜華「ええの!」キラキラ

京太郎「これで4人揃いましたね」

京太郎「見せてあげましょう!王者の打ち筋を!」


開局

京太郎「ロン、1500だ」

泉「わ、ホンマですか」

東1局 1本場
親 京太郎 26500
霞 25000
泉 23500
竜華 25000 ※最高潮モード





京太郎「ツモ、1100オール」

霞(この雰囲気、照ちゃんに似てるわね)


東1局 2本場
親 京太郎 29800
霞 23900
泉 22400
竜華 23900 ※最高潮モード



泉(どうして…せっかく同学年の須賀君と打ってるのに…)

京太郎「ロン、6400だ」

泉(どうして、張ることすらできないんでしょうか…)ジワッ


東1局 3本場
親 京太郎 36200
霞 23900
泉 16000
竜華 23900 ※最高潮モード




霞と竜華が同コンマのため、流局




東2局 親流れ3本場
京太郎 39200
親 霞 22900
泉 15000
竜華 22900



京太郎「ロン、1900だ」

泉「はい」

泉(また、張れなかった…)


東3局
京太郎 41100
霞 22900
親 泉 13100
竜華 22900



京太郎「ツモ、500・1000です」

竜華(面白いなぁ)


東4局
京太郎 43100
霞 22400
親 泉 12100
竜華 22400



京太郎「ロン、3900だ」

泉「はい…」

泉(結局一度も張れずに南入…)


南1局 1本場
親 京太郎 54800
霞 22400 ※攻撃モード
泉 400
竜華 22400


6400から3段階下降で2000

泉(また…張れなかった)

京太郎「ロン、2300です」

竜華「うわーやられたわー」

泉(避けられたんですか…私…)ギュッ


南1局 2本場
親 京太郎 57100
霞 22400 ※攻撃モード
泉 400
竜華 20100






京太郎(牌が悪くなってきたぞ…)

泉(有効牌が来ない…でも……)

竜華(相変わらずやなぁ、石戸さんは…)

泉(張るのを、あきらめない)

霞「ロン、24600よ」

泉(は……!?)


終局
1位 京太郎 57100
2位 霞 47000
3位 竜華 20100
4位 泉 -24200



京太郎「お疲れ様でした」

霞「おつかれさま~」

竜華「お疲れ様やで」

泉「ありがとう……ございました」グスッ

泉「…すいません、トイレにいってきます……」ダッ

京太郎「二条!」

竜華「追いかけない方がええ」

京太郎「でも…」

竜華「人にはな、誰にも知られたくないものってのがあんねん」

霞「いいから、座ってなさい」

京太郎「はい……」



雅枝「しゅーごー!」

雅枝「それじゃあこれから、合宿の打ち上げにバーベキューをしに行くで!」

京太郎「バーベキュー…?」

霞「千里山の合宿の打ち上げはバーベキューって伝統なのよ」

京太郎「なんですかその伝統……」






京太郎「よお、咏」

咏「あっれ~、どうしたん京太郎、元気無いじゃん」

京太郎「ん、少し…な」

咏「じゃあ黙ってとうもころしでも食べな!」つ

京太郎「あっつ!」

京太郎「なんで焼きたてを寄越すんだよ!」

京太郎「しかもとうもころしって、トトロかよ!」

咏「うん、やっぱり京太郎はそうしてるのが1番いいよ、しらんけど」

咏「悩んでるよりそうやって怒ったりしてる方が私は好きだねぃ~」

京太郎「そうか、ありがとな。咏」

咏「どうってことねえよ~」

京太郎「ところでさ、咏の目標って何なんだ?」

咏「急にどうした?」

京太郎「いや、千里山の人たちは全国制覇目指して頑張ってたけど、俺たちの目標ってなんなのかなって」

咏「そりゃあ、全国制覇しか無いんじゃね、しらんけど」

京太郎「やっぱりそうだよな。……よし、これからも頑張っていくぞ!」






京太郎「お、ホタテもあるのか。しかも最後の1切れじゃないか!」

京太郎「よっと、さて食べよ……」

ヒョイパク

京太郎「おい、照」

照「どうしたの?」モグモグ

京太郎「それが最後の1切れだったんだぞ!返せー!」

照「いやだねー!」


京太郎「ぜぇぜぇ」

照「はぁはぁ」

京太郎「なあ照」

照「なに?」

京太郎「この合宿、どうだった?」

照「楽しかったよ、みんな面白い人たちばっかりだったし、特に愛宕監督は面白かったなあ……」

京太郎「そうか、なら良かった」

照「ふふっ、心配しなくても前みたいなことはもう考えないよ、京だってようやく私たちに追いついてきたんだし、これからが楽しみだよ」

京太郎「そう……か、ありがとな、照」










雅枝「チキチキ!タン塩大食い対決、始めるでー!」

千里山ズ「イェー!」

雅枝「それでは選手の紹介や!」

雅枝「青コーナー、千里山のミス病弱!トキィィィ園城寺ィィィ」ジョインジョイントキィ

雅枝「続いて赤コーナー、三箇牧の雑用系男子、京太郎ゥゥゥ須賀ァァァ」ジョインジョインスガァ

雅枝「最後の緑コーナー、三箇牧のプリンセス、憩ィィィ荒川ァァァ」ジョインジョインケイィ

雅枝「それでは、スタートや!」

ワァァァァァ


京太郎「うっぷ、もう食えねえや」

憩「いい食べっぷりやったで、京太郎君」

京太郎「優勝者が何を言ってるんですかねぇ…」

憩「あはは、まあ気にしない気にしない」

京太郎「そういえば、憩さんはこの麻雀部で全国を目指したいんですか?」

憩「もちろんやないの、京太郎君何言っとるん?」

京太郎「でも、あと1人足りないんですよね、部員」

憩「あ!忘れとった!」

京太郎「でしょうね。それで、どうするんです?」

憩「うーん、京太郎君に任せるわ、今の部員集めたの京太郎君やしね」

京太郎「えええ、マジですか……」

憩「マジもマジ、大マジやで!」

京太郎「そんな元気に言わなくても……はぁ…」









雅枝「これでバーベキューは終わりや、お疲れぃ!」

オツカレサマデシター


京太郎「よし、帰るか」

浩子「なあなあ須賀君」

京太郎「なんですか船久保さん」

浩子「ウチと連絡先交換せえへん?」

京太郎「別にいいですよ」

ピッ

京太郎「これで完了ですね」

浩子「ふふふ、これでヒロやキヌ以外の同年代の子の連絡先が入ったで、ふふふ」

京太郎「触れないでおこう」


雅枝「お、須賀っちやん」

京太郎「今度は愛宕監督ですか…」

雅枝「うーん、せやなー須賀っちでええか」

雅枝「ほれ須賀っち、これ私の連絡先や、須賀っちにやるわ」

京太郎「え、いいんですか?」

雅枝「石戸じゃ、お前らを上手く教えられるかどうか不安やからな」

雅枝「教え子は大事にしたいもんなんや、困ったことがあれば連絡してくれや」

京太郎「はい、今後ともよろしくお願いします」


京太郎「これで、合宿も終わりか……楽しかったな」

京太郎「特訓したり、ドッキリしかけたり、雑用したり、ドッキリしかけたり」

タッタッタッ

泉「須賀君!」

京太郎「ん、二条か?」

泉「これ私の連絡先です!」

泉「私、まだまだ強くなりたいです!だから、どうせなら須賀君と一緒に上手くなりたいなあ、って思いまして!」

泉「あ、けっ、決して同学年の人と話がしたいって訳じゃないですからね!」

京太郎「おう、わかったよたまにはメールするよ」

泉「あ、ありがとう!須賀君」パァァ


【合宿3日目】終








【5月第1週 休日】

京太郎「朝が来たぞー」

京太郎「今朝はナニをしよう」

京太郎「麻雀の勉強をしよう!」

京太郎「今日は誰かと一緒にやろうかな」

――――――――――――

京太郎「こうして外に出てきた訳だけど、どうしよう」

霞「あら、京太郎君、どうしたのかしら?」

京太郎「あ、霞さん、実は誰かと麻雀の勉強をしようと思いまして」

霞「そういうことなら私におまかせあれ!」

霞「それじゃあ私の家でやりましょうか」

京太郎「いいんですか?」

霞「麻雀部の顧問ですしね、さあ行きましょうか」

京太郎「はい!」

京太郎(霞さん……なんか忘れてる気がするな…)

霞「ちょっとここで待っててね」

京太郎「あ、はい」

ガララ

京太郎「あ!郁乃さん!」

京太郎「っべー、合宿ですっかり忘れてたよ、マジっべーよ」

京太郎「んー、どうしよう」







京太郎「うん、やっぱりまた頼んでみよう」

ガララ

霞「お待たせ、どうぞ上がって」

京太郎「はい、お邪魔しまーす」

霞「ここが、京太郎君に見せたかったものよ」

京太郎「これは、全自動卓ですか?」

霞「ええ、お父様がよく知り合いを呼んでここで打っていたのよ」

霞「麻雀部の顧問になったし、せっかく卓があるんだから、使わない手は無いでしょ?」

霞「だから特訓したくなったらここに来るといいわ、憩ちゃん達もここのことは知ってるから、度々来てくれるわよ」

京太郎「そうなんですか…」

霞「どうしたの?そんな思い詰めたような顔をして」

京太郎「…霞さんに、したい話があります」










京太郎「話が、あるんです(真剣)」

霞「な、何かしら?」

霞(何これ、え、告白?いくらファーストキスの相手だからって、そ、そんなことあ、あるわけないわよ!う、うん、きっと!)

京太郎「こ……」

霞(こ?)


京太郎『恋をしているんです!霞さんに!』

霞『もう、京太郎君ったら!い、いいわよ』

京太郎『霞さん!』ガバッ


霞(なんでことになるのかしら!なっちゃうのかしら!)


京太郎「…ここに、郁乃さんを住まわせてあげてください!」ドゲザー


霞「」


京太郎「どう、ですか?」


霞(やっぱり…そうよね……)

霞「はあ…いいわよ」

京太郎「え、本当ですか!?」

霞「この前、お父様にそのことを言ったらね」


霞父『たとえ悪霊であろうとも、来るもの拒まず。それが、霧島神境に住まうものの心得だ』

霞父『それよりも霞、その新しく入ったとかいう男は……』


霞「ってね、だから考え直したの。赤阪さんは確かに得体は知れないけど、困ってるんだなって」

霞「だから、いいわよ」

京太郎「ありがとうございます!」








京太郎「そうと決まれば早速郁乃さんに電話だ!」

――――――――――――

郁乃「本当にええんですか~?」

霞「はい、但し住むのはこの、私の家にです」

郁乃「ええ~!せっかく京太郎くんと住めると思ったのに~」

霞「この清々荘では、そんなこと認めません」

郁乃「え~、いややそんなん~」

郁乃「ねえ、どう思う~?京太郎くん」

京太郎「そうですね…」





京太郎「霞さん!お願いします!」

京太郎「郁乃さんと俺を同居させてください!」

霞「ダ・メ・よ」

霞「甘やかすのはここまで、それに大会前に過ちを犯して…」

『北大阪代表三箇牧高校、男子部員が女子部員に種付け!』

『女子部員は妊娠中!』

霞「とかなったらどうするのよ」

霞「憩ちゃんたちや、千里山の子たちの気持ちまで踏みにじることになるのよ」

霞「だから、それはダメよ」

京太郎「わかりました…すみません、郁乃さん」

郁乃「ええよ~、冗談やったし~」

霞京(この人はもう……!)







京太郎「さて、昼は何をしようか」

京太郎「麻雀の勉強をしよう!」

京太郎「今日はどうしよう」

京太郎「霞さんの家で特訓をしよう!」

京太郎「あわよくばあのおもちを…(ゲス顔)」




京太郎「霞さんいますかー?」

霞「あら、また来たの」

京太郎「はい!上手くなりたいんで!」

京太郎「そういえば、昨日の対局のとき、霞さんが急に変になった感じがしたんですけど、あれは一体……?」

霞「あれは、神様を降ろしてたのよ」

京太郎「神様…ですか?」

霞「すぐ近くにいるわよ、ほら……」


霞「あなたの後ろに」


京太郎「ひぃっ!って、それじゃあ悪霊じゃないですか!」

霞「ふふっ、ごめんね」






京太郎「相変わらずすばらなおもちだったなあ……」

京太郎「夕方は何をしようかな」

京太郎「勉強をしよう!」





京太郎「おーい咏ー勉強しようぜー」

咏「なんだよ須賀島ぁ」







京太郎「ふふん、こんなものか!」

咏「勉強なんて知らんし…」グデー

京太郎「これやるから元気出せ」つオロナミンC

咏「ファイトー」

京太郎「いっぱーつ!」









京太郎「夜は何をしよう」

京太郎「ハッスルする!」

京太郎「なんだこれ」

京太郎「憩さんでヤるか……」

京太郎「憩さんか……あのとき咥えた感触はやっぱり…」シュッシュッ

京太郎「エロかったな、あの声」

京太郎「うっ」ドピュッドピュッ

京太郎「ふう……」

京太郎「すごい罪悪感がする…」


【5月第3週 休日】まで憩と必ず遭遇できるようになりました!







【5月第1週 休日】終

【5月第1週 平日】開始

京太郎「ぼっち登校はもうしない!」

京太郎「とか言ってるとまたなるんだよな…」

京太郎「朝だ!学校だ!!ぼっちだ!!!」

京太郎「……」

京太郎「メゲるわ……」

京太郎「早く学校に行くか…」トボトボ

信号「赤!I am redだよ!」

京太郎「これで今のところ全部赤か…」

照「朝からそんな辛気臭い顔してどうしたんだ、京」

京太郎「ああ、照か……」

京太郎「て、って、て、照ぅぅぅううう!?」

照「なぜそこまで驚く」

京太郎「生きててよかったよぉ…」グスッ

照「なんだかよくわからないが、行くぞ」

京太郎「あ、ちょっと待って!」






京太郎「ちょっと待て!照!」

照「な、なに?」

京太郎「お前に、頼みがあるんだ……!」

照「はぁ……言ってみな」

京太郎「俺と!」

照「お、俺と…?」ゴクリ

京太郎「と…」

照「と……?」ドキッ

京太郎「友達になってよー」

照「あのさぁ……私と京は友達っていうか、幼馴染でしょ?」

京太郎「だ、だよな!そうだよな!」キラキラ

照「何をいまさら……ほら、バカなことしてないで早く行くよ」

京太郎「おう!」

――――――――――――

京太郎「祝!脱ぼっち登校!」イェイー!

京太郎「さて、どこで昼を食べようか」

京太郎「食堂に行こう!」


【食堂】

京太郎「今日は少し空いてるみたいだな」

憩「お、京太郎君」

京太郎「こんにちは、憩さん」

憩「京太郎君はいつも食堂なん?」

京太郎「いや、気まぐれですね、弁当を作ってくることもあれば、購買に行くこともありますし、ここに来ることもありますし」

憩「え、自分で弁当作れるん!?」

京太郎「あまり大したものではないですけどね」

憩「それでも凄いことやで!ウチはあんまし料理できへんから尊敬するわー」

京太郎「じゃあこんど作ってきましょうか?」

憩「ええの!?」

京太郎「はい、もちろんです!」グッ

憩「はわぁ…楽しみやぁ…」




――――――――――――

京太郎「もう放課後か、早いな」

京太郎「今日はどうしようかな」

京太郎「部活にいっきまーーす!」ドヒューーン

咏「元気だねぃ」ヤレヤレ


【部室】

京太郎「部室に来たぞおおおおおお!」

霞「ふふふ、元気ね」

京太郎「今日は最っっ高に調子がいいんですよ!」


京太郎「部活は何をしよう」

京太郎「照と特訓をしようじゃないか!」

照「私も今そう言おうと思っていたところだよ」

京照「ワオ!これってディステニ!?」

憩霞咏エイ「「「「なんだあいつら」」」」





照「見ろ、この回転!ギュッルギュルやぞ!ゾックゾクするやろー!」

京太郎「スガちゃんこの前、エアコン買ったのにリモコンなくしちゃったぜ、もう使えないんだぜ~、ワイルドだろぉ~」

憩「こ、これが…」

霞「回転を極めし者の…」

エイスリン「チカラ、トイウモノナノカ…!」ガクッ

咏「いや、しらんし」







京太郎「部活は終わったけど、どうしよう」

京太郎「街に行くか」

京太郎「スーパーに行くか」


商品リスト

1.プリン 70円

2.マシュマロ 70円

3.かりんとう 70円

4.ポッキー 70円

5.プロ麻雀せんべい 70円

6.WEEKLY 麻雀 TODAY 650円

7.ティッシュ 400円

8.ノート 200円

9.シャーペン 300円

10.赤のマーカーペン 300円

11.自由




京太郎「これと、これとこれでいいか」

怜「はい、お客様、その手に持っている物はなんでしょうか」ウシロカラ

京太郎「あ、あなたは…?」

怜「私か?私は千里山の万引きGメン、人呼んで目利きのトキや!」ババーン!

京太郎「なんだ、怜さんですか」

怜「なんだとはなんや、せっかく病弱美少女が構ってあげてるっちゅうんに」コホッコホッ

京太郎「段々怜さんの病弱アピールが信じられなくなってきましたよ…」

怜「そうか、もう私は京くんには信じられない女なんやな…」ヨヨヨ





【5月第2週 平日】終







【5月第2週 休日】始

京太郎「あっさだーぃ!」

京太郎「何をしようかな」

京太郎「実家に帰ろうっと」

――移動は省きます――

京太郎「やっと来たぜ!我が故郷長野!」

京母「あれ、本当に帰ってきたのかい」

京太郎「おう!」

京母「帰ってこなくていいのに…」

京太郎「Oh...」


京太郎「何をしようかな」

京太郎「散歩をしてこよう」

京太郎「へー、ここってこんな風に変わっちゃったんだな」

京太郎「街並みが変わってるとなんだか寂しい気がするな…」

桃子「お!その金髪は京太郎じゃないっすか!」

京太郎「モモ?モモなのか?」

桃子「そうっす!モモっすよ!」

京太郎「そうか…モモか…大きくなったなぁ」

桃子「そうっすか?あまり身長は変わってない気がするっすけど」

京太郎「いや、そういう意味じゃ……げふんげふん」

桃子「京太郎は里帰りっすか?」

京太郎「そうだけど…」

桃子「それじゃあ私とどっか行くっす!」

京太郎「拒否権は…」

桃子「もちろん無いっす!」










京太郎「ここは…高校?」

桃子「そうっす、ここが私が通ってる清澄高校っす」

京太郎「そうか、モモはここで麻雀をやっているのか」

桃子「それじゃあ部室に行くっすよ!」


【部室】

桃子「とうちゃーくっす!」

京太郎「こんなところに部室があるのか?」

桃子「自慢の部室っすよ、それじゃあ、こんにちはーっす」ガチャ

京太郎「失礼しまーす」

?「こんにちは、モモ。その人は?」

桃子「こちらは私の幼馴染の須賀京太郎っす」

京太郎「どうも」

?「ふーん、私は竹井久、清澄の部長よ。よろしく」

桃子「ところで、咲と優希と和はどこっすか?」

久「あの3人なら今買い出しに行ってるわ、そろそろ帰ってくる頃よ」

久「そうだ、須賀君、私たちと打っていかない?」

久「モモや咲の幼馴染なら強そうだし」

京太郎(さて、どうしよう)








京太郎「受けて立ちましょう!」

久「そう、なら…」

??「ただいまだじぇー」

?「ただいま戻りました」

咲「ただいまーって、京ちゃん!?」

??「む、なんで男がここにいるんだじぇ」

?「金髪ですか…怪しいですね」

桃子「それ、ピンク色の髪の和には言えないと思うっす」

桃子「この金髪は須賀京太郎、私と咲の幼馴染っす」

?「なるほど、そういうことですか私は原村和です、よろしくお願いします」

??「わたしは片岡優希だじぇー」

久「さて、みんなの自己紹介が終わったところで、早速はじめましょうか」









開局


桃子「私が打つっす!」

咲「なら私も!」

優希「じゃあ私も特別に打ってやるとするじぇい」

京太郎「よし、始めるか」




優希「ツモ!6000オールだじぇー!」

京太郎「いきなりでかいなぁ、おい」

桃子「っていっても東場だけっすよ」


東1局1本場
親 優希 43000
京太郎 19000
モモ 19000
咲 19000


京太郎「ツモ、400・600」

咲「東場のゆーきちゃんを…」

久「止めた…?」


東2局
優希 42400
親 京太郎 20400
モモ 18600
咲 18600


京太郎「ロン、2000」

咲「あれれーとられちゃったかー」

優希「東場なのに聴牌できないじぇ…」

モモ(さてと…)


東2局1本場
優希 42400
親 京太郎 22400
モモ 18600 ※ステルスモード
咲 16600


京太郎「ロン!4200!」

優希「やばいんだじぇ…」


東2局2本場
優希 38200
親 京太郎 26600
モモ 18600 ※ステルスモード
咲 16600


優希「うぅう」トン

咲「ロン!2600だよ」

桃子(最下位っすか…)


東3局
優希 35600
親 京太郎 26600
モモ 18600 ※ステルスモード
咲 19200


優希と咲が同コンマのため、流局

東4局
優希 34600
親 京太郎 29600
モモ 17600 ※ステルスモード
咲 18200

京太郎「ツモ、300・500」

優希「タコス力がもうないじぇ…」

【タコスパワー】解除!


南1局
親 優希 34300
京太郎 30700
モモ 17300 ※ステルスモード
咲 17700


京太郎「ロン、2000だ」

咲(…やっぱり、お姉ちゃんの打ち方と似てる…)


南2局
優希 32300
京太郎 32700
モモ 17300 ※ステルスモード
咲 17700


京太郎「ロン、5800」

優希「うぅぅ…」


南2局1本場
優希 26500
親 京太郎 38500
モモ 17300 ※ステルスモード
咲 17700


京太郎「ロン、3900!」

京太郎(よし、引き離した!)ギュルギュル

優希「……」


南2局1本場
優希 28400
京太郎 36600
モモ 17300 ※ステルスモード
咲 17700


咲「ゆーきちゃんそれロン!2300」

優希「…」


南3局
優希 26100
京太郎 36600
親 モモ 17300 ※ステルスモード
咲 20000


京太郎「ロン、1000だ!」

京太郎「へっへー」

咲(ふぅん…)


オーラス
優希 26100
京太郎 36600
モモ 17300 ※ステルスモード
親 咲 20000


咲(もう、いいよね……)

咲「…カン!」ゴッ

咲「嶺上ツモ!3200オール!」

京太郎(咲の嶺上…久しぶりだな)


オーラス1本場
優希 22900
京太郎 33400
モモ 14100 ※ステルスモード
親 咲 29600



咲「それロンだよ!8100!」

モモ「マジっすか…」


オーラス2本場
優希 22900
京太郎 33400
モモ 6100 ※ステルスモード
親 咲 37700



京太郎(咲に、追いつく!)ギュル

咲「カン」

京太郎「それだ!槍槓のみ!1000の2本場は1600!」

咲「へ?」

優希「何をしてるんだじぇ?」

京太郎「あれ?」


終局
1位 咲 36100
2位 京太郎 35000
3位 優希 22900
4位 モモ 6100


咲「お疲れさま!」

優希「おつかれ…だじぇ……」グスッ

京太郎「俺は…なぜ……」

久「槍槓を和了るなんて、すごいわね、須賀君!」

和「あんなのはただの偶然です」

京太郎「そうですよ、まぐれですよ…」ハハハ

桃子「お疲れさまでしたっす」

一同「いたの!?」

桃子「ちゃんとここにいたっすよ!」プンプン









京太郎「あー、疲れたー」ノビー

咲「京ちゃん、これからどうするの?」

京太郎「そうだな……何をしよう」

京太郎「街へ行こうかな」

咲「そっか、じゃあね京ちゃん」

桃子「いつでも来ていいっすからねー」

久「今度は私と打ちましょうね」

京太郎「はい、さようならー」










京太郎「地元のゲーセンに入ったのは今日が初めてだな」

京太郎「よし、遊ぼう!」

ゲーセンで楽しく遊んだ!

…1人で


京太郎「……」

京太郎「次は何をしよう…」

京太郎「雀荘に行こう!」



カランコロン

おっさん「いらっしゃーいって」

京太郎「え」

おっさん「須賀んとこのガキじゃねえか!」

京太郎「なんであなたがここに!?」

おっさん「なんでも何も、ここは俺の雀荘だぞ」

おっさん「あのニヤニヤした奴と同じような感じだ、休日はここで雀荘やってんだ」

??「すまない店長、空いてる卓は無いか?」

おっさん「おお、加治木の!丁度いい、俺らと打とうじゃあねえか」

??「別にいいが、その青年は?」

おっさん「こいつは須賀っつうんだ」

京太郎「須賀京太郎です」

??「ふむ、この辺ではあまり見かけない顔だな、大阪の高校生か」

京太郎「はい、三箇牧の麻雀部に入っています」

??「そうか、私は加治木ゆみだ、よろしく」

京太郎「よろしくお願いします」

おっさん「あと1人は…お」

おっさん「おい、福路んとこの!俺らと打とうぜ!」

???「はい、わかりました」

おっさん「こいつは福路、中々面白いやつだ」

京太郎「須賀京太郎です、よろしくお願いします」

ゆみ「加治木ゆみだ、よろしく」

美穂子「福路美穂子です、よろしくお願いします」ペコッ

おっさん「じゃ、始めるか」




開局

ゆみ「お、私が親か」

京太郎「落ち着いていこう」

美穂子(温存していきましょう)

おっさん「…」グググ

ゆみ「よし、それでは始めようか」


京太郎「ツモ、300・500です」

ゆみ(親が流れたか…まあいい)


東2局
ゆみ 24500
親 京太郎 26100
美穂子 24700
おっさん 24700


京太郎「ロン、2000です」

ゆみ「ああ」

ゆみ(確かにこの青年…面白い)


東2局1本場
ゆみ 21500
親 京太郎 29100
美穂子 24700
おっさん 24700


京太郎「ロン、6100です」

おっさん「げっげっ、いいぞいいぞ!」


東2局2本場
ゆみ 22500
親 京太郎 35200
美穂子 24700
おっさん 18600


京太郎「ツモ、2800オール」

美穂子(なかなか手強いわね…)


東2局3本場
ゆみ 19700
親 京太郎 43600
美穂子 21900
おっさん 15800


ゆみ「ツモ、600・800だ」

ゆみ(なんとか連荘を阻止できたが…)

美穂子(この点差、どうしましょう)


東3局
ゆみ 21700
京太郎 42800
親 美穂子 21300
おっさん 15200


京太郎「ツモ、300・500」

ゆみ(またか…)


オーラス
ゆみ 21400
京太郎 43900
美穂子 20800
親 おっさん 14900


京太郎「ロン、1000で終わりです」

おっさん「そうか…ほいよ」


終局
1位 京太郎 44900
2位 ゆみ 21400
3位 美穂子 20800
4位 おっさん 13900






京太郎「お疲れさまでした」

ゆみ「お疲れ、凄まじい勢いだったな」

京太郎「知り合いから教わった技術ですけどね」

美穂子「でも凄かったですよ!また打ちましょうね!」

京太郎「はい、いつかまた」


京太郎「そろそろ帰らなきゃだけど、どうしよう」



京太郎「清澄に行くか」

京太郎「ちはーっす」

久「あら、また来たの」

京太郎「ええ、まだ打ち足りないんで」

久「それじゃあ誰と打っていく?」






咲桃「「私が!」」

久「そうね、それじゃあもう一人は和でいいかしら?」

和「はい、上等です」

咲「今回も勝つよ!」

京太郎「今度こそ勝つ!」





開局

和「よろしくお願いします」

桃子「よろしくお願いするっす!」

京太郎「よろしく!」

咲「じゃあ始めるよ!」ゴッ


京太郎「ロン、1000だ」

京太郎(さっさと逃げ切る!)

咲(やっぱり、使うんだね……)

桃子(打点が低いと消えにくいっす)

和(……)


東2局
咲 24000
親 京太郎 26000
モモ 25000
和 25000


モモと咲が同コンマのため、流局


東2局1本場
咲 25500
親 京太郎 27500
モモ 23500
和 23500



京太郎「ロン!9900だ!」

咲「うっ…」

咲(そう…それでいいんだよ…)


東2局2本場
咲 15600
親 京太郎 37400
モモ 23500
和 23500


咲「あ、ロン、8600」

桃子「うげっ」

桃子(まあいいっす…)スゥ

モモが[ステルスモード]に移行しました

咲(それじゃあ、私も)スゥ

【魔王の姿】発動!

咲が[ステルスモード]に移行しました


東3局
咲 24200 ※ステルスモード
京太郎 37400
親 モモ 14900 ※ステルスモード
和 23500



桃子「ツモ、6000オールっす」

咲(急に牌が回らなくなった…)

咲が[ステルスモード]を解除しました


東3局1本場
咲 18200 ※ステルスモード
京太郎 31400
親 モモ 32900 ※ステルスモード
和 17500


京太郎「ロン、1300」

和「はい」


オーラス
咲 18200
京太郎 32700
モモ 32900 ※ステルスモード
親 和 16200


京太郎「ツモ!500・1000!」

桃子「えぇ~」

和「賢明な判断ですね」

咲(また、使うんだ……まあ楽しいからいいか)


終局

1位 京太郎 34700
2位 モモ 32400
3位 咲 17700
4位 和 15200




京太郎「じゃあ、俺、大阪に帰るわ」

久「またいつでも来なさい、見てて楽しかったわよ」

和「またどこかの卓で会いましょう」

優希「今回の借りはいつか返すじぇ!」

桃子「大阪で頑張ってくださいっす!」

咲「また打とうね、京ちゃん!」

京太郎「おう、それじゃあな、あばよ!」


―――移動はキンクリじゃ!―――


京太郎「帰ってきたぜ大阪!」

京太郎「今夜は何をしようかな」


京太郎「散歩してくるか」

京太郎「なんにもなかったぞ!」

【5月第2週 休日】 終














【5月第3週 平日】

京太郎「朝だ!清々しい朝だ!」

京太郎「須賀なだけに」



京太郎「寒い……」

京太郎「心が」

京太郎「今日も誰とも会えないのかなー」

憩「おー京太郎君やん!」

京太郎「あれ、憩さんって学校行くのこの時間でしたっけ?」

憩「今日は少し遅めに出てきたんや」

憩「少し夜更かししちゃってね」ハハハ





京太郎「そういえば、麻雀部ってこのままで大丈夫なんですか?」

憩「え?」

京太郎「確か部員6人と顧問の先生1人を集めて5月末までに創部申請を出さないと創部できないらしいですよ」

憩「それ……ホンマ?」

京太郎「はい」

憩「ええええ!?それヤバいやん!危ないやん!どうしよう、京太郎君!」

京太郎「それじゃあ、今日誰かを誘いに行きましょうか」

憩「せやな!よし頑張るでー!」





京太郎「昼飯、昼飯っと」

京太郎「今日は屋上に来たぞ!」

京太郎「やっぱり屋上ともなると清々しいな!」

華菜「寒いんだし……」

京太郎「わかってますよ…って池田さん!?」

華菜「そうだし!カナちゃんだし!」

京太郎「久しぶりですね!」

華菜「同じアパートに住んでるはずなんだけどな…」

華菜「そういえば、お前らまだ麻雀部頑張ってるのか?」

京太郎「そうなんですよ……あと1人入ってくれればいいんですけど…」チラッ

華菜「別に入ってもいいんだが、そうすると今度はこっちの部活が駄目になっちゃうんだよな」

京太郎「池田さんは何の部活に入ってるんですか?」

華菜「なんでも支援部っていうんだけど、ほらこの高校兼部駄目だろ?」

華菜「一応部長もやってるから、少し難しいんだよな…」

京太郎「そうですか…」








京太郎「それならもういいです」

京太郎「他の人にはあまり迷惑をかけたくないですしね」

華菜「ごめんな…入部の件、考えてみるよ……」

京太郎「大丈夫です、なんとかなるはずなので」

華菜「本当にごめんな……」

部員A「あ、部長こんなところにいた!」

部員B「どこ行ってたんですか?早く戻りますよ」

華菜「うん、じゃあな須賀」

京太郎「はい」


【放課後】

憩「さて、新人勧誘に行くで!」

京太郎「…おー」

憩「なんや、元気ないな、どうしたんや?」

京太郎「あ、いや何でもありませんよ!さあ張り切って行きましょう!」

京太郎「まずはどこに行こうかな」

京太郎「街に行きましょうか」

憩「帰宅部の子なら街にいるかもしれんしな」

京太郎「そうと決まればレッツゴーです!」

【街】

憩「んー、あんましいないなー」

京太郎「考えが甘かったですかね……」

郁乃「あれ~2人共何しとるん~?」

京太郎「うおっ!いつの間に!」

郁乃「そんなにびっくりせんでええやろ~、それで何しとるんや~?」

京太郎「実は部員集めをしているんですよ」

憩「せや!いくのんウチに入ってーや!」

郁乃「え~私~?別にええけど~せやな~」

郁乃「じゃあ~京太郎くんたちが私に勝てたら、ええで~」

郁乃「挑戦はいつでもええで~」

京太郎(さて、どうしよう)






京太郎「それじゃあ今から打ちましょう!」

憩「せやせや、いまさら怖気づいた~とかはなしやで!」

郁乃「よし、ほないこか~」

【雀荘】

店員「いらっしゃいませー、お、久しぶりやな須賀君」

京太郎「どうも」

憩「なあなあ、卓1つ貸してくれへん?」

店員「ああ、別にええで荒川の嬢ちゃんにはいつも来てもらってるからねー」

憩「よし、これで場は整ったで!」









京太郎「あと1人をどうするかな…」

泉「あれ、須賀君ですか?」

京太郎「おお二条か、久しぶりだな」

泉「もしかしてそこ空いてます?」

京太郎「丁度いいや!一緒に打とうぜ、二条!」

泉「別にいいですけど…」







開局

京太郎「さあ!張り切っていくぞ!」

泉(起家ですか、幸先いいですね)

憩(頑張るんや!)

郁乃(どうしようかな~)


京太郎「ロン、1000です」

憩「ほいほーい」

憩(じゃあそのついでに……)

【白衣の護り】発動!

京太郎「はっ……?」


東2局
泉 24000
親 京太郎 26000
憩 25000
郁乃 25000


京太郎「ロン、3000です」

憩「ほいほい」

郁乃「ふふっ」ニコニコ


東2局1本場
泉 24000
親 京太郎 29000
憩 22000
郁乃 25000


憩「ツモ!1100・2100や!」

京太郎「えっ……」

郁乃「憩ちゃんは私から和了れないでええの~?」

郁乃「このまんまやと逃げ切ってまうで~」

憩「あ」


東3局
泉 22900
京太郎 26900
親 憩 26300
郁乃 23900


泉と郁乃が同コンマのため、流局


東3局1本場
泉 19900
京太郎 27900
親 憩 27300
郁乃 24900

京太郎と憩が同コンマのため、流局


オーラス流れ1本場
泉 18400
京太郎 29400
憩 25800
親 郁乃 26400


京太郎「ツモ!400・600!」

京太郎「これでおわ…」

郁乃「り、と思った~?」

郁乃「残念!幻影やで~!」

【身代わりの幻影】発動!

聴牌判定まで戻ります


京太郎「はっ!」

京太郎(一体何が…)


オーラス流れ1本場
泉 18400
京太郎 29400
憩 25800
親 郁乃 26400

郁乃「ロン、18300やで~」

憩「えっ」

京太郎「えっ」


終局
1位 郁乃 44700
2位 京太郎 29400
3位 泉 18400
4位 憩 7500





京太郎「駄目だったか…」

泉「ありがとうございました!」

泉(今日は最下位じゃなかった…)グッ

憩「ごめんな…京太郎君…」

郁乃「挑戦はいつでも受けるで~」

京太郎「はい…」


京太郎「次は何をしよう…」

京太郎「街に行って気分転換しよう…」

京太郎「駄菓子屋に行ってみよう!」


商品リスト

うまい棒チーズ味 10円

ふがし 10円

10円玉チョコ 20円

ガム 30円

ビーフジャーキー 30円






京太郎「これくーださい」

婆「はいよ」

【5月第3週 平日】終