【6年前】

テレビ「決まったぁぁああ!今年のインターハイを制したのはァ!三箇牧高校だあああ!」ワァァァ

京太郎「すげえ……」

モモ「わぁ、面白い試合だったっすね!」ピョンピョン

咲「すごい、すごい!ね、お姉ちゃん!」

照「そうだね、いつか私も行ってみたいけどきっと駄目だろうな」

京太郎「なぁに、照なら楽勝だって!」

モモ「そうっす!照姉さんにかかれば全国なんて余裕のヨっちゃんっす!」

照「そうか……」フフッ

照「よし!咲、モモ、皆で、いつかあの大きな舞台で打とう!」

咲「うん!三人で頑張ろう!」

モモ「燃えてくるっすよー」

京太郎「あれ?俺は?」

照「京は男の子じゃないか、何を言っている」ハテッ?

モモ「女じゃないなら、女装をすればいいっす」

咲「そっかぁ、京ちゃんは女装男子だったんだね……ごめんね、気づいてあげられなくて」

京太郎「ちょ、ちょっと待て、何でそんなことになってるんだ!?」

モモ「京太郎の女装は似合う……と、思うっすよ」クスッ

照「京は何を着ても似合うからな」フフッ

京太郎「もういいや……」

テレビ「ニュースの時間です」

テレビ「来年の秋から、国民麻雀大会が開催されることが決定しました。この大会のテーマは『国民で麻雀を楽しむこと』」

テレビ「老若男女問わず競技に参加することが可能のようです」

モモ「あれ、これってつまり……」

京太郎「皆と打てるぜ!」ガバッ

咲「やったね京ちゃん!」

京太郎「みなぎってきたああああ!」

照「うん、それじゃあ……」

照「この4人で!あの大きな舞台で!麻雀を楽しもう!」

京咲桃「「「うん!」」」

【照、咲、モモと約束を交わしました】
















【現在・3月 第4週】

京太郎「ついに俺も高校生か…」

京太郎「咲とモモは地元の公立に行って…」

咲は去年のインターミドルの個人戦で優勝した

モモは決勝戦で同卓していた子に苦戦して、3位という結果だった

京太郎「照は……確か去年のインターハイの個人戦1位だったっけか」

照はお母さんの仕事に付いて行って、白糸台高校という麻雀の強豪校に入学した

その照が大阪に引っ越してくるという噂が最近広まっているのだが……真偽やいかに


京太郎「それにしても、この地図適当すぎるだろ……目印も何も無いじゃねえか」

駅から目的地までを矢印で繋いだだけの地図を手にしながら、俺は歩いていた

そしてようやく目的地に着く

京太郎「ここが、清々荘か……」

目の前にあるのは少し古びたアパート、ここの大家さんが俺が通うことになる学校の教員であるため、このアパートを学生に貸しているらしい

そう、この清々荘がこれから俺が住む場所となるのだ




京太郎「まずは大家さんに挨拶にいくか」

大家さんは清々荘の隣にある、少し小さめな和風の家に住んでいる。とりあえず呼び鈴を鳴らしてみた

?「はい、しばらくお待ちください」

案外若い女の人の声が聞こえた、先生で大家というからもっと老けていると思ったのだが、おっと失礼失礼

少しして、ガララ、と戸が開いた

?「お待たせしました、えーとあなたは?」

さて、ここからが一番大事なポイントだ、挨拶は人の第一印象を左右するからな




京太郎「どうも、須賀京太郎です!」つ菓子折り

?「ご丁寧にどうも、君が今度ウチに入る京太郎君ね、私は石戸霞、よろしく」

「石戸」って「いわと」って読むのか

京太郎「は、はい!よろしくお願いします、石戸さん」

霞「ふふっ、霞でいいわよ、歳だって近いんだし」

京太郎「はい、あれ?歳が近いって何歳くらいなんですか?」

なんだ、この目の前にある大きなおもちは……

霞「あらあら、そんなこと言ってると握りつぶすわよ?あと変なこと考えてても、ね?」

京太郎「な、何をですか!?」

霞「冗談よ、冗談。ところで、京太郎君はもうクラス発表に行ったのかしら?」

え、今日クラス発表なんてあったのか、ううむどうするべきか






京太郎「霞さんと行こうと思ってたんです!」

霞「そうね、丁度学校に用事もあったことだし。一緒に行きましょうか」

京太郎「はい!よろしくお願いします!」

霞「ふふっ、じゃあ着替えてくるからちょっと待っててね」

そして待つこと十分

京太郎「どうしてこう、女の人の着替えは時間がかかるのか」

京太郎「霞さんの着替えか……うっ、股間が!」スタンダップ

霞「お待たせーっと、あれ?どうかした?」

京太郎「い、いやぁ何でもないっすよ、さあ行きましょうか」マエカガミ

霞「あらあらまあまあ、そう、そんなことを考えていたのね?これは……お仕置きね」ニッコリ

京太郎「うっ、股間が!」シッダウン






霞「京太郎君は何か聞きたいこととかあるかしら?」

京太郎「うーん、そうですね、この学校って、どんな設備があるんですか?」

霞「色々あるわよ、授業で使うのは室内温水プールとかB棟の屋上の展望台とか、あ、あと全教室クーラー完備だったりするわよ」

京太郎「凄いですね……どこにそんな金があるんでしょうか」

霞「なんでも、近くにある大病院の院長がここの理事長と一緒に学校をつくったらしいわよ」

霞「ああ、あれよあれ。荒川病院」ユビサシ

京太郎「めちゃくちゃ綺麗な病院ですね」

霞「他は、軽く百貨店並みの購買ね。基本何でも買えるわ、昼休みは大抵混むから要注意よ」

霞「教室のあるA棟の屋上は昼休みの間だけ開放してるし」

霞「あ、中庭はカップルの巣窟だからあまり行かない方がいいわよ、精神が持たないし」

京太郎「っと、着きましたね」

霞「あら、じゃあ私は職員室に行くから、30分後にここに待ち合わせでいいかしら?」

京太郎「はい、わかりました、またあとで!」

京太郎「さて行きますか」









35分後

京太郎「お待たせしました」ハァハァ

京太郎「すいません、道に迷ってしまって」ハァ...ハァ

走りすぎた、少し頭がクラクラする。なんなんだこの学校は…咲だったら一生出られないぞ

霞「そう、京太郎君も迷い込んでしまったのね……この魔宮『初見殺し』に」

京太郎「そ、そんな名前が……」バタッ

霞「ちょ、京太郎君!?京太郎君!!」

----------------

京太郎「こ、ここは?」

目を開こうとしたが、開けられなかった。なんだこの重いものは……とりあえずどけてみよう

霞「起きた、京太rあっ……///」

京太郎「な、なんだこの感触は……!やわらかいッ!そして大きいッ!」モミモミ

霞「あっ、ちょ、やめっ、れっ////」

俺の股間を何かが捕えたしかし、そう思った時にはもう遅かった

ニギッ









京太郎「はっ!ここは!」

霞「目が覚めたのね!京太郎君!よかったあ、よかったよぉ」ダキッ

こ、これはッ…!霞さんの巨大なおもちが俺の目の前にぃぃぃ!

霞「ごめん、ごめんね、京太郎君」

京太郎「」チーン

【3月 第4週 終】











【4月第1週 平日1】

京太郎「今日は入学式だ!」

あれ、ポストに何か入っているぞ

京太郎「なになに『今日は新入りさん歓迎会をするので、18時には帰ってくること 霞』……か」

京太郎「新入りさん歓迎会か、楽しみだな」


京太郎「快調快調!信号なんかに俺は止められねぇぜ!」ダダダダダダ

?「あっ」

京太郎「えっ」ドーン


京太郎「いつつつ、どうもすいません」カオアゲ

照「いや、こっちも前、見てなかったから」カオアゲ

京照「「え?」」

京太郎「てててて、て照!?」

照「きょきょきょっ、京!?」

----------------

京太郎「えっ!?照本当に転校してきたの!?」

照「うん、モモ達は一緒の高校行ったらしいから、その二人に立ち向かう二人……ってかっこいいなって思って」

京太郎「そんな理由で転校してくるか?普通、だいたいおばさんはどうしたんだよ」

照「その、実はね……」

照「このたび、私、不肖宮永照は自立することにいたしました!」ババーン

京太郎「自立?米一合も炊けない照が?」

照「うぐっ、京は痛いとこつくねぇ」

京太郎「それで、どこに住んでるんだ?」

照「えーと確か、何とか荘ってところなんだけど、石戸さんていう大きい人がいる」

京太郎「あの、それってまさか清々荘じゃあ……」

照「そう!清々荘!あれ?なんで京がその名前知ってるの?」

京太郎「マジか」ズーン









入学式が終わり、ホームルームも終わった

そして、俺は今、道に迷っていた

京太郎「クラス委員長になるなんてそんなん考慮しとらんよ……」

なぜか俺はクラス委員長に推薦され、就任していた

早速、担任の教師からB棟の化学実験室へのお遣いを頼まれ、

用事こそ済ませたものの、この学校の複雑な構造にとらわれてしまっているのである

京太郎「ようやく1階まで来れたぞ」

どうして建物の3階から1階に降りるのに30分もかかるのか、不思議でたまらない

京太郎「ここは、麻雀部?」

『麻雀部』と書かれた看板こそあるものの、ドアには鍵がかかっていた

?「あれ、麻雀部に何か用でもあるん?ちょっと待ってーな、今空けたる」

?「お、空いた空いたぁ、ようこそ!麻雀部へ!」

?「ウチの名前は荒川憩や!よろしくな!新入部員くん!」

京太郎「なんで俺が部員になってるんですかねえ?」

憩「いや、なんか目ぇ輝いとったから。入りたいんかなあ思うて」アハハ

輝いてた?目が?どんなふうに?

憩「で、どうなん?入ってく?」

ううむ








京太郎「よし!入りましょう!憩さん!」

憩「い、いきなり名前呼びかいな//」カァァ

京太郎「あのー、憩さん?」



憩「ふう、落ち着いたわ」

京太郎「そういえば、他の部員の方はいないんですか?」

憩「いない」

憩「麻雀部にウチ以外の部員は、いないんよ」

彼女は言った、笑いながら、淡々と

憩「すまんな、新入部員くん、さっきのは冗談なんや」

-----------------------

憩「ウチ、今二年なんやけどな、入部したときにいた先輩、みんなやめさせちゃったんよ」

憩「『荒川さんと打っても楽しくない!』って言われてな……」アハハ

憩「自分だけが麻雀を楽しんで他の人はつまらない、そんな麻雀をウチは打ってしまうんや」

憩「だから、今のうちやで、傷付かんうちに辞めた方がええ、麻雀がつまらなくなる前に辞めた方がええ」

そう言う憩さんの目はさっきのように笑ってはいなかった

俺は彼女にどんな声をかければいいのだろうか








京太郎「女の人の泣き顔は、見たくないです」

憩「え?」

京太郎「憩さんが何と言おうと、俺は入ります」

京太郎「楽しくない麻雀なんて、ありえませんから」

憩「そんなこと言うたって!ダメなんよ!」

憩さんは叫ぶように言う

なぜ俺が初対面の人にこんなに真剣になれるのか、自分で理解ができなかった

京太郎「大丈夫です、俺が大丈夫だから、大丈夫です。憩さんは気にしなくていいです」

京太郎「憩さんを避けていった人達は、きっと自分の弱さを認めたくなかっただけなんです」

京太郎「だから、憩さんは悪くないです」

京太郎「作り直しましょう、麻雀部を」

京太郎「俺たちが頑張ればきっと誰かが付いてくるはずです」

京太郎「現に1人アテがありますし」

京太郎「わかりましたか?俺は絶対に諦めません」


少しの沈黙、それを破ったのは憩さんだった


憩「ふう、わかったわ」

憩「それじゃあ、これからよろしくな」



憩「新入部員くん」ニコッ



その笑顔はまるで、校舎の中に射す日の光のようで、明るく、そして暖かかった






【4月第1週 平日1 昼 終】











京太郎「そういえば、他の部員がいないのにどうやって練習していたんですか?」

憩「ああ、いつもは街の雀荘で打っとるんよ。最近はノーレートのとこも増えてきて色んな人がいて楽しいんよ」

京太郎「じゃあなんでここに?」

憩「その雀荘に行く前にここの掃除しとるんよ、だから少し手伝ってくれるか?えーっと…」

京太郎「名前ですか?一年の須賀、須賀京太郎です」

憩「それじゃあ、京太郎、そのロッカーの中の箒取ってくれるか?」

京太郎「よっと、これでいいですか?」

憩「それやそれ、じゃあパパッと終わらせるでー!」

京太郎「了解です!」




憩「よし、だいぶゴミも集まってきたし塵取りとってやー」

京太郎「これですね、はい」

憩「おお、早いなー、京太郎は看護師とか向いとるんとちゃうん?じゃあウチが塵取り持っとくから京太郎はゴミこん」

京太郎「わかりました……!」

こ、これは!憩さんが三角座りをしている……だと?そんな…そんなことをしたら憩さんの三角の領域が俺の目に…!

憩「ん、どうかしたん?きょうたろぉ……!」

気づかれた!

憩「み、見た……?///」

京太郎「いえ!なにも!青と白の水玉なんて見てません!…あ」

憩「きょ、京太郎のアホ~!///」

京太郎「ちょ、憩さん、箒は痛っ、痛いですって!」







憩「で、京太郎はこれからどうするんや?」ムクー

京太郎「そろそろ許してくださいよ…」

憩「ぱんつ見られといて許すやつがどこにいるんや!」ブンッ

京太郎「はいストーップ!そうですね、その雀荘に行ってみますよ。案内してくれますか?」シラハドリ

憩「わかったわ、後でたこ焼きよろしくな。ほな行こか」

京太郎「はいはい」

【道中】

憩「あ、ここのたこ焼きがこの街で一番おいしいんや。ここやで京太郎!」

京太郎「ちょっと待ってくださいよ」ゼェハァ

憩「京太郎は男の子やのに体力ないんやなー、もっと鍛えんとアカンで。ほら早く奢ってーな」

京太郎「はいはい。あ、たこ焼き1人前お願いします」




京太郎「はい、買ってきましたよ。どこで食べます?」

憩「あそこのベンチでええんやない?」ユビサシ

京太郎「はい、いいと思います」

憩「あれ?一人分だけなん?京太郎にもこの味教えたい思うたんやけどな」ブー

京太郎「いえいえ、いいですよ。ほんのお詫びですし」

憩「なんっかイヤや…よし京太郎!」

憩「一緒に食べるで!」

憩「ほれ一つ食べてみい」

京太郎「ありがとうございます」パクッ

京太郎「あふっ、あっ、あっつ……ふう。確かにおいしいですね、このたこ焼き」

憩「せやろー!さすがやろー!」

京太郎「なんで憩さんが自慢気になっているんですか……もう1個貰えます?」

憩「うん、ええで。ほれ」

京太郎「……うん、おいしい。こんなところ教えてくれてありがとうございました、憩さん」

憩(あれ、これよう考えたら間接キスいうやつちゃう?///)

京太郎「憩さん、おーい、憩さーん」

憩「ひゃ、ひゃい!」ビクッ

京太郎「ぷっ、あはははは、何ですかそれ、ふふっ」

憩「わ、笑っとらんで早く行くで!今日はウチ用事あるんやから!」


【雀荘】

店員「お、来たね荒川の嬢ちゃん……とそちらは?彼氏かい?」

憩「かかかか、彼氏ちゃうわ!こんなやつ!」

京太郎「ちょっ、憩さんそんな言い方あんまりじゃあ……」

憩「う……」

店員「あっはっは、こんな嬢ちゃん久しぶりだな。で、どうする?2人で打って行くんやろ?」

憩「うん、いつも通りノーレートで!」

店員「あいよ、じゃああの卓が空いてるから入ってや」







おっさん「よお、荒川んとこのぉ、またカモられに来たんかぁ?げっげっ、げっげっ」

おっさま「なぁに言うとるん、いっつもカモられてるのあんたやろが」ビシッ

おっさん「ぐえっ、せ、せやったな。よし!そこの兄ちゃんカモったるわ!かかってきい!」クイックイッ

おっさま「そういうのやめーや」

憩「はぁ、こんなん気にせんでええよ、京太郎」

京太郎「ははは、よろしくお願いします」

おっさん「うっしゃあ!ほな、始めるでー!」

--------------------

憩「ツモ」
一同「おうっ」
憩「ロン」
おっさん「うげっ」
憩「ロン」
おっさん「ひえっ」
憩「ツモ」
憩「ロン」
おっさん「うえっ」
憩「これで終わりや!ロン!」
おっさん「ひげぇーーー」

-----------------------

憩「ふう、終わったな。楽しかったで、ありがとさん」

京太郎「あ、ありがとうございました」

おっさん「」ブクブク

おっさま「おつかれさん、いやあ、相変わらず強いね~荒川ちゃんは、流石全国2位なだけはあるわ~」

憩「いやいやまだまだですよー、宮永さんに比べたらウチなんて」

おっさま「そか~、充分やれると思うんやけどな~」

おっさん「ハッ、ワイは一体?」

おっさま「ハコ割れトビや」

憩「アホも起きたことやし、今日はこんくらいで打ち止めや!」

京太郎「じゃあ行きましょうか」





店員「嬢ちゃんもう帰るん?いつもは7時くらいまで打ってくんに」

憩「ああ、今日は用事があんねん」

店員「用事?彼氏?夜?」

店員「ふぅーむ、なるほどなるほどなるほどー」

店員「兄ちゃん、頑張ってな」ボソッ

京太郎「な、何をですか!?」

憩「だからちゃう言うとるやろ!///」

店員「まーたまたー、顔赤くしちゃってー」

憩「う、うるさいわ!ほな行くで京太郎!じゃあなー!」

京太郎「ありがとうございました」ペコリ








【帰り道】

憩「んーと、京太郎はこっちの方なん?」

京太郎「はい、下宿してまして」

憩「へー奇遇やなーウチも下宿しとんねん」

京太郎「え?あの、もしかしてその下宿先って清々荘って名前じゃあ……ないです…よね?」

憩「お、よおわかったなあ、京太郎エスパーなんちゃうん?」

京太郎「実はですね、俺の下宿先も清々荘なんですよ。あとさっき話題に出てた照も」

憩「え、ホンマ!?特に後の方!」

京太郎「嘘吐いてどうするんですか」

憩「だって京太郎が――






----------------------------------------------------







憩「こ、ここに宮永照がおるん?」

京太郎「はい、だから入ってください」

憩「わかったわ。ほな、おじゃましまーっす、と」

憩「あれ、宮永さんおらへんやないの。どういうことなん?きょうたろ…むぐっ……!」ズギュウウウン

憩「ぷは……って、何すんねん!い、いきなりキ、キスなんて…///」

京太郎「あれ、憩さんひょっとしてこの部屋、照の部屋だと思った?」


京太郎「残念、俺の部屋でした!」マッパ


憩「ちょ、なんで脱いでるん?」

京太郎「そりゃあ、憩さんとするためですよ」

憩「だ、だから何を…?」

京太郎「何って、ナニに決まってるじゃないですか!営みですよ!夜の営み!」ガバッ

憩「あ~れ~」








----------------------------------------------------
――って感じで襲ってくるかもしれへんやん」

京太郎「しませんよそんなこと!一体俺は憩さんの中でどんなイメージなんですか!?」

霞「あらあら、随分と仲良しさんなのね」

憩京「「うおっ!」」ビクッ

憩京「「い、いつの間に!?」」

霞「それはこっちの台詞よ、いつの間にそんな仲良くなったの?」

霞「まあ訊かないでおくわ。あと、一応言っておきますけど、清々荘内での不純異性交遊は『禁止』ですからね。破ったら…ね?」ニコッ

京太郎「」ゾクッ

憩「で!霞姉!今日のご飯は何なん?」

霞「それは歓迎会でのお楽しみよ、うふふ」

憩「なんや霞姉はケチやなー、京太郎はたこ焼き奢ってくれたんにー」

霞「あら京太郎君、憩ちゃんにそんなもの奢ったの?ひょっとして仲良くなった理由って憩ちゃんを餌付けしたから?」

京太郎「そんな訳ないでしょう!」












俺と憩さん、霞さんの3人で歩くこと10分、ようやく清々荘が見えてきた。

そして、その前でこちらに手を振っている女性の姿が目に入った。夕陽とも相まってその姿はとても輝いて見える

京太郎「な、なんだ!あの金色の輝きは!」

どうして自分と同じ金髪なのにこうも輝きが違うのだろうか、俺、気になります。

霞「輝き?ああ、エイスリンちゃんのことね」

京太郎「エイスリンさん?」

霞「京太郎君の右隣の部屋に住んでるエイスリン・ウィッシュアートちゃん。ニュージーランドからの留学生ですって」

憩「あと何人住人増えるんこのアパート……」

エイスリン「カスミ、オソイ!ヤクソク、ハマモル!」プンスカ

霞「ごめんね、エイスリンちゃん。ちょっとスーパーで手間取っちゃってて」

エイスリン「ソノヒトタチハ?」

霞「この金髪の男の子がエイスリンちゃんのお隣さんの須賀京太郎君」

京太郎「よろしくお願いします」

霞「それでこっちの女の子は荒川憩ちゃんよ」

憩「よろしくお願いするでー」

エイスリン「コッチモ…」カキカキ

エイスリン「ヨロシク!」バッ|憩、エイスリン、京太郎の順に並んでる絵|

憩「ほえー、上手いもんやね」

霞「エイスリンちゃんはまだ上手く日本語が話せないからこうしてホワイトボードを使ってコミニュケーション取ってるのよ」

京太郎「なるほど、そういうことですか」

霞「それじゃあ、私とエイスリンちゃんはご飯作るから2人は部屋に帰って着替えておいてね」

憩「いよいよパーティーや!」






霞「新入りさん歓迎会ー!」

憩・?「わー!」ドンドンパフパフー

霞「さて、まずは新たな住人さんの紹介よ!まずは……ニュージーランドから来たパツキン美少女!エイスリンちゃんー」

エイスリン「Aislinn Wishartデス、ニュージーランドカラ来マシタ、コレカラヨロシクオ願イシマス!」バッ

|夜露死苦|

霞「え、えーっとその字は?」

エイスリン「カンジ、ハツチョウセンシテミマシタ。カンジ is art!」キラキラ

?「金髪には惹かれるものがあるし!」

霞「さて次はー!またもや金髪!長野出身!見た目は不良、頭脳は良好!その名は須賀京太郎ー!」

京太郎「あ、新入りの須賀京太郎です、よろしくお願いします」

憩「ふつーやな」ジトー

?「普通だし」ジトー

霞「普通ね」ジトー

照「普通すぎるな」ジトー

?2「普通すぎてつまらん」ジトー

京太郎「すいませんでした…」チーン

エイスリン「スガクン!ヨカッタヨ!ゲンキダシテ!Simple is the best!」キラキラ

京太郎「ありがとうございますぅ…」シクシク

霞「気を取り直していきましょー!次は!どこから来たのかわからない!謎の女子高生、三尋木ィー咏ァー!」

咏「三尋木咏だぜぃ、これからよろしくねぃ~」フリフリ

京太郎「和服か、いいな」グッ

憩「む!なんや京太郎はコスブレが好きなん?」

京太郎「いや、そういう訳じゃないですけど」

霞「はいそこの2人いちゃいちゃしない!それじゃあトリはこの人!西東京から来た!現在日本の女子高生の頂点!宮永ァー照ゥー!」

照「宮永照だ、訳あってこちらに越して来た。よろしく頼む」ゴッ

池田「こ、こいつはやばいんだし」ビクビク

エイスリン「ワオ!」ゾクッ

憩「ホンマにホンマやったんやな!」キラキラ

京太郎「でしょう?俺の言った通りでしょう?」

霞「はい、そこの2人次いちゃいちゃしたらご飯抜きよ」ニコッ

?「年増の嫉妬は恐ろしいし!」

霞「はい華菜ちゃんはご飯抜きね」

華菜「ちょっと待つんだし!」


霞「今年の新入りさんは4人、みんな仲良くね。次は先住人の自己紹介よ」

華菜「カナちゃんは池田華菜っていうんだし!これからよろしくだし!」

憩「ウチは2年の荒川憩や、麻雀部の部長やっとるから是非来てな」

霞「私は石戸霞、ここには父上様に連れられて来て以来8年程いるわね。今年から三箇牧の教員になったからここには私1人で暮らすことになったの。だからなるべく問題は起こさないようにね、特に……京太郎君?」

京太郎「は、はい…」

霞「わかってればいいのよ、わかってれば」

照「」グー

憩「ねえ、そろそろご飯食べへん?お腹空きすぎてん」

霞「ええそうね、それじゃあこれからは晩餐タイムよ」






照「京、そこの野菜取って」モグモグ

京太郎「ドレッシングはどうする?」

照「フレンチで」ゴクゴク

京太郎「あいよっと」つ皿

照「ん、ありがと」パクパク

京太郎「どんだけ食べてるんだよお前…」

照「おいしいんだからしょうがない、やめられない止まらない」ガツガツ

照「ふう、お腹いっぱい」

京太郎「なあ照、ちょっといいか?」

照「なに?」

【石戸宅・縁側】

京太郎「突然で悪いんだが、麻雀部に入らないか?」

照「んー、部員ってどうなってるの?荒川さんがこの時期で部長ってことからすると、あまりいないんでしょ?」

京太郎「なんでそんなに鋭いんだ」ズボシ

照「これでも一応文学少女ですからね」ドヤァ

京太郎「はいはい、察しの通り部員は俺と憩さんだけだよ」

照「そう…京はインターハイに出るつもりなの?」

京太郎「まあ出来ればの話だけどな」

照「じゃあ荒川さんは?」

京太郎「照と打つんやー、って張り切ってたからきっと出ると思うよ」

照「ふーん、そっか、それなら





照「私は入らない」





京太郎「え?どうして?」

照「個人戦に出るのに部活に入っていなければならないということはない。荒川さんが団体戦に出るつもりなら私は入るけど、この現状じゃあそれは無理。だから私は入らない」

京太郎「なんでそんなに団体戦に拘るんだ?」

照「京はモモ達を見てきたのか?あいつらがそう簡単に負けるとは思えない。おそらく全国まで来る、とすると私も全国へ行けばあいつらと打つ機会が増える」

京太郎「咲達と打つため……か、そしてその目的が果たせないのなら部活には入る必要はない、そういうことか」

照「その通り、だから私は白糸台で団体戦に出ていた。女子部員が4人揃ったら教えてくれ、そうしたら考えてみるよ」

京太郎「照…お前変わったな」

照「どういう意味?」

京太郎「昔は俺達4人で楽しく打ってただろ?だけど、俺からすると、今のお前は麻雀を楽しんでいないように見えるんだ」

照「つまり、京が私に友達と打つ楽しみを教えてくれるってこと?」

京太郎「そうだ。俺と憩さんでお前の目を覚ます」

照「これはまた…大きく出たね、まあ楽しみにしてるよ。それじゃあ私先に帰るね」










京太郎「このサンドイッチおいしいな。霞さんが作ったのかな」チョンチョン

京太郎「…ん?ああ、エイスリンさんですか」

エイスリン「スガクン、ソノsandwichオイシイ?」

京太郎「はい、おいしいですよ。毎朝食べたいくらいです」

エイスリン「ソッカ、ヨカッタ」ホッ

京太郎「これはエイスリンさんが作ったんですか?」

エイスリン「ンー」カキカキ

エイスリン「カスミ!」バッ


|眼鏡を掛けた霞の絵|


京太郎「なるほど、霞さんに教えてもらったんですね」

エイスリン「ウン!カスミ、スゴイ!」キラキラ

京太郎「確かに…あれは、凄いですよね…」ゴクリ

エイスリン「スガクンハ、スゴイホウガ、イイ?」

京太郎「いや、別に大きさなんて関係ないですよ。人の個性ですしね」

エイスリン「…オオキサ?」


はっ!そういえばエイスリンさんは一度もおもちに関する言葉を使っていない……!ということは!


エイスリン「スガクンノ、スケベ!エッチ!///」












京太郎「エイスリンさんは怒り疲れて寝てしまった。しかし、寝顔も可愛いなあ」ツンツン

エイスリン「スガクンノエッチ…」Zzz

華菜「なぁにやってんだ、新入り」

京太郎「えっとあなたは確か、小池さんでしたっけ?」

華菜「カナちゃんは池田だし!」

京太郎「おい、小池ェ!」

華菜「不謹慎だし!」

華菜「エイスリンさんは可愛いなあ」ツンツン

京太郎「あ、俺と同じことやってる」

華菜「な、わ、悪いか!?」

京太郎「そういえば池田さんは妹さんとかいるんですか?」

華菜「華菜でいいぞ、でもなんでわかったんだ?」

京太郎「華菜さんさっき食器の片付けとか手伝ってじゃないですか、だから妹か弟がいるんじゃないかなって」

華菜「ふむふむなるほど、カナちゃんには三つ子がいるんだ。緋菜と菜沙と城菜っていってな、とっても可愛いんだぞ!」

京太郎「そ、それじゃあおやすみなさ」

華菜「おっと、どこにいく気だ?須賀」

京太郎「え、ちょっと、え?」










京太郎「あの後20分くらい池田さんの妹さんの話を聞かされた……」ゲッソリ

憩「大丈夫?京太郎?」

京太郎「はい、まあなんとか」

憩「やっぱり高校初日は疲れるよねー」

京太郎「俺の疲労の主な原因は憩さんなんですけどねぇ」

憩「え、そうやったん?それはすまんなー」ハハハ

京太郎「そういえば憩さんはどうしてここに住んでるんですか?」

憩「ただ単純に親元を離れたかったから、かな」

京太郎「憩さんの御実家って……」

憩「病院やで、通学路から見えるあの大きいやつな」

京太郎「あ、やっぱりそうなんですか」

憩「お父さんやお母さんはウチを医者にさせたいらしいんよ。だから勉強で忙しくなる前に、高校だけでも自由でいたいなー思うてね」

京太郎「なるほど、なんだか変な話ですね」

憩「せやろ、どうせなるなら医者よりナースになりたいわー」ハハハ

京太郎「憩さんにナース服ですか……かなり似合いそうですね!」

憩「うん、なんだか体に馴染む感じがするんよねー。最近はよく実家から拝借したんを寝間着に使うとるんよ」

京太郎「へー、じゃあ今度俺にナース服姿見せてくださいよ」

憩「お、ええでー。但し、ウチに麻雀で勝てたらなー」

京太郎「よおし、それじゃあ頑張りますよー!」メラメラ


【4月第1週 平日1終了】



















【4月第1週 平日】

京太郎「まさか高校生活第1週目で寝坊するとは思わなんだ……」ゼェゼェ

京太郎「まあいい、学校まで後少しだ!後少しで間に合うんだ!頑張れ俺!」ウォー

キーンコーンカーンコーン

ガラガラ

京太郎「ふっ、ギリギリセーフだったぜ!」ヤレヤレ

担任「須賀ァ!てめェ今の遅刻は何だァ!ギリギリアウトだァ!」

京太郎「おいおい嘘だろ?冗談はよしておくれよ」HAHAHA

担任「うるせェ!外で立ってろ!」

京太郎「」



京太郎「はあ…疲れた。昼飯はどこで食べようか」

京太郎「食堂に行くか」

【食堂】

京太郎「お、この日替わりランチのサンドイッチ美味しそうだな。頼んでみるか……と、お?」

エイスリン「……」キョロキョロ

京太郎「エイスリンさんじゃないか、何をしているんだろう?」

エイスリン「ア、スガクン!」パアッ

京太郎「エイスリンさん、どうかしたんですか?」

エイスリン「エーットネ」カキカキ

エイスリン「コレ!」バッ

|サンドイッチの絵|

京太郎「日替わりランチを食べたい、ということですか?」

エイスリン「ウン!」

京太郎「食堂で頼むときはまず食券をここで買って、あそこのカウンターに食券を持って行くんですよ」

エイスリン「ワカッタ、スガクンアリガトウ!」ニコッ

京太郎「よし、じゃあ俺も……あれ?」

エイスリン「」スタスタ

京太郎「今度はどうしたんですか?」

エイスリン「ヨカッタラ、lunch、イッショニタベヨ!」

京太郎「はい、わかりました」




京太郎「あの日替わりランチは美味しかったな、何よりエイスリンさんと一緒に食べられて良かった」ウンウン

先生「須賀君~ちゃんと聞いとる~?」

京太郎「はい、もちろんです!」

さて、放課後はどうするか

京太郎「さて、こうして街に来たわけだが、何をしよう……」

咏「お、京太郎じゃーん」フリフリ

京太郎「おお、三尋木じゃないか何してるんだ?」

咏「咏でいいぜぃ。まあ、あれだ生活用品をちょっと見て回ってるんだ」

京太郎「生活用品か、確か俺もあまり無かったからな。よし、一緒に買い物しようぜ!」

咏「お、いいね~それ、しらんけど」

京太郎「何だよそれ、じゃあ行くか」

――――――――――――――――

京太郎「まあこのくらい買えば充分か」

咏「なあ京太郎、休憩がてら喫茶店にでも行かね~?」

京太郎「そうだな、行こう」

イラッシャイマセー

咏「それじゃあ私は抹茶にでもするかね~、しらんけど」

京太郎「それじゃあ俺はレッドブルで」

咏「なんで喫茶店にんなもん置いてあんだよ…」

京太郎「だよな…」

オマタセシマシター

京太郎「お、来た来た」

京太郎「なあ、咏ってさ」ゴクゴク

咏「ん?」

京太郎「ウッ、麻雀したけ、と、あるか?コホッ」

咏「あ?なんだって?」

京太郎「ちょっ、ごめっ」ケホッケホッ

京太郎「はあ、落ち着いた」

咏「えーと、麻雀?」

京太郎「ああ、今俺と憩さんで麻雀部作ろうとしてるんだけどさ、咏も麻雀できるなら入部してくれたら嬉しいなって」

咏「ふーん、わかった。いいよ」

京太郎「え!はやっ!?そんな簡単に決めていいのか!?」

咏「別に入りたい部活なんて無いからねぃ~、元々部活なんて知らんし」

咏「それに私は地元で『cat chamber』って呼ばれるほどだったからね~」

京太郎「キャット…?」

咏「『cat chamber』な」

京太郎「なんだかよくわからんが、とにかくよろしく頼むな」

咏「おうよ、そういえば顧問て誰なん?」

京太郎「あ」

咏「確か創部に必要なのは顧問となる教員1名と生徒5名だったはずだけど、それはいいのかぃ?知らんけど」

京太郎「し、知らなかった……」

咏「しっかりしてくれよ~、そんじゃ私は別んとこ行くからじゃねぃ~」

京太郎「おう、じゃあな」






京太郎「次はどこに行くかな」






アリガトウゴザイマシター

京太郎「さてと、公園に行くか」


【公園】

京太郎「公園なう」

??「あのーすんません、ここいら辺で、いかにも病弱って感じの女の子いませんでした?」

京太郎「いや、見かけませんでしたけど」

??「そうですか、お手を掛けました」

京太郎「あの、もし良ければ手伝いましょうか?その人を探すの」

??「え、ホンマ?じゃあ頼むわ!ウチは千里山の清水谷竜華や、よろしく」

京太郎「俺は三箇牧の須賀京太郎といいます」

竜華「須賀君はあっちの方探してくれへん?ウチはこっちの方探すから」

京太郎「わかりました」

――――――――――――

竜華「結局見つからんかったわ…どこに行ったんや怜ぃ……」ポロポロ

京太郎「すいません、お力になれなくて……」

竜華「ええってええって。ところで須賀君、三箇牧の憩ちゃんって知っとる?」ゴシゴシ

京太郎「荒川憩さんですか?」

竜華「せやせや、やっぱ知っとった?」

京太郎「知ってるも何も部活の先輩ですからね」

竜華「じゃあ須賀君も麻雀部なん?」

京太郎「ええ、まあ」

竜華「奇遇やなあ!ウチも麻雀部なんよ!なあ須賀君、今ケータイ持っとる?」

京太郎「はい」

竜華「じゃあちょっと借りて……ちょちょいのちょいっと」ピローン

京太郎「何をしたんですか?」

竜華「ウチの連絡先入れといたわ。同じ地区の麻雀部員同士仲良くしてこやー」

京太郎「そうですか、それじゃあこれからもよろしくお願いします」

竜華「うんうん、ええ子やなー須賀君は。じゃあ今日はありがとな、それじゃ!」タッタッ

京太郎「さよならー」

京太郎「……清水谷さんか、可愛い人だったな。そして、何よりあのおもちは……」デレー

京太郎「よし、帰ろう」

ガサガサッ

?「ふぅ、ようやくいなくなったわ」

【4月第1週 平日】終







【4月第1週 休日】

チュンチュン

京太郎「休日なのに早く起きてしまった…」

京太郎「咏の言っていた通り、創部には生徒5名と教員1名が必要らしい。あと、麻雀部は廃部状態だから5月末までに創部申請を出さなくてはいけないようだ」





京太郎「さて、朝はどうしよう」

京太郎「麻雀の勉強をしよう!」

京太郎「って言ってもどうするかな……」

京太郎「ネトマもいいけど基礎を固めたいところだからな」



京太郎「よし、基礎を固めるぞ!」

京太郎「そうと決まれば、『麻雀 基礎』っと」カタカタ

京太郎「お、手ごろなサイトが見つかったぞ」





京太郎「ふう……」

京太郎「まあ、こんなものか」





京太郎「他の人の部屋に遊びに行くか」



京太郎「池田さんの部屋に遊びに行こう」

京太郎「あの人の部屋ってどうなってるんだろうか」

京太郎「いーけーださん!あっそびーましょ!」

シーン

京太郎「ふむ、どこかに出かけているようだな」

京太郎「うーむ、どうしたものか」





京太郎「勉強をしよう」

京太郎「一応宿題もあったことだしな」

宿題「どっさりあるよ!どっさり!」

京太郎「んー、これは…誰かと一緒にやった方がいいかもしれない」







京太郎「この国語は照とやった方がいいかな」

京太郎「…いや、俺一人の力で片付けてやるぜ!」

京太郎「いつまでもあいつの力借りてちゃいけないからな」

――――――――

京太郎「お、案外早く終わったな」

京太郎「『セメント樽の中の手紙』か悲しい話だったな」






京太郎「買い物に行くか」

京太郎「さて、どこへ行こうかな」







京太郎「めぼしいものは」

牌のお姉さんの麻雀教本 初級編…1400円

牌のお姉さんの麻雀教本 中級編…2000円

牌のお姉さんの麻雀教本 上級編…2800円

小鍛治健夜の目指せ!グランドマスター!…2800円

迫り来る怒涛の修羅場…2000円

驚愕!雀士改造術!…1900円

女性を落とす40の方法…1000円

参考書…600円

小説…600円

WEEKLY 麻雀 TODAY…600円

京太郎「さて、何を買おう」








京太郎「これください」

店員「計4500円となります」

京太郎「はい」チャリン

アリガトウゴザイマシター

買った物

牌のお姉さんの麻雀教本 初級編
コンマ判定で雀力up
読む度に成功率が上がっていきます

驚愕!雀士改造術!
読書後に一緒に麻雀の特訓をした人の雀力up

参考書
勉強時に使用可能。
勉強の成功率、獲得学力が上がります

WEEKLY 麻雀 TODAY
1回しか読めません。
無条件で雀力up






京太郎「少し出歩いてみるか」

京太郎「夜の大阪ってこんな感じなのか」

京太郎「長野とは違ってあんまり星が見えないんだな」

京太郎「あれ、こんなとこに張り紙があるぞ」

張り紙「不審者に注意でー」

京太郎「不審者か、気を付けなければな」

京太郎「しかし、今日会話をしたのが本屋の店員さんだけだったとは……」


【4月第1週 休日】終了








【4月第2週 平日】

京太郎「遅刻に用心して早起きしてきたぞ!」

京太郎「お、あの人は……エイスリンさんじゃないか!」

京太郎「おーい!エイスリンさーん!」

エイスリン「ア、スガクン!」

京太郎「どうも、おはようございます」

エイスリン「オハヨウ!」

京太郎「エイスリンさんって麻雀に興味あります?」

エイスリン「…マージャン?」

京太郎「ああ、やっぱり知りませんでしたか」

エイスリン「ソレッテgame?」

京太郎「はい、とっても楽しいですよ」

京太郎「今、憩さんと麻雀部作ってるんですよ。だからエイスリンさんも入ってくれたら嬉しいなって」

エイスリン「ヘー、ソレジャアミニイコウカナ!」

京太郎「じゃあ今日の放課後に麻雀部に行きましょう。迎えに行きますよ」

エイスリン「ウン、ワカッタ!」







京太郎「おおよそ眠気というものがしなかったぜ!」

京太郎「昼はどこに行こうか」

京太郎「今日は弁当を作って、中庭に来たわけだが……」


女子1「はい、あーん」
男子1「お返しだよ、マイハニー」

女子2「もう!遅いよ!男子2君!」
男子2「いやあ、ごめんごめん」

女子3「ほら鳴きなさい!このブタァ!」
男子3「ブヒィィィィィ!」


京太郎「なんだこの桃色空間は」

部員A「そっちに行きましたよ!池田部長!」

華菜「お任せあれ!うにゃああああ!」

京太郎「あれ、池田さ」

ドーン!

華菜「痛ててって、須賀じゃないか」

京太郎「やっぱり池田さんでしたか」

華菜「うにゃああああ!逃げられた…」ガックシ

部員B「諦めません!諦めませんよ!」ザッザッ

部員C「左に同じ!」タッタッ

部員A「よーし、いっちょやったろー!」ウォー!

華菜「あ、お前ら、カナちゃんを置いてくなし!」ダダダダ

京太郎「何だったんだ一体……」







教師「今日はこれで終わりやで~」

京太郎「さて、エイスリンさんを迎えに行くか」

咏「どこ行くんだよ~京太郎~」ウリウリ

京太郎「咏か、これから部活に行くんだが、一緒に来るか?」

咏「おう、行く行く!」

京太郎「その前に、エイスリンさんを迎えに行くから少し付き合ってくれ」

咏「わかったぜぃ~」

【三年フロア】

京太郎「あ、エイスリンさーん」

エイスリン「スガクン!ソレ二ウタモ!マッテタヨ!」

京太郎「それじゃあ行きましょうか」

【部室】

京太郎「こんにちはー」

憩「お、京太郎君。来たかーっと、あれなんで咏ちゃんとエイスリンちゃんがおるん?」

京太郎「咏は麻雀部に入るらしいですよ」

憩「え!そうなん!?おーきにやで!咏ちゃん!」

咏「まあ、よろしく頼むぜぃ」

京太郎「それでエイスリンさんは」

エイスリン「ケンガクニ、キタ!」

憩「京太郎君、流石やで!」

京太郎「いやーそれほどでも…ありますけどね!」ドヤァ

咏「そのドヤ顔さえなければいいんだけどな」


京太郎「今日は何をしようか」



京太郎「エイスリンさん、俺と特訓しましょう!」

エイスリン「ウン!」

憩「じゃあウチと咏ちゃんはいつもの雀荘行ってるねー」

京太郎「はい、わかりました」

咏「じゃあまた明日ねぃ~」フリフリ

京太郎「おう、じゃあな!」

――――――――

エイスリン「コレガ1翻デ、コレガ…2翻?」

京太郎「おお!飲み込み早いですね!」

エイスリン「ソ、ソウカナ…?」テレテレ

京太郎「やっぱり、エイスリンさんには入ってほしいです!一緒に楽しみましょうよ!」

エイスリン「ケイ、トウタト、スガクン…」カキカキ

エイスリン「スガクン!」バッ

|4人で卓を囲んでいる絵|

エイスリン「ワタシ、ハイル!ガンバロウ、スガクン!」

京太郎「はい!お願いします!」








京太郎「いい感じの時間なので、そろそろ帰りましょうか」

エイスリン「ウン!」

【帰り道】

京太郎「へー、ニュージーランドってそんなところなんですか」

エイスリン「キレイナトコロダヨ!」

京太郎「いつか行ってみたいですね」

エイスリン「ナラ、イツカイコウネ、イッショニ」

京太郎「はい、…お」

エイスリン「ドウシタノ?」

京太郎「いや、綺麗だなって」

エイスリン「エ?」

京太郎「夕焼けが…ってどうしたんですか?顔が赤いですよ?」

エイスリン「ナ、ナンデモナイヨ!ユ、ユウヤケノセイジャナイカナー//」

京太郎「そうなんですか?ならいいですけど。それじゃあ約束ですね」

エイスリン「ヤクソク?」

京太郎「エイスリンさんとニュージーランドに行くって約束です」

京太郎「あ、小指出してくれますか?」コユビ

エイスリン「コユビ?コウ?」コユビ

京太郎「はい、そうです。指切りげんまんです」

エイスリン「ユビキリ…?」

京太郎「日本では約束をするときこうするんですよ」

京太郎「ゆーびきりげんまん、うーそついたらはりせんぼんのーます」


京太郎「ゆーびきった!」


【4月第2週 平日】終了














【4月第2週 休日】

京太郎「ふむ、清々しい朝だな!」

京太郎「そういえば照と麻雀するって話どうするかな」

京太郎「さて、今朝はなにをしようかな」






京太郎「麻雀の勉強をば」

京太郎「今日は如何様にしようか」

京太郎「憩さんに早く追いつきたいから、基礎からいこう」

京太郎「この前みつけたこのサイトで…」

京太郎「ふむふむ」

京太郎「ふぅ~む、なるほどなるほどなるほど~」

京太郎「中々参考になるな~このサイト」






京太郎「もう昼か…何をしよう」

京太郎「他の人の部屋に遊びに行くか」

京太郎「今日こそはいますように」

京太郎「さて、誰の部屋に行こうか」



京太郎「照ならいるはずだろ」

京太郎「照ー、いるか?」

霞「あら、京太郎君。照ちゃんなら朝早くからどこかに行っちゃったわよ」

京太郎「」






京太郎「気を取り直して麻雀の勉強をしよう…そうしよう…」

京太郎「どんなふうにやるかな」

京太郎「ネトマをしよう!」

京太郎「ここで予約をして…」

京太郎「おお、来たぞ!」




すく水『よろしくですよー』

大好き三つ子!『よろしく頼むしっ!』

ヒロリン『よろしくさんさんさんころり~』

京太郎「よかった…俺はぼっちじゃなかったんだな」グッ








京『よろしくお願いします』

ヒロリン『よし、はじめよかー』






京太郎「俺が起家か」





京 ノーテン
すく水 テンパイ
三つ子 テンパイ
ヒロリン ノーテン


京『ぐぬぬ』

ヒロリン『アカン、アカンなぁ』

三つ子『好調だし!』








三つ子『ツモ!1600・3200だし!』

京『やられた!』

京 21800
すく水 23400
三つ子 31400
ヒロリン 23400







ヒロリン『やったるでー!』

すく水『そろそろうるさいですよー』







東2局 流局

京 22800
すく水 20400
三つ子 32400
ヒロリン 24400








ヒロリン『まだまだやるでー!』

京『またノーテン…』



三つ子『ツモ!3200オールだし!』

東3局 三つ子のツモ→1本場へ

京 19600
すく水 17200
三つ子 42000
ヒロリン 21200







三つ子『連荘だし!』

すく水『やってやるのですよー!』






東3局1本場 流局→2本場へ

京 20600
すく水 18200
三つ子 43000
ヒロリン 18200







京『逃げ切ろう』

ヒロリン『おっかしーなー』








京『ツモです!1600・3200の2本場は1800・3400!』

東3局2本場 京のツモ和了→東4局へ

京 27600
すく水 16400
三つ子 39600
ヒロリン 16400







京『この調子でいくぜ!』

三つ子『そうはいかないし!』

すく水『勝負は最後までですよー』

ヒロリン『もうええんや…』






すく水『まずは避けますよー』

三つ子『オリとくし…』

ヒロリン『ダメやな…なにもかも…』

京『ロン!12000!』

ヒロリン『嘘…やろ?』

終局


1位 京 39600
2位 三つ子 39600
3位 すく水 16400
4位 ヒロリン 4400








すく水『お疲れさまですよー』

三つ子『惜しいところだったのに…』

京『なんとか…なりましたね』

ヒロリン『あははははははは』






京太郎「よし、勝てたぞ!」

京太郎「ヒロリンさん…か、なんだか怖かったな」

京太郎「この後は何をしよう」




京太郎「一休みしたら買い物に行こう」

京太郎「さて、どこへ行こうか」

京太郎「文房具屋に行くか」

ノート…200円

シャーペン…300円

赤のマーカーペン…300円

いわくつきのペン…500円

いわくつきのシャーペン…600円

高めのシャーペン…900円

関数電卓…1000円



京太郎「あのー、このシャーペンって一体?」

店員「それで勉強すると夢中になってるものが上手なるっていういわくつきのシャーペンやで」

京太郎「それじゃあ、このボールペンは一体?」

店員「それを持ってる人と仲良くなれるいう代物や、神様の力借りとるとかでここでも2本しか置いとらんのや」

京太郎「これが最後の1本なんですか」

店員「せやせや、全国で6店くらいにしか置いとらんらしいで」ドヤァ

京太郎「へー、ならこの2本ください」

店員「おーきにやで、兄ちゃんまあ頑張りなはれや」








京太郎「麻雀の勉強をしよう!」

京太郎「さっきは調子がよかったからな」

京太郎「調子に乗ってちゃいけないな、うん」

京太郎「…今日麻雀以外になにやったっけ」





【4月第2週 休日】終了