京太郎「背景に溶け込んでかなり立ったが潮時だ」

京太郎「このままこの立ち位置に居るだけじゃ世界から消されちまうな」

京太郎「家ん中いても仕方ねーし、ちょっと出歩くか」

京太郎「なんでもいいから面白い事おきねーかな」

TV「今行くなら兵庫!激安プランで旅行ができる!!」

京太郎「ん?」

TV「明石焼きに神戸牛!美味しい物満載!」

京太郎「……」ゴクッ

TV「さらに兵庫は聖地巡礼としても多くの……」

京太郎「兵庫……か。いいかも」


京太郎「あ、咲?ちょっと兵庫に行ってくるから部長に部活休むって言っててくれ」

京太郎「ん?いや冗談じゃないって。それじゃ頼むからな」ピッ


――――――
―――――


京太郎「ここが兵庫か」

京太郎「流石に長野よりは都会だけど、思ったよりのどかな所だな」

京太郎「まだ旅館のチェックインまで時間はあるし、なにして時間潰そうか……」


京太郎「兵庫に来たらやっぱり神戸牛はかかせないよな」

京太郎「少し高いかもしれないけど、せっかく来たんだし食っとかなきゃ損ってもんだぜ」


店員「お待たせしましたー。熱いんでお気をつけください」

京太郎「うおおおーすげぇ!こんな霜降り見た事ねぇ!」

京太郎「あ、写真撮って後で優希に送ってやろ」パシャ

京太郎「よーしそれじゃあ、いただきまーす!」


―――――――


京太郎「ふー、食った食った」ゲプ

京太郎「流石に1万はデカかったけどそれに見合うだけの美味しさはあったな」

京太郎「そろそろ時間は……あ、まだあるな」

京太郎「神戸牛も食ったことだし次はどこ行こっかな」



京太郎(やばい……なんかそれっぽい路地に迷い込んでしまった)

京太郎(確か一回キャッチに捕まったら面倒くさいって言ってたな……早いとこ出ないと)

配り「おっ?そこのお兄さーん!これ貰ってってよー」

京太郎「俺まだ未成年なんで遠慮します!!」

配り「いや、ただ貰ってくれるだけで助かるよ!貰った後はどっか捨ててくれてもいいから!」

京太郎「……はぁ」


京太郎「"デリバリーヘルス、自宅出張致します"か」

京太郎「ほぉー、今のデリヘルって1万円いかないんだな。安いじゃん」

京太郎「……」

京太郎(もし頼んだとしても、ここ兵庫だし誰にもばれないよな……?)ゴクッ

京太郎(せっかく旅行にきてんだしちょっとぐらいはいいか)


―――――――


京太郎(ビジネスホテルの一室借りることにしたけど……この待つ間って中々緊張するな)

京太郎(流石に指名できるお金は無かったけど、胸が大きい人が来てくれるといいな)


ピンポーン


京太郎(き、来た!)

京太郎「はーい!今開けます!」


健夜「お、お邪魔しまーす……」

京太郎「……」ジー

健夜「初めまして。今日お相手を務めさせていただきます、すこやん(仮名)です」

京太郎「あ、はい」

健夜「よろしくお願いしますね」

京太郎(うーん……顔は可愛いけど、スタイルはそんなによくないな)ガックシ

京太郎(と言うかこの人どっかで見たことあるような……?)チラッ

健夜「……!」ビクッ

京太郎(んー、誰だっけ?)

京太郎(ま、いっか。逆にデリヘル嬢と知り合いって方がおかしいし)

京太郎「一つ聞きたいんですけどいいですか?」

健夜「はい?」

京太郎「デリヘルって本番アリなんですか?」

健夜「本番……?」

京太郎(意味知らないのか……)

京太郎「んーっとですね、ゴニョニョって事ですよ」

健夜「ええっ!?ダ、ダメだよ!そういうのはちゃんとしたお店に行って貰わないと……!」

健夜「……それにまだ私、そういう経験無いし」

京太郎「そういう経験無いのにデリ嬢やってんのか!?」

健夜「だって……男慣れしないといつまでたっても結婚できないから」ボソッ

京太郎「俺としてはデリ嬢やってたような人と結婚なんかしたくないですけどね」

健夜「……」

京太郎「ってことで、初めて同士ってことで俺とやってみませんか?」

健夜「だ、だからそれは!」

京太郎「お願いします!俺ここでDT捨てないと一生捨てられない気がします!」ドゲザ

健夜「……それは私もだけど、ちゃんとこういうのは結婚相手とじゃなきゃ」

京太郎「先っちょだけ!先っちょだけですから!」

健夜「うう……」

健夜「………じゃあ」

健夜「……責任とってくれるなら」

京太郎「え?」

健夜「そ、その……そこまで言うなら……ちゃんと責任とってくれるなら、いいよ」


京太郎「いや、それは勘弁してください」

京太郎「俺まだ遊びたいですし」

健夜「……うん、それがいいと私も思うよ。こういうのは本当に好きな人と」

京太郎「けどそれとこれとは別ですよね?」

健夜「へ?」

京太郎「つべこべ言わず脱げってことですよ!」ガバチョ

健夜「ひゃあああっ!?」

京太郎「もうちょっと肉付きのいい身体なら文句は無かったんだけどな……ま、いっか」

健夜「だ、誰か!誰か助けて!!」ジタバタ

京太郎「暴れんじゃねーよ!」

健夜「やめて!!」バシッ

京太郎「って!……叩きやがったなお前?」

京太郎(今日で兵庫から帰る日だけど……何もなくてよかったぜ)

京太郎(旅行に行く前、トラブルにあって帰れなくなる夢を何回も見てたからな)

京太郎(土産もたくさん買ったし、観光もできた)

京太郎「それじゃ帰……」

ガッ!!

京太郎「うぐっ!?」

京太郎(え……え??後頭部が……熱い?)

京太郎(それに何だか眼がグルグル回って……)


「コイツ、どうします?」

「誰にも見つかることの無い、どこかの深い山中に捨ててこい」

「デリ嬢だからと言ってヤンチャし過ぎだなぁ兄ちゃん?ケジメはとってもらわんといけんわ」


――――――――――
――――――――


穏乃「んー!やっぱ山の頂上ってきんもちいいなー!!」

穏乃「空気も美味しいし、さいこ………ん?」クンクン

穏乃(なにこれ……鉄の臭い?)

穏乃(おっかしいなぁ、この山に鉄の建物なんて無かった気がするけど、こっちからかな?)タタタ

穏乃「……」

穏乃「!!?」

穏乃「に・ん・げ・ん・だぁぁぁぁーーーーー!!!」ズドーン


玄「れれれのれ~♪れれんれ~」サッサッ

玄「……うん、綺麗になった。これだけお掃除すればいいよね」


―――――――ぁぁぁ……


玄「?」


――――――うわぁぁぁぁぁぁ  ドドドド


玄「な、なにこの声?どこから……」


穏乃「うわああああああああああああ玄さああああああああん!!!」ドドドドドド

玄「わわわわっ!?穏乃ちゃん?!」

穏乃「ど、どどどどうしよう玄さん!山に人が捨てられてた!」

玄「!?」

穏乃「なんか頭から血が凄いしやばいって!」

玄「じ、事情はともかく早く看病しなきゃだね!」



京太郎「……ふわーっ」

京太郎(ちょっと寝すぎたなぁ、頭痛ぇし……それにお腹も減ってきたぞ)

京太郎(なんか食いモン食いモンっと)ムクリ

京太郎「………」

京太郎「ん?」キョロキョロ

京太郎(……あれ?ここどこだ?)

京太郎(俺の家、にしては匂いが違うし)

京太郎(って……俺の家ってどこだっけ?てか俺どこに住んでたっけ)


穏乃「おにいさーん、おしぼりの変えもってき……!?」

京太郎「?」

穏乃「うわああああああ玄さん宥さあああああん!!」ダダダダ

京太郎「な、なんだ?」


―――――――――


玄「目が覚めたんだね!?ホント、死んじゃったらどうしようかと思ったよー!」

京太郎「……」

宥「よかったぁ……本当によかった」グスッ

京太郎「……」

玄「穏乃ちゃんががキミをここまで運んできてくれて、おねーちゃんが一晩中看病してくれてたんだよ?」

穏乃「いや、玄さんもずっと看病してたじゃないですか」

京太郎「……えーっと、一つ訪ねてもいいですか?」

玄「はい?」

京太郎「俺は誰であなた達は誰ですか?」

宥「……」

玄「……」

穏乃「……」

玄「こ、これはまさか……記憶喪失というあの伝説の」

宥「ええっ!?」

穏乃「そんな漫画じゃあるまいし、"もう元気だぞー"って言う冗談ですよね?」ハハー

京太郎「……」

穏乃「……」

穏乃「あの、お兄さん………ホントに何も覚えてないの?」

京太郎「名前だけ思いだせる。確か須賀京太郎だった、気がする」

京太郎「でもそれ以外、本当に何も思い出せないんだ」

穏乃「マ……マジ?」

宥「ふぇぇぇ……」オロオロ

京太郎「教えてください。俺とあなた達はどういう関係なんですか?」

京太郎「もしかしてこれが初会話でお互い知らない人だったり……」ジリッ

玄(どうしようおねーちゃん穏乃ちゃん!なんだか警戒されてるみたいだよ……!)

玄「え、えっと……」

宥「そのぅ……」

穏乃「あ、あれだよ!あれ!」


穏乃「京太郎は私の彼女だよ!」コンラン

玄「!?」

宥「!?」

京太郎「……えっ」

京太郎「彼女?俺が?」

穏乃「そうそう!京太郎と私は彼女で、ずっと付き合ってきたじゃん!」

京太郎「そうか……俺は女だったのか」

玄「それを言うなら彼氏じゃないかな穏乃ちゃん……」

穏乃「あっ」

京太郎「?」

穏乃「ご、ごめん、ちょっと混乱してて何言ってるか分かんなくなっちゃった」

穏乃「今言ったことは忘れてよ!」ハハ

京太郎「……まぁ、とにかく」

京太郎「俺とお前は付き合ってたってことでいいんだな?」

穏乃「あっ、いや!それは!」

京太郎「シズだっけ、名前?」

穏乃「え?、う、うん」

京太郎「心配かけてゴメンなシズ」ギュッ

穏乃「ふきゅっ!?」

京太郎「もうこんな思いはさせないからさ……許してくれると嬉しい」ナデナデ

穏乃「……」

穏乃「……う、うん」カァー


玄「堕ちたな」

宥「く、玄ちゃんどこでそんな言葉覚えてきたの……?」

京太郎「ちなみにあなた方二人は??

宥「!」ビクッ

玄「ふっふっふ……私たちは」



玄「あなたの愛人なのです!」テキトー

宥「ふぁ!?」

穏乃(ちょ、ちょっと玄さん!それはいくらなんでも……!)

京太郎「……愛人か」

穏乃「?」

京太郎「こんな可愛い彼女がいながら、俺は愛人なんてモンを作ってたのか」ギリッ

玄「……あれ?」

京太郎「俺は前の自分が赦せなくて……怒りが収まりません!」

京太郎「本当にゴメンな、シズ。こんなクソ野郎で」

京太郎「でももう浮気なんて絶対しないから!これまでのこと殴ってくれてもいいから、許してくれ!頼む!」ドゲザ

穏乃(すっごく心が痛い)

宥(玄ちゃん……)

玄(うわわ!こ、こうなったらあの二人に助けを求めるしかないよぅ……!)


憧「……で、なんでそんな適当なことばっか吹き込んだワケ?」

憧「玄とシズだけならともかく……宥姉まで!!」

穏乃「そ、そんなに怒んないでよ憧」

宥「ごめんなさい……」

玄「あの時はああいうしか無かったのです」

灼「わずらわしい」

京太郎「あなた方は……?」

憧「ん?ああ、私と灼は」


憧「普通の……」

京太郎「普通の?」

憧「……!」ズギュン

京太郎「普通の、何ですか?」

憧「………」

憧「私ね、京太郎の前世の恋人だよ……ずっと会える日を待ってた」

京太郎「は、はい?」

灼「何言ってんの憧……」ドンビキ

京太郎「ええと、あなたは?」

灼「私はキミの親分」キリッ

灼(親分?何言ってんだろ私……?)

京太郎「……」

京太郎「どういうことなの?」

穏乃「私に聞かれても……憧の様子何かいつもと違うし、灼さんもあんな冗談いうような人じゃないし」


京太郎「ええと、つまり関係を整理するとこういうことか」

京太郎「シズは俺の恋人で、玄さん宥さん?は俺の愛人」

京太郎「憧さんは俺の前世の恋人で灼さんは俺の親分だった……ってことか」

玄「うんうん」

京太郎「……えっと、とりあえずごちゃごちゃし過ぎてワケわかんないや」アハハー

宥「あ、諦めたらダメだよぅ!」



京太郎(こうして俺は記憶が戻るまで松実館で働きつつ居候することになった)



玄「本当にいいの?む、無理しなくていいんだよ?」

京太郎「いえ、流石にタダで飯食わせてもらう訳にはいかないんで……」

京太郎「記憶が戻るまでは俺もこの館で働かさせていただきます」

宥「そんなの気にする必要ないのに……」

京太郎「前の俺が何やってたかは知りませんけど、体力はそこそこあるみたいですし」

京太郎「存分に使ってやってください」



玄「えー、おほん!では今日から京太郎くんには松実館で働いてもらうことになります!」

京太郎「はい。よろしくお願いします」

宥「よろしくね」

玄「ではまず京太郎君には……」

玄「薪割りをやってもらいます!」

玄「私やおねーちゃんじゃ力が足りないから、これをやってもらうと助かるかな」

京太郎「薪割りですか」

玄「うん!説明は……いるかな?」

京太郎「いえ、大丈夫です」

宥「危ないから気を付けてね」


―――――――――――


京太郎「よいしょ!」 パコーン

京太郎「ふん!」 スパコーン

京太郎(単純作業とはいえ、重い斧を振り回すのは中々疲れるな……)



京太郎(よーし、終わったぞ)

京太郎(後はこの薪を裏方まで持っていけば…)

トントン

京太郎「?」クルッ

憧「やっほ」

京太郎「……」

京太郎「えーと……憧さん?でしたよね」

憧「うん、覚えててくれたんだ?」

京太郎(そりゃあんな事言われたらな……)

京太郎「俺に何か用事ですか?」

憧「玄から京太郎がここで働くことになったって聞いたからさ」

憧「恋人が働いてる様子をからかいにきたってわけ♪」

京太郎「つまり邪魔しに来たってことですね」

京太郎「……ん?ちょっと待て、確か俺の恋人ってシズなんじゃ」

憧「ああ、あれ嘘だから」

京太郎「!?」

京太郎「いやいや待ってくださいよ!あの場でみんな同意してたじゃないですか」

憧「そうだっけ?」

京太郎「そんな嘘で俺をからかおうと……」

憧「でもさ、あの時はみんな混乱しててとりあえず合わせとけーって感じだったでしょ?」

憧「何だかシズも玄も変なこと口走ってたみたいだし」

京太郎(た、確か)

憧「そういうことで、京太郎の本当の恋人は私だったりするわけ」

憧「信じてもらえたかな?」

京太郎「………」


京太郎「分かりました……そこまで言うなら信じます」

憧「うん、信じてくれてありがと京太郎」

京太郎(正直な所100%信じたワケじゃないけど、今の俺にはこの人たちの情報をアテにする以外道は無いしな……)

憧「あと、できれば敬語はやめてくれると嬉しいかな。名前も呼び捨てでいいから」

憧「……また、これからよろしくね」モジモジ

京太郎「お、おう」

京太郎(可愛い)   <京太郎くーん、ちょっときてー!

京太郎「ん?」

憧「あ、呼ばれてるよ」

京太郎「みたいだな」

憧「邪魔して悪かったわね。今日の所は帰るわ」

京太郎「おう」

憧「仕事、頑張りなさいよ!」



京太郎「はーい、呼びましたか?」

玄「あ、来たね京太郎くん。キミにお客様だよ!」

京太郎「俺にですか?」

京太郎(誰だろ……)


穏乃「あの、わざわざ呼んでもらわなくても」

玄「穏乃ちゃんも会っていきたいでしょ?」

穏乃「それは……」

京太郎「ん?シズ?」

穏乃「あ……おっす京太郎」

穏乃「い、今大丈夫だったかな?」

京太郎「ああ」

穏乃「そか、よかった……じゃあこれ!」スッ

京太郎「?」

穏乃「ウチの和菓子の中から、元気のつくもの持ってきたんだ!」

穏乃「甘い物は疲れが取れるっていうしよかったら食べてよ」

京太郎「いいのか?こんなに」

穏乃「うん、だって……」

穏乃「彼氏を応援するのは彼女として当然だしさ」カァァ

玄(し、穏乃ちゃんが女の子してる…!)


京太郎「……」


京太郎(穏乃が彼女って言うのは嘘……だけど)

京太郎「ありがとな、シズ」

京太郎「後でゆっくり食べさせてもらうよ」

穏乃「えへへ、どういたいまして」

穏乃「それじゃあいつまでも仕事の邪魔してちゃ悪いし、私はこれで」

京太郎「おう。気を付けてな」

穏乃「うん!じゃあまたな京太郎」


京太郎「玄さんちょっといいですか?」

玄「ん?なに?」

京太郎「単刀直入に言いますけどシズが俺の彼女って嘘ですよね?」

玄「!?」ギクッ

玄(ば、ばれてる……?なんで?)

京太郎「俺の本当の彼女は憧。違いますか?」

玄「えっ」

玄「……うんと、どうしてそう思ったのかな?」

京太郎「さっき憧に会いました」

玄(よ、呼び捨て?)

京太郎「そこで憧に"シズが彼女って言うのは嘘で本当の彼女は私"って言われたので」

玄「へ!?」


玄(憧ちゃんの言ってること正しいけど、違う……どうしてそんなこと言ったんだろ)

玄(これ以上嘘に嘘を重ねるのはダメな気がしてきたし、もう本当の事言った方が……)

玄「……あのね、京太郎くん」

京太郎「はい?」


玄「穏乃ちゃんが彼女だよ!騙されちゃダメ!」

京太郎「えっ……」

玄「どうして憧ちゃんがそんな事言ったのか分かんないけど、キミの彼女は穏乃ちゃんだよ!」

京太郎「……」

京太郎「本当に?」ジッ

玄「本当!」

京太郎「でも、あの時シズ含めて玄さん達結構適当な事言ってたらしいじゃないですか」

玄「うっ……そ、それは」

京太郎「すいません、もう俺には誰が本当の事を言ってるのか分からなくなってきました……」

京太郎「薪割り終わったんで少し外で頭冷やしてきます」

玄「……」



京太郎「記憶が無いって本当に便利だな。後付けで何でもかんでも突っ込むことができるし」

京太郎「でもシズの顔、確かにウソついてるように見えなかったし……どうしたものか」

京太郎「うーん……なんとかしてシズに本音を吐き出させる方法は」



京太郎「すいませーん」

綾乃「いらっしゃいませー!」

京太郎「あ、穏乃さんの友達の須賀京太郎と申しますが……穏乃さんはいらっしゃいますか?」

綾乃「あら、ウチの穏乃がいつもお世話になっております」

綾乃「ええ、先ほど帰ってきたばかりなので。呼んできましょうか?」

京太郎「お願いします」


穏乃「さっきぶりだね京太郎!」

穏乃「和菓子どうだったかな?口にあったらよかったんだけど」

京太郎「……」

穏乃「京太郎?」

京太郎「あのさ……実は折り入って頼みがあるんだ」

穏乃「え?」

京太郎「俺は今から本音で話すからお前も本音で話してくれ」

穏乃「ど、どうしたのさそんなにかしこまって」

京太郎「シズって本当に俺の彼氏なのか?」

穏乃「!?」ビクッ

穏乃「……な、なに言ってんのさ。京太郎は私の」

京太郎「もしシズが本当に俺の彼女だったって言うなら、疑ってしまったお詫びでどんな事も受け入れるよ」

京太郎「でも俺は本当の事が知りたい!だから嘘つかずに教えてくれ!」

穏乃「うう……」

京太郎「俺とお前はどういう関係なんだ!?」



穏乃「……分かった、話すよ」

穏乃「実はさ……」


穏乃「ってことなんだ」

穏乃「これは本当の事だって約束する」

京太郎「……」ジー

穏乃「……」キッ

京太郎(目が泳いでないし、今度こそ本当っぽいな)

京太郎「じゃあ山で倒れてた俺を担いで、旅館まで運んできてくれたのか。そんな小さい身体で」

穏乃「む……一言余計だよ」

京太郎「ってことは命の恩人ってことじゃねぇか!?何でそれ隠してたんだよ?」

穏乃「そ、そんな大した事したわけじゃないって!本当に偶然だったんだから」

京太郎「それでもお前は俺を助けてくれたんだ。もしお前が見つけてくれなかったら……」

穏乃「……」

京太郎「何か御礼しなきゃだな、命助けてもらったうえに菓子折りやる立場の俺が逆に和菓子まで貰ってるんだから」

穏乃「いいって、そんなの!私は京太郎が元気になってくれただけで嬉しいよ」

京太郎「そういうわけにはいかないだろ。なんでもいいから、せめて御礼させてくれよ」

京太郎「そうじゃないと俺の気が済まない」


穏乃「……なんでもか」ン?

穏乃「じゃあ……」



穏乃「お友達からで良いから、お付き合いしてください!」

京太郎「……」ポカーン

穏乃「……」

穏乃「だ、だめかな?」

京太郎「いや……ダメじゃないけど、そんな事でいいのか?」

穏乃「え?」

京太郎「何て言うか、もっと凄い事お願いされると思ってたからちょっと拍子抜けでさ」

京太郎「……その、俺でよかったらこちらこそよろしく頼むよシズ」

穏乃「っ!」

京太郎「まだ記憶戻ってないけど、これからお前と新しく創っていくのも悪くないか」

京太郎「だからもう嘘はつかないでくれよ?」


京太郎「うおっ、急に抱き付くなって!」

穏乃「えへへ、京太郎ー!」






憧「へぇ……」








玄 宥 灼「適当な事言ってしまって……」

玄 宥 灼「ごめんなさい」ペコリ


京太郎「……」

穏乃「その、玄さん達も京太郎を元気づけようとしてやったみたいだし……」

穏乃「あんまり怒らないであげてくれたら嬉しいなって」

京太郎「いや、怒ってないぞ」

穏乃「……へ?」

京太郎「そもそもあなた方が看病してくれなければ、少なくとも俺はここにいないわけですしね」ハハ

京太郎「穏乃と同じ命の恩人を怒ったりなんかしませんよ」

玄「京太郎くん……!」キラキラ

京太郎(まぁ"愛人"とか"親方"とかはあからさまに怪しかったしな……)

宥「あっ、でも穏乃ちゃんと京太郎くんは、今度は本当の恋人になったんだよね?」

穏乃「…はい」カァァ

京太郎「そうなりますね」

玄「おー、嘘から出た実だね!」

灼「ん?でもなんだか憧もそんな事言ってなかった?前世の恋人がどうのこうの」

京太郎「……」

宥「そういえば憧ちゃんは……?」


――――――――――


憧(シズは親友として大好きだけど……それとこれとは話が別よね)

憧(まさかシズに先を越されちゃったのは予想外だけど、なんとかあの人を振りむかせる方法は無いのかしらね)


憧(試用期間的な意味合いで付き合うっていうのはダメかしら)

憧(シズにも話通してたら厄介な事にもならないだろうし……やるだけやってみるか)


――――――――――


憧「というわけで、私とも付き合って」

京太郎「お、おう?」

憧「みんなと一緒で嘘ついてた事は謝るわ。けど京太郎が好きって言うのは本当」

京太郎「えっと……気持ちはありがたいけど俺にはシズが」

憧「シズにはちゃんと話通してあるわよ」

憧「"京太郎のためになるならいいよ、それに憧なら信用できるから"って言ってた」

京太郎(そんなんでいいのかシズ!?)

京太郎「で、でも彼女がいるのに別の女の子と付き合うって言うのはどうなんだ?」

憧「シズより私を優先させろなんて言わないしましてやシズと別れろなんて言わない」

憧「私はあくまで二番目としておいてくれればいいから……」

京太郎「……」

京太郎「分かった」

憧「……」ニヤ

京太郎「そこまで言うなら、憧とも付き合うことにするよ」

京太郎「だけど俺の本当の彼女はシズだから……それは忘れないでくれ」

憧「うんうん、分かってるって!」

憧(一応でも"付き合っている"って事実がさえあれば浮気にはならないし)

憧(後はここからどう巻き返すかね)



京太郎(何だかまたややこしいことになってきたな……シズも断ればいいのに)

宥「京太郎くん、お仕事の件で少しいいかな?」

京太郎「あ、はい!いいですよ!」

宥「えーっとね……今日キミにやってもらうお仕事は」

宥「お洗濯だね」

京太郎「洗濯ですか」

宥「お洗濯のやり方とかは大丈夫かな?」

京太郎「流石にそれくらいは」

宥「あ、そうだよね……ごめんなさい」

宥「私はボイラー室で点検してるから、終わったら声かけてね」


―――――――


京太郎(昨日の薪割りと違って随分楽な仕事だな)パッパッ

京太郎(洗濯物を洗濯機に入れたら、後は干すだけだし) ゴウンゴウン


京太郎(よーし、終わったな。後は干して終わりと)

京太郎(枕カバーに布団のシーツ、仲居さんの着物に……下着)パパパ

京太郎「………」

京太郎「……デカいな」

京太郎「……」ゴクリ

京太郎(こんだけあるならちょっとぐらい貰ってもいいよな?)

京太郎「…」ソーッ

宥「京太郎くん、終わりそうかなぁ?」

京太郎「ぬわ!?」

宥「はぅ!?」ビクッ

京太郎「……な、なんだ宥さんですか」

京太郎(危ね、もう少しで下着で遊んでたところ見られるところだった)

宥「ご、ごめん驚かせちゃったかな?」

京太郎「いえいえ!ちょっとビックリしただけですよ」

京太郎「お洗濯キッチリ終わらせときました!」

宥「わぁ、やっぱり男の人の手があると助かるよぅ……ありがとう


玄(うわわわ……)

玄(こっそりおねーちゃんのブラ見に来ようと思ったら、とんでもない人がいたよ……)


―――――――――



京太郎「どうかしました玄さん?今日の仕事はもう終わったんじゃ」

玄「ああ、仕事の話で呼んだんじゃないんだ。ちょっと聞きたいことがあって」

京太郎「聞きたいこと?」

玄「キミのズボンの右ポケット」

京太郎「!!」ドキイッ

玄「…」ニッコリ

玄「もう言わなくても分かるよね」

京太郎「な、なんですか!?まさか俺を脅す気ですか!?」

玄「えっ」

京太郎「お願いします黙っててください!ほんの気の迷いだったんです!」

玄(あ、あれ?ただ同じおもち好きとして語り合おうとしただけなんだけどなぁ)

玄(でも何だか面白くなりそうだから黙ってよ)

京太郎「なんでもしますんでお願いします!俺、ここから追いだされたら穏乃に顔向けできません!」

玄「ん?今なんでもって言った?」

京太郎「はい!俺にできることならどんな雑用でもします!」

玄「ふーむ、なるほどなるほどなるほど」

玄「じゃあ私とも付き合ってください」

京太郎「……はい?」

玄「穏乃ちゃんと付き合いつつ憧ちゃんとも付き合ってるんなら、私と付き合ってもいいよね?」

京太郎「え、いやそれは……ちょっと」

玄「……」

玄「そうだよね、ダメだよね……」

玄「なら仕方ないからおねーちゃんに」

京太郎「分かった分かった!分かりましたよ分かりましたから!」

玄「素直でよろしい」ドヤ

京太郎「……」イラッ

京太郎(ああ、一時の気の迷いがこんな事になるなんて……ここ追いだされるよりはマシだけどさ)

玄「それじゃ、これからよろしくね京太郎くん!」

玄「あ、それと穏乃ちゃんには私から言っておくから安心してね!」

京太郎(付き合うってもう何がどう付き合うのか分からないな)


――――――――――――


京太郎(今日は仕事の手伝いは休みか……)

京太郎(せっかくの休日だしゆっくり休みたいところだけど)ピッ


「近くの山で追いかけっこしよー!」
「洋服見たいから付き合ってくれると嬉しいな」
「今日暇ならピクニックしに行こうよ!お弁当作ったんだ!」


京太郎(三者三様とはまさにこの事……)

京太郎(うーん、誰と休日を過ごそうかな)

京太郎「おーい、シズー!」

京太郎(まぁ、大本命の彼女なわけだしシズ選ぶのは当然だな)

穏乃「あ、おはよー京太郎!」

京太郎「待ったか?」

穏乃「ううん、そんなに」

穏乃「あ、でももう久しぶりに山でかけっこできると思ったらもうワクワクしちゃってさ!朝4時から走ってたよ」

京太郎(それでやや顔がしっとりしてるのか……)

穏乃「憧と小6以来だなー誰かと山でかけっこするなんて」

京太郎(憧が?あいつ山でかけっこなんてするイメージには見えないけどな)


穏乃「普通にやるだけじゃつまんないから、何か賭けようよ」

京太郎「え?」

穏乃「先にに山頂に着いた方が勝った方の言う事聞くって言うのはどう?」ヘヘ

京太郎「おいおい、俺は男だぞ?正気か?」

穏乃「その返事はOKってことでいいんだ?」

京太郎「……どれだけ自信があるかわかんねーけど、後悔しても遅いからな」

穏乃「あははは、どうしたどうした京太郎!遅いよー?」

京太郎(おいおいどこの忍者だあいつは……!?何で普通に木から木に乗り移ってんだよ!)


穏乃「私の勝ちだなー!」ブイ

京太郎「ぜぇ、ぜぇ……!げほっ、げほ!!」

京太郎「な、なんで汗の一つすら書いてないんだよ!人間かお前は!?」

穏乃「え?この程度じゃ汗はかかないよ普通」

穏乃「それよりも約束、覚えてるよねー?」ニヤニヤ

京太郎「うっ……」

穏乃「そうだなー、甘蜜屋で美味しい物奢ってもらうのもいいし、また山登りに付き合ってもらうのもいいけど……それはいつでもできるし」

穏乃「じゃあ……」

穏乃「ちゅーしてよ」モジモジ

京太郎「……」

穏乃「……」

京太郎「……」

穏乃「な、何か言えよ!恥ずかし……んむっ!?」


京太郎「ごめん、可愛くてつい不意打ちしたくなった」

穏乃「うう、いきなりすぎだよ……ちょっとぐらい心の準備させてくれったっていいじゃんかー!」カァァ

京太郎「ちゅーしてよって言ったのはお前だろ?」

京太郎「それとも見栄張ってただけなのか?そんな顔真っ赤にして」ニヤニヤ

穏乃「ああ恥ずかしーーーー!!もう先に降りてるからな!!」ダダダ

京太郎(可愛い)


――――――――――――


玄("今日は穏乃と遊びに行くからすいません"か)

玄(まぁ、穏乃ちゃんを優先するのは当たり前だよね……)

玄(お弁当作ってたんだけど……無駄になっちゃったな)


京太郎(今日は楽しかったな、穏乃のちょっと可愛い所も見れたし……)

京太郎(早く帰って飯食って風呂入って、今日の事思いだしながら寝よ)


主婦A「ねぇ、あの子朝からずっと噴水の前にいるわよね」ヒソヒソ

主婦B「あんなのおめかしばっちりしてるのに……彼氏さん待ってたんじゃないのかしら」

京太郎(……ん?)


憧「へっくしょい!!」

憧「……うう、さむい」ゴシゴシ


京太郎「……」

京太郎「……何で?」

京太郎(お、俺確かに憧に"今日は穏乃と遊び行くからゴメン"ってメール送ったよな?!)ピッ

京太郎(……あっ間違えて玄さんに2回送ってた)


憧(ちょっと風邪ひいちゃったかな)ズズッ

憧(京太郎が無視するってことは無いと思うから、ここでずっと待ってたら来てくれるよね……)

京太郎(とにかく、憧迎えに行って謝らないと……)スッ

京太郎(……いや待て)


京太郎(仮に憧を迎えに行ったところでなんて言えばいいんだ?"今まで穏乃と遊んでました"って?)

京太郎(ダメだダメだそんな……かといって適当な言い訳も考えつかないし)

京太郎「うーん」グヌヌ


憧「へぶしっ!!」ハックション

京太郎「今日は楽しかったな~早く帰って風呂入んなきゃ」ピョンピョン


ナンパ男A「ねぇ、おねーさんずっとここにいるけど逆ナン待ちって奴?」

憧「ふきゅっ!?」ビクッ

ナンパ男B「マジ?それなら俺達とお茶でもしない?」

憧「ちょ、ちょっとなによあんた達……?」

ナンパ男B「そんな計画しなくても大丈夫だって、パパっとお茶して終わりだからヘーキヘーキ」

憧「いや!離してよ!」

憧(助けて京太郎……!!)


―――――――――


京太郎「ただいまかえりましたー!」

宥「あっ、おかえりなさい京太郎くん」

宥「どう?穏乃ちゃんとのデート楽しめたかな?」

京太郎「はい、楽しかったですよ。ちょっと疲れましたけど」

宥「穏乃ちゃんは元気がいいからね……お疲れ様」

宥「台所に晩御飯ラップしておいてあるから、よかったら食べてね」

京太郎「すいません、晩御飯の準備までしてもらっちゃって……ありがたくいただきます!」



京太郎「食った食った」ゲプッ

京太郎「さーて、自分の食った分ぐらいは自分で洗いますかね」

京太郎「そんでゴミはゴミ箱へシュート………あ、外れた」ポイッ ガスッ

京太郎「俺の腕も堕ちたな。って昔の記憶ねーんだけどな」スッ ポイッ


京太郎「ん?なんだこれ……うお!?」ゴソゴソ

京太郎(な、なんで弁当箱が丸ごとゴミ箱に捨てられてんだ……?)

京太郎「うおお、すっげー美味そう……!」パカッ

京太郎(一体なんでこんな豪勢な弁当なのに捨てられてんだ?賞味期限切れとか?)

京太郎(でもスーパーの弁当とかならともかく、これは家庭調理用の弁当箱だし)

京太郎「………」グゥゥゥゥ

京太郎「……作り直したらまだ食べられるかも」


―――――――――――


京太郎「えーっと、片栗粉小さじ一杯に塩は少量………少量ってどんくらいだ?」


京太郎「火の温度は一定……一定ってなんだよ!?ちゃんと細かい数字かけよ!!」


京太郎「締めにお好みでトッピングを………ってトッピングのが材料費より高そうじゃねぇか……」


――――――――――


京太郎「で、できた……」

京太郎(弁当作りって思ったより大変だな……前の俺もこんな風に苦労したんだろうか?)



玄(はわわわわ……)

玄(きょ、京太郎くんが私の捨てたお弁当を漁って作り直してるなんて……)

玄(これはそういう事と思ってもいいのかな?)ドキドキ



京太郎「それじゃ……いただきます!」スッ

京太郎(オエッ……クソ不味)

京太郎(なんだこの弁当、絶望的じゃねーか……)

京太郎「あーあ、こんな(クソ不味い弁当食う)なら玄さんの手作り弁当食べてみたかったな」


バン!!


玄「おまかせあれ!」

京太郎「えっ」

玄「そこまで言ってもらえるなら、私がんばるよっ!」

京太郎「玄さん??」

玄「京太郎くんお腹減ってるんだよね?なら、今から私が作ってあげます!」ドヤッ

京太郎「はぁ、そりゃどうも……」

玄「絶対に美味しい料理作るから、少し待っててね!」


憧「ただいまー」

望「おかえりー、どうだったデートは?」

憧「……」

憧「すっごく楽しかった!」ニコッ

望「そっか、それはよかったね」

憧「うん!」

望「それにしても憧に彼氏とはねー」ニヤニヤ

望「どう?いい人そう?」


――――――――


憧「私がなにしたっていうのよ……!だいたい何よ京太郎もシズも!!」

ナンパ男A「……」

憧「ねぇ、聞いてんのあんたら?!」バン

ナンパ男B「あっ、はい」

ナンパ男A「聞いてましたよ!」

憧「……本当に聞いていましたか?」ボソッ

ナンパ男AB「……聞いてませんでした」


――――――――


憧「私、絶対諦めないから!!」

望「へ?」

憧「全部よ全部!!」

憧「もう相手がシズだろうが玄だろうが、負けないわよ!」

憧「見てろー!ここから逆転してやるから!」

望(んーひょっとして憧の彼氏って女の子なのかしら……?だとしたらたまげたわねぇ)






玄「はい、あーん」

京太郎「自分で食えますって……!」

玄「そんな遠慮しなくても大丈夫だよー?」ムフフ

玄「私たちは"恋人同士"なんだからね!」

京太郎(な、なんだどうしたんだ玄さん?あの弁当の一件でえらく積極的になってないか?)


憧「…」イラッ

穏乃「あ、あのぅ玄さん……」

玄「ん?どうしたのかな穏乃ちゃん」

穏乃「その、私も京太郎とお昼ご飯食べたいんですけど……」

穏乃「最近ずっと玄さん京太郎にお昼は付きっきりだし、私もそろそろ」

憧「そうよ玄。京太郎はあんただけの彼氏じゃないんだから」

玄「……」

憧「なにその目?普段弱気な顔してるくせに随分怖い顔するじゃない」

穏乃「ま、まぁまぁ落ち着いて憧!」


宥「ふぇぇ、なんだか怖いよぅ」ガクガク

灼「確かに生徒以外が入っちゃいけないって決まりは阿知賀にないけどさ……」

宥「灼ちゃんなんとかならない……?」

灼「……ハルちゃんに頼んでみる」


灼「ってことなんだけどさ、なんとかならないかなハルちゃん?」

晴絵「……」チラッ


玄「憧ちゃんは京太郎くんとは合わないと思うな」

憧「は?あんた喧嘩売ってんの?」

玄「ずっと待っててすっぽかされたような人を、京太郎くんが振り向くと思う?」

憧「残念ー!その後ちゃんと京太郎とおわびのデートしましたから」

憧「大体2年も来るはずの無かった人達を部室で待ち続けていた重い女に言われたくないわよ!」

穏乃「もー!喧嘩しないでってば!!」

穏乃「私二人が喧嘩してるところなんて見たくないよ!」

玄「……穏乃ちゃんは京太郎くんの一番の彼女だからそんな事が言えるんだよ」

穏乃「へ?」

憧「それは一里あるかもね……シズは京太郎の一番手だから」

穏乃「ちょ、ちょっと待ってよ!いきなりそんなこと言われてもワケわかんなくなるよ!」


晴絵「うん、あれはムリだ!私が学生時代に経験しなかった領域だし」

灼「そ、そう…」


――――――――――――


京太郎「連れ出してくれてありがとうございます……俺、多分あそこにいたら参っちゃってましたよ」

宥「ううん、いいの。私もあったかくなかったから……」

宥「もうちょっとほとぼりが冷めたら戻ろう?ね?」ニコッ

京太郎「……」ポー

京太郎(平成のマザーテレサだ……)

京太郎「今日はなんかすることありますか?」

宥「ごめんね……今日は電気屋さんが工事に来てる関係で旅館はお休みなんだ」

京太郎「え?そうなんですか」

宥「うん。だから今日は一日ゆっくり過ごしても大丈夫だよ」

宥「私は部屋に籠ってるから、何かあったら声をかけてね」



京太郎(休みか……っていってもずっと部屋でゴロゴロしてるのもアレだしな)

京太郎(誰か遊びに誘ってみるか)



憧「まさか、京太郎の方から誘ってくれるなんてねー」

京太郎「この前は一日すっぽかちまったからな」

憧「そのお礼ならもうしてもらったじゃん。気にしてないよ」

憧「それよりも、デートに誘ってもらったからには今日はしっかり楽しまなきゃね!」

京太郎「おう!」

憧「で、どこに連れてってくれるの?」

京太郎「……え?」

憧「え?じゃないわよ、誘ってくれたからにはどこに連れて行ってくれるか考えてるんでしょ?」

京太郎「……」ダラダラ

京太郎「あ、ああ……!そりゃそうだろ何言ってんだよ憧!」

憧「じゃあどこ?」

京太郎「えーっと……」

憧「奈良公園かー、まぁ京太郎にしてはいいチョイスかな」

京太郎「そ、そっか。気に入ってくれたならよかった」ホッ

憧「それにしても……こんな真っ昼間っていうのにカップルがたくさんいるわねぇ。鹿より多いんじゃないの?」

京太郎「そりゃここら辺で一番大きい公園だしな、景色も綺麗だし」

京太郎「まさにカップルには定番のスポットって言っても過言じゃねーよ」ドヤッ

憧「……じゃあさ京太郎」

京太郎「ん?」

憧「わ、私たちも周りから見たらイチャついてるカップルに見えてたりするのかな……?」

憧「こんなにくっついて歩いてるわけなんだし」

京太郎「……んー、そうだなぁ」

京太郎「んー」ジー

憧「……」ドキドキ

京太郎「いや、身長差ありすぎて兄貴と妹にしか見えないんじゃないか?」


憧「……」←149cm

京太郎「……」←182cm


憧「そんなこと言ったらシズとかどうなるのよ!?」

京太郎「シズはカップルにみえるとかそういうの気にしてないみたいだし、いいんじゃねーの?」

憧「うう……せめてあと10cm高かったら」

京太郎「やっぱ気にしてたのか」

憧「当たり前じゃない!雰囲気と身長が伴ってないってそれ一番言われてるから」

憧「あんた十分高いんだから5cmぐらいよこしなさいよ!」ガバッ

京太郎「やるか!!」

憧「あっ、ちょっと!逃げんなー!」



望「どんな彼氏か気になって来ちゃったけど、いい感じね。憧も懐いてるみたいだし」

晴絵「少しイチャイチャし過ぎじゃないのか?」イラッ


―――――――――――


憧「んーーー!遊んだ遊んだー!」

京太郎「ただ公園グルグルしてただけなのにな……すっげぇ疲れた」

憧「今日は楽しかった京太郎。また誘いなさいよ?」

京太郎「まぁ、暇ができたらな」

憧「えへへ……約束だからね?」

憧「それじゃあ、また明日!」

京太郎「おう、またな!」

京太郎「……」

京太郎(ん?待てよ……そういや"モテる男のマニュアル本 小鍛治プロ著"にはデート後のアフターが大事って書いてあったな)

京太郎(となりゃまだここで帰すわけには……)


京太郎「ち、ちょっと待ってくれ憧!」

憧「?」

京太郎「えーと、その……」

憧「なに?まだ何かあった?」

京太郎(何でもいい、食事でも夜までやってるウインドウショッピングでもなんでも…………それじゃあ)

京太郎「ホテル行かない?」ニッコリ

憧「……」

京太郎「……」

京太郎(あばばばばばばばぁぁぁーーーーーーーー!!)ガビーン

京太郎(何でもいいって言ったけどコレはダメだろ!?何言ってんだよ俺は)

京太郎(ああ、もう絶対嫌われ……)

憧「……いいよ」

京太郎「……え?」

憧「初めてで、怖いけど……京太郎とならいいよ」カァァ

京太郎「…………」


――――――――――――――――


京太郎(この後滅茶苦茶キモティキモティー事した)

京太郎(ただ一つ気がかりなのは……)

京太郎(やっぱり憧とキモティことをしたとシズと玄に言うべきだろうか……)

京太郎(……いや言うべきだな。隠しておいて後々面倒なことになったら嫌だし)

京太郎(じゃあまずは一緒に住んでる玄さんから)


玄「ふーむ、なるほどなるほどなるほど」

玄「つ、ついに憧ちゃんと一線を越えちゃったわけだね」

京太郎「……はい」

玄「憧ちゃんどうだった?」

京太郎「すごく……いい匂いしましたし、柔らかかったです」

玄「へー」

京太郎「と、とりあえずこれだけは話しておきたかったので……じゃあ俺はこれで」

ガシッ

京太郎「!?」ビクッ

玄「本命の穏乃ちゃんとじゃなく……」

玄「"憧ちゃん"と一線を越えちゃったってことは、私も越えちゃっていいってことなのかな?」

京太郎「え、それは……」

玄「それに、ね」

玄「私憧ちゃんよりおもち大きいんだよ?」

京太郎「……」ゴクッ

京太郎「確かに魅力的なお話しです……けど」

玄「?」

京太郎「どうせ姉妹なら宥さんも含めて、纏めて頂きたいと思ってるので……その時まで少し待ってくれませんか?」

玄「……」

玄「……キ、キミ意外と欲張りなんだね」

京太郎「そっちのが面白そうですし」

玄「うーーん……私は全然いいんだけど、おねーちゃんはなんて言うか分かんないよ?」

京太郎「大丈夫です。それは俺が何とかします」

京太郎「夢の"姉妹丼"ってやつのためなら火の中水の中でもいきますよ!!」


玄(京太郎くんって真面目な性格なのかなって思ったけど、そうでもないみたいだね……)


――――――――――――


京太郎「憧とあんなことやこんなこと、ヤりました」

穏乃「ちょっとはオブラートに包んでくれよ……」

穏乃「……まぁ一応憧とも恋人同士だからいいけどさ」

京太郎「いいのか?」

穏乃「うん、憧なら大丈夫そうだしね。最近はちょっと怖いけど」

京太郎「そっか……」

京太郎「ところでシズはヤらせてくれないんですか?」

穏乃「ふえっ!!?」



―――――――――
――――――――


京太郎(最近憧と玄さん喧嘩しなくなって平和でいいなー。こんな日がずっと続いてくれればいいのに)

穏乃「京太郎……」

京太郎「ん?お、どうした穏乃?」

穏乃「ちょっと話があるんだけど、いいかな?」

京太郎「どうしたそんな暗い顔して?お前に似合わねーぞ、ほら笑え笑え!」

穏乃「……ここじゃなんだから、ちょっとこっち来て」



京太郎「えええええええええええ!!!」

穏乃「しーっ!声が大きいって!」

京太郎「ま、まさか……あの時の一発がアタったのか!?」

穏乃「そうとしか考えられないだろぉ……ど、どうしよう」アタフタ

穏乃「まさか……全国出場停止とかになっちゃうのかなぁ?」

京太郎「い、いやそれはまだ日程的に大丈夫としてだな」

京太郎「問題は周りの人にどう説明すればいいかだ……火遊びで怒られたじゃ済まないぞ」

京太郎「……手段としては」


京太郎「今の段階じゃ俺には何もできない……とりあえず保留ってことじゃダメか?」

穏乃「保留って、時間が経つにつれて状況が悪くなってっちゃうよそれじゃ!」

京太郎「その時はその時で考えようぜ。今すぐに決断を出す必要は無いし」

京太郎「って言っても一応何人かに報告だけはしとくけどな……まだ誰にも言ってないんだろ?」

穏乃「言えるわけないだろ!母さんと父さんにさえ言ってないよ!」

京太郎「流石に二人だけの秘密ってことにするのはまずいから、とりあえず信用できる人達に相談しよう」

穏乃「……誰に?」



京太郎「……ってことなんですが」ガクブル

穏乃「……」ガクブル

晴絵「ふむふむ、なるほどね」

晴絵「とりあえずお前ら一発ずつ叩かせろ」


バチコン バチコン ベイベー バチコーーン!!


晴絵「全くお前たちは……!自分が高校生だって自覚はあるのか!?」

京太郎「すいません……」ヒリヒリ

穏乃「いたい……」ヒリヒリ

晴絵「はぁ…できちゃったものは仕方ないけど、その先はどう考えてんだ?産むのか?」

穏乃「い、一応そのつもりにしてます」

晴絵「簡単に言ってるけど産むんなら学校は辞めなきゃいけないし子育てもしないといけないってこと分かってるか?」

京太郎「その覚悟は既にあります。俺は自分の全力をかけて穏乃を支えていくつもりです」

穏乃「私も……学校を辞めてでも産みたいなって思ってます」

晴絵「……私がお前らの頃は恋もせず麻雀に打ち込んでたんだけどねぇ、時代が変わったのか」

晴絵「もう私からは何も言わないよ。お前たちの覚悟は確かに聞いたからね」

穏乃「赤土先生……」

晴絵「そんで須賀って言ったっけ……?あんた、シズを頼んだよ」

京太郎「おまかせあれ!!」

京太郎(でも姉妹丼はしたいから、それは別腹だよな)

晴絵「その返事はちょっと不安だけど……頼んだからね?」


―――――――――


憧「はぁぁぁぁ!?あ、あんたいつの間にシズに手を……っていうか妊娠って」カァァ

憧「ど……どうする気なのよ二人とも?まさか産むなんて言わないわよね?」

穏乃「私は……産みたいと思ってるよ」

憧「へ?」

穏乃「せっかく京太郎との間にできた子どもなんだよ……?」サスサス

穏乃「私は産めたら嬉しいなって」

憧「……はぁ」

憧「ホントにシズは計算ができなんだから……でも気持ちは分かるのよね」

憧「ね、京太郎?一昨日は激しかったし」チラッ

京太郎「!」ビクッ

憧「あのさ京太郎……私たちもそういう関係よね?」

京太郎「はい」

憧「シズに子どもができたんなら、私にも………ダメ?」

穏乃「な、なに言ってんだよ憧!そんなのダメに……」

憧「シズは黙っててよ。私は京太郎に聞いてるんだから」

憧「それで、どうなの京太郎?」

京太郎「ちょっと待て憧!なんか勘違いしてるみたいだから言わせてくれ!」

憧「勘違い?」

京太郎「俺だって好きで穏乃を妊娠させたわけじゃなくて、ホント偶然……」

憧「そんなの言い訳にならないでしょ?避妊しなかった時点で説得力ゼロよ」

京太郎「うっ……」

穏乃「うう…」

憧「それに秘密を共有するなら二人より三人の方が、何かと効率いいと思わない?」

京太郎「………」

京太郎(高校の記憶が無いからよく分かんねーけど、今の高校生ってこんなに乱れてんのかよ……)

京太郎「……憧」

京太郎「そんなこと女の子が言うもんじゃないぞ」ポン

憧「……」

京太郎「もっと自分を大切にしろよ。親御さんが悲しむぞ」

京太郎「まだ高校生なんだし焦る必要は無い、未来の結婚相手が見つかるまでそういうのは……」

憧「……はぁ?何言ってんのよ」

憧「もう既にあんたに抱かれてるのに未来の結婚相手も何もないじゃない!」

穏乃「ふぇっ!?そ、そうなの?」

京太郎「あっ、はい」

憧「しかも誘ってきたのは京太郎だからね?」

憧「私がもう無理って言っても、猿みたいに朝まで盛ってたんだから」

穏乃「ふーん……」

京太郎「……」ダラダラ

憧「……もうこの際だからハッキリさせときたいんだけど」

憧「あんたがこれから先、一生付き合っていこうって考えてるのは誰なの?」

京太郎「え?いや、それは本命のシズ……」

憧「本当にそうなの?なら私も諦めがつくけど」

憧「本当の本当なのね?」

京太郎「……」

京太郎「………」ウーン

穏乃「き、京太郎……黙らないでよ…不安になるじゃん」

京太郎(俺が本当に将来を歩んでいきたい人か……)

京太郎「穏乃……」

穏乃「!」パァ

京太郎「……じゃなくて」

穏乃「へ?」

京太郎「憧」

憧「…」フフン

京太郎「でもない」

憧「はぁ!?」

京太郎「俺が本当に幸せにしたいと思ってるのは……宥さんだよ」

穏乃 憧「え?」

穏乃 憧「えええええええええ!?」

憧「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!なんでそこで宥姉が出てくるのよ!」

穏乃「そうだよ!ここは私か憧を選ぶ所じゃん!」

穏乃「それに京太郎、私のことずっと支えてくれるって言ったじゃん!」

京太郎「俺さ、思ったんだ」

京太郎「身体の弱い宥さんの手助けをするたびに"俺って人の世話するために生まれてきたんだなー"って」

京太郎「だから、これから先あの人を支えて生きていきたいなって考えるようになった」

憧「……それ、宥姉はなんて言ってるの?」

京太郎「まだ打ち明けてない。これから打ち明けるつもりだ」

穏乃「そ、そっか……じゃあちょっと安心かな」

憧「うん。もし宥姉にフラれたら、まだチャンスはあるってことだしね」

穏乃「それもだけど……」

穏乃「……京太郎、私はお前の事信じてるよ」


――――――――
―――――――


宥「あったかーい」ヌクヌク

京太郎「宥さん、みかん剝けましたよ」

宥「ありがとう京太郎くん。いただきまーす……」

京太郎「宥さん」

宥「んっ?」モグモグ

京太郎「俺と結婚してくれませんか?」

宥「!」ゴクン

宥「えっ?……え?えぇぇぇぇ!?」

京太郎「俺、宥さんと過ごす度に将来ずっとあなたの横にいれたらいいなってずっと思ってました」

京太郎「だから嫁さんにするなら宥さんがいいんです!」

宥「だ、だめだよぅ!京太郎くんには穏乃ちゃんが……」

京太郎「穏乃は確かに恋人ですが、結婚するってなったらまた話は違ってきますので」

京太郎「俺じゃダメでしょうか?」

宥「落ち着いて……ね?いったん落ち着こう京太郎くん」アセアセ

京太郎「落ち着いてなんかいられませんよ!」ガバッ

宥「きゃっ!」

京太郎「こうして抱きしめてるだけでも冷たいあなたを、俺は将来支えていきたいんです」

宥「京太郎くん……」

宥(京太郎くんの体温、あったかいなぁ)ホカホカ



ピキーン


京太郎「!?」ハッ

宥「わ、私でよければ……よろしくお願いします」カァァ

京太郎「………」

宥「これからすっごく迷惑かけるかもしれないけど……それでもいいかなぁ?」

京太郎「は、はい」

宥「ふふっ……すごく嬉しい」

宥「ここで一緒に、ずっと一緒に暮らそうね京太郎くん」

京太郎(思い出した……思い出しちまった)

京太郎(家に、長野に帰らなきゃ……一刻も早く!

京太郎(母さん父さん、麻雀部のみんな。何日も家を空けてきっと心配されてるはずだ……)

京太郎(……け、けど)


――――――――


穏乃「京太郎……宥さんと結婚することになったって………ほ、本当なの?」

憧「嘘でしょ?なんで今まで関係なかった宥姉が介入してくるのよ」

玄「おねーちゃん……なんで、どうしておねーちゃんなの?」

晴絵「……」ハァ

灼「……」


宥「み、みんな怖いよぅ」ギュッ

京太郎(記憶を無くしてる間に起こったこの後始末、どうつけりゃいいんだ……)ハワワ

京太郎(しかも人の娘さんを妊娠までさせてしまったし……素直に帰れそうにないな)

京太郎(今記憶が戻ったって打ち明けても家まで押しかけてこられるのがオチだし、なんとか打開策は……!)



京太郎(とりあえず……こうなるに至った原因を作ったあのデリ嬢に復讐して考えるか)


晴絵「お前行ったよな?シズを支えて生きるって」

灼「妊娠までさせといてそれはちょっと酷いよ……」

穏乃「ちょ、ちょっと待ってください!私も避妊しなかったからで、京太郎だけが悪いっていうのは違いますよ!」

玄「おねーちゃん、私と京太郎くんの恋応援しててくれたよね……?なのになんでこんな……あんまりだよ」

憧「宥姉なら断ってくれるって信じてたんだけどなー」

宥「あうう……」


京太郎「あ、すいませーん。ちょっと便所行ってきます」


―――――――――
――――――――


京太郎「復讐できるならなんでもいい……手段はどうしようか」ブツブツ



京太郎(ここは奈良だから……兵庫まではそんなに遠くないな)

京太郎(あいつのおかげで俺は死にかけたんだ……絶対許さねぇぞ)


――――――――
―――――――
――――――


健夜(今日のお客さん、優しい人でよかったな……)

健夜(この前みたいな怖い人だったらどうしようってずっと考えてたけど、ああいうのが稀なのかな?)

健夜(とりあえず今の調子で早く男の人に慣れなきゃね、お母さん安心させたいし) トントン

健夜「……?」クルッ

京太郎「よっ、久しぶり!」

健夜「……」

健夜「ひっ!?」



京太郎「流石に穏乃や憧ほどじゃないですけど、そこそこ気持ちいいですね」パンパンパン

健夜「がっ……はっ!あがががっ!!」ジタバタ

京太郎「ったくよ、あんたのせいでえらい目にあったぜ」

京太郎「俺の平凡な日常を壊してくれちゃってさ、反省してるんですか?」ギュゥゥゥゥ

健夜「ゆ、ゆるじで……!ごろざないでっ!!」

京太郎「人を殺そうとしといて自分は助かろうって思ってるんですか?」

健夜「な、なんの話で!?」

京太郎「は?」ブチッ

京太郎「怒らせたなぁ、俺の事な?本気で怒らせたなぁ?」

健夜「ごっ、ごべんなざいごべんなざい!!ごべんなざいいい!!」

健夜「ううっ……うっ」グスッ

京太郎「この写真ネット上にばら撒かれたく無かったら……分かってますよね"小鍛治プロ"?」

京太郎「あなただけじゃなく、あなたのお母さんやこのプリクラ一緒に撮ってるアナウンサーにも迷惑がかかりますよ」

健夜「……」

健夜「……分かりました」



京太郎(はーっ、やっとスッキリした…これで思い残すことは何もねーな)

京太郎(阿知賀に戻るか……それとも長野に帰るか……それとも)


京太郎「ただいま帰りましたー」ガラッ

宥「いらっしゃ……あっ!」

玄「京太郎くん!?ど、どこに行ってたの?おトイレに行って行方不明になってたから、みんな心配してたんだよ!?」

京太郎「ちょっとケジメをつけに」

玄「ケ……ケジメ?」

宥「本当によかったぁ……ひょっとしたらもと居た場所に帰っちゃったんじゃないかって、すっごく心配だったんだ」

玄「うん。まだ解決してない問題が山積みだもんね」

京太郎「ああ、そのことなんですが……」

玄「?」

京太郎「とりあえず、今までの過去全部を捨てて俺はこの松実家に骨を埋めようって思います」

京太郎「"宥"さんと一緒に」

宥「……」

玄「っ」ギリッ

京太郎「いいですか?宥さん」

宥「……うん、私もそうなったらいいなって、ずっと思ってたんだ」

宥「玄ちゃん……ゴメンね」

玄「な、なんで謝るのかなーおねーちゃん?別にいいよ私は気にしてないから!」

玄「でもでも、そのことはちゃんと穏乃ちゃんと憧ちゃんにも伝えておかないとね……」

京太郎「そうだな。その二人にも散々迷惑かけたし」

玄「……じゃあちょっと、私みんなに京太郎くんが帰ってきたってこと伝えてくるね」



――――――――
―――――――


宥「お疲れ様京太郎くん。あ……仕事中は支配人さんって言った方がいいのかなぁ?」

京太郎「まだ支配人じゃねーよ。それにまだお義父さんには適わないって」

宥「でもお父さん"次の支配人は京太郎だ"って言ってたから……」

京太郎「そんな気が早い、まだ子どもだって生まれてないのに」

宥「でもいつかは欲しいなぁ、子ども…………あ、そういえば」

京太郎「んん?」

宥「穏乃ちゃんもうすぐだって」

京太郎「……そっか」

宥「行く?」

京太郎「おいおい、今更どんな顔して行けばいいんだよ」ハハ

宥「そ、それもそうだね……ごめん」

京太郎「憧は今なにしてんだ?」

宥「憧ちゃんの詳しいことは分からないけど……この前桜子ちゃんが街で知らない人と歩いているのを見たって」

京太郎「ってことはアイツにも彼氏ができたってことか。そりゃめでたいな」

宥「うん……」

京太郎「じゃあ後は……玄さんが戻ってくるのを待つだけだな」

宥「そうだね、玄ちゃんがいつでもここに戻ってきてもいいように……帰る場所を作っててあげなきゃ」




漁夫の利エンド