京太郎「背景に溶け込んでかなり立ったが潮時だ」

京太郎「このままこの立ち位置に居るだけじゃ世界から消されちまうな」

京太郎「最近いつにもまして扱いが悪くなってきた気がするし」

<いいことあるぞー♪

京太郎「いいことね……」

京太郎「……あるといいなぁ」

京太郎「朝礼台って案外低いのな」

京太郎「小学校の頃はもっとでかく感じたもんだけど……

咲「なに言ってるの京ちゃん?」

京太郎「おっ!いいこと思いついた!」

咲「聞いてないし……どうせまた変な事でしょ」


京太郎「これさ、一回やってみたかったんだよな」

咲「朝礼台なんかに立っちゃって、校長先生の真似?」

京太郎「違う違う。まぁ見てれば咲も分かるって」

咲「?」

京太郎「よーし……」グッ


京太郎「いっけぇぇぇぇぇぇ!!」バッ



―――――――
――――――


京太郎(ふふん、決まったな)スタッ

京太郎「どうよ咲!俺の時か……」

京太郎「……あれ?」

京太郎「咲ー!どこいったー!?」キョロキョロ

京太郎「おっかしいな、つい一秒前までは横にいたはずなのに」


ピンザアブ人「……」

京太郎「あ、すいませーん!」

ピンザアブ人「……」

京太郎「ついさっきまでここに女の子いたと思うんですけど、どこ行ったか知りませんか?」

ピンザアブ人「……」

京太郎「あのー…」

京太郎(ん?待てよ……コイツどことなく咲に似てるような)

ピンザアブ人「~~~~~」サクッ

京太郎「……」

京太郎「えっ?」ゴパッ

京太郎「え、え、ちょ!?」ブシャアアア

ピンザアブ人「~~~~!!!」

ピンザアブ人2「!!!」タッタッ

ピンザアブ人3「~~~~!!~~!!」タタタタ

京太郎(あ、あれ?なんだこれなんだこれなんだこれ……血がとまんねぇ)

京太郎(頭いてぇしさみぃし何か胸の奥ガンガンするし………)

京太郎(ていうかなんで俺こんな目にあってんだ?)

京太郎(分からない分からない……意味が分からない)

ピンザアブ人「~~~~!」ニヤリ

京太郎(人生ってホントに何があるか分かんねーよなぁ)  ゴリゴリゴリ

京太郎(流石に食われて死ぬなんて思いもしなかったけどさ)  ゴキヤッ

京太郎(でもこんな目に会うんなら………)   ガリガリッ

京太郎(清澄で雑用してたほうがよっぽどよかったぜ)  ベキャッ



―――――――
――――――


咲「………」

咲「…ん?」ゴシゴシ

咲「……」

咲「!」ハッ



咲「京ちゃんが消えた!?」




カン