TV『――――――ちょっと眠ってろお前』

TV『グァァッ!!』


京太郎「背景に溶け込んでかなり立ったが潮時だ」

京太郎「このままこの立ち位置に居るだけじゃ世界から消されちまうな」

京太郎「て言うか、誰だよ朝っぱらからこんな物騒なチャンネルつけてる奴」ピッ

京太郎「さーて、切り替えてくぞ」

京太郎「どうか神様!今日も一日いいことありますよーに!」

京太郎「とりあえず当面の目標は………今度ある男子個人戦!」

京太郎「そこで活躍して和に認めてもらう!これだ!」


京太郎「と、いうことで弟子にしてください!!」

聡「帰れ」

京太郎「そんなこと言わず、どうかお願いしますよお代官様ー!」

聡「だーっ!ひっつくな鬱陶しい!……ったく、いきなり変な奴が来たと思ったら」

聡「大体お前はどこのどいつだ?突拍子もねーこと言う前にまず名乗るのが礼儀ってモンだろ」

京太郎「俺は清澄高校の須賀京太郎って言います!」

聡「清澄だぁ?あんま聞いたことねー高校だな」

京太郎「まぁ、麻雀部は今年から本格的に活動し始めたばっかりですからね」

聡「ほう?お前さん麻雀部か?」

京太郎「はい!」

京太郎(って言ってもやることは雑用ばっかだけどな!)

聡「なるほどな……んじゃ、こうするか」

京太郎「ん?」

聡「お前、俺の孫娘と一局打ってみろ」

聡「それで勝てたら特例中の特例で弟子にしてやらんこともねぇ」

京太郎「孫娘さん?麻雀打てるんですか?」

聡「ああ。数絵は強いぞ?」

聡「多分ひょっとしたら長野じゃ敵はいねーんじゃねーか?」

京太郎「………」ゴクッ

聡「それでもやるか?」

京太郎「……」

京太郎「お願いします!」

数絵「……」トン

京太郎「えーと……じゃあこれ」トン

数絵「………」

数絵(打ち筋も捨て牌も素人同然……なんでお爺様はこんな人と打たせるの?)

数絵(これじゃあ南場に行く前に片がつきそう……)

京太郎「カン」

数絵(出た。素人特有の意味の無い槓……)

京太郎「……おっ?ラッキー!もういっちょ、カン!」

数絵(加カン!?)

京太郎「きたきたきたーーー!カン!!」

聡(三槓子……!?いや、これは……)

京太郎「うおおおおお!カン!!!カンカンカーン!!」

数絵(う、うそ………まさか)

京太郎「ツモ!!四槓子、四暗刻!……んでドラは………10?」



聡「俺はプロやって長いが、四槓子四暗刻のドラ爆なんぞ初めてみたわ……」

京太郎「はは……ちょっと知り合いが槓好きな奴なんで、真似したらなんかできました」

聡「正直言ってなぁ、お前俺の弟子にならなくても十分強いと思うぞ」

京太郎「あんなの偶然、たまたまですよ!」

聡「偶然にしちゃあ出来過ぎだ………お前なら小鍛治のガキにも勝てるかもな」ハハ

京太郎「小鍛治?……ってそれより、弟子入りの件はどうなったんですか?!」

聡「ん?ああ……」

聡「辛くて後悔しても遅いからな?」

京太郎「覚悟はできています……!」

聡「……よし、その言葉を忘れるなよ?」

京太郎「はい!」


京太郎(そしてその日から俺の想像を絶する特訓が始まった……)

京太郎(10万局打ち終わるまで寝れなかったり牌と心を通わせたり……)

京太郎(それはもう辛い特訓だった)


―――――――
――――――
―――――


聡「二人とも、この日までよく俺の特訓に耐え忍んだ」

聡「お前たちは俺の誇りだ」

数絵「ありがとうございます、お爺様」

聡「数絵、全国への切符を絶対に掴んで来い」

数絵「はい」

聡「京太郎、お前にいう事は何もねぇ」

聡「いつも通りに楽しんで来い」

京太郎「うっす!」



数絵「京太郎」

京太郎「ん?」

数絵「1回戦敗けとか無様な真似をさらしたら……許さないから」

京太郎「おいおい、誰に言ってんだ?」

京太郎「お前こそ自分の心配しろよ数絵」

数絵「ふふっ……そうね」










アナウンサー『清澄須賀、最後は海底で三人同時に飛ばし決着』

アナウンサー『+450で堂々の長野一位通過です』


京太郎「楽勝楽勝ー!!」

京太郎「これで俺も堂々と清澄の一員として全国に行けますね部長!」

久「………」

優希「………」

咲「………」

まこ「お、おおう……」

和「凄いじゃないですか須賀くん!見直しました!」

京太郎「だろー?」ニヘヘ

優希(おかしいじぇ…あんなに犬が強いわけない)

久(あれホントに須賀くんなの……?別人がすり替わってるんじゃない?)

咲(ど、どうなんでしょう?)

京太郎「あ!そういえば女子の方ってどうなったんですか?!」

久「ん?ああ、それならほら」ピラッ

京太郎「ええと……1位が風越の福路さんで、2位が和………3位が………」

久「安心しなさい。和も咲も全国出場決めたから」

京太郎「……!」

和「どうかしました須賀くん?」

京太郎「あ、いや……何も」

まこ「しっかしウチから3人も全国個人戦に出るモンがいるとはのう」

まこ「しょーがないけぇ、今日はウチで奢っちゃるわ」  ウオオオ ヤッタジェー! ワオ!マコ フトッパラ!

京太郎「………」

まこ「お前さんもくるじゃろ京太郎?」

京太郎「そうですね、いきましょう!!」

久「よーし、それじゃあまこの家にしゅっぱーつ!」

優希「おー!!」

咲「お、おー!」

まこ「小学生か」

京太郎「たらふく食うぞー!」


数絵「ごめんなさい……お爺様の顔に泥を塗ってしまって」

聡「そう気にするこたぁねぇよ。アレはちょっと相手が悪かった」

聡「まだ来年がある、今年で終わりじゃねぇ」

数絵「ですが……」

聡「それによ、まだアイツが残ってんじゃねぇか」

数絵「……」

聡「まだアイツは死んじゃいねぇ、むしろこれからだ」

聡「お前と同じ釜の飯を食った仲間が全国へ行ったんだからよ。もっと胸を張れ」

数絵「……はい!」


――――――――
―――――


咲「じゃあ、私たちの会場こっちだから」

和「須賀くんも頑張ってくださいね」

京太郎「おう!また後でな」

和「あっ、ちなみに言い忘れてましたが……」

京太郎「?」

和「男子の優勝者と女子の優勝者はトッププロを二人交えてのエキシビジョンがあるそうですよ」

京太郎「へぇー」

和「その舞台で会えるように、頑張りましょうね」ニコッ


京太郎(女子の優勝者と打てるのか……)

京太郎(男子より女子のがレベル高いって言われてるしなぁ……打ってみたい)

京太郎(っと、まずは目の前の試合に集中集中)

男子R「あンた背中が煤けてるぜ」

男子K「置物の方が、マシだったな」

男子A「きたぜ。ぬるりと………」


京太郎(おい誰だ女子の方がレベル高いとか言ったのは)

京太郎(なんなんだこの卓は……化け物ばっかじゃねぇかよ)カタカタ


―――――――――――


京太郎「はぁ……準優勝かよ」

京太郎「優勝したかったのにな………くっそ」

京太郎(師匠にはなんて言おうかな……全国行く前"優勝なんて楽勝ですよ"とか言った手前負けましたなんて言えねーし)

京太郎「どうしたものか……」ンー

?「……」トントン

京太郎「ん?」

数絵「お疲れ様」

京太郎「かっ……数絵!?どうして東京にいんだよ?」

数絵「どうしてって、京太郎の応援に決まってるでしょ。お爺様も来てる」

京太郎「げっ……じゃあ師匠に全部見られてたってことか……」

数絵「そんな顔しなくても心配いらない」

数絵「お爺様も褒めてたよ。"よくやった"って」

京太郎「そうか?でも優勝できなかったし」

数絵「私なんて県予選敗退だ。それに比べたら全然すごい」

京太郎「でもなぁー……あそこでイーピン切って無かったら優勝できたのかも」ウジウジ

数絵「……来年」

京太郎「へ?」

数絵「来年は一緒に全国に行こう」

数絵「そして二人とも優勝して、エキシビジョンで打つ!」

京太郎「……」

数絵「違う?」

京太郎「……ああ」

京太郎「来年は二人で来よう。そんで南浦プロの弟子二人そろって優勝だ!!」

数絵「うん!」



――――――――
―――――――


恒子『今年もこのエキシビジョンの時間がやってきたーーー!!』

恒子『男子の1位と女子の1位!そして指名された南浦プロと我らがすこやんの頂上対決が、今!はじまるっっ!!』

咏『男子は去年よりレベル高そうだねー、女子は知らんけど』


聡「ったく、ようやくここまで来たかよ」

聡「和が弟子ながら遅かったじゃねーか」

数絵「すいませんお爺様。勝手ながらご指名させていただきました」

京太郎「うっす!」

聡「おーおー、いつの間に手なんか繋ぐ間柄になったのやら……」

健夜「若い子はいいですね……私、もうホントに三十に突入しそうなのに彼氏のかの字すら……」

京太郎「小鍛治プロ、本日はよろしくお願いします!」

健夜「あ、うん!よろしくね!」

数絵「お手柔らかにお願いします」ペコリ

健夜「あはは……多分手加減はできないと思うけどね」ボソッ

聡「言っとくけど家で打ったみてーに手加減しねーぞ?本気で打ってこい」

京太郎 数絵「はい!」


聡「ツモ」

京太郎 数絵「!?」

聡「6000オールだ」


恒子『試合終了ーーーーー!!最後は南浦プロの親っ跳で弟子二人を一蹴!』

恒子『そしてどうしたすこやん!アラフォーグランドマスターも年には勝てないのか!?』

健夜「アラサーだよ!?それにスポーツと違って年齢はあんまり関係ないからね!?」


聡「流石は俺の愛弟子………と褒めてやりたいところだが、お前たちもまだまだだな」

数絵「さ、流石はお爺様……完敗です」

京太郎「参りました。あそこで槍槓なんて予想できませんよ」

聡「いやはや残念だったなぁ京太郎。お前が俺を超えれば数絵を任せられると思ったんだが」

数絵「なっ……!」

京太郎「へ?」

聡「まだまだだな。あと5年は早い」

数絵「お、お爺様!」カァァ

聡「はっはっ、そう照れるな照れるな」

聡「それにしてもホントに成長したな二人とも。今から曾孫が楽しみってモンだ」

京太郎「……」

数絵「……」

聡「まーさかとは思うが京太郎、まだ数絵には手を出してないよな?」

京太郎「………」ダラダラ

聡「………」





健夜「曾孫……ね。私は自分の子供の顔さえ見れるか分かんないけど」




カン