京太郎「背景に溶け込んでかなり立ったが潮時だ」

京太郎「このままこの立ち位置に居るだけじゃ世界から消されちまうな」

京太郎「いつの間にかいなくなってました、なんてシャレにならねぇし……なんとか目立たないと」

京太郎「んじゃ、何から始めますかね」

京太郎「部長、折り入って話があります」

久「んー?どうしたのそんな改まちゃって?」

京太郎「実はですね……」

久「なーに?」

京太郎「俺……俺、ハンドボールをも一回やり直そうと思って、それで……ええと」

久「……」

京太郎「麻雀部を…」

久「退部したいってワケか」

京太郎「っ!」

久「うーん、それは困るわねぇ。須賀くんは唯一の男手だし」

京太郎「俺が抜けることでみんなに迷惑がかかることは分かってます。けど」

久「けど?」

京太郎「俺、やっぱり麻雀部員なんだし雑用としてじゃなく……麻雀部員として必要とされたかったです」

京太郎「だから俺も咲が"麻雀部"で必要にされてるように、自分が本当に必要とされる場所へ行きたいんです」

久「……そっか。なら」

久「新しい道を頑張りなさい」

京太郎「……はい、お世話になりました」

久「退部届とかはこっちで出しとくわ。みんなにも私から伝えてとく………ところで」

京太郎「?」

久「次は何の部活に入るの?」

京太郎「ああ、それはハンドボールを考えてます」

久「ハンドボール……ハンドボール?」

久「って、ハンドボール部私が1年の頃に廃部になってた気がするんだけど」

京太郎「………」

久「転校でもする気?」

京太郎「………は」

久「まぁ、別に止めはしないけどね」

京太郎「え?」

久「ウチを辞めるんだから、活躍しないと許さないわよ」



京太郎「以外とすっぱり辞めれたな」

京太郎「みんなにちょっと悪いことした気もするけど……俺もやっぱり自分に向いてることしなきゃ」

京太郎「あー、やっと着いたぁぁ………!」

京太郎「新幹線に飛行機に新幹線使って来なきゃいけないって相当キツイな鹿児島……もう疲れで死にそう」

京太郎「新居についたらゆっくり……って今荷物おいたら、すぐに永水行かなきゃなんねーんだよな……はぁ」


―――――――


京太郎(随分広い学校だな。パッと見ただけでかなり金持ち学校ってのが分かるぞ)

京太郎(えーと、職員室は……あ、ちょうどいいや。そこの人に聞こう)

京太郎「すいませーん!」

?「?」


巴「?」

京太郎「あの、職員室ってどこかご存じでしょうか?」

巴「職員室ですか?はい、知っていますよ。よろしければ案内しましょうか?」

京太郎「本当に?是非ともお願いします!」

巴「分かりました。じゃあ、ついてきてください」


巴「……」テクテク

京太郎「……」テクテク

巴(転校生かな?それにしても……)チラッ

京太郎(この人いい尻してんなー)ポケー

巴(だらしない顔してるなぁ……)

京太郎(にへへへ)ダラー

巴「つ、着きましたよ。ここです」

京太郎「お?」

巴「それじゃ、私はこれで!」ソソクサ

京太郎「あっ……ちょっ!」

京太郎「……」

京太郎(お礼も言う間もなく行っちまったけど、何か急いでたのか?なら悪いことしたな……)


――――――――
―――――――
――――――


顧問「今日は須賀のデビュー戦だ。頑張って来いよ!」

京太郎「はい!!」

顧問「全校生徒で応援してるからな。しくったら大恥だぞ」

京太郎「うへぇ……」

男子A「ってことは普段会えない麻雀部の人たちもいるってことか」ボソッ

男子B「マジかよ!!神代さんにいいトコ見せるチャンスじゃねーか!」

京太郎「?」

『須賀選手、100得点目ー!!歴代得点スコアを大きく上回りましたー!!』

トメロー!! アノキンパツトメロー!!   ダメデス!! トマリマセェェェン!!!

京太郎「なんだこりゃ……まだ長野の方が遣り甲斐があったぞ」

敵A「こ、このヤロ!!」ブンッ

京太郎「おっと」スカッ

敵A「!?」

京太郎「お前じゃ相手にもなんねーよ」

京太郎「俺に勝てるのは俺だけだ」

味方A「あいつ……遊んでやがる」

味方B「もうなんか相手が可哀想な気がしてきたよ俺……」


小蒔「……」


小蒔「Zzz……」

霞「あらあら、小蒔ちゃん寝ちゃってるわ。せっかく凄い試合なのに」

初美「すごいですねー!ここまで虐殺されてる試合見たの初めてですよー」

巴「いくらなんでもやりすぎじゃないですか……?あの人完全にスタンドプレーに走ってますよ」

春「………」ポリポリ


―――――――――


『試合終了ーーー!!まさに圧勝!114-19で永水の勝利ーーーー!!』

京太郎「………」

京太郎(面白くなかった……)

男子A「………」

男子B「………」

京太郎(最悪だこの空気)

京太郎(次からはもうちょっと力を抑えてやろう)

トントン

京太郎「ん?」クルッ

咲「来ちゃった♪」エヘヘ

京太郎「おー咲。どうだったよ俺の試合」

咲「ほんと、びっくりしたよ!京ちゃん昔からハンドボールだけは得意だったもんね」

京太郎「だろ?でもよ………ん?」」

咲「?」

京太郎「………」

咲「どうしたの京ちゃん?」

京太郎「……」

京太郎「ハァァァァァァァァ!!?」ハァァァァァァ!?

咲「わわっ!」

京太郎「お、おまっ!?え?」

咲「びっくりしたー……もう!急におっきな声出さないでよ!」

京太郎「なんでお前がここにいるんだよ!!咲!」

咲「え?なんでって、京ちゃんを追いかけてきたんだけど」

京太郎「追いかけてくる理由は!?ホワイ!?」

咲「私、ずっと京ちゃんのファンだったから」

京太郎「……ファン?」

咲「うん。中学の時ね、ずっとおっかけやってたんだよ私」

京太郎「マ、マジか……気づかなかった」

咲「だから、もう一度京ちゃんのハンドボール見れるって聞いたら……居てもたってもいられなくなっちゃって」

京太郎「麻雀部はどうしたんだよ?」

咲「……辞めてきた、よ」

京太郎「辞めてきたって、和や優希は何か言ってなかったのか?」

咲「最初はすごく反対されたよ。でも、最終的には分かってくれた」

京太郎「麻雀部には俺はともかくお前は必要だろ!なんでそんなこと……!」

咲「元々京ちゃんが無理やり入れたんでしょーもう」

咲「それに黙って麻雀部辞めて、転校までしちゃった人に言われたくないかな」

京太郎「うっ」

咲「それはとにかく……これからもよろしくね京ちゃん!ずっと試合見てるから」

京太郎(ホントに腐れ縁だなー……)




京太郎「まさかこんなトコでも咲の世話をやく羽目になるとは……本当に人生分かんないな」


初美「―――――ですよー!」


京太郎「……ん?」クルッ


霞「あら、そうなの?」ウフフ


京太郎「………」

京太郎(……おお、なんとも対照的な2人だな)

京太郎(巫女さんっぽいけど、親子かな?)

初美「それでですねー………あっ!」

霞「ん?どうかしたの?」

初美「あなたは!さっきのお兄さんですねー!」

京太郎「えっ、俺?」

初美「私あの試合見てました!大活躍ですごかったですよー!」

霞「あぁ……!ハンドボールの試合で凄かった男の子ね」

初美「私、あなたのファンになりました!」

京太郎「フ……ファン?」

初美「やっぱり豪快にがっぽり点を取るのはいいですよね!あなたとはとても気が合いそうですよー!」

京太郎「はぁ」

初美「私は薄墨初美って言いますよー。いつでも応援に行くのでよろしくお願いしますねー」

京太郎「改めて須賀京太郎です。こちらこそよろしくお願いしますね」

霞「……須賀くんって言ったかしら?」

京太郎「あ、はい」

霞「私ねぇ!キミみたいな可愛い子大好きなのよ!」

京太郎「!」ビクッ

初美「か、霞ちゃん?」

霞「よかったらお茶でもどうかしら?時間とかは大丈夫?」ズイズイ

霞「あ、それともうちに来てもいいわよ。美味しいお菓子とかたくさんあるから!」

京太郎「えっと、あの……ちょっと!」

京太郎(胸が当たってますって!ちょっと嬉しいけどこの人なんか怖い!)

初美(こんな霞ちゃん初めて見ましたよー……ご愁傷様です)

霞「ほらほらいらっしゃいな!」グイッ

京太郎「い、痛いですって!そんなに強く引っ張らないでください!」



初美「霞ちゃん……ちゃんと家に帰すんですよー」




小蒔「神威鎮々してください」

京太郎「………」

京太郎「えっ」

小蒔「だ、だから神威鎮々です!!何度も言わせないでください!」カァー

京太郎(何で赤くなってるんだ?)

京太郎(カムイチンチンで検索、と)ポチッ

京太郎(……ダメだ出てこない)

京太郎「あの」

小蒔「はい?」

京太郎「それ、どういう意味なんですか?」

小蒔「あっ……こちらの地方の方には通じないんですね」

小蒔「意味は……」


霞「意味は鹿児島で教えるわ」

京太郎「むぐっ!!」

霞「暴れないでね。大事な身体だから傷つけたくないのよ」

京太郎「んー!んー!」ジタバタ

小蒔「霞ちゃん…」

霞「ふふ。この方が小蒔ちゃんの選んだ新しい当主様なのね」

京太郎「っ」ゾク

京太郎(に、逃げなきゃ…!)

京太郎(なすすべなく強引に連れてこられたけど……)

霞「~♪」カチャカチャ

京太郎(俺は何をされるんだろう)ガクガク


霞「お待たせ。アイスティーしかなかったけどいいかしら?」

京太郎「あっ、お構いなく……」

霞「どうぞ召し上がれ」フフ

京太郎「は、はい。いただきます」

京太郎(変なモン入ってねーだろうな………)ズッ

霞「味はどうかしら?」

京太郎「美味しいです」

霞「ふふっ、それはよかったわ」ニマニマ

京太郎(んー普通に美味かったし、流石に考えすぎだったな)

京太郎(にしても、デカい家だなぁ。家というよりは神社だけど)キョロキョロ

霞「………」ニコニコ

京太郎「ほー!それはそれは大変な人生を」

霞「いいのよ、私も小蒔ちゃんは好きだしやりがいを感じてるから」

京太郎「まぁ………俺には分家とかそういうのよく分かりませんけど、応援してますよ石戸さん」

霞「ありがとう、そう言ってもらえると嬉しいわ」

霞「あとそんな堅苦しい呼び方しないで霞でいいわよ。その代わり私も"京太郎くん"って呼んでいいかしら?」

京太郎「石戸さんがよければ、俺も大丈夫です」

霞「あらそう?じゃあ、これから仲良くしてね京太郎くん」

京太郎「分かりました、霞さん」

京太郎(なんだ、最初がアレだっただけで全然普通の人だな。よかったよかった)


――――――


京太郎「ふぅー……やっと部屋造りが終わったぞ」

京太郎「腹も減ってきたことだし晩飯でも食べるか……って忙しくてカップしかないんだけどな」

コンコン

京太郎「?」

コンコン

京太郎(誰だこんな時間に?もう0時だぞ?)

京太郎「はーい!今開けまーす!」


ドンドン!!ドン!!

京太郎(うるせぇなったく、今何時だと思ってんだ)ガチャッ

京太郎「あのーもうちょっとお静かに……」

小蒔「あ、すいません!夜分遅くに失礼します!」

京太郎「……」

京太郎(え?誰だこの巫女さんは?)

小蒔「ここ、須賀京太郎さんのお部屋で間違いありませんよね?」

京太郎「そっ、そうですけど……!?」

京太郎(おいおい……なんで俺の名前知ってるんだよ)ゾクッ

小蒔「よかったぁ、結構迷いましたけどやっとつきました!」

京太郎「お、俺に何か用事ですか?」

小蒔「はい!実は……」

小蒔「お迎えにあがりました!」

京太郎「……は?」

京太郎「お迎えにあがりました!」

京太郎「ひ、人違いじゃないですか?」

小蒔「あれ?確かに地図はここであってるはずなんですけど……名前も須賀京太郎さんって」

京太郎「………」

京太郎(な…なんかよく分かんねーけど、やばい感じがする……!)バタン!!

アッ! チョットマッテクダサイ!! ハナシヲ,キイテクダサイ!!

京太郎(こえぇよ……こえぇよ)  ドンドン!! アノー!!

京太郎(も、もう今日は早いとこ寝よう!朝になればいなくなってるだろ) ドンドンドン!!!




ガチャッ

京太郎(えっ)

小蒔「あの、失礼しますね」

京太郎「っ!」ビクッ

京太郎(な……なんで!?鍵閉めたのに……!)

小蒔「すいません、ちょっと強引な手を使わせていただきました」

京太郎「なんなんだよアンタ!?俺に何の用だよ!」

小蒔「え、えーと……お迎えにあがりましたとしか」

京太郎(意味わかんねーよ!)

京太郎(とにかく、早いとこ逃げねーと何されるか分かったもんじゃねー!)ダッ

小蒔「あっ!」

京太郎「はぁっ……!はぁっ……!」ピポパポ trrrrrrrrrrrr

京太郎「くっそ早く出てくれ!」 prrrrrrr

ピッ

京太郎(きたっ!!)

咲『んもー、今何時だと思ってるの京ちゃん?』

京太郎「咲!!」

咲『うわぁ!?』キーン

京太郎「今からお前の所に行くから、鍵開けといてくれ!!」

咲『ちょ、ちょっとなに!?どうしたの?』

京太郎「事情は後で離すから頼むぞ!それじゃ!」

咲『き』

ピッ

京太郎(よし、後は咲の部屋まで全力疾走だ。それにこんだけ走ればもう……)チラッ

小蒔「………」シュタタタタタ

京太郎「うわああああああああああ!!」

京太郎「はぁ……はぁ…」

咲「ほんと、こんな時間にどうしたの京ちゃん?全身汗びっしょりだよ?」

京太郎(まだそこら辺いるんじゃなだろうな……)キョロキョロ

咲「ねぇ、京ちゃんってば!」

京太郎「ん?ああ、わりーわりー!ちょっとな」ハハ

咲「ちょっとって……」

京太郎「はは……まぁ、それはおいといてだ」

京太郎「とりあえず朝まで泊めてくれると嬉しいんだけど、さ」

咲「ええー!?」

京太郎「頼む!この通りだ!」

咲「うう、ずるいよぉ。京ちゃんにそこまで言われたら……断れないじゃん」

京太郎「サンキュー!やっぱり持つべきものは友達だなー!」ハハ

咲「もー現金なんだから……」

咲「………ところでさ」

京太郎「ん?」

咲「京ちゃん、そんなに汗かいてたら気持ち悪いでしょ?お風呂とか入ってきたら?」

京太郎「んー……そうだな。んじゃ風呂借りるわ」

咲「うん、それがいいよ。ゆっくり入ってきていいからね」

京太郎「ふぃー、気持ちよかったな。流石女の子の風呂だけにいい匂いしたし」ホカホカ

京太郎「おーい咲ー!あがったぞー」

咲「……」ブツブツ

京太郎「咲ー?」

咲「!」バッ

京太郎「ん?」

京太郎「今、何隠したか?」

咲「ううん、なんでもない!なんでもないから!」

京太郎「そうか?」

咲「あっ、もう2時だよ!早く寝なきゃ明日がキツいよね!」

京太郎「げっ……マジだ!」

咲「布団も敷いといたから電気消すね京ちゃん!」

京太郎「お、おう!」


京太郎「………」クンクン

京太郎(なんだこの臭い……うっすらだけど血の臭い?なのかこれ……?)

京太郎(臭いはあの鞄からみたいだけど)チラッ

咲「Zzz…」

京太郎(咲は寝てるな……よし、開けてみるか)

京太郎「こ、これは……!?」

京太郎「まさか俗に言う生理道具というヤツでは」

ガシッ

京太郎「はっ!?」

咲「京ちゃーん?」ニコニコ

京太郎「あっ、咲さん。起きてらしたんですか?」

咲「うん。横でずっとゴソゴソされてればねー……」

京太郎「それはすいませんでした。じゃあ、寝ましょうか」ゴソゴソ

咲「ん、そうだね」

咲「なんて言う思った?」

京太郎「ですよねー」

咲「京ちゃんの………バカァーーーーーー!!!」


―――――――――――――


咲「もう!信じられないよ!」

京太郎「す、すまん……でもあんなモン部屋においとく咲だって!」

咲「京ちゃんもトイレ使うと思って明日こっそり捨てておこうと思ったの!」

京太郎「タイミング悪すぎだろ!」


初美「朝っぱらからお熱い二人ですねー、焼けますよー」     <ギャーギャー

初美「ね、霞ちゃん?」

霞「………」バキッ

初美「か、霞ちゃん?」

霞「……」ブツブツ

初美(ふええー!?この人自分の爪食べてますよー)ビクッ

京太郎(あー、授業つまんねーなぁ)

京太郎(変な巫女に追いかけれるは咲は期限損ねるわでついてねーな……はぁ)

春「…」ポリポリ

京太郎「ん?」

春「…」ポリポリ

京太郎(なんだコイツ?授業中に何食ってんだ?)

春「?」チラ

京太郎「!」ビクッ

春「…」

春「あげる」スッ

京太郎「え……くれるの?」

春「…」コクリ

京太郎「さ、さんきゅ」

京太郎「じゃあ……いただきます」ポリポリ

京太郎「おっ?意外と美味いな」

春「うん……それが自慢」ニコッ

京太郎「俺も、これ好きになりそうだよ滝見」

春「……あ」

京太郎「ん?どうした?」ニカッ

春「………っ!」ドキッ

京太郎「?」

春「……」

京太郎「おーい、こっち向けよ」

春「…」カァァ

京太郎「滝見さーん?」

春(……須賀京太郎)

春(きらいじゃ……ない)

京太郎「お、俺なんか変な事言ったのかな……?」

春「!」ブンブン

京太郎「ああ、別にそういうワケじゃないのか」

春「うん」コクコク

京太郎「なんだよかった、てっきり変な事言ったんじゃないかと思ったよ」ニコッ

春「っ!」ドキッ

京太郎(これ以上女の子と面倒になるのはごめんだからなぁ)

春「……」






キーンコーンカーンコーン


京太郎「やーっと午前中の授業が終わったかー……さて昼飯でも食べに行きますかね」

京太郎「ここの学食はどんなメニューがあんのかな」ワクワク

男子A「おい須賀」

京太郎「ん?」

男子A「扉んとこで女の子が待ってるぞ。お前を呼んでくれってさ」

京太郎「女の子……?」

男子A「そうだよ。流石ハンドボール部のエースは違うな」ハハ

京太郎(あ、もしかして咲か?)チラッ

小蒔「こんにちは」ニコッ

京太郎「うわああああああああああああああああああ!!」

京太郎「うわあああああああああああああああ!!!!」  ザワザワ ナ、ナンダー?

小蒔「そ、そんなに大きな声出してどうしたんですか?」

京太郎「どうしたはこっちの台詞だ!ア……アンタ、昨日俺の家に来た!」

小蒔「覚えていてくれたんですか?嬉しいです!」

京太郎(昨日の今日であんな思いして忘れる方がどうなんだ?)

京太郎(とりあえず逃げ……!)

小蒔「あ、待ってください!」ガシッ

京太郎「ひっ!?」

京太郎「は、離せ!!俺に何の用だよ!」

小蒔「須賀くんお願いします!」

京太郎「何が!?」

小蒔「家へ……」

小蒔「家にお泊りに来てくださいお願いします!!」ドゲザー

京太郎「………」

小蒔「お願いしますお願いしますお願いします!!!」

京太郎「えっ」

小蒔「須賀くんが来てくれないと……わ、わたし!」ガクガク

京太郎「ちょ、ちょ!ちょっと待ってください!何やってんですか!?」  オイアレ!2ネンノ ジンダイセンパイジャネーカ!!

京太郎「とりあえずそんな格好するのはやめてくださいって!」 ウワー オンナノコ ドゲザサセテルゾ

小蒔「泊りに来てくれるならやめます」ブルブル

京太郎(そんなこと言われったって、素直にはいって言える筈ねーだろ!)

小蒔「お願いしますお願いします……!」

京太郎「っ!」

京太郎「……分かりましたよ!」

小蒔「!」パァッ

小蒔「ほ、本当ですか!?」

京太郎「だからそんなみっともない事しないでください!ほら、立って!」

小蒔「ありがとうございます……!ありがとうございます!」グスッ

小蒔「こ、この御礼はなんでもいたします!」

京太郎「……ん?」ピクッ

小蒔「?」

京太郎「今、なんでもって言いましたね?それじゃ……」

京太郎「やらせろ」

小蒔「へ?」

京太郎「あなたの家に泊まりに行ってやってもいいですけど、それだけじゃ俺に何の得もないでしょ?」

小蒔「………」

京太郎「何でも御礼するって言ったんだから、じゃあ一発やらせてくれますよね?」

小蒔「あ、あの!」

京太郎「なんですか?今更無しとか言わないでくださいよ」

小蒔「"やらせろ"とは一体?」キョトン

京太郎「……はぁ?」

小蒔「すいません、具体的にどういったものなのでしょうか?」

京太郎「何言ってるんですか、そんなの決まってるでしょう」

京太郎「お付き合いしてくれってことですよ!」

小蒔「なるほど、お付き合い………えええーーっ!?」

京太郎「ダメですか?」

小蒔「ダメですよ!そ、そんなことしたら私が霞ちゃんに……」

京太郎「霞ちゃん?」

小蒔「!」ムグッ

小蒔「と、とにかくダメなんです!」

京太郎「へー……じゃあ俺は泊りに行きませんけどいいんですか?」

小蒔「っ!?待ってください!それでは約束が違いますよ!」

京太郎「御礼は何でもするんじゃなかったんですか?」

小蒔「うっ……」

小蒔(これじゃどっちを選んでも一緒…!どっちにしろ霞ちゃんに……)

京太郎「で、どうするんですか?」

小蒔「うう……分かりました」

小蒔「この話は無かったことで……」

京太郎「はい?あれだけ土下座して泣くほどだったのにいいんですか?」

小蒔「まだこちらの方がマシだと思いますので」

京太郎「こちら?」

小蒔「時間をとらせて本当にごめんなさい。それじゃ、私はこれで」

京太郎「お、おう」

小蒔「…」フラフラ

京太郎(……今から死刑場に向かう死刑囚のような顔してるな。流石に俺もちょっとは言い過ぎたか)

小蒔「怖い……怖い」ブツブツ

京太郎「………」

京太郎(本当にこのままあの人を行かせていいのか?)






ガシッ

小蒔「……?」

京太郎「……」

小蒔「まだ何か、ご用事ですか?」

京太郎「ええ。そりゃたっぷりとありますよ」

京太郎「何か俺に話してない、隠し事してますよね?」

小蒔「!」ビクッ

小蒔「な、なんのことでしょうか?私にはさっぱり」

京太郎「とぼけるな!」ドン

小蒔「きゃっ!」

京太郎「そんな辛そうな顔してる人が、何も無いわけないでしょう」

京太郎「少なくとも自分の意思じゃないですよね?誰かに命令されてこんなことやってるんですか?」

小蒔「い、言えません」

京太郎「言ってくださいよ!俺にも何か力になれることがあるかもしれないじゃないですか!」

小蒔「………」

京太郎「………」

小蒔「ど……どうなっても知りませんよ?」

小蒔(だ、だめ……やっぱりいざってなると霞ちゃんの顔が……)

小蒔「ごめんなさい失礼します!!」ダッ

京太郎「あっ、ちょっと!」

京太郎「……行っちまったし」


――――――――


霞「お帰り小蒔ちゃん。ご苦労様」

小蒔「た、ただいま霞ちゃん」

霞「それで……京太郎くんはどこかしら?」

小蒔「っ!」ビクッ

霞「まさかとは思うけど、連れてこれなかったとか?」

小蒔「……」ガクガク

霞「無言の肯定と受け取るわね」

霞「……ねぇ、小蒔ちゃん?」

小蒔「は、はい!?」

霞「私最初に何て言ったっけ?」

小蒔「……須賀京太郎さんを連れて来いと」

霞「連れてこれましたか?」

小蒔「…………連れてこれませんでした」

霞「………」

小蒔「………」

霞「あらあらじゃあコッチにきましょうねー!!」グイッ

小蒔「いやあああああ!!!ごめんなさい!ごめんなさい許して霞ちゃん!!!」


キーンコーンカーンコーン

京太郎「やーっと放課後だよ……さて部活部活っと」

トントン

教師「須賀、ちょっといいか」

京太郎「?」

教師「ここじゃちょっとな。場所を移そう」


――――――――――


京太郎「え?引き抜き!?」

教師「この前の試合を見て先方から是非とな」

京太郎「ちょっと待ってくださいよ!俺はハンドボールの為にこの学校を選んだワケで!」

教師「ウチもそれなりに有名だが、須賀の才能をここで埋もれさせるには勿体無いじゃないか」

京太郎「……」

教師「お前ならもっと上でもやれるだろう」

京太郎「で、でも転校したら1年間は試合に出れないんじゃ……」

教師「それもあちらで取り計らってくれるそうだ」

教師「さぁ、どうする?決めるのはお前次第だ」

京太郎「………」

京太郎(確かに俺はもっと上で自分の力を試してみたい)

京太郎「俺は……」

京太郎(あの神代さんが結局何のために俺に近づいてきたのか……すっげー心残りだけど……)

京太郎「分かりました。その話、乗らせていただきます」

京太郎(ま、俺の知ったことじゃないか)

教師「おおそうか!では先方の方へ連絡しておくな」

教師「恐らく近いうちに移動することになるから、準備とか頼むぞ」

京太郎「あの、さっきから先方って言ってますけど……先方ってどこなんですか?」

教師「ああ、これはこれはすまんかった。学校名を伝えてなかったな」

教師「えーと確か……」

教師「龍門渕高校という所だな

京太郎「龍門渕ぃ!?」

京太郎(げえーっ……また長野にとんぼ返りかよ)


―――――――


京太郎「帰ったら荷造りしねーとなぁ。新居探ししないでいいのは楽だけど」

京太郎「なんとまぁ短い一人暮らしだった」ウンウン

春「………」

京太郎「どわあっ!?」ビクッ

春「……で」

京太郎「な……なんだ滝見かよ。急に現れんなよな!」

春「行かないで」ガシッ

京太郎「?」

春「お願い……行かないで!」

京太郎「!」

京太郎「お、お前まさかさっきの話聞いてたのか!?」

春「………!」コクコク

京太郎「そうは言ってもなぁ。もうオーケーだしちゃったし」

春「行かないで………一緒に居て」グスッ

京太郎(ええーーなんで泣いてんだ)

京太郎(……仕方ない、こうなったら)

京太郎「ごめんな」バッ

春「っ!」

京太郎「気持ちは嬉しいけど、俺は行くよ」

京太郎「仲良くしてくれてありがとな。黒糖美味しかったぜ」スタスタ

春「………ま、待って!」

春「……ううっ」グスッ

春「待って……!置いて…いかないで……」ボロボロ


―――――――――――――
―――――――――――


京太郎「今日で鹿児島ともおさらばか」

京太郎「短い間だったけど色々あったなぁ」

京太郎(咲が突然来たり怖いお姉さんに家に連れ込まれたり可愛いけど電波な子に追いかけられたり)

京太郎「まぁ、いざ振り返ってみると中々楽しかったな」

<まもなく、ホームに列車が参ります

京太郎「おっと時間か……さらば鹿児島!もう来ることはないだろうけどさ」


京太郎(来る時も思ったけど列車の中って暇だなー煉るぐらいしかやることねー)

京太郎(これで隣に可愛い女の子でも座ってくれれば)

?「すいません、となり失礼します」

京太郎(おっ?)

京太郎「あ、どうぞー!」

京太郎「ってお前……滝見!?」

春「また会えた」ニコッ

京太郎「……まさかとは思うけど俺を追っかけてきたのか?」

春「うん」

京太郎(咲かよ)

京太郎「え、永水はどうしたんだよ!?」

春「やめてきた」

京太郎「はぁ!?」

春「でもこれで一緒にいられる」ニコッ

京太郎(……ったく咲と言いコイツといい)

京太郎「ついてくるのはいいけど、はぐれんなよ」

―――――――

霞「………」

「京太郎くんと一緒に長野へ行きます byはるる」

巴(春ぅーーーーー!!)ブルブル

初美(ひええー)ガクガク

霞「あらあら……春ちゃんったら大胆ねぇ。小蒔ちゃんみたいになりたいのかしら」

巴(ひ、姫様はどうなったんですか?)

初美(全治3ヶ月だそうですよー)

霞「どんな手を使っても逃がさないわよ……ふふふ」

―――――――――


京太郎「!?」ゾクゥ

春「?」

京太郎「い、いや……なんでもない」

京太郎(何だか俺の第六感がつげている気がする。早く龍門渕に行けと)

透華「いらっしゃいまし!いらっしゃいまし!ようこそ我が龍門渕へ!」

京太郎「お世話になります」

春「………」ポリポリ

一「へぇ、彼が噂の……よろしくね」

純(横にひっついているのは誰だ?)

智紀(さぁ?)

京太郎「よろしくお願いします」ペコリ

衣「……お前」

京太郎「?」

衣「お前とは初めて会った気がしないのだが……気のせいだろうか?」

京太郎「え?んー……いや、俺は無いと思いますが」

衣「……そうか。どうやら衣の思い違いだったようだな、忘れてくれ」

京太郎「はぁ」

透華「まず最初に、あなたに龍門渕の一員になっていただく為に学校見学をしてもらいますわ」

透華「この六人の中で誰か案内してもらいたい人がいれば仰ってくださいまし」

純「おいおい、五人の間違いだ。衣に案内なんかできるわけねーだろ」

衣「なっ!衣を子ども扱いするなー!」

京太郎「えーと、そうですね……それじゃ」

京太郎「そこのお方で」

一「え?ボク?」

京太郎「はい。なんとなく直感で決めたんですけどね」ハハ

純「ま、悪くねーチョイスだな。国広くんこの中で一番しっかりしてっから」

智紀「適役」

透華「一!しっかり頼みましたわよ!」

一「うん、了解。それじゃいこっか須賀くんと……えーと、ひっついているキミは」

春「……」ポリポリ

京太郎「あ、コイツはいいんで行きましょう」

一「そ、そうかい?ならいいんだけど」


――――――――――


京太郎「広いですねーこの学校」

一「お金持ち学校だからね。多分長野で一番大きんじゃないかな」

京太郎「長野にこんな豪華な学校があったとは……ぐぬぬ」

一「………」

一(……この人、結構)チラッ

一(女好きそうな顔してるなぁ)

一(って現に女の子はべらせてるし……)

京太郎「ん?俺がどうかしかしたか?」

一「あ、いやなんでも!」

京太郎「そうですか?」

一「あはは……」

一(と、透華をこの人から守らなきゃいけない時がくるかも)


――――――――――


衣「きょうたろー!」ピョーン

京太郎「!?」

衣「わーい!」スリスリ

春「……!」ムッ

京太郎「な、なんですか!?」

透華「わたくしにも何故かは分かりませんが……」

透華「どうやら衣は余程あなたのことが気に入ったみたいですわね」

京太郎「ええー!会ってものの数分なのに!?」

純「ははっ!たらしってヤツかオメー!」

一(やっぱり!)

衣「衣は気持ちいいぞ!この形容しがたい心地よい匂い!」スリスリスリ

京太郎「ちょ、ちょっと!」

京太郎「よ~しよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよし!」ナデナデ

衣「ふわっ!」

京太郎よ~しよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよし!!」ナデナデナデ

衣「……ほぇー」ポワーン

透華(あ、あの衣が!)

純(素直に撫でられてるだと……?)

智紀「たらし」

一(と、透華はボクが守らなきゃ……!)

京太郎「……はっ!」

京太郎「すいませんつい!」

衣「よい、特に許す」

衣「…」ニヤリ

春「!」ガーン

透華「と、まぁお遊びはその辺で。須賀くんには明日から授業に参加してもらいますわ」

京太郎(速っ!)

透華「ウチを選んだこと、後悔はさせませんわよ?」フフッ

透華(……それにしてもこの殿方、なんとまぁ)

透華(なんて品のある顔立ち……!夫に欲しいぐらいですわ!)

透華「えへへ……へへ」

衣「!」ゾクッ

春「!」ザワッ

一「と、透華?」

透華「……はっ!わたくしとしたことが……」

純「なにボケーッとしてやがる、とっとと帰えんぞ」

透華「そうですわね……では、また明日お会いしましょう須賀くん」

透華「"また明日"ですわ」ニコリ

衣「……」

京太郎「はい、明日から改めてお世話になります」


―――――――――――


京太郎「転校生の須賀京太郎です。よろしくお願いします」

京太郎(転校後の自己紹介って何回やっても慣れねーなやっぱり。緊張するぜ)

教師「みんな仲良くしてやってくださいね」

教師「じゃあもう一人、転校生を紹介します」

京太郎「えっ?」

京太郎(もう一人って、春は清澄に行ったから違うとして……誰だ?)

教師「入ってきてください」

ガラッ

明星「い、石戸明星です……よろしくお願いします」 オオー! カワイイ!! サッカーヤローゼ!!

京太郎(おお!中々にいいものをお持ちで!)

明星(うう……なんで年齢を誤魔化してまでこんなことを)


―――――――――――

霞「いい?明星ちゃん。あなたの使命は京太郎くんを連れ帰ってくることよ」

明星「は、はい」

霞「もし失敗したらどうなるか……小蒔ちゃんを見れば分かるわね」

明星「!」コクコク

霞「あと、できれば春ちゃんも連れ帰ってきてくれると嬉しいかしら」

明星「はい……」

―――――――――――


京太郎「にへへ」デレー

明星(この人が…永水をおかしくした元凶……須賀京太郎!)

明星(みんなの為にも……絶対この人を連れ帰る!)ジー

京太郎「……ん?」チラッ

明星「っ!」

京太郎「よろしくな」ニコッ

明星「――――――」ズギュゥゥゥゥン

京太郎「?」

明星「??え?えっ?」カァァ

京太郎「はは、そんなパニックになるなって。ちょっと落ち着けよ」

明星「は、ははい!」

明星「よよ……よ、よろしくお願いします!」

京太郎「おう!」



明星「………」

明星(先に謝っておきます……ごめんなさい霞ちゃん)

明星(あなたの指示を、私は守れそうにありません)ニヤ


京太郎「ぬあっ!!」ブンッ  ゴーーーール!

京太郎「へいっ、ナイスパス!」  ヴォースゲー!! キョウ50テンメダゾアイツ!


一「すごいね彼。なんか5mぐらい飛んでない?」

純「なんか逆に引くわ……あそこまで行くと」

智紀「最近ゾーンに入れるようになったって聞いた」  ゾーン?ナンダソリャ?

透華「素晴らしいご活躍ですわね。それでこそ我が龍門渕に相応しいというものです」

衣「ふふん、流石は衣の京太郎だな」エッヘン

透華「流石は"私"の京太郎さんですわ!」

衣「!」ピク

一「!!?」

衣「何を言い出すのだトーカ!京太郎は衣のだぞ!!」

一「そ、そうだよ透華…!冗談でも衣が可哀想だよ」

透華「ごめんなさい衣、一………決して冗談ではありませんわ」

一「透華!?」

透華「私が初めて全てを捧げたいと思った方。それが須賀京太郎さんですの」

透華「これは衣であろうと決して譲れませんわ」

衣「……ほう」

衣「何やら無粋な妄言が聞こえた気がしたが……衣の気のせいではなかったようだな?」


純「逃げるぞ!」

京太郎「ええっ!?ちょ、ちょっと試合中で!」

純「いいからさっさと来い!」ダッ

京太郎「は…はい!」ビクッ

純(ったく何でオレがこんなこと!)

京太郎「……井上さんって」

京太郎「手、温かいですね」

純「は、はぁ!?こんな時になに言ってんだバカ!」

京太郎「あっ……すいません!つい!」

純「アホな事言ってねーで、とっとと行くぞ!」

智紀(いいぞいいぞ)パシャパシャ


純「ここまで来ればもう安心だろ」ゼーゼー

京太郎「一体何がなんだか分かりませんが、ありがとうございました」

純「いいよ礼なんて。それより、衣と透華には気を付けろよ?」

京太郎「……?」

純「ま、何か困ったことがあったらオレんとこ来い。んじゃな」

京太郎「は、はい!」

京太郎(いい人だな井上さんって。今後なんか困ったら相談してみよう)ジーン

京太郎「さて、練習に戻……」

?「だーれだ!」

京太郎「どわっ!?」

京太郎(えっ……えーとこの声は……!)

京太郎(まさか……!いやでもアイツは鹿児島に)

京太郎「……咲?」

咲「せーかい!」パッ

京太郎「……」

京太郎「で、何でここにいるんですか咲さん?」

咲「私は京ちゃんのファン第一号だからね、どこにでも追っかけるよ」ニコッ

京太郎「はぁぁぁー…お前の行動力にはホント頭が下がるわ」

咲「むー、あんまり嬉しそうじゃないなぁ」

京太郎「うるせーこのヤロ!うりうり!」

咲「きゃっ!もうくすぐったいよ京ちゃん!」アハハ

京太郎(ったく咲のヤツ、俺を追っかけてまた長野に戻ってくるなんて……)


京太郎(よし!転校しよう!)

京太郎(いくらなんでも流石に咲はオカシイな、うん)

京太郎「じゃあ、俺部活に戻るわ。あけっぱなしなのもアレだしな」

咲「あ、うん!じゃあまた後で!」

京太郎「おう!」


京太郎(逃げる!!)ダッシュ

明星「あ、須賀さん!ちょっといいですか?」

京太郎「!?」ビタッ

京太郎「え、えーと君は確か……」

明星「石戸明星です。同じ日に転校してきた」

京太郎「あーそうだったそうだった!それで、俺に何か用事?」

明星「あの……これ。レモンの蜂蜜漬けです、よかったらどうぞ」スッ

京太郎「えっ?」

明星「はい。部活動で疲れてるだろうって思って……ご迷惑じゃなければ受け取ってください!!」カァァ

京太郎「おー!そういう事ならありがたく貰うよ、ありがとう!」

明星「それでは失礼します!」ダッ


京太郎(んー美味い)ムッシャムッシャ

京太郎(あんな可愛い子から話しかけられるなんてツイてるなぁ……ん?)  ヒラッ

京太郎「なんだこれ………手紙?」ピラッ

京太郎「"あなたの事が好きです。付き合ってください"」

京太郎「………う」

京太郎「うおおおおおお!!これはラブレターじゃねーか!」

京太郎「あんな可愛い子からお付き合いのお願いなんて、勿論オーケー……」

京太郎(ってそうだった、俺転校するんだった……)

京太郎(ああああでも勿体無い!くっそおおおー!!)


京太郎(そうだな、嫌な事から逃げてばっかじゃ何も始まんねー)

京太郎(さっきは酷い事言っちまったけど咲も大事な友達だし……いっちょ頑張るか)

京太郎(石戸さんには明日返事しなきゃなー)

―――――――――

オツカレーッス!! ッス! シャス!!

京太郎「お疲れーっす!!」

咲「お疲れ様京ちゃん。はい、タオル」

京太郎「うお、咲!?」

咲「ずっと見てたよ。大活躍だったね!」

京太郎「へへ、まぁな!」

咲「それじゃ一緒に帰ろっか」

京太郎「んー……他に帰る奴いねーし、別にい」

透華「お待ちなさい!!」

衣「待てー!!」

春「………待って」

京太郎「へっ!?」

咲(だ……誰この人達?って何で清澄の生徒さんがここに?)

透華「どこの馬の骨とも知らない人に渡すわけにはいきませんわ。京太郎さん、私と一緒に優雅に車で帰りましょう」

衣「ちがーう!京太郎は衣と手を繋いで帰るんだー!」

春「一緒……帰ろ」

咲(……モテモテだね京ちゃん)

京太郎(すまんキャパオーバーだ) ギャーギャー!! ギャース!

京太郎「分かった分かった!じゃあ」


京太郎「一番最初に言ってくれた咲と帰ります!」

透華「んなっ!」ガーン

衣「そ、そんなぁ……」

春「……」ショボーン

咲「京ちゃん……えへへ」

京太郎「また今度、みなさんで一緒に帰りましょう。今日はそれで勘弁してください」

京太郎「どうかお願いします」ペコリ

透華「そこまで仰るのなら……分かりましたわ」

衣「約束だぞー!」

春「手」コクコク

京太郎「それじゃ、いくぞ咲」バッ

咲「あ、うん!」


咲「ふんふーん♪」

京太郎「何だ、ご機嫌だな?」

咲「まーねっ」

咲「京ちゃんとこうして一緒に帰れて嬉しいなって思って」

京太郎「そっか……」

咲「うん」

京太郎「……あのさ咲」

咲「んー?」

京太郎「俺さ、ラブレター貰ったんだ」

咲「……え」

京太郎「こんな俺でも貰えるんだな。ちょっと驚いたよ」

咲「ラ、ラブレターって、返事はどうするの?」

京太郎「ああ。もう決めてある」


京太郎「俺には眼が離せない幼馴染がいるから、断ろうと思う」

咲「…!」

京太郎「ほっとくと何すっか分かんねーしな」

咲「そ、それって…もしかしてわた」

京太郎「お手をどうぞ。お姫様」スッ

咲「あう……」カァァ

咲「よ、よろしくお願いします」


透華「なんですのアレは!?付き合いたてのカップルじゃありませんこと!?」

純「俺にはよっぽど高校生してるように見えるけどなー」

一「あれ?衣は?」

智紀「ハギヨシさん連れて黄昏れてる」


―――――――――


霞『それで、どうかしら?京太郎くんを連れて帰れそう?』

明星「……」

霞『明星ちゃん?』

明星「ごめんなさい霞ちゃん」

霞『……はい?』

明星「私の事は一族から破門してくださって構いません。ですが……」

明星「京太郎さんは私のものです」

霞『………』

霞『あらあらまぁまぁ、春ちゃんといいあなたといい……』

明星「では」ブツッ

明星(あんな人に彼は渡しません絶対に) ツーツー

霞「……」 ツーツー

霞「困ったわねぇ、明星ちゃんも京太郎さんに惚れちゃったみたいなのよ」

巴(えええええーーー)

初美(いくらなんでも早すぎですよーーー!?)

霞「貴方たちをあちらに送ってもいいけど、それで彼に惚れられたりしたらまた面倒だし……」

霞「私が直接行こうかしらねぇ」

巴(……いけない)

初美(姫様のような犠牲者を出さないためにもここは……)

巴&初ザッ

霞「あら、何のつもりかしら二人とも?」

巴「霞さん……もう彼の事は忘れましょう」

初美「そうですよー!せっかくスポーツで頑張っているのに、無粋な事しちゃダメですよー!」

霞「………」

巴「どうしても行くって言うのなら、私たちも全力で止めます」

霞「……はぁ」

初美「っ!」ビクッ

巴「!」サッ

霞「流石に3人を病院送りにするのはちょっと気が引けてねぇ」

霞「ひとまず長野に行くのは先回しにしましょうかしら」

巴「本当……ですか?」

初美「……」ホ

霞「でも私は確信してるわ………必ず彼は私の所へと帰ってくるって」

霞「それまで星を数えながら待つのもいいかもしれないわね」

巴(ひ、ひとまず安心でいいんでしょうか?)

初美(多分……いいんじゃないですかー?)


初美(あっちもあっちで大変そうですが、一ファンとして応援してますよー……)


京太郎「ごめん、待った?」

明星「いえいえ。私も今きたところですよ」

京太郎「そうか?ならいいんだけどな」ハハ

明星「あはは………それで、私を校舎裏に呼んだ理由というのは」

明星「昨日のお返事を貰えると思ってもよろしいのでしょうか?」ドキドキ

京太郎「……」コクリ

明星「……聞かせてもらえないでしょうか?」

京太郎「お、おう」

京太郎(まずは深呼吸深呼吸っと)スーハー

京太郎(さーて、すっげー勿体無い気がするけど断らなきゃな)

明星「……」ギュッ

京太郎「……」スゥー

京太郎「ごめん!!」

明星「っ!」

京太郎「石戸さんのラブレターすっげー嬉しかった。こんな俺でも好きになってくれる人がいるんだって、そう思えたよ」

京太郎「……でもダメなんだ。俺は君とは付き合えない」

京太郎「本当にごめん!!」ペコリ

明星「………」


明星「ひっく……ううっ、うっ」グス

京太郎「!」

明星「……失礼します!」ダッ


京太郎(まさか……泣いてた?)

京太郎(はは、女の子泣かすなんて最低だな俺って)

京太郎(で、でも仕方ない。仕方なかったんだ……よな?)


―――――――――――
――――――――――


京太郎「おい!!お前ら真面目にやってんのか!?」

モブ「やってる!真面目にやってるって!」

京太郎「じゃあなんでそんな簡単に抜かれてんだよ!」

モブ「そんなこと言ったって、須賀が強すぎるんじゃないか!」

京太郎「………っ!」

京太郎「帰る!!」  オイ!ドコイクスガ!!

京太郎(くっそ、ハンドでモヤモヤすっきりしようと思ったのに尚更でかくなりやがった)

京太郎(こういう時は……)

京太郎(大阪にでも行って、ぱーっと遊んでくるか)

京太郎(透華さんに言って学校はしばらく休もう)


京太郎「ってなわけで、はい……すいません」

透華『事情は分かりましたわ。少し無理させすぎたのかもしれませんわね』

透華『いいですわ、許可します。少し羽根を伸ばしてくださいまし』

京太郎「ありがとうございます」

透華『ふふ……その身体、大事になさってください』

京太郎「……?はい」


―――――――――
――――――――


ニイサン モウカッテマッカ!! ボチボチデンナァ!

京太郎「おーーー!流石、大阪!長野とは何もかもが大違いだなぁ」

京太郎「こんだけ広けりゃどっから行ったらいいか迷うな」

京太郎(よく考えたらここには俺を知ってる人は誰もいない)

京太郎(なら、ちょっとはっちゃけてもいいんじゃねーか?)

京太郎(旅の恥は掻き捨てって言うし………よーし、ナンパでもしてみるか!)

京太郎(可愛い子はどこかなーっと)キョロキョロ

京太郎(おっ?あの子なんかいい感じだな。ちょっと声かけてみよう)

京太郎「すいませーんお姉さん、ちょっと時間いいですか?」

郁乃「?」

郁乃「えー?兄さんもしかして私に言うてんの?」

京太郎「はい。あなたです」

郁乃「おねーさんなんて、そないな冗談ええで。中々上手いやん」

京太郎「もしよろしければ、俺とそこの喫茶店でお茶でもどうですか?」

郁乃「……もしかしてこれってナンパっちゅうやつ?」

京太郎「はい」

郁乃「ほー…素直な子やなぁ、気に入ったで」

郁乃「ほな、お茶だけやで?」

京太郎「ありがとうございます。それじゃ、行きましょうか」


京太郎「へぇー、姫松の監督を」

京太郎(……つっても麻雀の強豪校なんて分かんねぇけど)

郁乃「せやけど就任したのはごく最近のことなんやで?」

郁乃「今も部員のみんなに好かれよう思うて努力しとるけど、中々上手くいかへんでなーこれが」ヘラッ

京太郎「苦労してるんですね」

郁乃「キミもぎょーさん苦労しとるよーやけどな?」

京太郎「!?」

郁乃「顔見れば分かるで。何か抱え込んどんちゃう?」

京太郎「……それは」

郁乃「ああ、ええよええよ無理に言わんで!」

郁乃「これ私の連絡先や」ピッ

京太郎「えっ?」

郁乃「なんか困ったことあったら相談に乗るで。電話なら距離関係ないし」

京太郎「あ、ありがとうございます」

郁乃「じゃあ時間も時間やし私はこれで行くわ。ここのお題は私が出しとくからゆっくりでええで」

京太郎「いや、流石にそれは!」

郁乃「ええんやええんや。私をおねーさん呼んでくれたお礼っちゅーことで!」

郁乃「ほな、さいならー」

京太郎「………」

京太郎(大人の女性だ……)


―――――――――――