京太郎「背景に溶け込んでかなり立ったが潮時だ」

京太郎「このままこの立ち位置に居るだけじゃ世界から消されちまうな」

京太郎「いつの間にかいなくなってました、なんてシャレにならねぇし……なんとか目立たないと」

京太郎「そういや最近どこ行ってもずっと立ちっぱなしな気がするな……」

京太郎「優希に告白しねーまま消えるのも嫌だし、さっさと告白しとくか」

京太郎「何で俺はあんなちびっ子に惚れちまったんだろうな……俺が好きなのは和なはずだったのに」ハァ



京太郎「こんちわーす」ガチャ

優希「おー犬!やっと来たか!」

京太郎「っ!!」ドキッ

優希「にょ?どしたそんな顔して」

京太郎「い、いや…なんでもない。てか、犬って呼ぶんじゃねーよ!」

京太郎(コイツやっぱり可愛いなクッソ……)

優希「そんなケチケチするなって、私と京太郎の仲だじぇ」

京太郎「全くああ言えばこう言うなお前は」

京太郎「……とそれはいいんだが優希。お前に聞きたいことがあるんだ」

優希「ん?どした?」

京太郎「お前って彼氏とかいるの?」

優希「彼氏?きさまー、知らんとは言わせないぞ!私の彼氏はタコスに決まってるだじぇ!」

京太郎(いないってことか……よし!)

京太郎(まずは深呼吸深呼吸っと)スーハー

優希「京太郎?」

京太郎「お前のおもちを育てさせてくれ」ワキワキ

優希「おもち?おもちってなんだそれ?」

京太郎「女性なら誰もがついている、その二つの膨らみだよ」

京太郎「まぁ、お前の場合膨らみかどうかすら怪しいけどな」ハハハ

優希「……?」

優希「………」

優希「っ!!」バッ

京太郎「気づいたか?」

優希「お、お、おま……!そ、それっておっぱ……!」

京太郎「この際だから言うが、俺はお前が好きだ!大好きなんだ!」

優希「じぇっ!?」

京太郎「そりゃあもうこの手でおもちが大きくなるほど揉みあげるぐらいに!!」

京太郎「だから、どうか優希!俺にお前のおもちを揉ませてくれ、頼む!」

優希「………」ソロリソロリ

京太郎「あのー、優希さん?なんでそんなソロソロと後退してるんですか?」

優希「身の危険を感じる……これは貞操の危機だじぇ」

京太郎「なに言ってんだ、ただ俺はお前のおもちを大きく」スッ

優希「ぎょええええ!!」ダッ

京太郎「したいと思って………あれ?」  ヘンタイガ アラワレタジェー!! コラ!ロウカハ ハシラナイ!!

京太郎「………」

京太郎(え?逃げられた?)

京太郎「逃げられたってことは……じゃあ」

京太郎「……そうか。はは、振られちまったってことか」

京太郎「告白する前に終わっちまったよ、情けねぇ」

京太郎「情けねぇなぁ、俺……」グスッヒック


京太郎「泣いたらちょっとすっきりしたな」

京太郎「なんか別の事して気でも紛らわすか」

京太郎「じゃ咲でいいや」ケロッ

京太郎「あいつああ見えて結構可愛いしな、彼女としては及第点だろ」

ガチャ

咲「き、京ちゃん……今なんか優希ちゃんが凄い勢いで走って行ったんだけど何かあったの?」

京太郎「別に?ちょっとアイツの鼻にねりわさび入れただけだから気にすんなよ」

咲「なにやってんの!?そりゃ気にするよ!」

京太郎「ところで咲って彼氏とかいるの?」

咲「はい?どうしたのいきなり?」

京太郎「いいから答えろって」

咲「はいはい……って、そんなの京ちゃんが一番よく分かってるクセに。ホントいじわるなんだから」

京太郎「はは、だよなー!」

京太郎(咲に彼氏なんかいないってのは分かりきってたことだが一応な)

京太郎「じゃあさ咲!俺と付き合ってみない?」

咲「なに言ってんの。そんな冗談いいから早く優希ちゃんに謝ってきてよ」

京太郎「……本気なんだけどな、俺」

咲「………」

咲「いやいや、嘘でしょ?」

京太郎「何回も言わせんなって。だから俺は、本気で咲のこと好きだったんだよ」

咲「えっ……えっ?ええええええ!?」ボッ

咲「そ、そんなこと急に言われても!」

京太郎「咲、もしお前さえよければ………俺と付き合ってくれ!!」

咲「京ちゃんは、本当に私でいいの……?」

京太郎「"私で"じゃない、俺は"咲"がいいんだ!」

咲「……京ちゃんも知ってると思うけど。その、私さ」

咲「ずば抜けて勉強できるってわけでもないし、運動音痴だし超インドア派だけど」

咲「こんな私でよかったら、よろしくお願いします」ペコリ

京太郎「………えっ、マジで?」

京太郎(まさかこんなに上手くいくなんて思わなかったな……)

京太郎「えーと……お、おう!こちらこそよろしくな!」ペコリ

咲「えへへ、なんか京ちゃんとお辞儀し合うなんて新鮮だね」

京太郎「そんな関係じゃなかったしな」ハハ

咲「でもこれからは……」

京太郎「ん?」

咲「恋人同士だね」ニコッ

京太郎「っ!」

京太郎(なんだよ咲のヤツ……ちょっと可愛いじゃねぇか)ドキドキ



久「入りづらいわー……」

まこ「なんじゃあのピンクな雰囲気は」

和「咲さん、よかったですね。親友として嬉しい限りですよ」

「よー、須賀!咲ちゃんとやっと付き合いだしたんだってー?」ニヤニヤ

「やっとか……遅せーんだよ!」

京太郎「うっせー!」

京太郎(咲と付き合うようになってからは、毎日登下校を一緒にするようになった)

京太郎(休日は古本屋漁りとか作家の展覧会とかも色々行くようになった)

京太郎(正直俺には何が楽しいのかさっぱりだったが、咲が喜んでくれるならそれでいい)


――――――
―――――


咲「はい、京ちゃん。あーん」

京太郎「あーん」

まこ「相変わらずじゃのう、あの二人は」

和「仲良き事は美しきかな、って言葉通りですね」フフッ

優希「ケッ」

久「はーい!イチャイチャタイムしゅーりょー!!」

久「青春するのは大いに結構だけどインハイも近いんだし、ほどほどにね」

咲「えへへ……」

優希「……咲ちゃんちょっとくるじぇ」

咲「え?」

優希「いいから!」グイッ

咲「わわっ、ちょっと痛いよ優希ちゃん!」



優希「咲ちゃん、京太郎と付き合うのはやめた方がいい!」

咲「えっ?」

優希「あいつはホンモノの変態だ!京太郎なんかと付き合ったら咲ちゃんが酷い目に合うじぇ!」

咲「ちょ、ちょっとなに言ってるの?」

優希「お願いだかた、信じてほしいじょ!!」

咲「ごめん優希ちゃん……私やっぱりあの人のこと信じてあげたいから」

咲「優希ちゃんの言葉を信じることはできないかな」

優希「――――!!」

優希「咲ちゃんの分からず屋!ほーこーおんち!!どうなっても知らないじぇ!」ダッ

咲「あっ、優希ちゃん!」


京太郎「おかえりー、ってあれ?優希は?」

咲「どうしよう京ちゃん……」

京太郎「え?」

咲「……私、優希ちゃんの事怒らせちゃったみたいだよ」グスッ

京太郎「わわっ!!泣くな泣くな!」

和「どうかしましたか須賀くん?」クルッ

京太郎「い、いや!なんでもないから!なんでも!」

和「……そうですか?ならいいんですけど」

京太郎(あっぶね。和に咲を泣かしてるところなんて見られたら軽蔑じゃすまないだろうな)

京太郎「その、何があったのかは知らないけどさ、優希ならどうせすぐに戻ってくるって」

咲「ほ……ほんとに?」

京太郎「ああ、だから泣き止めって。な?」ポンポン

咲「………うん」ゴシゴシ

京太郎「よし、いい子いい子。じゃあなんか気分転換に放課後どっか寄って帰るか」

咲「そうだね。私も賛成かな」

咲「京ちゃんはどこか行きたいとこある?」

京太郎「本屋でも行くか」

咲「えっ、本屋?」

京太郎「イヤだったか?」

咲「ううん!私は全然いいんだけど……京ちゃん暇じゃないかなって思って」

京太郎「全然平気だよ。俺は咲に楽しんで貰えたらそれが一番なんだからさ」

咲「ううっ……」ボッ

咲「京ちゃんなんかキザな台詞言い慣れてない?」

京太郎「言うのも使うのも咲が初めてだよ」

久「もう、いいからとっとと行ってきなさいよ二人とも」

まこ「見とる方が痒くなるんじゃ」


――――――――
―――――――


京太郎(本屋に来たけど、俺は特に欲しい物は無いな)

咲「………」ペラッ

京太郎(案の定、咲は新刊の試し読みに夢中になってるのか)

京太郎(俺も漫画じゃなくて何か文庫本でも読んでみよう)スッ

京太郎(……って、あれ?咲の真後ろにいる人どっかで見た事あるな)ピタッ

照「………」

京太郎(あっ、思い出した!インターハイチャンピオンの宮永照だ!)

京太郎(でも確か東京の高校通ってたはずだよな?なんで長野にいるんだ?)

咲「………」ペラッ

照「………」ペラッ

京太郎(……何て言うか並んで見たらどことなく咲に似てるな)

京太郎(名字も一緒みたいだし、もしかして咲が話してた"お姉ちゃん"なのか?)


――――――――――

咲「私ね、京ちゃんと付き合えてすごく嬉しいよ。毎日がとっても充実してるし」

咲「これであとお姉ちゃんが帰ってきてくれればな……」

京太郎「………」

咲「あっ、ごめんね暗い話しちゃって!ほら、早くデートの続きしようよ!」

――――――――――


京太郎「…………」ゴクッ

京太郎(彼女のためだ、やるだけやってみるか)ザッ

照「……」ペラッ

京太郎「すいません」トントン

照「…?」

京太郎「こいつ俺の彼女なんすよwwwwww」クイクイ

照「……」ピクッ

京太郎「見てくださいよこのキュートな顔にちょっと小柄な体系wwwww」

京太郎「こんな可愛い子がベッドの上じゃあひあひ言ってるんすよwwwww」

照「…」ピクピクッ

京太郎「もう辛抱たまらwwwwwwww」

咲「っ!!!」バシッ

京太郎「うごっ!?」

咲「馬鹿!京ちゃんのエッチ!!」バシッバシッ

京太郎「ちょ、ちょっと痛い咲!いやホントに痛いって!!」

咲「なに大声で変なこと口走ってんの京ちゃん!?」

京太郎「い、いや……あのな?お前の姉さんに俺と咲が付き合ってることを伝えようとな」

咲「お姉ちゃん?何言って……」ハァ

照「………」

咲「えっ……」ビクッ


咲「な、なんでここにいるの……お姉ちゃん」

咲「な、なんでここにいるの……お姉ちゃん」

京太郎「おねえ…ちゃん?」

京太郎(じゃあまさかこの人が……インターハイチャンピオンが咲の姉さん!?)

照「……」

咲「お姉ちゃん!」

照「……」プイッ

咲「ねぇ、お姉ちゃんてば!」

照「…」ギロッ

咲「ううっ!」ビク

照「……はぁ」

照「帰る」スタスタ

咲「えっ……!ちょ、ちょっと待ってよ!」

照「……」スタスタ

京太郎(えーと、なんだこの雰囲気。本当に姉妹か?さっきから姉さんの方ずっと咲を無視してやがるし)

京太郎(とりあえず引き止めないと……!)

京太郎「あの、ちょっと待ってください!」

照「……」ピタッ

照「何?」

京太郎「えっとですね……」

京太郎「逃げるのか!」

照「……」ピクッ

京太郎「白糸台のあんたが東京からここに来たってことは咲に会いに来たんだろ? ここまで来て、なんで後一歩を踏み出せないんだよ!」

京太郎「お姉ちゃんなんだろ?見てやれよ、妹の、咲の成長した姿を!」

照「……」   ナンダナンダ‐? チワゲンカ?

咲「京ちゃん……」

京太郎「手を伸ばせば届く距離にいるんだ。逃げてないでいい加減始めようぜ、お姉さん」

照「………」

照「……咲」

咲「!」ビクッ

照「私はお前が嫌いだ」

咲「……そう……だよね、知ってたよ」シュン

照「どうしてだと思う?」

咲「………」

京太郎「その、部外者があんまり口を挟みたくはないけどさ……姉妹の間で何があったんだ咲?」

咲「……えっとね」

咲「お姉ちゃんのプリン食べちゃった、てへ」

京太郎「………」

咲「辛かったよね……悲しかったよね」

咲「本当に、本当にごめんなさいお姉ちゃん」ペコリ

照「絶対に許さない」

咲「……今は、許してくれなくてもいい」

咲「でも私はお姉ちゃんと、そしてお母さんと……また暮らせる日をずっとずっと待ってるよ」

照「……」

照「……弁償してくれたら、許してあげないこともない」

咲「えっ!?」

照「早く。私の気が変わらないうちに」

咲「わわ、分かった!京ちゃん!」

咲「……あれ?京ちゃん?」




久「あら?咲とデート行ったんじゃなかったの?」

京太郎「何か色々やってらんなかったんで帰ってきました」

優希「ざまぁみろだじぇ!」ウシシ

和「こら!ゆーき!」


――――――
―――――


京太郎「じゃあ、お姉ちゃんとは仲直りできたのか?」

咲『うん!これも京ちゃんのおかげだよ、ありがとね』

京太郎「全くだよ……あんなくだらねーことで喧嘩しやがって」

咲『むむっ、あんなのでもウチでは死活問題なんだよ!』

京太郎「はいはい。で、お姉さんとお母さんとはまた一緒に住むんだろ?」

咲『えへへ、そうだよ。お姉ちゃんが白糸台卒業したら、こっちに戻ってくるって』

京太郎「そっか……よかった」

咲『あ!それでお姉ちゃんから京ちゃんに伝えたいことがあるって』

京太郎「え?お姉さんまだいんの?」

咲『うん、ちょっとかわるねー』 ハイ,オネーチャン

京太郎(一体何の用事だろ……?)

照『……もしもし』

京太郎「あっ、今日はどうも……」

京太郎「俺に伝えたいことがあるって聞いたんですけど、どうかされましたか?」

照『姉妹丼に興味はない?』

京太郎「は?」

照『姉妹丼に興味はないかって聞いてるんだけど』 オネーチャン!?

京太郎「……そりゃ、ちょっとはありますけど」

京太郎「ってなに言ってるんですかアナタ!?」

照『君さえよかったら、私たち二人はいつでもいいから』 ヨクナイヨ!!

京太郎「……」

照『まだ東京に帰るまで三日あるから、それまでに返事をして』

京太郎「いや、今この場で決めます」

照『……そう。じゃあどうするの?』



京太郎(姉妹丼か……)



?「こらー!京太郎、彼女との最中に他の女と電話かー!」

京太郎「ちょ、馬鹿!静かにしてろって……!」

照『………』

京太郎「す、すいません!なんかテレビの音がデカかったみたいで……!」

咲『……もしもし、京ちゃん』

京太郎「あっ……咲!」

咲『今の声、電話越しに私にも聞こえたんだけど……後ろにいるの誰?』

咲『女の子の声だったけど、京ちゃんお姉ちゃんも妹もいないはずだよね?』

京太郎「だ、だからテレビだってば!誰もいないって!」

咲『……ほんと?』

京太郎「ホントのホントだ!」

咲『うん。じゃあ、信じる』

京太郎「へっ」

咲『彼氏のいう事だもん、信じなきゃね』

京太郎「そうか………ありが」ホッ

?「隙アリ!」バッ

京太郎「っ!!よせバカ!」

?「あー、もしもし?京太郎の"元"カノジョさんの宮永咲さんですかー?」

咲『えっ……だ、誰ですか?』

優希「分からないのか?ひどいじぇ、いっつも一緒に部室で会うのに」

咲『この声……!優希ちゃん!?』

優希「ぴんぽーん!大当たりだじぇ!」

咲『ど、どうして優希ちゃんが京ちゃんと一緒に……それに"元彼女"ってなに!?』

優希「そのまんまの意味だじょ咲ちゃん」

優希「京太郎の今の彼女は私ってことだじぇ!」

咲『……変な冗談は辞めてよ』ギリッ

優希「あーそっか、咲ちゃんは知らないんだ。そーかそーか」

咲『はっ?』

優希「京太郎が咲ちゃんと付き合った理由はなー、私に振られたからだじぇ」

咲『……どういうこと?』

優希「本ばっか読んでる割にニブいなー咲ちゃんは。要するに……」

優希「京太郎は私に振られたから代わりに咲ちゃんで妥協しようって思ってただけだじぇ」

咲『………』

優希「その証拠に私がさっき学校でちょっと迫っただけですぐ堕ちたからな!」

咲『なに……言ってるの?意味が分からないよ優希ちゃん!』

咲『京ちゃんにかわっ!』

優希「ぶちっとな」ポチ

優希「さ、続きに戻るじぇ」 ツーツーツー

京太郎「ああああ終わった……!明日からどんな顔して学校に行けばいいんだ」

優希「安心しろー!京太郎は私が守ってやるからなー!」

京太郎「はぁ……」


――――――――
―――――――


咲「………」ゴトッ

照「……?」

咲「………」

照「咲、携帯落としたよ」

咲「……お姉ちゃん」

照「?」

咲「私も、白糸台に行っていいかな?」

照「え?急にどうした?」

咲「ダメかな?」

照「ダメじゃないけど。それじゃお父さんが……」

咲「私たち二人が説得すればお父さんもお母さんもまた一緒に暮らしてくれるよ」

咲「ね、お姉ちゃん?」ツー

照(血涙……!?)

照「咲、おまえ……!」

咲「なに?お姉ちゃん」

照「……いや、なんでもないよ」ガバッ

咲「わわ!どうしたの急に抱き付いてきて?」

照「ごめん、ごめん……咲」ガバッ

咲「お姉ちゃん?なんで謝ってるの?」

照「私はいなくならないから……」

咲「あはは、変なお姉ちゃん」


――――――
―――――


京太郎(あの本屋で別れた日以来俺は咲とは会わなかった)

京太郎(そして咲が転校したのを知ったのはあの優希と二股かけてることがばれた日から一週間後のことだった)


――――――
―――――


京太郎「インターハイ……清澄は2回戦敗退、準決勝は永水と宮守か」

久「ごめんなさい、全ては削られた私のせいよ。どんなことも甘んじて受け入れるわ」

まこ「よせ。あんただけのせいじゃない、うちらがまだ未熟だったって話じゃ」

優希「終わっちゃったじぇ……インターハイ」グスッ

和「終わってしまいましたね……」

まこ「……あんたバケモンいるとか聞いてなかったけの」

優希「きょうたろぉぉぉぉ!!」ビエーン

京太郎「よしよし」ナデナデ

京太郎(もしあそこで咲がいれば……勝てたんだろうな)

京太郎(白糸台の大将が2回戦で3校同時に飛ばしたって聞いたけど……もしかして)

久「まぁ、負けちゃったのは残念だけど……せっかくだし和と私の個人戦まではゆっくりしましょうか」

まこ「それがええ。まだあんたら二人の夏は終わったワケじゃないけぇの」


京太郎(しばらく東京にはいられるみたいだな)

京太郎(せっかく東京にきたんだし、観光でもしようかな)



京太郎「ほら、おいしいタコスの店連れってやるからもう泣きやめって」

優希「な、泣いてなんかないじぇ!」ゴシゴシ

京太郎「そんな顔ぐしゃぐしゃにして説得力ねーって」

優希「うるさいうるさい!さっさと連れてけー!」

京太郎「了解しましたよっと、お姫様」

京太郎「……ってことですいません、ちょっと出てきますね」

久「うん。それはいいけど、日が暮れるまでには戻ってくるのよ」

まこ「ここで迷子になったらわしらでも探しきらんけの」

京太郎「はい」

和「………」

京太郎(和には相変わらず無視されたままか……)


―――――――
――――――


優希「うまいじぇーーー!!!」バクバク

京太郎「切り替え早いな……」

優希「当たり前だー!タコスこそが私の力の源だじぇ!」

優希「よくこんなおいしい所知ってたな京太郎!」

京太郎「事前に調査してたんだよ。お前が喜ぶだろうと思ってな」

優希「っ!」カァァ

優希「きょ、京太郎のクセに生意気だじぇ!!」

京太郎「おいおい。彼女の為に一肌脱ぐのは当然だろー」

優希「うるさーい!!」



淡「ねぇ見てサキー!バカップルがいるバカップルが!!」

咲「……」

淡「あれ?ひょっとしてあの制服………前にサキがいた高校の」

咲「行こう、淡ちゃん」

淡「あ、でもひょっとしたらサキーの知り合いかもよ!」

咲「あははは。何言ってるの淡ちゃん」

咲「あんなの知り合いでもなんでもないよ」ニコッ

まこ「一人で部屋に泊まらせてすまんのう」

京太郎「仕方ないですよ。流石に男の俺が女子がたくさんいる部屋に泊まるわけにはいきませんし」

優希「それじゃ私と一緒に寝るか京太郎!」

京太郎「はは、そしたら朝まで寝られなそうだからやめとく」

優希「私は一向に構わーん!」バッ

久「はーい、そこまで」グイッ

優希「ぐえっ!」

久「お盛んなのは分かるけどね……そういうのは長野に帰るまでお預けよ優希」

優希「うう……部長が言うなら仕方ないじょ」

優希「それじゃ京太郎、また明日」

京太郎「おう。おやすみ優希」

まこ「じゃあの」

久「おやすみなさい須賀君」

京太郎「部長に染谷先輩、お疲れさまです」


京太郎「……さて、と」

京太郎「優希も寝たしこれからゆっくり東京見物でもするか」

京太郎「ソープにでも行くか」

京太郎「東京来てからずっと優希が横にいるから溜まるモンも溜まるってもんだ」


――――――


京太郎「ついに来ちまった。憧れの吉原」ドキドキ

京太郎「日本一の風俗街なんだ……そりゃもうすげえんだろうな」

ソコノオニイサーン,ウチドウデスカー?

京太郎「え?」

コッチノガイイデスヨー?

京太郎「おおう……どちらも素晴らしいおもち」ゴクッ

京太郎「どっちもいいなぁ、これは悩むぜ」ニヘラ

?「………」ジーッ

京太郎「………」

?「………」ジーッ

京太郎(な、なんだ?後ろから視線を感じるけど)

京太郎(気のせいか……?)

京太郎「っ!」バッ

はやり「はや?」

京太郎(やっぱり…!なんか視線感じると思ったんだよ!)

京太郎「あの、俺になにか用事ですか?さっきからずっと見てるみたいですけど」

はやり「んー……別に用事ってほどじゃないんだけどね」

はやり「インターハイの会場で見かけた高校生がなんでこんな所にいるのかなーって思って」

京太郎「げっ!」

はやり「はやりの記憶違いじゃかったらだけどね☆」パチッ

京太郎(お、俺のこと知ってんのかこの人……まさかインハイ会場で見られててたなんて)

はやり「キミ高校生だよねー?こんな時間にこんなところにいたら補導されちゃうよー?」

京太郎「ほっといてくださいよ。あなたには関係ないでしょう?」

はやり「関係大アリだよ!はやりは牌のおねえさんなんだから」

京太郎「何だよ牌のおねえさんって……」

京太郎「じゃあなんだよ?アンタが代わりに相手してくれるのか?」

はやり「はやっ!?」

はやり「はぁ……仕方ないなー」

はやり「そこまで頼まれたら断るわけにはいかないよね☆」

京太郎「え゛っ」

京太郎「い、いや……俺冗談で言っただけなんですけど」

はやり「そんなに遠慮しなくもてもいいって。さ、いこっ」グイッ

はやり「こんなに可愛くて若い子ならはやりも大歓迎だよー」グイグイ

京太郎「ちょ、ちょっと!待って!」ズルズル

京太郎「誰か!おまわりさーん!!」

はやり「いいの?おまわりさん呼んじゃって?」

京太郎「へ?」

はやり「高校生のキミがこんな時間にこんな所歩いてたら間違いなく問題になるよねー」

はやり「インターハイ中に警察沙汰起こした学校って、出場停止になっちゃうらしいしさ」

はやり「怖いよねー☆」

京太郎「………」

京太郎(お、俺のせいで和と部長に迷惑が……?いや、それは絶対ダメだ!)

京太郎「………分かりました」

はやり「呑み込みが早くて助かるよー、じゃあいこっか☆」

はやり「んー……もっと強くしてもいいんだよ?」

京太郎「こ、これでも十分強くしてます!」パンパン

はやり「えー、嘘だよね?これで?」

はやり「ひょっとしてキミ初めてなの?」

京太郎「違いますよ!」パンパン

京太郎(咲と優希は小柄で胸が無かったから動きやすかったけど……この人全身ムチムチしててヤバイ!)

はやり「はやりこんなんじゃ全然足りないよ……動くの交代しよっか?」

京太郎「えっ?」

はやり「私が上にのっかってあげる☆」スッ

京太郎「いや、そ、それは……!」

はやり「んっ……」ズボッ

京太郎「っぁぁああああ!!!」

京太郎(こ、これは……!咲や優希とは違う大人の締りが……ううっ!)

はやり「ああ、コレすごくいいよ!はやりもハまっちゃいそう!」

京太郎「も……もうちょっとゆっくりお願いします」

はやり「無理だよー!そんなの絶対に無理に決まってるじゃん!」

京太郎「ああああ……」

京太郎(ヤバいってコレ、このままじゃ…全部搾り取られる!」

――――――――
―――――――

チュンチュン


はやり「今日はありがとう、はやりとっても楽しかったな」テッカテカ

京太郎「そうですか」ゲッソリ

はやり「もう帰ってもいいよー。キミが居なかったらみんな心配するだろうし」テッカテカ

京太郎「……はい」ゲソー

京太郎(もう朝の7時……帰っても寝る時間もねぇな)

京太郎(帰ってから何しよう……)

京太郎「優希」ゲソー

優希「ど、どうした京太郎……顔がゾンビみたいになってるじぇ」ビクッ

京太郎「今から俺にお前にタコスパワーを分けてくれ……頼む」

優希「えっ!」

優希「……で、でもそれは長野に帰るまでお預けって部長に」ゴニョゴニョ

京太郎「ダメか?」ウルウル

優希「ううっ……」

優希「……仕方ないな。そんな眼で見つめられると断れないじぇ」

京太郎「優希!」パァッ

優希「ただし部長には秘密!秘密だからなー!」

京太郎「分かってるって!じゃあ、ホテルだと部長達に見つかるかもだから外でヤろうか」

優希「外って……まさかお外か?それはまだ早」

京太郎「それじゃ行くぞー」ヒョイッ

優希「あっ!?こ、こら!離せこの駄犬!!」ポカポカ

京太郎「はは、照れんな照れんな」


京太郎「コレだよ!やっぱお前みたいな身体が一番なんだよ!!」パンパン

優希「きょ、京太郎!もっと優しくしろぉ……!」

優希「あと声がデカいじぇ!」シーッ

京太郎「んなこと言ったって……ああ締まる締まるっ!」

優希「もしこんなとこ誰かに見られた生きて行けないじょ……」

京太郎「大丈夫だって、もしそうなった時は俺が一生お前を守るから」

優希「じょぇっ!?……い、犬のクセにうるさい!」カァァ


京太郎「あー、気持ちよかった。やっぱ相手がムチムチかどうかよりも相性なんだよな」テッカテカ

京太郎「優希は風呂に入りにホテルに戻ったけど……さてこれからなにしようか」

京太郎「あいつがあがってすぐ食べれるように、タコスの作り置きでもしとくか」

京太郎「俺のわがままで付き合わせたんだからこのぐらいはしとかねーとな」


京太郎「"優希へ とっても気持ちよかったです、ありがとう。よければ食べてください 京太郎"」

京太郎「書置きはこんな感じでいいか」

久「へぇ、何が気持ちよかったって?」

京太郎「そりゃ優希の……っておわぅ部長!!」

京太郎「どどどうしてこんな所に!?」

久「それはコッチの台詞よ。あなたが私たちの部屋に入ってくところが見えたから、気になるのは当たり前でしょ」

京太郎「あ、あはは……!それもそ、そうですよね」

久「……見た感じこのタコスを優希に作り置きに来たってところかしら?」

久「だとしたらまったく……いい彼氏じゃない!」バシン

京太郎「いって!」

久「このタコスは優希に渡しとくから、ほらでてったでてった。これから美穂子たちがくるんだから」

京太郎「は、はい……失礼しました」


久「………」

久「……どうしてその優しさをもっと咲に向けてあげなかったのかしら」


――――――――
―――――――


京太郎「暇だな……何もやることねぇ」

京太郎「俺も個人戦に出てたらちょっとは忙しかったのかな」


京太郎「そういえば咲のいる学校もインハイに参加してるんだよな」

京太郎「確か今日の準決勝にも………あったこれだ。"白糸台高校"」ペラッ

京太郎「……よし、名目上は清澄の偵察ってことしにしといて咲とお姉さんの様子でもこっそり見に行くか」


―――――
――――


菫「今日の相手は全国ランキング2位の千里山と北部九州最強の新道寺……そして古豪の阿知賀女子だ」

淡「へー、その三つって強いのー?」

菫「それぐらい自分で調べろ」

淡「ぶー!菫先輩のけちんぼー!」

淡「まぁ、相手がどんだけ強くても関係ないんだけどね!でしょ?テルーにサキー?」

咲「………」ペラッ

照「………」ペラッ

淡「……ってまた二人とも本読んでるし。こらー!二人ともミーティング中だぞー!」

咲「あっ……ゴメンね淡ちゃん」

咲「でも大丈夫だよ、そんなに心配しなくてもちゃんと結果は出すから」

照「このミーティング自体が無駄な時間だと思うけど」

菫「なかなか言ってくれるなお前達。特に妹はお前に似てきたようだな照」

照「そう?」

菫(まぁ、現に結果を残してきてるわけだから口出しできないのが現実だが……)


京太郎(よかった……元気そうだな咲。本の虫は相変わらずみたいだけど)フムフム

京太郎(お姉さんともこっちの連中とも仲良くやれてるみたいだし、退散するか)


ガチャッ


京太郎「……!!」ビクッ






ガチャッ


京太郎「!!」ビクッ

京太郎(やっべ!どっかに隠れねーと…!)

京太郎「……」キョロキョロ

京太郎「…」キョロ

京太郎(うわああああどこにも隠れるとこねぇ!)

?「……ん?」

京太郎「………」

京太郎「……えーと、その、ありがとう」

桃子「いいっすよ別に。たまたま通りかかっただけっすから」

桃子「あの人たちに見つかるとまずいことでもあったんすよね?」

京太郎「まぁ、な」

京太郎「ところであなたは確か……東横さんだっけ?鶴賀の」

桃子「そうっすけど……よく覚えてたっすね」

京太郎「え?」

桃子「あ、ごめんないさいっす。男の人で私の事覚えてる人って中々いないからちょっと驚いてしまったっす」

京太郎「はは……そりゃ覚えてるとも」

京太郎(だってこんなに可愛くて胸もデカいしな)

桃子(むむ、なんか身の危険を感じるっす)

桃子(助けてあげたはいいけどこの人なんか怪しかったし……)

桃子「あの、それじゃ私はこれで失礼するっすね」

京太郎「ちょっと待って。せっかくだから何か御礼でも……させ……」

京太郎「……あ、あれ?あの子どこ行った?」

桃子(残念っすけどステルス状態の私は加治木先輩以外には見つけれないっすよ)

桃子(それじゃさらばっす清澄の雑用さん)


京太郎「ほえー……あれが噂のステルスモモってやつか」

京太郎「あんだけスタイルよかったら見逃すことなんかねーって県予選の時は思ってたのになぁ」

京太郎「ま、でも助けてもらったことはありがたかったし今度改めてお礼でも言うか」


――――――
―――――
――――


京太郎「はっ!!」ガバッ

京太郎「………」

京太郎「え………夢?今までの全部。夢?」

京太郎「っていやいや待て!あんなにリアルな夢あるわけがねーだろ……!」

京太郎「携帯携帯っと」スッ

京太郎「今日はインハイ真っ最中だし、8月のはずだよな」ピッ

咲「なにが嘘なの京ちゃん?」

京太郎「!?」クルッ

咲「うわっ!ど、どうしたのそんなすごい顔して?」

京太郎「……咲?」

咲「へ?私がどうかした?」

京太郎「お前ホントに咲か!?」ガタン

咲「わわっ!」

まこ「んんー?一体なんじゃ騒がしいのう」

久「突然爆睡しだしたと思ったら急に暴れ出したわね、彼」

咲「どどど、どうしたの京ちゃん!?」

京太郎「……あっ」

和「あの、どうかしたんですか須賀くん?」

京太郎「………いや、ちょっと寝ぼけてただけだよ」

京太郎(ああ、思い出した……優希にさっき告白されて悩んでてそのまま寝ちまったんだ俺)

京太郎「すまん咲、驚かせちまったな。みんなもごめんなさい」パッ

咲「はぁ」ホッ

咲「もー、脅かさないでよ京ちゃん……一瞬びっくりして漏らしちゃいそうになったよ」ボソ

京太郎「ホントゴメンって」

咲「だーめ、許してあげない!今日は罰として……」

咲「京ちゃんには夕飯の買い物と料理の手伝いをしてもらいます!」

京太郎「へっ?」

咲「もちろん食べるのも一緒だよ!」

京太郎「……ははっ」

京太郎「そんなことならお安い御用だよ、咲」

咲「えへへ、やった」

まこ「かーっ、若いモンはええのう!」

和「どこの親父さんですかまこ先輩は……」

久「私からすればまこも若いわよ」

久「あ、二人とも今日はもう帰っていいわよ」

咲「えっ?」

久「今日二人で仲良くご飯作って食べるんでしょ?なら、いつまでも縛り付けてるわけにはいかないじゃない」

京太郎「でもそれは流石に……」

久「はーい!意義は受け付けないわ」

久「部長命令、帰った帰った」グイグイ

京・咲「えええええ!?」


バタン


咲「………」

京太郎「………」

咲「い、行こっか!」

京太郎「そ…そうだな!」


優希「………」ジーッ

和「二人とも行ったことですし、そろそろ出てきたらどうですかゆーき?」

ガチャン

優希「………」 ギィィィ

久「須賀くんのことボロボロ言っておきながら、なんだかんだで結局好きだったんでしょ?あなたも」

優希「……ち、ちがうじょ!」グスッ

まこ「まぁ、あれだけ言っとけば好意に気付かれること無かったよーじゃけど、ちょいと言いすぎたのう優希」

和「まったく素直じゃないですね、ゆーきは」

優希「だ、誰があんな変態なんか好きになるか!」

優希「咲ちゃんも咲ちゃんだじぇ!もうどうなってもしらーん!しらんったらしらん!!」

久「優希って意外にそーいう系のネタ本気で嫌うのね」ボソ

和「言う分や見る分には構わないんですけどね……いざ自分が対象になると」ボソ

優希(うう…悔しい…悔しいじょ……でも)

優希(咲ちゃん、お幸せにだじぇ……)


咲「今日ね、お父さんに京ちゃんの事紹介したいんだ」

京太郎「えっ」

咲「そろそろ隠し通すのもきつくなってきた頃だし……ね?」

京太郎「お、おう……!そうだな!」ハハ

京太郎(マジかよ……前に会った時は友達って思われてただろうし特に気にしなかったけど……)

京太郎(彼氏ですって言ったらまた別の話だよな。なんて自己紹介すればいいんだ)


界「お帰り、咲」

咲「ただいまお父さん」

界「ん?スーパーにでも寄ってきたのか?」

咲「うん。後でご飯作ろうと思ってさ」

咲「それでねお父さん……」

咲「今日はお父さんに紹介したい人がいるの」

界「……?」

咲「京ちゃーん」

ガチャッ

京太郎「お、おじゃまします」ペコリ

界「……須賀くん?こんにちは、咲がいつも世話になってるな」

京太郎「そうなんですよまったくー!コイツホント……」

咲「……ほら、京ちゃん」ボソッ

京太郎「あ、すまん………ごほんっ!」

界「?」

京太郎「従二位勲一等伯爵、須賀京太郎です!」

界(外務大臣……?)

京太郎「単刀直入に言いますが娘さんを僕にください!!」

界「えっ」

界「幸せにしてくれるならいいよ」

京太郎(軽っ!?)

界「ただし一つ約束してくれ」

京太郎「え?」

界「絶対に俺と母さんのようにはならないでくれ……それが約束だ」

界「子どもができた際に照や咲のような思いだけはさせないでほしいんだ」

咲「お父さん……」

京太郎「……」

京太郎「そんな約束はできませんね」

界「……なんだって?」

咲「っ!?」

京太郎「だって……」

京太郎「俺と咲が別れるなんて、絶対にありえないは話ですから」ナデナデ

界「……」

咲「うう……」カァァ

京太郎「ありえないのにそんな無駄な約束しても仕方ないですよね?」

界「……なるほど、十分よく分かった」

界「確かにキミの気持ちを受けったよ」

京太郎「そ、それじゃ……」

界「咲をよろしく頼むな」ペコリ

京太郎「咲……俺が、守ってやるからな」スピー

京太郎「一生……守って……」ムニャムニャ


ギャハハハハ!! オイミンナー!スガナンカ オモシレーネゴト イッテルゾ!! ハハハ!!

咲「…」カァァァ

教師「はっはっは。宮永は須賀に愛されてるなー」

教師「でも授業中に寝るのは感心しないな、須賀ァ!!」バシン

京太郎「!?!?」ビクッ

京太郎「!?」キョロキョロ

京太郎「……咲?」

教師「愛しの宮永ならそこで顔真っ赤にして顔伏せてるぞー」

教師「とりあえずそのままたってろー」  ハハハハハ!! バカヤバカ!

京太郎(……ひょっとして今のもゆめだったのか)ガタッ

京太郎(あれ?でもその前の夢の中の夢も夢だったような)

京太郎(じゃあもしかしてこれも夢?)

京太郎(あれ?あれあれあれ?)

京太郎(……もうわっかんねー、全部わっかんねーや)



咲(京ちゃんの……ばかぁーーーーーー!!!!)




カンッ!!