京太郎「背景に溶け込んでかなり立ったが潮時だ」

京太郎「このままこの立ち位置に居るだけじゃ世界から消されちまうな」

京太郎「いつの間にかいなくなってました、なんてシャレにならねぇし……なんとか目立たないと」

京太郎「家に籠ってても仕方ないし出かけよう」

京太郎「何かいいことありますように」

京太郎「うーっす」ガチャ

咲「あ、京ちゃん」

京太郎「おっす咲!」

優希「ちゃんと来たか犬!えらいじぇ、頭を撫でてやろう」

京太郎「い・ら・ねー!」

和「こんにちは須賀くん。今日も元気そうですね」タユン

京太郎(うおおおっ!相変わらずすげーものをおもちで……!)

京太郎「お、おう!まぁな、はははっ!」

和「ふふっ」

京太郎(あーやっぱ美人だなぁー和……スタイルも抜群だし)

京太郎(こんな子が彼女になってくれたら人生楽しいんだろうなー)ジーッ

和「……須賀くん?」

京太郎(このぐらいの距離でも結構心地いいんだけどもうちょっとステップアップした関係が欲しい)

京太郎(和との接し方をちょっと変えてみるか)

京太郎(和をさりげなくお姫様扱いしてみるか)

京太郎(あくまでさりげなーくだ、さりげなーくだぞ俺)


京太郎「和は今日何をするんだ?」

和「そうですね、今日は牌譜並べでもしようかと」

京太郎「なるほどな……あ、そう言えば和って今も家でもネト麻やってるんだっけ?」

和「はい。基本的に学校の予習復習が終わった後はネット麻雀に時間を費やしてることが多いですね」

京太郎「ずっとパソコンの画面見続けてたら肩とかこるだろ?」

和「毎日お風呂でほぐしているのでそんなには無いですけど、流石にちょっとはこってますね」

京太郎「ちょっとほぐしてやるよ。ほら、肩かしてみ」

和「え?須賀くんがですか?」

京太郎「いいからいいから」

和「は、はい」


京太郎「痛くないか?」モミモミ

和「ええ、痛すぎず弱すぎず丁度いい感じです」

京太郎「だろ?」

京太郎(中々良い反応だ)

京太郎(けど、これじゃまだお姫様扱いとは言えないか)

京太郎(もうもう一歩なんかあれば……)

京太郎(あっ、思い出した!)

京太郎(こういう時にこそハギヨシさんから教わった執事スキルがあるじゃねーか!)

京太郎「ちょっと待っててくれ和」パッ

和「……?分かりました」


――――――
―――――


京太郎「……」ツンツン

和「?」クルッ

京太郎「どうぞ、お姫様」コトッ

和(お姫様……?)

和「えと、これは紅茶ですか?匂いからしてアッサムみたいですけど」

京太郎「ああ。疲れてる和の為に淹れてみたんだけどさ、よかったら飲んでみてくれよ」

和「私の為に?」スンスン

和「あ、でも凄くいい香りがします」

京太郎「だろ?味の方は保障できねーけどな」ハハ

和「ありがとうございます須賀くん。それじゃあいただきますね」

和「んっ」コクッ

京太郎(全神経を集中させて絶妙の茶葉量にに完全な湯加減で作った紅茶だ)

京太郎(大丈夫だ、まずい筈は無い……無いよな)ドキドキ

和「あの……これ」

京太郎「!」

和「すごく美味しいです!ひょっとすると今まで飲んだ紅茶の中で一番美味しいかもしれません」

京太郎(よ、よかった。ハギヨシさんに感謝だな)ホッ

京太郎「いやいや。和に喜んでもらえたんなら作ったかいがあるってもんだぜ」

和「須賀くんって紅茶淹れるのがとても上手なんですね。ちょっと驚きました」

京太郎「おう、和が飲みたいって言うなら、いつでも淹れるからな」

和「ふふ。ありがとうございます」

和「今度は私が何かお礼をしますね」


――――――
―――――


京太郎「今日は大成功だったな」

京太郎「これで"部員の一人"から"ちょっと気になる人"にでもステップアップしてたらいいけど」

京太郎「明日は和にどうアタックしようか」

京太郎「ういーっす」ガチャ

和「こんにちは、須賀くん」

京太郎「あれ?和一人か?」

和「はい。咲さんはゆーきの補習の特訓で、部長は議会、まこ先輩はお家のお手伝いだそうですよ」

京太郎「なーるほどな」

京太郎「優希の補習の手伝いって咲がやってんのか。和のが教えるのうまそうだけどな」ハハ

和「私が教えるとあの子たまに逃げ出すので」

京太郎「えっ?」

和「基礎からきっちり"こうなるからこうなるんです"って理論で教えてあげようとしただけなのに……」

京太郎(ああ、何となく分かる気がする……)

京太郎「と、まぁそれはおいといて。じゃあ今日は和と二人か」

和「ええ、そうなりますね」

京太郎(おっ?これは和と急接近するチャンスなんじゃないのか)

京太郎(昨日いい感じだったし今日も何か印象付けたいな)

和「今日はお互いそれぞれやりたいことをやって、時間になったら解散と言うことで」

京太郎「ああ」

和「麻雀は二人打ちでよろしければ打ちますので、気軽に声をかけてくださいね」

京太郎「いいや、大丈夫だ。俺も今日やりたいことあるしさ」



京太郎(……とは言った物のやりたいことなんて無いけどな)

京太郎(んー、暇潰しにエトペンでも作って和に渡してみるか)

京太郎(ズボンとかが破れた時に使う緊急用の裁縫道具ならあったよな確か)ガサゴソ






京太郎「んー……これはお世辞にもいい出来とは言えないな」

京太郎「如何にも学生がちょっと頑張って作りましたって感じが凄い」

京太郎「ま、まぁ売り物として売るわけじゃないんだしいいだろ」


京太郎「のーどか」

和「はい、どうしました?」クルッ

京太郎「ちょっと手出してみてくれ」

和「……?」

京太郎「いいからいいから」

和「はぁ…こうですか?」スッ

京太郎「はい、プレゼント」トン

和「………」

京太郎「………」ドキドキ

和「えっと、これはエトペンですか?」

京太郎「い、一応な。あんま似てないけどさ」

和「いえ、よくできてると思いますよ。須賀くん器用なんですね」

和「素適なプレゼントありがとうございます、大事にしますね」ニコッ

京太郎「そんなに喜んでもらえたら作ったかいがあったよ」ハハ

和「でも、何だか昨日から須賀くんには貰ってばかりな気がして申し訳ないです」

和「須賀くんは何か私にしてほしいことはありますか?」

京太郎「俺が好きでやってることだからさ、気にするなよ」

和「私にできる範囲なら何かしてあげたいんですけれど……」

京太郎(和にできる範囲で!?)ゴクッ

京太郎「そ、それじゃあ……」

京太郎「俺に麻雀を教えてくれないか?」

和「麻雀を……?そんなのでいいんですか?」

京太郎「全然いい!てかむしろインターミドルチャンプに教えてもらえるんだからお釣りがくる!」

京太郎「ってことで是非ともお願いします」ペコリ

和「分かりました。私でよければ力にならせてもらいますね」

京太郎「サンキュー和、お前がおれば百人力だぜ!」

和「そんな、大袈裟ですよ」

京太郎「ネト麻で目指せトップレート入りも夢じゃないかもしれないなーこりゃ」


和「とりあえず、最初の半雀で私は口だしをしません」

京太郎「ええ!?なんで?」

和「一度須賀くんがどんな打ち回しをするか見ておきたいですからね」

和「対局が終わった後に牌譜を見て、反省点を探した方がいい場合もありますし」

京太郎(マジかよ……じゃあ普段俺がボコボコにされてる姿が和にずっと見られるってことか)

京太郎(和にかっこ悪い所なんか見せたくねーしなんとかしないと……!)

和「……私、部長以外にわざと悪待ちをしている人を初めて見ました」

京太郎「わざとじゃねーよ!マジでやったんだって!」

和「その他にも立直をかけるタイミングや牌の選択とか色々言いたいことはありますけど」

和「一番言いたいのは"まず基礎から鍛えなおしましょう"ってことですかね」

京太郎「ですよね……」ガックシ

和「言葉で伝えても分かりにくいこともあるので、次は一緒に打ちましょう」

京太郎「お願いします先生」


京太郎「えーと、ヤオチュウ牌邪魔だから捨てちゃってもいいよな」スッ

和「ダメです」ガシッ

京太郎「うおっ!?」

和「よく見てください。河にヤオチュウ牌が一つも出てないじゃないですか」

京太郎「………」

京太郎(あー、女の子の手ってひんやりしてて気持ちいいのな……それに)

和「序盤ならともかく残りのツモ数も少ないのでここは……」フニン

京太郎(胸が当たってるんだけど本人気づいてないのか!?)

京太郎(集中しないといけない時にこれは辛抱たまらんだろ!)

京太郎(で、でもこのままずっとこの状況はマズいからなんとか)

京太郎(けどこんな機会一生に一度あるか無いかだ)

京太郎(ってことでしばらくはこの素晴らしい感触を味わっていよう……)

和「あの、須賀くん聞いていますか?」

京太郎「ええ、とても素晴らしいですね」カチッ

ロォォォォン

和「ど、どこかですか……?完全に危険牌でしたよね今の」フニッフニッ

京太郎(ああ、ダメだ……これは頭が馬鹿になる)

京太郎「へへ……へへへ」タラー

和「っ!?須賀くん鼻血が!」

京太郎「え?ああ、うん」ゴシゴシ

和「袖で拭かないでください!血は落ちにくいんですから!」


――――――――
―――――――


京太郎(手とり足とり麻雀を教えてもらったが結局解散時刻になるまで全然集中できなかった……)

京太郎(何か真面目に教えてくれた和に申し訳ないな。明日また何か埋め合わせしないと)














和「そんなオカルトありえません!」

煌「すばっ!?」ビクッ

和「須賀くんとは単なる部員同士です。今日もたまたま会ったから一緒に行動しているだけです」

京太郎(ははー、そうだよなーはは)

煌「こ、これは失礼を。しかし部員同士というだけで彼の内面を知らないとは勿体ないですね」

和「え?」

煌「この方は先ほど誰に言われるでもなく地域清掃をし、皆が住みやすい街にする為に汗水を流していました」

和「私に会う前やけに汗をかいてると思ったら、そんなことをしていたんですか?」

京太郎「お、おう」

煌「ここの住民でもないのに関わらずですよ?ここまですばらっ!な青年私は初めて見ましたね」

和「……そうなんですか須賀くん?」

京太郎「ああ」

京太郎(そこまで言われるとなんかムズ痒いな)

和「ふふっ。変な人ですね、須賀くんは」クスッ

京太郎「なっ!」ガビーン

和「でも私、ちょっとあなたの事を見直したかもしれません」

京太郎「!」

和「だから……これからは、その」

和「京太郎くんって下の名前で呼んでもいいでしょうか?」モジ















京太郎「うぃーっす」ガチャ

久「こんにちは須賀くん。会うのは久々ね」

京太郎「あっ、部長!」

久「最近顔出せなくてごめんなさいね、議会の方が忙しくて」

京太郎「いえ、気にしないでくださいって」

京太郎「部活と生徒会を両立できてる人なんてそうはいませんよ」ハハ

久「そう言ってもらえると嬉しいわ………ところで」

京太郎「?」

久「最近えらい和と仲がいいようじゃない」ニヤニヤ

京太郎「え゛っ!?何で知っってるんですか?」

久「ふふ、麻雀部の事はなんでもオミトオシよ」

京太郎(こええ……)

<コンニチハー!ダジェ  コラユーキ!タベナガラハイッチャ,ダメデス!

久「おっ?噂をすればなんとやらね」

久「頑張りたまえ少年っ」ポンッ

京太郎「は、はい」

京太郎(そろそろ次のステップだ。てことで和をデートに……)

京太郎(ってちょっと待て。それはまだ早すぎる気がする)

京太郎(幾ら仲良くなったって言ってもまだそれは部員の範疇でだし、ただでさえ和は男に免疫なさそうなのに)

京太郎(デートなんてオーケーしてくれる筈が……)

京太郎(……まぁ、そん時はそん時で)


京太郎「おっす和!」

和「こんにちは須賀くん」  コラー! ワタシヘノアイサツハナイノカ!?

京太郎「なぁ和、いきなりで悪いが一つ聞きたいことあるだけどいいか?」

和「はい、なんですか?」

京太郎「その、さ……今週の日曜日とか空いてたりしない?」

和「えっ?」

優希「じぇっ!?」

久「おおっ、何か面白くなってきた」

和「え、えーと。どうしてそんなことを?」

京太郎「あ、深い意味は無いんだ!ただ和と一緒に遊びに行きたいなって思って……ダメかな?」

和「………」  キサマー!ノドチャンニナンテコト! ハーイ,ユウキハコッチネ

和「いいですよ」

京太郎「マジか!?」

和「はい。家に居てもネット麻雀ぐらいしかしないかもしれませんし……それに」

和「須賀くんなら信用できます」ニコッ

京太郎(天使だ………天使がいる)

京太郎「そういうことなら任せとけ!」

京太郎「絶対絶対楽しい一日にする、約束だ!」

和「ふふっ、よろしくお願いしますね」


――――――――


咲「すいません遅れました!」ガチャ

京太郎「おお咲!ちょうどいい所に来た!」

咲「へ?」

京太郎「実はな、和と今週の日曜デートすることになったんだ」

咲「えええ!?ど、どうして急に?」

京太郎「へへへ、俺も結構やるもんだろ?」

京太郎「それでさ咲、お前和と一緒に遊ぶこと多いだろ」

咲「それは……うん」

京太郎「そこで頼む!あいつの好きそうな場所とかおしえてくれないか?この通り!」

咲「………」

咲「和ちゃん、山が好きって言ってたよ」

京太郎「や……山?山ってマウンテン?」

咲「うん。特にこう配が急な山が好きだって言ってた」

京太郎「へぇ、体力とか無さそうなのにな和……なんていうか意外だ」

咲「きっと山に誘ってあげたら和ちゃんも嬉しいんじゃないかな」

京太郎「山ねぇ……分かった、サンキュー咲!」ナデナデ

咲「えへへ、どういたしまして」

京太郎「それじゃあ今日の夜早速、"山に行こう"ってメールしてみるわ」


優希「…………」


―――――――――


優希「……聞いてしまったじぇ」

優希「咲ちゃんが嘘言ってるって思いたくないけど、のどちゃんは山が好きだなんて聞いたこともない……」

優希「と、とにかく京太郎には本当のことを」ピポパ prrrrrrr

京太郎『はーい』

優希「京太郎か!?」

京太郎『うおっ、耳元で大きな声だすなよ!……それでどうした?』

優希「今日咲ちゃんが言ってたことは全部嘘だじぇ!のどちゃんは山なんか好きじゃない」

京太郎『へ?』

優希「今日咲ちゃんが言ってたことは全部でたらめだってことだじょ!」

京太郎『はは、何言ってんだよ。咲に限ってそんなこと……』

優希「いいか京太郎耳の穴かっぽじってよく聞け!のどちゃんが本当に好きな場所は」

優希「水族館だ!」

京太郎『水族館って……山とまるっきり反対じゃねーか』

優希「ちゃんと伝えたからなー!のどちゃんに不快な思いさせるんじゃないじょ!」

京太郎『あ、おい!』


京太郎「……切れちまった」ツーツー

京太郎「咲が"山"で優希が言うには"水族館"?」

京太郎「確かに女の子だったら山より水族館の方が喜びそうだけど、あの咲が嘘を言ってるなんて考えもできないし」

京太郎「どっちを信じたら……」

京太郎「咲には悪いけどやっぱり山ってのはどうもな……」

京太郎「とりあえず優希を信じてみるか」ピッ


――――――――
―――――――


京太郎「遅くなってゴメン!待っただろ?」ゼェゼェ

和「まだ時間になってませんよ。とりあえず、これで汗を拭いてください」スッ

京太郎「あ、すまん!さんきゅー和」

京太郎(うおおお、和のハンカチすっげーいい匂い……!)フキフキ

和「私の方こそ早く来過ぎてしまってごめんなさい。水族館なんて久しぶりだからつい楽しみで」

京太郎(そ、そんなに楽しみだったのか……じゃあ)

京太郎「えーと、和ってさ?水族館と山ってどっちが好きなの?」

和「はい?」

京太郎「いきなり変なこと聞いてゴメンな。いや大した意味は無いんだ、ちょっと気になっただけで」

和「私は水族館ですね。逆に女の子で山が好きな人なんてそうそういないと思いますよ………例外を除いて」

京太郎「そ、そうか!そうだよなー!」ハハ

京太郎(咲……)

和「あ、見てください!あのペンギンエトペンそっくりですよ!」

京太郎「おー本当だ。見事に真ん丸にふとってんな」


京太郎「シャチってさ、海じゃ世界最強の生物らしいな」

和「あ、それ知ってます。ホオジロザメでもどつかれたら全身の骨が折れるとか」


京太郎「海蛇って結構可愛い顔してんのな」

和「次!はやく次行きましょう!!」グイグイ


京太郎「ははっ、あのサンゴ礁染谷先輩の髪に似てるな」

和「染谷先輩がきいたら怒りますよ……」


――――――――
―――――――


和「今日は本当に楽しかったです。ありがとうございました」

京太郎「いやいや、俺の方こそ和のおかげで有意義な一日になったよ」

和「ふふ、じゃあお互いさまということで」

京太郎「そうだな」ハハ

和「じゃあ、私はこれで。また明日学校で会いましょう」

京太郎「おう!」

京太郎(……いや待て。和をこのまま帰していいのか?)

京太郎(ここは男を見せるべきなんじゃないのか?)

京太郎「和!!」

和「!」ビクッ

和「そ、そんな大きな声出してどうしたんですか?」クルッ

京太郎「………」スーハー

京太郎(言うぞ……言うぞ!!)

京太郎「俺、お前の事が好きだ!!」

和「えっ……」

京太郎「前は憧れみたいな感情だったけど、最近一緒に過ごしてマジで好きになって」

京太郎「今日一日過ごしてずっとお前の横にいれたらなって思って……!だから……」

京太郎「俺と付き合ってください!」

和「………」        オー ナンダナンダコクハクカ?  イイゾーヤレヤレ

和「……れば」ボソッ

京太郎「へ?」

和「わっ……私でよければ!よろしくお願いします!」ペコリ

京太郎「…………」

京太郎「マジで?」

和「はい!」

京太郎「………い」


京太郎「いやったああああああああ!!」

和「!」ビクッ

京太郎「俺は世界一の幸せ者だあああああ!!」

和「……そこまで喜んでもらえるとは思ってなかったですね」

京太郎「和!ずっと大事にするからなー!!」ダキッ

和「わわ!ちょ、ちょっと須賀くん!周りの人が……」

和「……恋人になったのに名字で呼ぶのもなんですね」

和「これからは下の名前でお呼びしてもいいでしょうか?」

京太郎「勿論だ!!」

京太郎「下の名前でも旦那様でも好きなように呼んでくれ!」

和「そ、それはまだ早いですけど………じゃあ改めて」

和「これからよろしくお願いしますね。京太郎さん」


―――――――
――――――


久「二人とも付き合うことになったんだって?いやーお若いねお二人さん!」

京太郎「げっ!」

和「部長!?なんで知ってるんですか!」

久「あら?本当だったの?これはいいこと聞いちゃったわ」

和「――――!!」カァァ

優希「まぁ、そんな気はしてたじぇ」

優希「きょーたろー!のどちゃんを幸せにしなかったらどうなるか分かってるだろうな!?」

京太郎「あったり前だろ!んなこと分かってるよ!」

優希「京太郎を信じたからのどちゃんを送り出す!けどもし不幸にしたら返してもらうじょ!」

京太郎「お前を和をお父さんか!心配すんな。和は俺が幸せに……」

京太郎(ん?和のお父さん……?)

和「あ、そういえば」

和「今週の休日にお父さんが京太郎くんに会いたいって言ってました」

和「家に連れてこい、と」

京太郎「…………」

―――――
――――


和「お茶、ここにおいておきますね」

恵「ああ、ありがとう和。お前は部屋にあがってなさい」

和「はい……」

京太郎「………」


恵「キミが、和の恋人というのは本当かね?」

京太郎「本当です」

恵「和に恋人がいるというのは喜ばしい。なんせ娘が選んだことだ。しかし……」

京太郎「?」

恵「学校の成績の方はどうなのかね?」

京太郎「せ、成績ですか?」

恵「ああ。正直に答えたまえ」

京太郎「……そんなによくはありません」

恵「そうか。それでは和との交際を許可することはできないな」

京太郎「えっ!?」

恵「娘の幸せを願う身としては、付き合う相手は将来性のある相手ではないといけないということだ」

恵「可愛い一人娘だ。私の気持ち分かってくれるね?」

京太郎「そりゃ分かりますけど……!そんなの、俺は嫌ですよ!」

京太郎「失礼ですけどせっかく掴んだ幸せを手放すなんて、俺はできません!」

恵「待ちなさい。同じ男としてキミの言いたいことは分からないワケではない」

恵「だからチャンスをあげようと思ってね」

京太郎「チャンス?」

恵「"常に学校のテストでコンスタントに10位以上に入り続けること"……これが和と交際する条件だ」

京太郎(えええええーーーー……!!)

恵「この条件、うけるかね?」

京太郎「勿論です!俺の和への思いが本物だって証明して見せますよ!」

恵「男と男の約束だ。破ったときはどうなるか、言わなくても分かるね?」

京太郎「はい。卒業まで頑張って、正々堂々娘さんとお付き合いさせていただきます」


京太郎「ってなことになっちまったんだ」

和「全部聞いてましたよ。京太郎くんの言葉もお父さんの言葉も」

和「お父さんの出した条件をクリアして、私への思いが本物だと言うことを証明してくれるのを待っています」

京太郎「おう、任せとけ!」

和「私も勉強をできる限り手伝いますので……二人で乗り越えていきましょう」

京太郎「和……!」ジーン

和「それじゃあ、今日から早速勉強開始ですよ!」

京太郎「やってやるさ。これも和と付き合い続けるためだ」

和「並大抵の努力で上位をとることはできません。ビシバシいきますから」


―――――――
――――――


教師「それじゃ、試験開始!」

京太郎(和と自分を信じてここまで努力してきたんだ!)

京太郎(部長にも協力してもらって部活休んでまで勉強したし……いける!やれるはずだ!)

京太郎「………お、俺が5位?!」

和「5位!5位ですよ京太郎くん!!」←1位

咲「そんな、京ちゃんに負けたなんて……」←10位

優希「のどちゃんの彼氏だからな、こんぐらいは当然だ!」←222位

京太郎「なんでお前が威張るんだよっ!」

和「でもこれでお父さんに胸をはって交際ができますね」

京太郎「ああ、まずは一安心だな。次もうまくいくか分かんないけど」

和「大丈夫ですよ。京太郎くんには上位10位以内に入る力があるって分かったんですから!」

京太郎「……そうだな!この調子で次もその次もやってやるぜ」


――――――――
―――――――
――――――


恵「君が和と付き合いだしてからもうすぐ2年か……今までよく頑張った」

京太郎「言ったでしょう?和への思いが本物だって証明するって」

恵「ああ、私の負けだ。どうやら娘の眼に狂いは無かったようだ」

恵「ところでもう進路は決めているのかね?君の学力ならどこへでもいけるだろう」

京太郎「はい。俺の進路は」

京太郎「医大です」

恵「医大か。それは将来性もあって私の学歴などよりもよほどいいな」

恵「もう私からは何も言わない……どうか娘を幸せにしてやってほしい」

京太郎「任せてください。娘さんは俺が必ず幸せにしてみせますので」


――――――――


京太郎「優希はメキシコに留学、咲はプロデビューか……みんな進路決まって行ってるな」

和「みんなにと過ごせるのもあとほんのちょっとですね。さびしいです」

京太郎「和はさ、進路どうするんだ?」

京太郎「俺も結局お前には一度も順位で勝てなかったしな。いいトコ狙えるだろ」

和「そうですね、一度は弁護士や検事になるのもいいかって思ってたんですけど」

京太郎「おお、いいじゃん!」

和「今はどちらも諦めました」

京太郎「えっ……!?どうして?」

和「進学も多分しないと思います」

京太郎「進学もって、じゃあ卒業後どうすんだよ?」

和「へ!?え、えーとそれはですね……」

京太郎「それは?」

和「……お、お嫁さんですかね」モジモジ

京太郎「………」ポカーン

京太郎「お、お嫁さん?」

和「はい……私、昔からすごくお嫁さんに憧れていましたし、だからその……」

和「卒業したら京太郎くんと結婚して専業主婦になろうかなと考えてたんですけど」ボソッ

京太郎「!?」ドキッ

和「ダ、ダメでしたか?」

京太郎「………」

京太郎「何言ってんだよ和……そんなの」

和「っ!」ビクッ

京太郎「そんなのダメなワケないだろぉー!!」ダキッ

和「ひゃあっ!!」

京太郎「お前なんだよ"お嫁さん"って!可愛すぎだろうがああああ!!」スリスリ

和「またですか!?ちょ、ちょっと京太郎さん周りの眼を少しは気にして……!」

京太郎「もう離さねーからな!」ギュゥゥ

和「人の話聞いてください!」

和「……全く、世話の焼ける旦那さんになりそうですね」フフッ


優希「またやってるじぇ二人とも」

マホ「いいですねああいうのって……!」

マホ「マホもいつか和先輩と須賀先輩みたいなカップルになりたいです!」

優希「お前はまず相手からだな!」

マホ「うぅっ」グサッ

マホ「ゆーき先輩だって!」

優希「うっ、私はいいんだじょ!このナイスバディがあるからどんな男もイチコロだじぇ!」

マホ「あーん!昔はマホと一緒ぐらいだったのにそんなに成長してずるいですよー!」


―――――――
――――――


京太郎「ただいまー」ガチャ

和「あ、お帰りなさいアナタ」

和「お父さんとの飲み会どうでしたか?」

京太郎「そりゃもうずっと緊張しっぱなしだったよ」

京太郎「色々と聞かれまくって酒なんて味さえ分かんなかったし……やっぱり怖いよ」

和「お父さんちょっとぶっきらぼうな所がありますからね」

和「でもああ見えてお父さん京太郎くんのこと結構気に入ってるんですよ?」

和「一時期は跡を継いで貰おうかなって考えてたみたいですし」

京太郎「そ、そうなのか?いつも怒ってるようにしか見えなかったけどな」

和「それに早く孫の顔も見たいって言ってますからね」フフッ

京太郎「お、おう」ドキッ


和「ところでスーツからこんなものが出てきたんですけど……」

京太郎「?」

和「これはキャバクラ?の会員カードでしょうか?」ニコニコ

京太郎「あっ」

京太郎「……えーとそれはね、和のお父さんが一緒にどうだいって」

和「お父さんはそんなとこに行ったりしません」

和「今夜はこんなトコに通えなくなるぐらい激しくいきますから、覚悟してくださいね?」ニコッ

京太郎「………はい」

京太郎(拝啓 和のお父さんへ。和は元気です、でもボクはもう駄目かもしれません)



カンッ!